エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Internet Explorer 8 に移行する際のアプリケーションの互換性への対処

更新日: 2010年8月

適用対象: Windows 7

世界中のあらゆる種類と規模の組織で、Windows(R) 7 の導入が広がっています。このような導入を促進する価値要因としては、多数の新しいエンタープライズ機能や新しいオペレーティング システムによって提供される性能が挙げられます。また、Windows 7 は、最新のデスクトップをサポートする長期的なプラットフォームの必要性に IT 部門がどのように対応するかについて、大きな変化をもたらしています。新しい機能と利点により、Windows 7 オペレーティング システムは、場所を選ばない高いユーザー生産性の維持による総保有コストの削減、セキュリティと制御の強化、および組織全体のデスクトップ管理の簡略化を実現します。Windows 7 には、セキュリティの向上、ブラウズ機能の強化、標準への準拠を実現した最新ブラウザーの Windows Internet Explorer(R) 8 も付属しています。この 2 つのプラットフォームが組み合わさって、IT 効率を向上し、組織の機敏性とセキュリティを強化します。

ただし、新しいオペレーティング システムへの移行は、特別な課題 (主に、レガシ Web アプリケーションをサポートする必要性に関する課題) を伴います。組織には、Windows Internet Explorer 7 や Microsoft(R) Internet Explorer 6 など、以前のバージョンの Microsoft Internet Explorer 向けに作成されたアプリケーションがある場合があります。このような Web アプリケーションでは、Internet Explorer 8 との互換性の問題が発生することがあります。また、Internet Explorer 6 は Windows 7 上でネイティブには動作せず、2 つのバージョンの Internet Explorer を Windows 上で同時に実行するオプションも Microsoft ではサポートしていません。このトピックに関する詳細については、マイクロソフト サポート Web サイトのサポート技術情報の記事「単一のオペレーティング システムで Internet Explorer の複数のバージョンを実行することはサポートされていません」を参照してください。

多くの企業が、10 年以上にわたって構築およびカスタマイズしてきた Internet Explorer 6 ベースの Web アプリケーションに現在でも依存しています。Windows 7 の展開を計画している組織は、レガシ Web アプリケーションを Internet Explorer 8 に移行するために、包括的な戦略と実行プランを実施する必要があります。このドキュメントでは、ツールやプロセスを示しながら、Internet Explorer 8 の互換性の問題に関する詳しい概要を IT 担当者に提供し、Web アプリケーションを移行するための修正の戦略について説明します。

開発者の観点から見た Internet Explorer 8 のアプリケーションの互換性に対する理解と対処の詳細については、MSDN ライブラリの Internet Explorer 8 に移行する際のアプリケーションの互換性への対処に関するページを参照してください。

最新情報については、「Windows Internet Explorer 8 (Windows Internet Explorer 8)」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft