エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Office 2013 で Information Rights Management を構成する

 

適用先: Office 365 ProPlus, Office 2013

トピックの最終更新日: 2014-03-12

概要: Information Rights Management (IRM) をオンにする方法、ライセンスのキャッシュを構成する方法、電子メールの有効期限を設定する方法、および権利ポリシー テンプレートを展開する方法を説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

ユーザーは、Office 2013 内のコンテンツ ドキュメントと電子メール メッセージへのアクセス許可を、Information Rights Management (IRM) を使用して制限できます。IT 管理者は、組織で使用できる IRM オプションを、グループ ポリシーまたは Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して構成できます。

重要重要:
この記事は、IT 担当者向けの Office 2013 の ID、認証、および承認するためのコンテンツのロードマップ に含まれています。このロードマップは、Office 2013 の識別情報の評価に役立つ記事、ダウンロード、ポスター、ビデオなどを参照する際の出発点として使用します。
個々の Office 2013 アプリケーションの情報をお探しの場合は、Office.com を参照してください。

この記事の内容

Office 2013 管理用テンプレート ファイル (Office15.admx) および Outlook グループ ポリシー テンプレート (Outlk15.admx) を使用して、IRM をカスタマイズする多くの設定をロックできます。また、Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して、既定の設定を構成することもできます。その場合、ユーザーが設定を変更できるようになります。OCT の設定は、OCT の [ユーザー設定の変更] ページの対応する場所にあります。さらに、レジストリ キーの設定でのみ構成できる IRM 構成オプションもあります。IRM 設定の一覧については、「Office 2013 で Information Rights Management を計画する」を参照してください。

注記メモ:
IRM 設定は、Office クイック実行 のストリーミングおよび仮想化の展開に対しては構成できません。

Outlook 2013 では、電子メール メッセージの転送、印刷、またはコピーと貼り付けが行われないように、アクセスを制限したメッセージを作成して送信できます。アクセスを制限したメッセージに添付されている Office 2013 の文書、ブック、およびプレゼンテーションへのアクセスも自動的に制限されます。

Outlook 管理者は、IRM の無効化、ローカルでのライセンスのキャッシュ構成など、IRM 電子メールのさまざまなオプションを構成できます。既定の "転送不可" の権限グループに加えて、ユーザーのカスタム IRM 権限も設定できます。詳細については、「Office 2013 で Information Rights Management を計画する」の「Office 2013 の Information Rights Management を設定する」を参照してください。

Office for Mac で IRM を管理する方法の詳細については、「Information Rights Management in Office for Mac 2011 Deployment Guide」を参照してください。

展開を開始する前に、「Office 2013 で Information Rights Management を計画する」を参照して、IRM 用に構成する設定を確認してください。

Office 2013 および Outlook 2013 テンプレートは、Microsoft ダウンロード センターの「Office 2013 Administrative Template files (ADMX, ADML) and Office Customization Tool」からダウンロードできます。OCT の使用方法の詳細については、「Office 2013 の Office カスタマイズ ツール (OCT) リファレンス」を参照してください。

注記メモ:
すべての Office 2013 スイートで、マウス、キーボード ショートカット、またはタッチを使用してタスクを実行できます。Office 製品およびサービスでキーボード ショートカットとタッチを使用する方法については、キーボード ショートカットOffice タッチ ガイド を参照してください。

IRM は、すべての Office アプリケーションに対してオフにできます。IRM を Outlook 2013 でオフにするには、IRM をすべての Office アプリケーションに対してオフにする必要があります。Outlook のみで IRM をオフにする単独のオプションはありません。

グループ ポリシーを使用して Office 2013 で IRM をオフにする
  1. グループ ポリシーで、Office 2013 テンプレート (Office15.admx) を読み込み、ユーザーの構成\管理用テンプレート\Microsoft Office 2013\アクセスの制限の管理を探します。

  2. [Information Rights Management 関連のユーザー インターフェイスをオフにする] を選択します。

  3. [有効] をクリックします。

  4. [OK] を選択します。

既定では、Outlook 2013 は、Outlook が Exchange Server と同期すると、権限が管理された電子メールの IRM ライセンスを自動的にダウンロードします。Outlook 2013 を構成して、ライセンス情報がローカルにキャッシュされないようにすることができます。この場合、ユーザーは権限が管理された電子メール メッセージを開く前に、ネットワークに接続してライセンス情報を取得する必要があります。

グループ ポリシーを使用して IRM の自動的なライセンスのキャッシュを無効にする
  1. グループ ポリシーで、Outlook 2013 テンプレート (Outlk15.admx) を読み込み、ユーザーの構成\管理用テンプレート\Microsoft Outlook 2013\その他を探します。

  2. [Exchange フォルダーの同期中に IRM 電子メールの権限ライセンス情報をダウンロードしない] を選択します。

  3. [有効] をクリックします。

  4. [OK] を選択します。

Office グループ ポリシー テンプレート (Office14.admx) で入手可能な IRM ポリシー設定を構成して、権利ポリシー テンプレートが格納されている場所 (ローカルまたは使用可能なサーバーで共有) を指し示すようにすることができます。

グループ ポリシーで IRM 権利ポリシー テンプレートの場所を構成する
  1. グループ ポリシーで、Office 2010 テンプレート (Office14.admx) を読み込み、ユーザーの構成\管理用テンプレート\Microsoft Office 2010\アクセスの制限の管理を探します。

  2. [アクセス許可ポリシーのパスを指定する] を選択します。

  3. [有効] をクリックします。

  4. [コンテンツ アクセス許可のポリシー テンプレートへのパスを入力してください] ボックスで、IRM 権利ポリシー テンプレートの完全なパスを入力します。

  5. [OK] を選択します。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft