エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Get-AdSiteLink

 

適用先: Exchange Server 2013

トピックの最終更新日: 2014-04-11

このコマンドレットは、社内の Exchange Server 2013 でのみ使用可能です。

Get-AdSiteLink コマンドレットを使用すると、Active Directory IP サイト リンクに関する構成情報が表示されます。

Get-AdSiteLink [-Identity <AdSiteLinkIdParameter>] [-DomainController <Fqdn>]

この例は、組織内の IP サイト リンク一覧を返します。

Get-ADSiteLink

この例は、特定の Exchange コストが割り当てられた組織内の IP サイト リンク一覧を返します。

Get-AdSiteLink | Where {$_.ExchangeCost -ne $null}

このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが示されていますが、割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メール フローのアクセス許可」の「トランスポート構成」。

 

パラメーター 必須 種類 説明

DomainController

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Fqdn

DomainController パラメーターには、Active Directory からデータを取得するドメイン コントローラーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。

DomainController パラメーターは、エッジ トランスポート サーバーではサポートされません。エッジ トランスポート サーバーは、Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) のローカル インスタンスを使用してデータの読み書きを行います。

Identity

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.AdSiteLinkIdParameter

Identity パラメーターは、構成情報を表示する IP サイト リンクの名前または GUID を指定します。

このコマンドレットに使用できる入力の種類を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」を参照してください。コマンドレットで入力の種類のフィールドが空白の場合、そのコマンドレットには入力データを指定できません。

このコマンドレットに使用できる戻り値の型 (出力の種類) を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」を参照してください。出力の種類のフィールドが空白の場合、コマンドレットはデータを返しません。

 
この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft