エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

Tee-Object コマンドレットの使用

1 つのコマンドを使用したデータの表示とデータの保存

Tee-Object コマンドレットを使用すると、1 つのコマンドで、Windows PowerShell ウィンドウにデータを表示し、そのデータをテキスト データに保存することができます。たとえば、次のコマンドは Get-Process コマンドレットを使用し、コンピュータで最近実行されたすべての処理について情報を取得します。次に Tee-Object を使用して、画面上への表示とファイル C:\Scripts\Test.txt へのデータ保存を同時に行うことができます。


Get-Process | Tee-Object -file c:\scripts\test.txt


Tee-Object のエイリアス
  • tee


関連リンク

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft