エクスポート (0) 印刷
すべて展開

リモート デスクトップ ライセンス サーバーの検出

適用対象: Windows Server 2008 R2

RD ライセンス役割サービスをインストールするときは、検出スコープを指定できます。検出スコープによって、Windows Server 2008、Windows Server 2003、または Windows 2000 を実行している リモート デスクトップ セッション ホスト (RD セッション ホスト) サーバーでリモート デスクトップ ライセンス サーバーが自動的に検出される方法が決まります。ただし、ライセンス サーバーの検出スコープは構成しないことをお勧めします。代わりに、リモート デスクトップ セッション ホストの構成 ツールを通じて、RD セッション ホスト で使用するライセンス サーバーを指定するようにしてください。

Important重要
Windows Server 2008 R2 を実行している RD セッション ホスト サーバーでは、ライセンス サーバーの自動検出はサポートされなくなりました。代わりに、RD セッション ホスト で使用するライセンス サーバーを指定する必要があります。詳細については、「RD セッション ホスト サーバーで使用するライセンス サーバーを指定する」を参照してください。

RD ライセンス役割サービスをインストールするときは、ライセンス サーバーをサービス接続ポイント (SCP) として Active Directory ドメイン サービス (AD DS) に登録する試みが実行されます。SCP として登録されたライセンス サーバーは、リモート デスクトップ セッション ホストの構成 ツールで既知のライセンス サーバーの一覧に表示されます。RD ライセンス役割サービスのインストール時に AD DS が使用できない場合は、リモート デスクトップ ライセンス マネージャー ツールの [構成の確認] を使用してライセンス サーバーを手動で登録できます。[構成の確認] の詳細については、「リモート デスクトップ ライセンス サーバーの構成を確認する」を参照してください。

note
[構成の確認] を使用して、ライセンス サーバーの検出スコープを変更することもできます。

検出スコープの詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=101648 (英語の可能性あり) を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft