エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Update でデバイス ドライバーを検索するように Windows を構成する

適用対象: Windows 7, Windows Server 2008 R2

Windows は、新しいデバイスを検出すると、ドライバー ストアを調べて、適切なドライバー パッケージがそこにステージされているかどうかを確認します。ステージされていない場合は、複数の場所を調べて、ドライバー パッケージを探します。検索する場所と順序は以下のとおりです。

  1. DevicePath レジストリ設定で指定されているフォルダー。詳細については、「追加フォルダーでデバイス ドライバーを検索するように Windows を構成する」を参照してください。

  2. Web 上の Windows Update。これについては、このトピックで説明します。

  3. ユーザーによって提供された後のファイル パスまたはメディア。

Windows によって検出されたドライバー パッケージは、ドライバー ストアにコピーされて、そこからインストールされます。

既定では、ドライバーがローカルで自動的に見つからない場合、Windows はインターネット上の Windows Update ドライバー リポジトリを検索します。管理環境の管理者は、管理対象のシステムを自分自身でいっそうきめ細かく制御することができ、Windows Update の自動検索を無効にすることができます。

このトピックでは、Windows Update でのデバイス ドライバーの検索を有効または無効にするための方法について説明します。

この手順を実行するには、ローカルの Administrators グループのメンバーシップ、またはそれと同等のメンバーシップが最低限必要です。

追加フォルダーでデバイス ドライバーを検索するように Windows を構成するには
  1. ローカル グループ ポリシー オブジェクト エディターを開始します。[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックス内をクリックして、「mmc gpedit.msc」と入力します。

  2. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示された場合は、表示されている操作が目的の操作であることを確認して、[はい] をクリックします。

  3. [ローカル コンピューター ポリシー]、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[システム]、[インターネット通信の管理] の順番に開き、[インターネット通信の設定] を開きます。

  4. 右側のウィンドウで、[Windows Update でのデバイス ドライバーの検索をオフにする] をダブルクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows が Windows Update を検索しないようにするには、[有効] をクリックします。

    • ドライバーがローカルで見つからない場合に常に Windows Update を自動的に検索するには、[無効] をクリックします。

    • システムの既定の設定を使用するには、[未構成] をクリックします。既定の設定では、Windows Update が自動的に検索されます。

  6. [無効] または [未構成] をクリックした場合は、[コンピューターの構成] の [管理用テンプレート] の [システム] の [ドライバー インストール] の [Windows Update でのデバイス ドライバー検索のプロンプトをオフにする] で指定されているポリシーが適用されます。このポリシーは、Windows Update を検索する前にユーザーの了解を求めるプロンプトを表示するかどうかを決定します。このポリシーが有効の場合は、Windows Update の検索は告知なしで行われ、最初にユーザーの了解が求められることはありません。

次の表は、2 つのポリシー設定の異なる組み合わせによる効果を示しています。結果では、プロンプトが表示されるかどうか、および Windows Update の検索が行われるかどうかが示されています。

 

ポリシー : Windows Update でのデバイス ドライバーの検索をオフにする ポリシー : Windows Update でのデバイス ドライバー検索のプロンプトをオフにする 結果の動作

有効

有効

プロンプトは表示されず、Windows Update の検索は行われません。

有効

無効

プロンプトは表示されず、Windows Update の検索は行われません。

有効

未構成

プロンプトは表示されず、Windows Update の検索は行われません。

無効

有効

プロンプトは表示されません。Windows Update が自動的に検索されます。

無効

無効

プロンプトが表示され、ユーザーが了解すると Windows Update が検索されます。

無効

未構成

プロンプトが表示され、ユーザーが了解すると Windows Update が検索されます。

未構成

有効

プロンプトは表示されません。Windows Update が自動的に検索されます。

未構成

無効

プロンプトが表示され、ユーザーが了解すると Windows Update が検索されます。

未構成

未構成

プロンプトが表示され、ユーザーが了解すると Windows Update が検索されます。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft