エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

ADD TARGET 引数の構成可能パラメーターの取得

トピックの状態: このトピックの一部の情報はプレリリースであり、今後のリリースで変更されることがあります。プレリリース情報では、Microsoft SQL Server 2014 の新しい機能と、従来の機能に加えられた変更について説明します。

この作業には、SQL Server Management Studio のクエリ エディターを使用した次の手順の実行も含まれます。

この手順でステートメントの実行を完了すると、クエリ エディターの [結果] タブに次の列が表示されます。

  • package_name

  • target_name

  • parameter_name

  • parameter_type

  • required

SQL Server 拡張イベント セッションを作成する前に、CREATE EVENT SESSION または ALTER EVENT SESSION で ADD TARGET 引数を使用する際に設定できるパラメーターを確認すると役立つことがあります。

クエリ エディターで ADD TARGET 引数の構成可能パラメーターを取得するには

  • クエリ エディターで、次のステートメントを発行します。

    SELECT p.name package_name, o.name target_name, c.name parameter_name, 
    c.type_name parameter_type, CASE c.capabilities_desc WHEN 'mandatory' THEN 'yes' ELSE 'no' END 
    required 
    FROM sys.dm_xe_objects o JOIN sys.dm_xe_packages p ON o.package_guid = p.guid 
    JOIN sys.dm_xe_object_columns c ON o.name = c.object_name AND c.column_type = 'customizable'
    WHERE o.object_type = 'target' 
    ORDER BY package_name, target_name, required DESC
    
この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft