エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

IIS 7 で MIME の種類を構成する

適用対象: Windows 7, Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, Windows Vista

Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME) の種類によって、Web サーバーからブラウザーまたはメール クライアントに送信できるコンテンツの種類が特定されます。 ブラウザーは、Web サーバーのコンテンツを要求するときに、コンテンツの MIME の種類も要求します。 IIS は、コンテンツを返す前に、HTTP ヘッダーの Content_Type フィールドとしてこの MIME の種類を返すので、ブラウザーはコンテンツの処理または表示方法がわかります。

IIS はグローバル MIME の種類の既定の一覧を使用して、使用するコンテンツの種類を決定します。 クライアントが Web サーバーで定義されていない MIME の種類を要求している場合、IIS は 404.3 エラーを返します。

Web サーバーに保存されているコンテンツの種類で必要な MIME の種類だけを有効にする必要があります。 このベスト プラクティスにより、サーバーへの攻撃の危険性を小さくできます。

noteメモ
IIS では MIME の種類の重複は許可されません。

必要条件

これらの手順を実行できるレベル、およびこれらの手順を実行するために必要なモジュール、ハンドラー、アクセス許可については、「MIME の種類の機能要件 (IIS 7)」を参照してください。

手順

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.