エクスポート (0) 印刷
すべて展開
Arp
At
Cd
Cls
Cmd
Del
Dir
Fc
For
Ftp
If
Ldp
Lpq
Lpr
Md
Mmc
Msg
Nlb
Rcp
Rd
Reg
Rem
Ren
Rsh
Rsm
Rss
Sc
Set
Sfc
Ver
Vol
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

Dcdiag

フォレストまたはエンタープライズ内のドメイン コント ローラーの状態を分析し、問題を解決するを報告します。

エンドユーザーとしてレポート作成プログラムでdcdiagは、システムに異常な動作を特定する方法の詳細な知識をカプセル化するコマンド ライン ツールです。 Dcdiagコマンドの出力は、コマンド プロンプトを表示します。

Dcdiagのテストと、一連のシステムの別の機能領域を確認するテストを実行するためのフレームワークで構成されます。 このフレームワークは、ドメイン コント ローラーには、エンタープライズ、サイト、または 1 つのサーバーなど、ユーザーの指示した範囲に従ってテストを選択します。

Dcdiagは、Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 に組み込まれています。 Active Directory ドメイン サービス (AD DS) または Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) サーバーの役割がインストールされている場合使用可能です。 Active Directory ドメイン サービスのリモート サーバー管理ツール (RSAT) の一部であるツールをインストールする場合も使用可能です。 詳細についてを参照してください。 Microsoft Windows クライアント コンピューターとサーバー コンピューターのローカルおよびリモートで管理する方法 (記事 160324LinkID 177813 =)。

Dcdiag が Windows Server 2008 R2 または Windows 7 を実行するコンピューター上で実行するのには、時間がかかる場合は、修正プログラムをインストールします。 記事 979294 (記事 160324LinkId 196596 =) で、マイクロソフト サポート技術。

Dcdiag Dcdiag を使用するには、管理者特権のコマンド プロンプトからdcdiagコマンドを実行する必要があります。 管理者特権のコマンド プロンプトを開くには、スタート をクリックして、コマンド プロンプトを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。

構文



dcdiag [/s: <DomainController>] [/n: [<NamingContext>] [/u: <Domain> \ <UserName>/p: {* | <Password>|""}] [{/a |/e}] [{/q |/v}] [/i] [/f: <LogFile>] [/c [/skip: <Test>] [/テスト: <Test>] [修理] [{/h |/しますか?}][/ReplSource: <SourceDomainController>]

パラメーター

パラメーター 説明

/s: <DomainController>

に対してコマンドを実行するサーバーの名前を指定します。 このパラメーターが指定されていない場合は、ローカル ドメイン コント ローラーに対してテストが実行されます。 このパラメーターは、ローカルでのみ実行できる DcPromo と RegisterInDns テストでは、無視されます。

/n: <NamingContext>

NamingContext NamingContext をと名前付けコンテキストを使用してテストします。 NetBIOS では、ドメイン ネーム システム (DNS)、または識別名の形式は、ドメインを指定できます。

/u: <Domain> \ <UserName>/p: {* | <Password>|""}

使用して、ドメイン\ユーザー名 Dcdiagは、ログオンしている、現在の資格情報のユーザー (またはプロセス) を使用します。 代替の資格情報が必要な場合は、パスワードとバインド ・ パスワードの資格情報を提供するために、次のオプションを使用します。

  • 二重引用符 () を使用して ("") が空または null のパスワードをします。

  • パスワードを要求するのには、大文字小文字) を使用します。*

/a

このサイト上のすべてのサーバーをテストします。

/e

エンタープライズ内のすべてのサーバーをテストします。 /A /A をよりも優先されます。

/q

静かな。 エラー メッセージのみを出力します。

/v

詳細。 拡張情報を出力します。

/i

余分なエラー メッセージを無視します。

/fix

MachineAccount MachineAccount のテストのみに影響します。 このパラメーターは、サービス プリンシパル名 (Spn) を解決するのには、テスト ドメイン コント ローラーのコンピューター アカウント オブジェクトをされます。

/f: <LogFile>

すべての出力をログ ファイルにリダイレクト (ファイル)

/c

包括的な。 DCPromo と RegisterInDNS、既定以外のテストなどを除くすべてのテストを実行します。 必要に応じて、指定されたテストをスキップするのには、/skip パラメーターでのこのパラメーターを使用できます。

次のテストでは、既定では実行されません。

  • トポロジ

  • CutoffServers

  • OutboundSecureChannels

{/h | /?}

コマンド プロンプトでヘルプを表示します。

/test:<Test>

このテストのみを実行します。 また、スキップできません、接続のテストが実行されます。 パラメーターはこのパラメーターを/skipと同じコマンドではありません。

/ReplSource: <SourceDomainController>

このコマンドを実行するドメイン コント ローラーとソース ドメイン コント ローラー間の接続をテストします。 (このパラメーターを使用、CheckSecurityError テストします)。SourceDomainControllerは、DNS 名、NetBIOS 名、またはソース ドメイン コント ローラーの複製になります実際または潜在的なサーバーの識別名を実際または潜在的な接続オブジェクトで表されるようです。

DNS のテストの構文

Dcdiag DNS テストは、次の構文を使用します。



dcdiag/test:DNS [/DnsBasic |/DnsForwarders |/DnsDelegation |/DnsDynamicUpdate |/DnsRecordRegistration |/DnsResolveExtName [/DnsInternetName: <InternetName>] |/DnsAll] [/f: <LogFile>] [/x: [<XMLLog.xml>] [/xsl: <XSLFile.xsl>または <XSLTFile.xslt>] [/s: <DomainController>] [/e] [/v]

DNS テスト パラメーター

/test:DNS [DNS をテスト] [DNS をテスト]
指定された DNS テストを実行します。 テストが指定されていない場合は、 /DnsAllにデフォルト設定されます。

/DnsBasic
ネットワーク接続、DNS クライアント構成、サービスの可用性、およびゾーンの存在などの基本 DNS テストを実行します。

/DnsForwarders
/DnsBasic /DnsBasic テストを実行してもフォワーダーの構成を確認します。

/DnsDelegation
/DnsBasic /DnsBasic テストを実行し、またの適切な委任をチェックします。

/DnsDynamicUpdate
/DnsBasic /DnsBasic テストを実行しても、Active Directory ゾーンで動的更新を有効にするかを決定します。

/DnsRecordRegistration
/DnsBasic /DnsBasic テストを実行しても、アドレス (A) 正規名 (CNAME)、既知のサービス (SRV) リソース レコードが登録されているかを確認します。 さらに、テスト結果に基づいてインベントリ レポートを作成します。

/DnsResolveExtName /DnsInternetName: <InternetName >]
/DnsBasic /DnsBasic テストを実行してもInternetNameを解決しようとします。 /DnsInternetName /DnsInternetName が指定されていない場合は、名前 www.microsoft.com を解決しようとします。 /DnsInternetName /DnsInternetName が指定されている場合は、ユーザーが指定したインターネット名を解決しようとします。

/DnsAll
/DnsResolveExtName テストを除く、すべてのテストを実行し、レポートを生成します。

/f:<ログ ファイル >
すべての出力をログ ファイルにリダイレクトします。

/s:<ドメイン コント ローラー >
ドメイン コント ローラー ドメイン コント ローラー に対するテストを実行します。 このパラメーターが指定されていない場合は、ローカル ドメイン コント ローラーに対してテストが実行されます。

/e
/Test:DNS /Test:DNS Active Directory フォレスト内のすべてのドメイン コント ローラーに対して指定されたすべてのテストを実行します。

Cc731968.note(ja-jp,WS.10).gif
DNS テストを大企業では大幅にすることができます時間を実行すると、 /e パラメーターが使用されます。 ドメイン コント ローラーと、オフラインでの DNS サーバー実行時アウト期間は長年の結果として RPC およびその他のプロトコルを増加します。

/v
詳細。 拡張エラーおよび警告に関する情報に加えて、正常にテスト結果に関する情報を表します。 /V /V パラメーターを使用しない場合は、エラーと警告の情報のみを提供します。 エラーまたは警告が概要テーブルにレポートする場合は、 /vスイッチを使用します。

/x:<XMLLog.xml>
<XMLLog.xml> へのすべての出力をリダイレクトします。 このパラメーターは/test:dnsオプションでのみ動作します。

/xsl:<XSLFile.xsl>または <XSLTFile.xslt>
指定したスタイル シートを参照する処理命令を追加します。 このパラメーターは/test:dns/x:と <XMLLog.xml> の機能します。オプションです。

Dcdiag のテスト

このセクションの表では、 dcdiagを使用して実行できるテストを表示します。 テストは、次のカテゴリにグループ化されます。

  • 省略できないドメイン コント ローラーのテスト

  • スキップすることができますドメイン コント ローラーのテスト

    これらのテストは、既定では実行かどうかに基づいて 2 つのテーブルにグループ化されます。

  • 非ドメイン コント ローラーのテスト

省略できないドメイン コント ローラーのテスト

Connectivity
ドメイン コント ローラーが DNS には、に対して ping を実行することができ、LDAP またはリモート プロシージャがある場合を登録されている場合のチェック (RPC) 接続を呼び出します。

スキップすることができますドメイン コント ローラーのテスト

テストを次に示しますを既定で実行します。

Replications
タイムリーなレプリケーションおよびドメイン コント ローラー間のレプリケーション エラーを確認します。

NCSecDesc
名前付けコンテキスト ヘッドのセキュリティ記述子がレプリケーション用の適切なアクセス許可があることを確認します。

NetLogons
レプリケーションを続行するを許可するのには、適切なログオン特権が存在することを確認します。

Advertising
各ドメイン コント ローラー自体ロールで実行可能であることを通知するかどうかを確認します。 このテストは、Netlogon サービスが停止または開始に失敗した場合に失敗します。

KnowsOfRoleHolders
5 つの操作マスターの役割 (とも呼ばれるフレキシブル シングル マスター操作または FSMO の役割) を保持しているサーバー、ドメイン コント ローラーを接続できるかどうかを確認します。

Intersite
防止または一時的にサイト間のレプリケーションのセットアップを保持する障害を確認し、知識整合性チェッカー (を回復するのには、KCC は) かかると予測します。

Cc731968.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
このテストの結果は典型的なサイトまたは KCC の構成で特に、または Windows Server 2003 フォレストの機能レベルでは有効である場合がよくあります。

FSMOCheck
ドメイン コント ローラーが、Kerberos キー配布センター (KDC)、タイム サーバー、優先タイム サーバー、プライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) がグローバル カタログ サーバーに接続できることを確認します。 このテストでは、操作マスターの役割のサーバーのいずれかテストされません。

RidManager
相対識別子 (RID) マスターがアクセス可能かどうか、および適切な情報が含まれているかどうかにチェックします。

MachineAccount
コンピューター アカウントが正しく登録されているかどうかと、サービスをアドバタイズすることを確認します。 /RecreateMachineAccount パラメーターを使用して、ローカル コンピューター アカウントが存在しない場合、修復を試みます。 マシン アカウント フラグが正しくない場合は、 /FixMachineAccountパラメーターを使用します。

Services
適切なドメイン コント ローラー サービスが実行されているかどうかを確認します。

OutboundSecureChannels
チャネルをセキュリティで保護するチェックのすべてのドメインのドメイン コント ローラーから/testdomainパラメーターで指定されたドメインに存在します。 /Nositerestriction /Nositerestriction パラメーターは、dcdiag をテストするには、サイト内のドメイン コント ローラーの制限からを防ぐことができます。

ObjectsReplicated
コンピューター アカウントおよびディレクトリ システム エージェント (DSA) オブジェクトをレプリケートしていることを確認します。 使用できます、 /objectdn:dnパラメーター /n:ncパラメーターを確認するのには、追加のオブジェクトを指定します。

frssysvol
ファイル複製システム (FRS) システム ボリューム (SYSVOL) 準備ができたことを確認します。

frsevent
ファイルシステムのレプリケーション エラーがあるかどうかを調べます。 (SYSVOL 共有のレプリケーションを失敗ポリシーの問題を可能性があります。)

kccevent
エラーなし、KCC が実行中であるかを確認します。

systemlog
システムがエラーなしで実行されていることを確認します。

CheckSDRefDom
ドメインを参照するすべてのアプリケーション ディレクトリ パーティションが適切なセキュリティ記述子があることを確認。

VerifyReplicas
すべてのアプリケーション ディレクトリ パーティションがすべてのレプリカ サーバーで完全にインスタンス化されていることを確認します。

CrossRefValidation
相互参照の有効性をチェックします。

VerifyReferences
特定のシステム参照が FRS およびレプリケーション インフラストラクチャはそのままであることを確認します。

VerifyEnterpriseReferences
システムへの参照を指定するチェックの各ドメイン コント ローラーには、エンタープライズ内のすべてのオブジェクトには FRS およびレプリケーション インフラストラクチャはそのままです。

/skip: <Test>
指定されたテストをスキップします。 このパラメーターを/テストのパラメーターを同じコマンドで指定する必要がありますされません。 スキップすることはできません、唯一のテスト接続があります。

既定では実行しないテストの例を次に示します。

Topology
KCC が完全に接続されたトポロジのすべてのドメイン コント ローラーによって生成されたことを確認します。

CheckSecurityError
全体を Active Directory のセキュリティを Windows Server 2003 SP1 を実行しているドメイン コント ローラーのレプリケーションの状態をレポートします。 企業では、この 1 つまたはすべてのドメイン コント ローラーに対するテストを実行できます。 テストが完了すると、 dcdiagの詳細については、テストの各ドメイン コント ローラーおよびテスト報告されたセキュリティ エラーの診断の結果の概要が表示されます。

次の引数は省略可能です。

/ReplSource: SourceDomainController

この引数は、実際または潜在的なソース ドメイン コント ローラー (SourceDomainController) と、ローカル ドメイン コント ローラー間の複製リンクを作成することを確認します。

CutoffServers
パートナーが実行されていないためにレプリケーションを受信していないサーバーを確認します。

DNS
接続テストは、既定で実行されますだけでなく、6 省略 DNS に関連するテストが含まれています。 個別にまたは一括テストを実行することができます。 次のパラメーターをテストしてください。

  • /DnsBasic

    重要なサービスが実行されているとは、必要なリソース レコードが登録されている、およびドメインでルート ゾーンが存在するを確認します。

  • /DnsForwarders

    再帰を有効にするかどうかと、構成済みのフォワーダーまたはルート ヒントが機能していることを指定します。

  • /DnsDelegation

    委任されたネーム サーバーが機能して、壊れた委任をチェックであることが確認されます。

  • /DnsDymanicUpdate

    Active Directory ドメイン ゾーンの動的更新をセキュリティで保護して、テスト レコードを登録するには、構成されていることを確認します。

  • /DnsRecordRegistration

    すべての重要な DC ロケーター レコードの登録をテストします。

  • /DnsResolveExtName

    基本解像度のイントラネットまたはインターネットの名前を確認します。

OutboundSecureChannels
チャネルをセキュリティで保護するチェックのすべてのドメインのドメイン コント ローラーから/testdomainパラメーターで指定されたドメインに存在します。 /Nositerestriction /Nositerestriction パラメーターは、dcdiag をテストするには、サイト内のドメイン コント ローラーの制限からを防ぐことができます。

VerifyReplicas
すべてのアプリケーション ディレクトリ パーティションがすべてのレプリカ サーバーで完全にインスタンス化されていることを確認します。

VerifyEnterpriseReferences
システムへの参照を指定するチェックの各ドメイン コント ローラーには、エンタープライズ内のすべてのオブジェクトには FRS およびレプリケーション インフラストラクチャはそのままです。

Cc731968.note(ja-jp,WS.10).gif
AD DS にテキストが表示されます、のみ、適切なインストールがある場合は、コンテキスト名とサーバー名は、海外を含むまたは Unicode 文字を正しく名前付けなど、フォントと言語テスト コンピューターでサポートします。

非ドメイン コント ローラーのテスト

DcPromo
既存の DNS インフラストラクチャをドメイン コント ローラーに昇格するすべてのコンピューターをテストします。 インフラストラクチャが十分な場合は、パラメーターで指定されたドメイン内のドメイン コント ローラー コンピューターを昇格することができます/DnsDomain:Active_Directory_Domain_DNS_Name このパラメーターは、既存の DNS インフラストラクチャに変更が必要かどうかを報告します。 必須の引数です/DnsDomain:Active_Directory_Domain_DNS_Name

いずれか、次の引数が必要です。

/NewForest

/NewTree

または子ドメイン名

/ReplicaDC

指定した場合、または、引数を指定する必要があります指定することも、 /ForestRoot:Forest_Root_Domain_DNS_Nameの引数。

RegisterInDNS
このドメイン コント ローラーが、ドメイン コント ローラー ロケーター DNS レコードを登録できるかどうかをテストします。 これらのレコードは、 Active_Directory_Domain_DNS_Nameドメインこのドメイン コント ローラーを特定するには、DNS の他のコンピューターに存在でなければなりません。 このパラメーターは、既存の DNS インフラストラクチャに変更が必要かどうかを報告します。 必須の引数です/DnsDomain:Active_Directory_Domain_DNS_Name

Cc731968.note(ja-jp,WS.10).gif
DcPromo と RegisterInDNS テスト以外のそれらのテストを実行する前にドメイン コント ローラーにするコンピューターを昇格させます。

DNS 拡張 dcdiag の出力を読み取る方法

DNS 拡張によって提供される結果を解釈する方法を次の手順を要約します。 dcdiag :

  1. 実行 dcdiag test:DNS /e /f:dns.txt . マイクロソフトでは、常を使用して、 /v 詳細な情報を取得するスイッチです。

  2. メモ帳または互換エディターでレポートを開きます。

  3. レポートの最後までスクロールし、概要テーブルを参照します。

  4. 「警告」または「失敗」の状態を任意のサブテストに概要テーブルで返されるサーバーを識別します。

  5. どのような問題が検出されましたを確認するには、そのサーバーの出力セクションを確認 (ヒント: 文字列を検索するのには、[編集] メニューの[検索] コマンドを使用" DC: DC_computername」(引用符を含めます) せず、特定の DC の詳細セクションを検索します。

  6. DNS クライアントまたは DNS サーバーを必要に応じて上の問題を解決します。

  7. 実行 dcdiag /test:DNS /v /e (または /s: #_ Dc 名)もう一度この修正プログラムを確認するには。 エラーをすべて理解して調整されるまで、手順 1 ~ 6 が必要. します。

警告とエラー

Dcdiag DNS クライアントまたは DNS サーバーの構成に問題が発生する可能性があります、ベスト ・ プラクティス構成、または準拠しないを指定することによって、控えめなアプローチを取得します。 dcdiag 完全に検証することはできません。 このため、概要および詳細セクション dcdiag 現在機能している DNS 構成の警告を報告する可能性があります。 管理者する必要があります調査し、によって識別する場合は、このような構成を検証します。 dcdiag

次の表にトリガーできる構成が含まれています。 dcdiag 警告またはエラーは、DNS サブテストのそれぞれに。

基本的です

警告 その他の情報

警告: アダプター < アダプター名 >動的 IP アドレスを持つ

すべての DNS サーバーの静的 IP アドレスが推奨されます。

警告: アダプター < アダプター名 >無効な DNS サーバー: <name>< IP アドレス >

DNS サーバーが到達可能なことがあります。

警告: DNS の RPC の接続性がありません (エラーまたは非 Microsoft DNS サーバーが実行されている)

DNS サーバーが BIND または他の Microsoft 以外の DNS サーバーがある場合は、この警告を無視します。

警告: この DC または DNS サーバー上の Active Directory ゾーンが見つかりません

該当なし

警告: この DC と DNS サーバーのルート ゾーンが見つかりません

該当なし

エラー その他の情報

エラー: 指定された資格情報で認証に失敗しました

DCDIAG は、すべてのテストを実行するには、エンタープライズ管理者の資格情報が必要です。

LDAP 接続のエラー: なし

該当なし

エラー: DS RPC の接続性がありません。

該当なし

WMI 接続のエラー: なし

DNS テストでは、リモート コンピューターで実行するには、WMI 接続が必要です。

オペレーティング システムのバージョン WMI からエラー: を読み取ることができません。

リモート コンピューターに WMI 接続がないために発生する可能性があります。

エラー: < 名前をオペレーティング システム >サポートされていない (このツールはサポート Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 でのみ)

該当なし

エラー: サービス コントロール マネージャーを開くに失敗しました

サービスが実行中かどうかを確認することができません。

エラー: Kdc と netlogon と DNS と改名が実行されていません。

いくつかの主要なサービスが実行されていません。

ネットワーク アダプターの情報を WMI エラー: を読み取ることができません。

該当なし

エラー: すべての DNS サーバーが無効です。

クライアントがポイントしている DNS サーバーがないか到達またはいない、DNS サーバー、またはそれらに無効な IP アドレスがあります。

エラー: この DC の A レコードが見つかりませんでした。

すべてのドメイン コント ローラー、ホスト (A) リソース レコードを登録する必要があります。 クライアントがポイントしているすべての DNS サーバーのホスト (A) レコードが登録されているかどうかを確認します。

エラー: ゾーンの列挙に失敗しましたと AD ゾーンのルートを検索するには

該当なし

エラー: この DC の DNS ゾーンを照会できませんでした。

ドメイン コント ローラーが登録しようとでは、ゾーンが存在していることを確認します。

フォワーダー

エラー その他の情報

エラー: 無効なフォワーダーのフォワーダー一覧が: < フォワーダーの IP アドレス >

DNS サーバー上で構成されているフォワーダーに無効な IP アドレスがあるか、DNS サーバーではない、または名前の解決が機能していません (非ルート ドメインのドメイン コント ローラーの場合にフォレスト ルート ドメインの SRV レコードを解決できません)。

エラー: 両方のルート ヒントとフォワーダーが構成されていません。 フォワーダーまたはルート ヒントのいずれかを構成してください。

ルート ゾーンをホストしない限りフォワーダーまたはルート ヒントのいずれかの DNS サーバーにされているかどうかを確認します。

エラー: のルートのリストが無効なルート ヒント サーバーのヒント: < ルート ヒント サーバーの IP アドレス >

上の DNS サーバーを構成する、ルート ヒント サーバーに無効な IP アドレスまたは、DNS サーバーではない、または名前の解決が機能していません (非ルート ドメイン DC の場合にフォレスト ルート ドメインの SRV レコードを解決できません)。

エラー: < ルート ヒント サーバー名 >Ip アドレス: <Unavailable>ステータス: < サーバーの状態を >

構成されているルート ヒント サーバーに対応する IP アドレスがありません。 状態フィールドにサーバーの状態をくれます

エラー: < ルート ヒント サーバー名 >Ip アドレス: <Unavailable>状態: が見つかりません、レコード

構成されているルート ヒント サーバーに A レコードがありません。

エラー: のルート ヒント サーバーの列挙に失敗しました < サーバー名に DNS >

対象の DNS サーバーでルート ヒント サーバーの一覧を表示できませんでした。

委任

警告 その他の情報

警告: DNS サーバー: < 名前を dns サーバー >Ip アドレス: <Ipaddress>エラー: 不足しているグルー A レコード

構成されている委任グルー A レコードがありません。

エラー その他の情報

DNS サーバー: < サーバー名 >IP: < IP アドレス >エラー: 委任を分けの詳細

委任が構成されているが、ネーム サーバーが応答していません。

DNS サーバー: < サーバー名 >IP: < IP アドレス >エラー: 壊れた委任されたドメイン < 委任されたドメイン名 >-非-詳細

該当なし

エラー: レコードはゾーンのルート サーバーを列挙できませんでした。

該当なし

DynamicUpdate

警告 その他の情報

警告: 動的更新がゾーンで有効には、< ゾーン名 > をセキュリティで保護されません。

セキュリティで保護されたの動的更新が推奨されます。

警告: テスト レコード _dcdiag_test_record < エラー コード > を追加できませんでした。< ゾーン名 > ゾーン内

テストによってダミー レコードが動的に追加します。

警告: テスト レコード _dcdiag_test_record < エラー コード > のエラーを削除に失敗しました。ゾーン < ゾーン名 >

追加されたレコードも削除します。

エラー その他の情報

エラー: 動的更新ゾーン < ゾーン名 > 上で有効になっていません

クライアントがそのレコードを登録できないため、動的更新は、Active Directory のゾーンの無効です。

レコード登録

警告 その他の情報

警告: は < レコード名 > の DNS サーバーに DC SRV レコードが見つからない

場合は、エラーを無視します。 DNSAvoidRegisterRecord レジストリ キーまたはそのグループ ポリシーは、このレコードが登録できないように構成されています。

警告: GC SRV レコードを DNS サーバー [< レコード名 > に不足しています。

場合は、エラーを無視します。 DNSAvoidRegisterRecord レジストリ キーまたはそのグループ ポリシーは、このレコードが登録できないように構成されています。

警告: は < レコード名 > の DNS サーバーの PDC SRV レコードが見つからない

場合は、エラーを無視します。 DNSAvoidRegisterRecord レジストリ キーまたはそのグループ ポリシーは、このレコードが登録できないように構成されています。

警告: レコードの登録が一部のネットワーク アダプターが見つかりません。

該当なし

エラー その他の情報

エラー: は < DNS サーバーの IP アドレス > の DNS サーバーにレコードがありません。: < は、レコード名 >

DC が A レコードを指定した DNS サーバーを登録していません。

エラー: < DNS サーバーの IP アドレス > の DNS サーバーの CNAME レコードを見つかりません: < CNAME レコード名 >

DC は、その CNAME レコードで指定された DNS サーバーを登録していません。

エラー: DC SRV レコードを DNS サーバー [< DNS サーバーの IP アドレス > を不足しています。<: SRV レコード名 >

DC が DC SRV レコードで指定された DNS サーバーを登録していません。

エラー: GC SRV レコードを DNS サーバー [< DNS サーバーの IP アドレス > を不足しています。<: SRV レコード名 >

DC が GC SRV レコードを指定した DNS サーバーを登録していません。

エラー: PDC SRV レコードを DNS サーバー [< DNS サーバーの IP アドレス > を不足しています。<: SRV レコード名 >

DC で指定された DNS サーバーの指定の PDC SRV レコードを登録していません。 停止して、netlogon サービスを開始することでこれらのすべてのレコードを登録できます。

エラー: レコードの登録、ネットワーク アダプターが見つかりません。

複数のネットワーク アダプターがある場合、テストは、すべてのレコードが各アダプターで構成されているすべての DNS サーバー上に存在するかどうかを確認します。 このエラーは、上の DNS サーバーのレコードの登録がない場合に発生します。

外部の名前解決

エラー その他の情報

エラー: インターネット名 <name>解決できません。

指定されたインターネット名を解決できません。 プロキシ クライアント、サーバー、ルート ヒント、およびフォワーダーが正しく構成されているかどうかを確認します。

エンタープライズ DNS インフラストラクチャ テスト

警告 その他の情報

警告: どちらもフォワーダーまたはルート ヒントが構成されている下位ドメインから親ドメインに対して

フォワーダーやルート ヒントでは、親またはするには、名前解決を有効にするのには、それぞれのドメインの権限のあるゾーンをホストしている下位ドメインの DNS サーバーを構成する必要があります。

エラー その他の情報

エラー: 親ドメインで委任は構成されていません

委任は親から下位ドメインを構成しなければなりません。

エラー: 委任はあるが、グルー レコードがありません。

委任が構成されていますが、グルー レコードのネーム サーバーがありません。

エラー: フォワーダー ドメインの下位には、親ドメインの構成が正しくないです。

フォワーダーは下位ドメインから親ドメインに対して構成する必要があります。

エラー: ルート ヒント ドメインの下位には、親ドメインの構成が正しくないです。

ルート ヒントは下位ドメインから親ドメインに対して構成する必要があります。

エラー: フォワーダーに従属する親ドメインから構成されているが、一部の DNS サーバー (DNS を参照してくださいサーバー」のエラーの詳細) のテストに失敗しました

構成されているフォワーダーに無効な IP アドレスがあるか有効な DNS サーバーではない、または名前の解決が機能していません (ルート以外のドメイン内にある場合は、フォレストのルート ドメインの SRV レコードを解決できません)。

エラー: ルート ヒントは下位に親ドメインから構成されますが、一部の DNS サーバー (DNS を参照してくださいサーバー」のエラーの詳細) のテストに失敗しました

ルート ヒントの構成が無効な IP アドレスがあるか有効な DNS サーバーではない、または名前の解決が機能していません。

例 1: 通常のドメイン コント ローラー

この例では、それが正常な状態で機能していることを確認できるように、ドメイン コント ローラーを確認するとします。 管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

C:\Windows\system32>dcdiag /s:reskit-DC1 \administrator password

次のような出力が表示されます。



ドメイン コント ローラーの DiagnosisPerforming の初期設定: 初期情報を収集を実行します。

初期の必要なテストを行ってテスト サーバー: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: 接続.........................

RESKIT DC1 渡されたテスト ConnectivityDoing の主要なテスト サーバーのテスト: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: レプリケーション.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストのレプリケーションを開始する: NCSecDesc.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NCSecDesc 開始: NetLogons.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NetLogons を開始する: 広告.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト広告を開始テスト: KnowsOfRoleHolders.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの KnowsOfRoleHolders 開始: RidManager.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの RidManager 開始: MachineAccount.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの MachineAccount を開始: サービス.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト サービス開始テスト: ObjectsReplicated.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの ObjectsReplicated 開始: frssysvol.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト frssysvol 開始: kccevent.........................

RESKIT DC1 に渡される kccevent 開始テスト: システム.........................

RESKIT DC1 渡すテスト システム パーティションのテストの実行: テストはスキーマの開始: DeadCRTest.........................

渡されたスキーマのテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

スキーマの渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストの: テストの構成を開始する: DeadCRTest.........................

渡される構成テストの [テストの開始の DeadCRTest: CheckSDRefDom.........................

構成の渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストを: RESKIT DOM を開始テスト: DeadCRTest.........................

RESKIT DOM の渡されたテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

RESKIT DOM 渡されたテスト CheckSDRefDom を実行してエンタープライズ テストに: RESKIT DOM.reskit.com 開始テスト: サイト間.........................

RESKIT DOM.reskit.com-渡されたテスト サイト間を開始テスト: FsmoCheck.........................

RESKIT DOM.reskit.com-渡されたテスト FsmoCheck

例 2: DNS 登録が失敗しました

この例では、1 つのドメイン コント ローラーが正しくレプリケートされていないことがわかりました。 ドメイン コント ローラーが機能しているし、IP アドレスで ping を実行できることを確認したら、 dcdiagを使用して、エンタープライズのチェックを行うには。 管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

C:\Windows\system32>dcdiag /s:reskit-DC1 \administrator password /e

次のような出力が表示されます。



ドメイン コント ローラーの DiagnosisPerforming の初期設定: 初期情報を収集を実行します。

初期の必要なテストを行ってテスト サーバー: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: 接続.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト サーバーの接続をテスト: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC2 の開始: 接続ホストの 7594898c-8ba4-4496-a01a-b0f2cadd28a6._msdcs。RESKIT DOM.reskit.com を IP アドレスに解決できませんでした。

Guid の DNS 名が DNS サーバー、DHCP サーバー名を確認するなど (7594898c-8ba4-4496-a01a-b0f2cadd28a6._msdcs。RESKIT-DOM.reskit.com) を解決することができませんでした、サーバー名 (reskit ・ DC2.reskit ・ sib.RESKIT ・ DOM.reskit.com) (172.26.220.34) の IP アドレスに解決し、ping に応答するがします。

確認、IP アドレスが DNS サーバーに正しく登録です。

.........................

RESKIT DC2 に失敗したテスト ConnectivityDoing の主要なテスト サーバーのテスト: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: レプリケーション [レプリケーション チェック、RESKIT DC1] 最近使用したレプリケーションの実行時に失敗しました: から RESKIT ・ DC2 RESKIT DC1 の名前付けコンテキストに: CN 構成、DC = RESKIT DOM, DC = reskit、DC = com を = レプリケーション エラー (1722) を生成: RPC サーバーを利用できません。

2007 年 12 月 21 日に、障害の発生 02時 19分: 04。

最後の成功で 2007 年 12 月 21 日で 1時 57分: 43。

最後の成功以来 1 エラーが発生しました。

元のままになります。

コンピューターを確認してください。

.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストのレプリケーションを開始する: NCSecDesc.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NCSecDesc 開始: NetLogons.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NetLogons を開始する: 広告.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト広告を開始テスト: KnowsOfRoleHolders.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの KnowsOfRoleHolders 開始: RidManager.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの RidManager 開始: MachineAccount.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの MachineAccount を開始: サービス.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト サービス開始テスト: ObjectsReplicated.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの ObjectsReplicated 開始: frssysvol.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト frssysvol 開始: kccevent.........................

RESKIT DC1 に渡される kccevent 開始テスト: システムが、エラーが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 28分: 25 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 40分: 30 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 43分: 30 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 58分: 46 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 02分: 11 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 05分: 11 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 10分: 51 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 13分: 51 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 18分: 58 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 21分: 58 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は構成する.........................

RESKIT DC1 テスト システムのテスト サーバーが失敗しました: RESKIT DC2 がディレクトリ サービスに応答していないサーバーでパーティションのテストの実行を要求するための既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC2 スキップすべてテスト: テストはスキーマの開始: DeadCRTest.........................

渡されたスキーマのテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

スキーマの渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストの: テストの構成を開始する: DeadCRTest.........................

渡される構成テストの [テストの開始の DeadCRTest: CheckSDRefDom.........................

構成の渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストを: RESKIT DOM を開始テスト: DeadCRTest.........................

RESKIT DOM の渡されたテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

RESKIT DOM 渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストで: reskit sib 開始テスト: DeadCRTest.........................

reskit sib 渡された DeadCRTest を開始テスト: CheckSDRefDom.........................

reskit sib 渡されたテスト CheckSDRefDom を実行してエンタープライズ テストに: RESKIT DOM.reskit.com 開始テスト: サイト間.........................

RESKIT DOM.reskit.com-渡されたテスト サイト間を開始テスト: FsmoCheck.........................

RESKIT DOM.reskit.com-渡されたテスト FsmoCheck

例 3: Netlogon サービスが失敗しました

この例では、Netlogon サービスはドメイン コント ローラーのいずれかに失敗しました。 トラブルシューティングするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

C:\Windows\system32>dcdiag /s:reskit-DC1 \administrator password

次のような出力が表示されます。



ドメイン コント ローラーの DiagnosisPerforming の初期設定: 初期情報を収集を実行します。

初期の必要なテストを行ってテスト サーバー: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: 接続.........................

RESKIT DC1 渡されたテスト ConnectivityDoing の主要なテスト サーバーのテスト: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: レプリケーション.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストのレプリケーションを開始する: NCSecDesc.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NCSecDesc 開始: NetLogons.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NetLogons を開始する: 広告致命的なエラー: DsGetDcName (RESKIT DC1) の呼び出しに失敗しました、エラー 1722 のロケーター サーバーが見つかりませんでした。

.........................

RESKIT DC1 失敗したテストのテストの広告を開始: KnowsOfRoleHolders.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの KnowsOfRoleHolders 開始: RidManager.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの RidManager 開始: MachineAccount.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの MachineAccount を開始します NETLOGON サービスが停止 [RESKIT DC1 上].........................。

RESKIT DC1 失敗したテストのテストのサービスを開始: ObjectsReplicated.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの ObjectsReplicated 開始: frssysvol.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト frssysvol 開始: kccevent.........................

RESKIT DC1 に渡される kccevent 開始テスト: システムが、エラーが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 28分: 25 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 40分: 30 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 43分: 30 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 58分: 46 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 02分: 11 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 05分: 11 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 10分: 51 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 13分: 51 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は構成する.........................

RESKIT DC1 テスト システム実行中のパーティションのテストに失敗しました: スキーマを開始テスト: DeadCRTest.........................

渡されたスキーマのテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

スキーマの渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストの: テストの構成を開始する: DeadCRTest.........................

渡される構成テストの [テストの開始の DeadCRTest: CheckSDRefDom.........................

構成の渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストを: RESKIT DOM を開始テスト: DeadCRTest.........................

RESKIT DOM の渡されたテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

RESKIT DOM 渡されたテスト CheckSDRefDom を実行してエンタープライズ テストに: RESKIT DOM.reskit.com 開始テスト: サイト間.........................

RESKIT DOM.reskit.com に渡されたテストのテストのサイト間を開始: FsmoCheck の警告: DcGetDcName(GC_SERVER_REQUIRED) の呼び出しに失敗しました、エラー 1717 A のグローバル カタログ サーバーが見つかりません - すべての GC は停止します。

警告: DcGetDcName(PDC_REQUIRED) の呼び出しに失敗しました、エラー 1717 A プライマリ ドメイン コント ローラーが見つかりません。

PDC の役割を持つサーバーがダウンしています。

警告: DcGetDcName(TIME_SERVER) の呼び出しに失敗しました、エラー 1717 A のタイム サーバーが見つかりません。

PDC の役割を持つサーバーがダウンしています。

警告: DcGetDcName(GOOD_TIME_SERVER_PREFERRED) の呼び出しに失敗しました、エラー 1717 A の正常なタイム サーバーが見つかりません。

警告: DcGetDcName(KDC_REQUIRED) の呼び出しに失敗しました、エラー 1717 A の KDC が見つかりません - はすべての Kdc がダウンしています。

.........................

RESKIT DOM.reskit.com 失敗したテスト FsmoCheck

例 4: 応答不能またはアクセス不能のサーバー

この例では、レプリケーションの問題に気付いています。 この問題を解決するには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

C:\Windows\system32>dcdiag /s:reskit-DC1 \administrator password /e

次のような出力が表示されます。



ドメイン コント ローラーの DiagnosisPerforming の初期設定: 初期情報を収集を実行します。

初期の必要なテストを行ってテスト サーバー: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: 接続.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト サーバーの接続をテスト: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC2 の開始: 接続サーバー RESKIT ・ DC2 は、この IP アドレスに 172.26.220.34 を解決が、アドレス reached(pinged) をすることができませんでした、ので、ネットワークを確認します。

返されたエラー: エラーのリソース不足のために。

このエラーはより多くの場合、対象のサーバーはシャット ダウンまたはネットワークから切断されて......................... 意味します。

RESKIT DC2 に失敗したテスト ConnectivityDoing の主要なテスト サーバーのテスト: テストの既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC1 を開始: レプリケーション [レプリケーション チェック、RESKIT DC1] 最近使用したレプリケーションの実行時に失敗しました: から RESKIT ・ DC2 RESKIT DC1 の名前付けコンテキストに: CN 構成、DC = RESKIT DOM, DC = reskit、DC = com を = レプリケーション エラー (1722) を生成: RPC サーバーを利用できません。

2007 年 12 月 21 日に、障害の発生 02時 19分: 04。

最後の成功で 2007 年 12 月 21 日で 1時 57分: 43。

最後の成功以来 1 エラーが発生しました。

元のままになります。

コンピューターを確認してください。

.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストのレプリケーションを開始する: NCSecDesc.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NCSecDesc 開始: NetLogons.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの NetLogons を開始する: 広告.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト広告を開始テスト: KnowsOfRoleHolders.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの KnowsOfRoleHolders 開始: RidManager.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの RidManager 開始: MachineAccount.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの MachineAccount を開始: サービス.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト サービス開始テスト: ObjectsReplicated.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト テストの ObjectsReplicated 開始: frssysvol.........................

RESKIT DC1 の渡されたテスト frssysvol 開始: kccevent.........................

RESKIT DC1 に渡される kccevent 開始テスト: システムが、エラーが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 28分: 25 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 40分: 30 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 43分: 30 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 1時 58分: 46 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 02分: 11 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 05分: 11 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 10分: 51 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 13分: 51 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は、エラー イベントに構成されてが発生しました。

イベント Id: 0xC25A001D 回生: 2007/12/21 02時 18分: 58 イベント文字列: タイム プロバイダー NtpClient は構成する.........................

RESKIT DC1 テスト システムのテスト サーバーが失敗しました: RESKIT DC2 がディレクトリ サービスに応答していないサーバーでパーティションのテストの実行を要求するための既定の最初のサイト-Name\RESKIT-DC2 スキップすべてテスト: テストはスキーマの開始: DeadCRTest.........................

渡されたスキーマのテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

スキーマの渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストの: テストの構成を開始する: DeadCRTest.........................

渡される構成テストの [テストの開始の DeadCRTest: CheckSDRefDom.........................

構成の渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストを: RESKIT DOM を開始テスト: DeadCRTest.........................

RESKIT DOM の渡されたテスト テストの DeadCRTest 開始: CheckSDRefDom.........................

RESKIT DOM 渡されたテスト パーティションの CheckSDRefDom を実行しているテストで: reskit sib 開始テスト: DeadCRTest.........................

reskit sib 渡された DeadCRTest を開始テスト: CheckSDRefDom.........................

reskit sib 渡されたテスト CheckSDRefDom を実行してエンタープライズ テストに: RESKIT DOM.reskit.com 開始テスト: サイト間.........................

RESKIT DOM.reskit.com-渡されたテスト サイト間を開始テスト: FsmoCheck.........................

RESKIT DOM.reskit.com-渡されたテスト FsmoCheck

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft