エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Server 2012 の一般的な管理タスクとナビゲーション

更新日: 2012年8月

適用対象: Windows Server 2012

Windows® 8 および Windows Server® 2012 は、新しい Windows 8 ユーザー インターフェイスを搭載しています。このトピックは、一般的な管理ツールを見つけて開いたり、頻繁に使用するプログラムへのショートカットを作成したり、管理者特権を使用してプログラムを実行したりするうえで役立ちます。また、Windows Server 2012 および Windows 8 を実行しているコンピューターでサインイン、サインアウト、再起動、シャットダウンなどの一般的なタスクを実行する場合にも役立ちます。

リモート管理に最適な最小ユーザー インターフェイスで Windows Server 2012 をインストールするためのオプションを使用できます。詳細については、Windows Server インストール オプションに関するページを参照してください。

このトピックの内容:

スタート画面は、Windows アプリのホームです。スタート画面を開くには、次のいずれかの方法を使用します。

  • Windows ロゴ キーを押します。仮想マシンで、Ctrl キーを押しながら Esc キーを押して開くこともできます。

  • マウス カーソルを画面の右上隅に移動し、[スタート] をクリックします。

  • デスクトップで、マウス カーソルを画面の左下隅に移動し、表示されるスタート画面のサムネイルをクリックします。

  1. マウス カーソルを画面の右上隅に移動し、[設定] をクリックします。

  2. [電源] をクリックし、[シャットダウン] をクリックします。

  1. マウス カーソルを画面の右上隅に移動し、[設定] をクリックします。

  2. [電源] をクリックし、[再起動] をクリックします。

  • スタート画面で、右上隅のユーザー名をクリックして、[ロック] をクリックします。または、スタート画面で、Windows ロゴ キーを押しながら L キーを押します。

  • スタート画面で、右上隅のユーザー名をクリックして、[サインアウト] をクリックします。

Internet Explorer などの Windows アプリが開かれているが使用されていない場合は、そのアプリは自動的に最小化されて非アクティブになり、他のアプリ用にリソースが解放されます。これは、携帯電話、タブレット PC、またはその他のモバイル コンピューターと同様の機能です。アプリを閉じる必要はありませんが、必要に応じて、このセクションの手順に従って閉じることができます。

  • アプリがアクティブな状態でマウス カーソルを画面の上端まで移動して、カーソルが手の形になったらアプリをクリックし、画面の一番下までドラッグしてから離します。

  • 現在の画面 (スタート、デスクトップ、Windows アプリなど) の [設定] バーを開くには、Windows ロゴ キーを押しながら I キーを押します。

  • または、マウス カーソルを画面の右上隅に移動し、[設定] をクリックします。

コントロール パネルには、スタート画面およびデスクトップからアクセスできます。

  • スタート画面で、[コントロール パネル] をクリックします。

  1. デスクトップで、マウス カーソルを画面の右上隅に移動し、[設定] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] をクリックします。

  1. コントロール パネルを開きます。

  2. [コントロール パネルの検索] ボックスに、「デスクトップ」と入力します。

  3. コントロール パネルの検索結果で、[表示][デスクトップのアイコンの表示または非表示] をクリックします。

  4. [デスクトップ アイコンの設定] で、[コントロール パネル] をクリックし、[OK] をクリックします。

[管理ツール] フォルダーには、コンピューターの管理イベント ビューアー、インストールされている役割や機能用の管理ツールなど、数多くの一般的な Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインへのリンクが含まれています。

Tipヒント
スタート画面の設定 (スタート画面で、Windows ロゴ キーを押しながら I キーを押してアクセス) には、検索結果やスタート画面に表示される管理ツールを有効または無効にするオプションが含まれています。既定では、この設定は有効になっています。

  • サーバー マネージャー メニュー バーで、[ツール] をクリックし、[管理ツール] フォルダーの内容にアクセスします。

  1. スタート画面で、「管理ツール」と入力して、[検索] バーで [設定] をクリックします。

  2. [設定] の結果で、[管理ツール] をクリックします。

Tipヒント
[管理ツールを表示] の設定が無効になっていると、[管理ツール] フォルダーとその内容は [設定] の結果に表示されません。[管理ツールを表示] の設定を行うには、スタート画面の右上または右下の境界にマウス カーソルを置き、[設定] をクリックします。

  • コントロール パネルを開いて、[システムとセキュリティ] をクリックし、[管理ツール] をクリックします。

  1. エクスプローラーで、ショートカットを作成するプログラムの場所に移動します。

  2. プログラム フォルダーで実行可能ファイルを右クリックし、[ショートカットの作成] をクリックします。Program Files フォルダーなど、ショートカットを作成できないフォルダーもあります。

  3. ショートカットの場所を選択するように求めるメッセージが表示されたら、デスクトップ フォルダーを参照します。

  1. スタート画面で、デスクトップ タスク バーにピン留めするアプリを検索するか、またはアプリに移動します。

  2. アプリのタイルを右クリックして、アプリ バーで [タスク バーにピン留めする] をクリックします。

  1. エクスプローラーを開きます。

  2. デスクトップ タスク バーにピン留めするプログラムが格納されているフォルダーに移動します。

  3. プログラム フォルダーで実行可能ファイルを右クリックし、[タスク バーにピン留めする] をクリックします。

  1. エクスプローラーを開きます。

  2. スタート画面にピン留めするプログラムまたはフォルダーに移動します。

  3. 実行可能ファイルまたはフォルダーを右クリックして、[スタート画面にピン留めする] をクリックします。

  • デスクトップで、Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。

    または、スタート画面で、「ファイル名を指定して実行」と入力して、Enter キーを押します。

  1. スタート画面で、管理者として実行するアプリに移動します。

  2. アプリのタイルを右クリックして、アプリ バーで [管理者として実行] をクリックします。

  1. エクスプローラーで実行可能ファイルを右クリックするか、デスクトップでプログラムのショートカットを右クリックします。

  2. [管理者として実行] をクリックします。

  • 次のいずれかを実行します。

    • [User Configuration/Administrative Templates/Start Menu and Taskbar/Show "Run as different user" command on Start] グループ ポリシー設定を有効にして、[別のユーザーとして実行] コマンドをアプリ バーに追加します。ローカル グループ ポリシー エディターを起動するには、スタート画面で「gpedit.msc」と入力し、gpedit が表示されたらそれをクリックします。

    • コマンド プロンプトで runas コマンドを使用します。runas コマンドの使用方法の詳細については、コマンド プロンプトで「runas /?」と入力して、Enter キーを押します。

サーバー マネージャーは、Administrators グループのメンバーが Windows Server 2012 を実行しているコンピューターにサインインすると、既定で開きます。サーバー マネージャーをまだ開いていない場合、サーバーの標準ユーザー (管理者以外) の場合、または管理者がサーバー マネージャーの既定の設定を変更しているためサインイン時に自動的に開かない場合は、このセクションの手順を使用してサーバー マネージャーを開きます。

  • スタート画面で、[サーバー マネージャー] をクリックします。

Tipヒント
[管理ツールを表示] の設定が無効になっていると、サーバー マネージャー タイルはスタート画面に表示されません。

  • タスク バーで [サーバー マネージャー] をクリックします。

  • スタート画面で、[Windows PowerShell] をクリックします。

  • タスク バーで [Windows PowerShell] をクリックします。

  • Windows PowerShell をスタート画面から管理者として実行するには、[Windows PowerShell] タイルを右クリックして、アプリ バーで [管理者として実行] をクリックします。

  • Windows PowerShell をデスクトップから管理者として実行するには、タスク バーで [Windows PowerShell] ショートカットを右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。

  1. スタート画面で「mstsc」と入力します。

  2. [アプリの検索] の結果で、[mstsc] をクリックします。

  1. デスクトップで、Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに、「mstsc」と入力して、Enter キーを押します。

  1. スタート画面で「cmd」と入力します。

  2. [アプリ] の結果で、[cmd] をクリックします。

  1. デスクトップで、Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに「cmd」と入力して、Enter キーを押します。

  1. スタート画面で「mmc」と入力します。

  2. [アプリ] の結果で、[mmc] をクリックします。

  1. デスクトップで、Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに「mmc」と入力して、Enter キーを押します。

  1. スタート画面で、スナップインの実行可能ファイルの名前を入力します。

    たとえば、gpedit.msc」のように入力します。

  2. スナップインが [アプリ] の結果に表示されたら、タイルをクリックします。

  1. デスクトップで、Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. スナップインの実行可能ファイル名を入力し、Enter キーを押します。

    たとえば、gpedit.msc」のように入力します。

Tipヒント
または、[管理ツール] フォルダーからテクノロジに固有のスナップインを開くことができます。[管理ツール] フォルダーへのアクセス方法の詳細については、このトピックの「管理ツールにアクセスする」を参照してください。

このセクションでは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 から変更されていないキーボード ショートカット、および Windows 8 や Windows Server 2012 の新しいショートカットの表を示します。

noteメモ
キーボード ショートカットには、リモート デスクトップまたは仮想マシン セッションで機能するための特定の設定や環境が必要です。詳細については、このトピックの「リモート デスクトップ セッションでキーボード ショートカットを使用する」および「Hyper-V 仮想マシンでキーボード ショートカットを使用する」を参照してください。

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 から変更されていないキーボード ショートカット

キー Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の機能

Windows ロゴ キー

スタート画面を表示または非表示にする

Windows ロゴ キー + ←キー

デスクトップ アプリの作業中のウィンドウを画面の左半分に固定する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + →キー

デスクトップ アプリの作業中のウィンドウを画面の右半分に固定する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + ↑キー

作業中のデスクトップ アプリ ウィンドウを最大化する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + ↓キー

作業中のデスクトップ アプリ ウィンドウを元のサイズに戻す、または最小化する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + Shift + ↑キー

作業中のデスクトップ アプリ ウィンドウを、幅を維持しながら、縦方向に最大化する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + Shift + ↓キー

作業中のデスクトップ アプリ ウィンドウを元のサイズに戻す、または縦方向に最小化する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + Shift + ←キー

作業中のデスクトップ アプリ ウィンドウを左側のモニターに移動する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + Shift + →キー

作業中のデスクトップ アプリ ウィンドウを右側のモニターに移動する (Windows ストア アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + P

プロジェクションのオプションを表示する

Windows ロゴ キー + Home

すべての非アクティブ ウィンドウを最小化し、セカンド キーストロークで復元する (Windows アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + <数字>

タスク バーの指定された位置にあるプログラムを開く、またはそのプログラムに切り替える (最初のプログラムを開く場合は Windows ロゴ キー + 1 など)

Windows ロゴ キー + Shift + <数字>

タスク バーの指定された位置にあるプログラムで新しいまたは追加のセッションを開く

Windows ロゴ キー + Ctrl + Shift + <数字>

タスク バーの指定された位置にある、管理者として実行されているプログラムの新しいまたは追加のセッションを開く

Windows ロゴ キー + B

通知領域にフォーカスを設定する。

Windows ロゴ キー + Break

[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示する

Windows ロゴ キー + D

デスクトップを表示し、セカンド キーストロークで復元する (Windows アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + E

エクスプローラーを開いて、[コンピューター] ページを表示する

Windows ロゴ キー + Ctrl + F

コンピューターを検索する (ネットワーク上にいる場合)

Windows ロゴ キー + G

インストールされた Windows デスクトップ ガジェットを順番に切り替える

Windows ロゴ キー + L

コンピューターをロックする (ネットワーク ドメインに接続されている場合)、またはユーザーを切り替える (ネットワーク ドメインに接続されていない場合)

Windows ロゴ キー + M

ウィンドウをすべて最小化する

Windows ロゴ キー + Shift + M

最小化されたウィンドウをデスクトップに復元する (Windows アプリに影響しない)

Windows ロゴ キー + R

[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開く

Windows ロゴ キー + T

タスク バーにフォーカスを設定し、プログラムを順番に切り替える

Windows ロゴ キー + Alt + Enter

Windows Media Center を開く

Windows ロゴ キー + U

コンピューターの簡単操作センターを開く

Windows ロゴ キー + X

Windows モビリティ センターを開く

Windows ロゴ キー + F1

Windows ヘルプとサポートを開く

Windows ロゴ キー + N

新しいノートを作成する (OneNote)

Windows ロゴ キー + S

画面の領域の取り込みを開く (OneNote)

Windows ロゴ キー + Q

Lync を開く (Lync)

Windows ロゴ キー + A

着信呼び出しを受け付ける (Lync)

Windows ロゴ キー + X

着信呼び出しを拒否する (Lync)

Windows ロゴ キー + マイナス (-)

縮小する (拡大鏡)

Windows ロゴ キー + プラス (+)

拡大する (拡大鏡)

Windows ロゴ キー + Esc

拡大鏡を閉じる

Windows 8 および Windows Server 2012 の新しいキーボード ショートカット

キー Windows 8 または Windows Server 2012 の機能

Windows ロゴ キー + Space キー

入力言語とキーボード レイアウトを切り替える

Windows ロゴ キー + O

デバイスの向きをロックする

Windows ロゴ キー + Y

デスクトップを一時的に表示する

Windows ロゴ キー + V

通知を順番に切り替える

Windows ロゴ キー + Shift + V

通知を逆の順序で切り替える

Windows ロゴ キー + Enter

ナレーターを開く

Windows ロゴ キー + PageUp

Windows アプリを左側のモニターに移動する

Windows ロゴ キー + PageDown

Windows アプリを右側のモニターに移動する

Windows ロゴ キー + Shift + ピリオド (.)

余白を左に移動する (アプリケーションをスナップする)

Windows ロゴ キー + ピリオド (.)

余白を右に移動する (アプリケーションをスナップする)

Windows ロゴ キー + C

チャーム バーを開く

Windows ロゴ キー + I

[設定] ウィンドウを開く

Windows ロゴ キー + K

[デバイス] ウィンドウを開く

Windows ロゴ キー + H

[共有] ウィンドウを開く

Windows ロゴ キー + Q

[検索] ウィンドウを開く

Windows ロゴ キー + W

設定検索アプリを開く

Windows ロゴ キー + F

ファイル検索アプリを開く

Windows ロゴ キー + Tab

Windows アプリを順番に切り替える

Windows ロゴ キー + Shift + Tab

Windows アプリを逆の順序で切り替える

Windows ロゴ キー + Ctrl + Tab

Windows アプリを順番に切り替えながらスナップする

Windows ロゴ キー + Z

アプリ バーを開く

リモート デスクトップ (RDP) セッションに接続する前に、セッションがウィンドウの中に含まれているか全画面表示されているかに関係なく、Windows キーの組み合わせを使用できるようにセッションを構成できます。

  1. [リモート デスクトップ接続] ダイアログ ボックスがまだ開いていない場合は、スタート画面で「mstsc」と入力して、Enter キーを押して開きます。

  2. [リモート デスクトップ接続] ダイアログ ボックスで、[オプションを表示します] をクリックして接続設定タブを表示します。

  3. [ローカル リソース] タブの [キーボード] 領域で、[Windows のキーの組み合わせを割り当てます] ボックスの一覧から次のいずれかを選択します。

    • 全画面表示のリモート デスクトップ セッションにキーボード ショートカットを適用するには、[全画面表示の使用時のみ] を選択します。

    • ウィンドウの中に含まれるリモート デスクトップ セッションにキーボード ショートカットを適用するには、[リモート コンピューター] を選択します。

  4. リモート デスクトップ セッションに関するその他の設定の構成が完了したら、[接続] をクリックし、セッションに接続して作業を開始するか、[全般] タブの [保存] をクリックして、後で接続するときに使用できるように接続設定を RDP ファイルとして保存します。

仮想マシン接続を開始する前に、Hyper-V マネージャーのコンソールで物理コンピューターの Hyper-V 設定を編集することで、Windows キーの組み合わせを物理ホスト コンピューター上の仮想マシン接続に適用できます。

noteメモ
Hyper-V ホスト コンピューターで Windows Server 2012 が実行されている場合、この手順で行われる設定は既定で選択されています。ホスト コンピューターで Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008 を実行している場合、Windows キーの組み合わせが仮想マシン接続に適用されるように設定を変更する必要があります。

  1. Hyper-V マネージャー スナップインが開かれていない場合は開きます。

    • Windows 8 用のリモート サーバー管理ツールを実行している場合、または Windows Server 2012 を実行している場合は、サーバー マネージャーを開き、サーバー マネージャーの [ツール] メニューから Hyper-V マネージャーを開きます。

    • スタート画面で、[Hyper-V マネージャー] をクリックします。

    • Hyper-V マネージャー タイルがスタート画面にない場合は、スタート画面に Hyper-V マネージャー タイルが表示されるまで、名前(Hyper-V Manager)のすべてまたは一部を入力します。

  2. ツリー ウィンドウで、物理ホスト コンピューターを右クリックし、[Hyper-V の設定] をクリックします。

  3. ナビゲーション ウィンドウの [ユーザー] 領域で、[キーボード] をクリックし、キーボード ショートカット設定を表示します。

  4. [仮想マシンで使用する] を選択し、新しい仮想マシン接続で物理コンピューターから Windows キーの組み合わせを使用できるようにします。[OK] をクリックして変更内容を保存し、[Hyper-V の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

    noteメモ
    この設定は、既に開いている仮想マシン接続には適用されません。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft