エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

BranchCache のデザイン ガイド

BranchCache は、Windows Server ® 2008 R2 および Windows ® 7 オペレーティング システムに含まれている、ワイド エリア ネットワーク (WAN) の帯域幅最適化技術です。

WAN の帯域幅を最適化するには、BranchCache 本社コンテンツ サーバーからコンテンツをコピーし、クライアントが WAN 経由ではなく、ローカルでコンテンツにアクセスするブランチ オフィスにあるコンピューターが、支社の所在地、コンテンツをキャッシュします。

ブランチ オフィスでは、いずれかの Windows サーバー 2008 R2、server 支社で Windows 7 を実行しているコンピューターで利用できない場合は、BranchCache 機能を実行しているサーバーでコンテンツが格納されます。 クライアント コンピューター要求し、本社オフィスからコンテンツを受信し、コンテンツがブランチ オフィスでキャッシュされていると、他のコンピューターに同じブランチ オフィス WAN リンク上で、本社オフィスへの問い合わせのではなく、ローカルのコンテンツを取得できます。

BranchCache で営業所は、クライアントとサーバーのコンテンツのクエリの応答時間を向上させることにより、エンド ・ ユーザーの生産性の向上、また WAN リンク経由でトラフィックを減らすことでネットワーク パフォーマンスを向上できます。

このガイドについて

新しい組織を作成する特定の設計の要件に基づいて、branchcache を使用の展開を計画するのに役立つ推奨事項について説明します。 このガイドでは、システムとネットワークの設計者や管理者での使用目的、BranchCache の展開を計画する際に、主要な意思決定ポイントを示しています。

この一連の 2 つの主要な BranchCache 設計をベースにした展開の目標を説明し、ガイド、環境に合わせて最適なデザインを決定することができます。 これら展開の目標を環境のニーズに基づき、次の BranchCache デザインのいずれかの形式を使用できます。

  • キャッシュ モードのクライアント コンピューターのみが含まれている小規模な支社で BranchCache を分散

  • BranchCache がキャッシュ モードのクライアント コンピューターにサーバーがブランチ オフィスのホスト

各設計は、環境に関する必要なデータを収集するためのガイドラインが表示されます。 計画し、設計の BranchCache 環境内に、次のガイドラインを使用できます。 このガイドを読むし、収集、文書化、および、組織の要件マッピングが完了した後、BranchCache の展開ガイドを使用して BranchCache を展開を開始するのに必要な情報を必要があります。

BranchCache を展開する方法については、「BranchCache の展開ガイド 』 を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft