エクスポート (0) 印刷
すべて展開

セキュリティと保護

更新日: 2010年4月

適用対象: Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2

このコレクションには、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 のセキュリティ テクノロジに関する詳細情報が含まれています。

  • AppLocker

    AppLocker は、Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の新機能であり、アプリケーションのアクセス制御を行うことができます。

  • 承認マネージャ

    承認マネージャーは、リソースへのアクセスを効果的に制御するのに役立つ Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインです。

  • Windows BitLocker ドライブ暗号化

    BitLocker を使用すると、Windows オペレーティング システム ボリュームおよび構成済みのデータ ボリュームに格納されているすべてのデータを暗号化できます。また、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) を使用することにより、初期起動コンポーネントの整合性を確保するのにも役立ちます。

  • 暗号化ファイル システム

    暗号化ファイル システム (EFS) は、NTFS ボリュームに格納されているファイルを暗号化するためのコア暗号化テクノロジです。

  • Kerberos

    Kerberos は、ユーザーまたはホストの身元を検証するための認証メカニズムです。

  • 管理されたサービス アカウント

    Windows Server 2008 R2 および Windows 7 では、管理されたサービス アカウントと仮想アカウントという 2 種類の新しいサービス アカウントが導入されました。 管理されたサービス アカウントは、SQL Server や IIS などの重要なアプリケーションのアカウントを各自のドメイン アカウントとして分離できるように設計されたものです。管理者にとっては、サービス プリンシパル名 (SPN) とこれらのアカウントの資格情報を手動で管理する必要がなくなります。 Windows Server 2008 R2 および Windows 7 の仮想アカウントは、"管理されたローカル アカウント" であり、コンピューターの資格情報を使用してネットワーク リソースにアクセスできます。

  • セキュリティ監査

    セキュリティ監査は、システムのセキュリティを維持するのに役立つ最も強力なツールの 1 つです。 監査では、成否にかかわらず、ネットワークに対する脅威となる攻撃や、リスク評価で重要と判断されたリソースに対する攻撃を特定する必要があります。

  • セキュリティの構成ウィザード

    セキュリティ構成ウィザード (SCW) は、攻撃対象領域を縮小するツールです。管理者は、このツールを使用して、サーバーの役割に必要な最低限の機能に基づいてセキュリティ ポリシーを作成できます。

  • サーバー セキュリティ ポリシーの管理

    セキュリティ ポリシーは構成可能なルール セットです。オペレーティング システムは、リソースへのアクセスの要求に応じて許可を行う際に、このルールに従います。

  • Smart Cards

    スマート カードは、クライアント認証、ドメインへのログオン、コード署名、電子メールのセキュリティ保護などのタスクに対するセキュリティ ソリューションです。不正改造対策が施されており、持ち運びが可能です。

  • ユーザー アカウント制御

    ユーザー アカウント制御 (UAC) は、管理者が管理者以外のユーザー セッションで資格情報を入力して、不定期の管理タスクを実行できるようにするセキュリティ コンポーネントです。 また、UAC では、管理者が管理操作またはアプリケーションを明示的に承認しないと実行できないようにすることもできます。

  • Windows Authentication

    Windows オペレーティング システムは、ネゴシエート、Kerberos、NTLM、Transport Layer Security/Secure Sockets Layer (TLS/SSL)、ダイジェストなど、既定の認証プロトコルのセットを、拡張可能なアーキテクチャの一部として実装しています。 また、認証パッケージに組み込まれているプロトコルもあります。 これらのプロトコルとパッケージにより、ユーザー、コンピューター、およびサービスの認証が可能になります。こうした認証プロセスを経て、承認されたユーザーとサービスは、安全な方法でリソースにアクセスできます。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft