エクスポート (0) 印刷
すべて展開

ユニファイド メッセージング

 

適用先: Exchange Server 2013

トピックの最終更新日: 2013-02-23

ユニファイド メッセージング (UM) により、ユーザーが Outlook Voice Access および通話応答ルールなどボイス メールと他の機能を使用できます。UM は音声メッセージングと電子メール メッセージングをさまざまなデバイスからアクセスできる 1 つのメールボックスに結合します。ユーザーは、それらのメッセージを電子メールの受信トレイで確認することも、Outlook Voice Access を使用して電話で確認することもできます。ユーザーが行う UM からの発信呼び出しを制御したり、組織への呼び出しを行った発信者への対応を制御したりすることもできます。

今日、IT 管理者は多くの場合、ボイス メールまたはテレフォニー ネットワークと、組織の電子メール システムまたはデータ ネットワークを個別のシステムとして管理しています。ボイス メールと電子メールは個別のサーバーにホストされた個別の受信トレイにあり、電子メールの場合はデスクトップ経由、ボイス メールの場合は電話を通じてアクセスされます。

ユニファイド メッセージングを使用することで Exchange 管理者がボイス メッセージングと電子メール メッセージングを 1 つのメールボックスに統合するこができるので、ユーザーはボイス メール メッセージを受信トレイで聞くか、または電話から Outlook Voice Access を使用して聞くことができます。ユニファイド メッセージングは、電子メールおよび音声メッセージの両方に Exchange ストアを使用します。

目次

新機能

ユニファイド メッセージングの機能

UM の計画と展開

EAC とシェルによる UM の管理

ユニファイド メッセージングのドキュメント

ユニファイド メッセージング (UM) は、Microsoft Exchange Server 2007 で最初に導入され、Exchange 2010 でも利用できました。Exchange 2013 のユニファイド メッセージング機能セットは、以前のバージョンの Exchange に似ています。ただし、新しい機能が追加され、アーキテクチャ上の変更が行われました。ユニファイド メッセージングは、Exchange 2013 で提供されている音声関連機能のコンポーネントまたはサブ機能と位置づけられるようになりました。ユニファイド メッセージングという用語は Exchange 管理シェル コマンドレットおよび UM 関連のサービスで今でも幅広く使用され、ダイヤル プラン、自動応答、UM メールボックス ポリシー、UM IP ゲートウェイを含むすべてのユニファイド メッセージング コンポーネントは、それらの UM コンポーネントを管理する機能と共に、Exchange 管理センター (EAC) のナビゲーション ウィンドウのユニファイド メッセージング ノード内にあります。

次の各トピックから、Exchange 2013 ユニファイド メッセージングの新機能または拡張機能に関する情報にアクセスすることができます。

ページのトップへ

ユニファイド メッセージングのボイス メール機能は、エンド ユーザーと IT 管理者の両方に利点を提供します。

ユニファイド メッセージングを展開すると、ユーザーは Outlook または Microsoft Outlook Web App などの電子メール クライアント、Windows フォンなどの Microsoft Exchange ActiveSync がセットアップされている携帯電話から、または電話から、自分のメールボックスにあるボイス メール、電子メール、および予定表の情報にアクセスできます。さらに、ユーザーは次の機能を使用できます。

  • Exchange の情報へのアクセス   UM が有効なユーザーは、インターネット対応の携帯電話、Microsoft Office Outlook 2007 または以後のバージョン、および Outlook Web App からボイス メール機能の完全セットにアクセスできます。これらの機能には、多くのボイス メール構成オプションが含まれます。また、音声メッセージを統合された Windows Media Player を使用して閲覧ウィンドウから再生するか、コンピューターのスピーカーを使用してメッセージ一覧から再生する機能が含まれます。

  • 電話での再生   電話での再生機能を使用すると、UM が有効なユーザーは電話で音声メッセージを再生できます。ユーザーがオフィスのデスクにいて、共有のコンピューターを使用している、またはマルチメディア対応でないコンピューターを使用している場合、または機密にかかわる音声メッセージを聞く場合は、コンピューターのスピーカーで音声メッセージを聞きたくない、または聞くことができない可能性があります。自宅やオフィスの電話、携帯電話などの電話を使用して、音声メッセージを再生できます。

  • ボイス メール形式   ボイス メールの形式は、既定の電子メールの形式と似ています。音声メッセージの再生、停止、一時停止、電話での再生、メモの追加や編集などの操作を実行するためのインターフェイスが、ユーザーに提供されます。

    ボイス メール形式には、埋め込みの Windows Media Player および "音声メモ" フィールドが含まれます。埋め込みの Windows Media Player や "メモ" フィールドは、音声メッセージをプレビューするときは閲覧ウィンドウに、また音声メッセージを開くときには別のウィンドウに表示されます。ユーザーのユニファイド メッセージングが有効になっていなかったり、サポートされる電子メール クライアントがクライアント コンピューターにインストールされていなかったりすると、ユーザーは音声メッセージを電子メールの添付ファイルとしてのみ確認でき、ボイス メールの形式は使用できません。

  • ユーザー構成   ユニファイド メッセージングが有効なユーザーは、Outlook Web App を使用して、ユニファイド メッセージングのいくつかのボイス メール オプションを構成できます。たとえば、電話アクセス番号やボイス メールの "電話での再生" を構成したり、ボイス メール アクセス PIN をリセットしたりすることができます。

  • 通話応答   通話応答には、ユーザーの代理での着信呼び出しに対する応答、個人用の案内応答、メッセージの録音、電子メール メッセージとして受信トレイに配信するためのメッセージの送信が含まれます。

  • 通話応答ルール   通話応答ルールでは、ボイス メールが有効化されたユーザーが着信呼び出しに対する応答を処理する方法を指定できます。通話応答ルールを着信呼び出しに適用する方法は、受信トレイ ルールを受信電子メール メッセージに適用する方法と似ています。既定では、通話応答ルールは構成されていません。メールボックス サーバーが着信呼び出しに応答すると、発信者は、呼び出し先に音声メッセージを残すよう求められます。発信者は通話応答ルールを使用して次の操作を行うことができます。

    • UM が有効なユーザーに音声メッセージを残す。

    • UM が有効なユーザーの代理連絡先に転送する。

    • 代理連絡先のボイス メールに転送する。

    • UM が有効なユーザーが構成した他の電話番号に転送する。

    • Find-Me 機能を使用するか、オペレーターからの転送経由で UM が有効なユーザーを特定します。

  • ボイス メール プレビュー   メールボックス サーバーでは、新規作成されたボイス メール メッセージで自動音声認識 (ASR) を使用します。ユーザーが音声メッセージを受信する際、そのメッセージには音声録音から作成された録音とテキストの両方が含まれます。ユーザーには、Outlook Web App または別のサポートされる電子メール クライアント内部からの電子メール メッセージ中に音声メッセージ テキストが表示されます。

  • メッセージ待機インジケーター   メッセージ待機インジケーターは、最も古いボイス メール システムにある機能で、新しいメッセージの存在を示す機構をすべて参照できます。Exchange 2007 では、この機能がサードパーティ製のアプリケーションで提供されており、電話のランプの点灯によって音声メッセージの受信が通知されていました。Exchange 2010 にはこの機能が追加されたので、サードパーティ製のソフトウェアは不要になりました。メッセージ待機インジケーターの有効化または無効化は、ユーザーのメールボックスまたは UM メールボックス ポリシーで行われます。

  • SMS を使用した不在着信通知とボイス メール通知   ハイブリッドまたは Office 365 展開の一部であるユーザーがボイス メール設定を携帯電話番号で構成しており、自動転送を構成している場合、そのユーザーはショート メッセージ サービス (SMS) 経由のテキスト メッセージで、不在着信通知および新規ボイス メール通知を携帯電話で受信できます。ただし、これらの種類の通知を受信するには、ユーザーが最初にテキスト メッセージングを構成し、アカウントの通知を有効にしておく必要があります。

  • 保護されているボイス メール   保護されているボイス メールは、親展メールを送信するためのユニファイド メッセージング機能です。このメールは Active Directory Rights Management Services (AD RMS) によって保護され、ユーザーは電子メールからの音声ファイルの転送、コピー、抽出を制限されます。保護されたボイス メールは、ユニファイド メッセージングの機密性を高め、ユーザーが音声メッセージの対象ユーザーを制限できるようにします。この機能は、プライベート電子メール メッセージを Exchange 2007 で処理する方法と似ていますが、ボイス メール メッセージにも適用されます。

  • Outlook Voice Access   UM が有効なユーザーが使用できるユニファイド メッセージング ユーザー インターフェイスが 2 つあります。電話ユーザー インターフェイス (TUI) と音声ユーザー インターフェイス (VUI) です。これら 2 つのインターフェイスを合わせて Outlook Voice Access と呼びます。Outlook Voice Access ユーザーは、外線または内線からボイス メール システムにアクセスするとき、Outlook Voice Access を使用できます。ボイス メール システムにダイヤル インする UM が有効なユーザーは、Outlook Voice Access を使用して自分のメールボックスにアクセスできます。UM が有効なユーザーは、電話を使用して次の操作を実行できます。

    • ボイス メールにアクセスする

    • 電子メール メッセージを聞く、転送する、または返信する

    • 予定表情報を再生する

    • 組織の名簿に保存された連絡先、個人用連絡先にある単一の連絡先、または連絡先グループに格納された連絡先にアクセスまたは電話する

    • 会議出席依頼を承諾するまたは取り消す

    • 不在時に発信者に通知する音声メッセージを設定する

    • ユーザーのセキュリティ設定と個人用オプションを設定する

  • Outlook Voice Access を使用してのグループ アドレス指定   Exchange 2007 では、ユーザーはメールボックスへのサインイン時に、Outlook Voice Access の電話ユーザー インターフェイス (TUI) または音声ユーザー インターフェイス (VUI) のいずれかを使用して電子メール メッセージと音声メッセージを送信していました。ただしユーザーは、個人用連絡先の 1 人の受信者、ディレクトリから個別に追加した複数の受信者、または組織の名簿から配布リストに名前を追加した複数の受信者に対して、1 通の電子メール メッセージを送信できるだけでした。Exchange 2013 では、ユーザーが Outlook Voice Access を使用してメールボックスにサインインすると、個人用連絡先に格納されているグループ内のユーザーに対しても電子メール メッセージと音声メッセージを送信できます。

ページのトップへ

現在、ほとんどのユーザーと IT 部門は、ボイス メールを電子メールとは別に管理しています。ボイス メールと電子メールは個別のサーバーにホストされた個別の受信トレイとして存在し、電子メールの場合はデスクトップ経由、ボイス メールの場合は電話を通じてアクセスされます。ユニファイド メッセージングを使用すれば、すべてのメッセージを 1 つのストアに統合し、コンピューターと電話を介してコンテンツにアクセスできるようになります。

Exchange の管理者は、Exchange 管理センター (EAC) および Exchange 管理シェルを使用して、他の Exchange を管理する場合と同じインターフェイスを使用してユニファイド メッセージングを管理できます。以下のことを行うことができます。

  • 1 つのプラットフォームからボイス メールと電子メールを管理する

  • スクリプト可能なコマンドを使用してユニファイド メッセージングを管理する

  • 可用性と信頼性の高いユニファイド メッセージングのインフラストラクチャを構築する

Exchange 2013 ユニファイド メッセージングでは、管理者向けに次の機能が提供されています。

  • 完全なボイス メール システム   ユニファイド メッセージングは、ストア、トランスポート、およびディレクトリの単一のインフラストラクチャを使用する、完全なボイス メール ソリューションを提供します。ストアは、メールボックス サーバーによって提供され、VoIP ゲートウェイまたは IP PBX からの着信呼び出しの転送はクライアント アクセス サーバーによって処理されます。すべての電子メール メッセージとボイス メール メッセージは、1 つの管理ポイントから、1 つの管理インターフェイスおよびツール セットを使用して管理できます。

  • Exchange セキュリティ モデル   メール サーバー上の Microsoft Exchange ユニファイド メッセージング サービスと、クライアント アクセス サーバー上の Microsoft Exchange ユニファイド メッセージングの呼び出しルーター サービスは、単一 Exchange サーバー アカウントとして実行します。

  • ボイス メール システムの統合   現在、ほとんどの音声メッセージング システムでは、すべての音声メッセージング コンポーネントを、組織のすべてのオフィスの物理的な所在地にインストールする必要があります。この種の配置では、支社の音声メッセージング システムは中央オフィスの外部に存在し、オンサイトで管理する必要があります。このため、管理のコストと複雑さが増すことがよくあります。ユニファイド メッセージングを使用すると、ボイス メール システムを集中的に管理できます。ユニファイド メッセージングの集中管理システムを作成するには、Exchange サーバーの一部をデータセンターまたは他の場所に設置して、残りの Exchange サーバーを社内に設置してから、VoIP ゲートウェイ、IP PBX、またはセッション ボーダー コントローラー (SBC) を各支社に展開して、各支社の音声メッセージング システムを置き換えることができます。この方法で集中音声メッセージング システムを展開すると、ハードウェアおよび管理にかかるコストを大幅に削減できます。

  • 組み込みユニファイド メッセージング管理役割   ユニファイド メッセージングとボイス メール機能を管理する UM 固有の管理役割セットには、次が含まれます。

    • UM メールボックス

    • UM プロンプト

    • ユニファイド メッセージング   

  • 着信 FAX サポート   Exchange 2013 は、UM が有効なメールボックスを持つユーザーに組み込み着信 FAX サポートを提供します。ユーザーは、自分の内線番号への呼び出しによって FAX メッセージを受信できます。

    FAX ソリューションを必要とするお客様は、FAX パートナー ソリューションを展開する必要があります。FAX パートナー ソリューションは複数の FAX パートナーから利用できます。FAX パートナー ソリューションは Exchange と緊密に統合されて設計されており、これにより UM が有効なユーザーが着信 FAX メッセージを受信できます。FAX パートナー ソリューションは、Microsoft Pinpointの FAX パートナー から見つけることができます。

  • 複数言語のサポート   すべての使用可能な言語パックに、音声合成 (TTS) エンジンおよび特定の言語で録音済みのプロンプトと ASR サポートが含まれています。ただし、ボイス メール プレビューのサポートは一部の言語パックにしか含まれていません。インストール メディアには US 英語 (en-US) 言語パックが含まれており、追加の UM 言語パックはMicrosoft ダウンロード センター (英語の場合があります) からダウンロードできます。

  • 自動応答   自動応答は、外部および内部のユーザーがボイス メール システムにアクセスできるようにするための一連の音声プロンプトです。ユーザーは、電話のキーパッドや音声入力を使用して、自動応答のメニュー内を移動したり、ユーザーに電話をしたり、組織内でユーザーを見つけてそのユーザーに電話をかけたりすることができます。自動応答を使用すると、管理者は次の作業を行うことができます。

    • 外部ユーザー向けにカスタマイズしたメニューを作成する。

    • 情報用案内応答、勤務時間内用案内応答、および勤務時間外用案内応答を定義する。

    • 休日のスケジュールを定義する。

    • 組織のディレクトリを検索する方法を説明する。

    • ユーザーの内線への接続方法を説明し、外部から電話を掛けてきた人が内線を指定してユーザーを呼び出せるようにする。

    • 組織のディレクトリの検索方法を説明し、外部から電話を掛けてきた人が組織のディレクトリを検索して特定のユーザーを呼び出せるようにする。

    • 外部ユーザーがオペレーターを呼び出せるようにする。

ページのトップへ

ユニファイド メッセージングでは、Exchange Server の展開を組織の既存のテレフォニー システムに統合する必要があります。展開を成功させるには、既存のテレフォニー インフラストラクチャを慎重に分析し、ユニファイド メッセージングのボイス メールを展開し、管理するための正しい計画手順を実行する必要があります。

ユニファイド メッセージング展開を計画する場合は、ユニファイド メッセージングの展開時に、組織の目標を達成するための機能に影響を及ぼす可能性のある設計などの問題について考慮する必要があります。一般的に、ユニファイド メッセージング トポロジが単純であるほど、ユニファイド メッセージングの展開と保守は簡単です。いくつかのクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーをインストールし、ビジネスおよび組織の目標をサポートするために必要に応じて UM ダイヤル プラン、自動応答、および UM メールボックス ポリシーなどいくつかのユニファイド メッセージング コンポーネントを作成します。複雑なネットワーク環境とテレフォニー環境、複数のビジネス単位、その他の複雑な要因を持つ大規模企業は、比較的簡単なユニファイド メッセージング要件を持つ小規模な組織と比較して、より詳細な計画が必要になります。

ユニファイド メッセージングを正しく展開するために考慮および評価する必要がある要素は多岐にわたります。ユニファイド メッセージングのインフラストラクチャと展開を適切に計画できるように、ユニファイド メッセージングのさまざまな側面と各コンポーネントおよび機能について理解する必要があります。これらの問題の計画と実行に時間を割り当てることにより、組織にユニファイド メッセージングを展開するときに問題を防ぐことができます。次は、組織でユニファイド メッセージングを計画しているときに考慮および評価する必要がある一部分です。

  • 組織のニーズ。

  • 組織のセキュリティ要件。

  • 既存のテレフォニー、回路交換ネットワーク、および現在のボイス メール システム。

  • 現在のパケット交換 IP ネットワーク設計。これには、ローカル エリア ネットワーク (LAN) と、WAN 接続ポイントおよびデバイスが含まれます。

  • 現在の Active Directory 環境。

  • サポートする必要のあるユーザー数。

  • 必要になるクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーの数。

  • エンタープライズ VoIP を有効化するために UM を Microsoft Lync Server と統合するかどうか。

  • VoIP ゲートウェイ、テレフォニー装置、およびクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーの配置。

  • UM 展開の種類: 社内またはハイブリッド。

  • ボイス メール ユーザーのストレージ要件。

ページのトップへ

EAC 管理

Exchange 2013 は、すべての UM コンポーネントと機能を含む組織に単一のユニファイド管理コンソールを提供します。Exchange 管理センター (EAC) には、社内、オンライン、またはハイブリッド展開の管理用に効率化および最適化されたインターフェイスがあります。Exchange 2013 の EAC は、Exchange 2010 の Exchange 管理コンソール (EMC) と Exchange コントロール パネル (ECP) を置き換えます。EAC 機能の一部は次のとおりです。

  • リスト ビュー   EAC のリスト ビューは、ECP にあった制限を取り除くように設計されました。ECP の表示機能は最大 500 オブジェクトに限定されており、詳細ウィンドウに一覧表示されていないオブジェクトを表示する場合、検索とフィルターを使用してこれら特定のオブジェクトを検索する必要がありました。Exchange 2013 では、EAC リスト ビュー内からの表示可能限度は、ほぼ 20,000 オブジェクトです。ページングも追加されたため、結果のページを表示できます。ページ サイズを設定し、CSV ファイルにエクスポートすることもできます。

  • 受信者リスト ビューへの列の追加/削除   表示する列を選択し、カスタム リスト ビューを保存できます。

  • ECP 仮想ディレクトリをセキュリティで保護   インターネットとイントラネットからのアクセスを ECP IIS 仮想ディレクトリ内からパーティション化し、管理機能を許可したり禁止したりすることができます。この機能で、組織環境外のインターネットから EAC にアクセスしようとするユーザーに対してアクセス権を許可または拒否する一方で、エンド ユーザーの Outlook Web App オプションへのアクセスを許可できます。

  • パブリック フォルダー管理   Exchange 2010 と Exchange 2007 では、パブリック フォルダーはパブリック フォルダー管理コンソールから管理されました。パブリック フォルダーは EAC 内に置かれるようになったため、管理するために別のツールを必要としません。

  • 通知   Exchange 2013 EAC には通知ビューアーが新たに備えられ、長期間実行されるプロセスのステータスを表示できるようになりました。また、選択すれば、プロセスの完了後に電子メール メッセージにより通知を受信できます。

  • 役割ベースのアクセス制御 (RBAC) ユーザー エディター   Exchange 2010 では、RBAC ユーザー エディターを使用して、ユーザーを管理役割グループに追加できました。Exchange 2013 で、RBAC ユーザー エディター機能が EAC 内に置かれるようになったため、管理するために別のツールを必要としません。

  • ユニファイド メッセージング ツール   Exchange 2010 では、呼び出しの統計とユーザー呼び出しのログのツールを使用して、UM が有効なユーザーに特定の呼び出しに関する UM 統計および情報を提供できました。Exchange 2013 で、呼び出しの統計とユーザー呼び出しログのツールが EAC 内に置かれるようになったため、管理するために別のツールを必要としません。

シェル管理

Exchange 管理シェルは、Windows PowerShell テクノロジを基盤に開発された、管理タスクの自動化を可能にする強力なコマンドライン インターフェイスです。シェルでは、Exchange のあらゆる側面を管理することができます。新しい電子メール アカウントの有効化、送受信コネクタの作成、データベース プロパティの構成、ユニファイド メッセージングのすべての側面の管理などを実行できます。シェルは、EAC によって実行できるあらゆるタスクに加えて、EAC で実行できないタスクも実行できます。実際には、EAC で何らかの操作を行うと、その処理はその背後にあるシェルが実行します。

ページのトップへ

次の表は、Exchange ユニファイド メッセージングについて学習して管理できるようになるトピックへのリンクが含まれています。

 

トピック 説明

新しいボイス メール機能

Microsoft Exchange 2013 の新機能について学習します。

ユニファイド メッセージングの計画

ユニファイド メッセージング展開を計画するために必要な概念と情報について学習します。

ボイス メールと UM の展開

ボイス メールと UM の展開に関連する要件と手順について学習します。

UM 言語、プロンプト、および案内応答

UM の言語パックと言語設定について学習します。

電話システムの UM との統合

テレフォニー ネットワークを UM と統合する方法について学習します。

電話ネットワークへのボイス メール システムの接続

テレフォニー ネットワークを Exchange UM に接続するために UM コンポーネントを使用および構成する方法を学びます。

着信呼び出しへの自動応答とルーティング

UM 自動応答を作成し、ナビゲーション メニュー、案内応答、および勤務時間と勤務時間外の設定を管理する方法を学びます。

ユーザーのボイス メールのセットアップ

UM メールボックス ポリシーの作成方法と管理方法、および UM に対してユーザーを有効にする方法を学びます。

クライアント ボイス メール機能のセットアップ

ユーザーがボイス メール メッセージにアクセスしてそれを管理できるようにクライアント機能を設定する方法を学びます。

Outlook Voice Access PIN セキュリティの設定

Outlook Voice Access ユーザーの PIN 要件を設定する方法を学びます。

ボイス メールを保護する

UM を使用して音声メッセージを保護する方法を学びます。

ボイス メール通話のレポートを実行する

UM 呼び出しレポートについて学びます。

 
この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft