Skip to main content
評価してください: 

ヒント : USB キーを使用して Windows 7 をインストールする (ネットブックにも対応)


Windows 7 のインストール ファイルを USB サム ドライブに保存することには、いくつかのメリットがあります。小さな USB キーは、DVD を持ち歩くよりもずっと便利で、OS を高速にインストールすることができます。USB キーを使用すると、ネットブックなどの DVD ドライブがないシステムにも Windows 7 をインストールできます。実際、かなり控えめなハードウェアのネットブックにも Windows 7 をインストールできます。マイクロソフトの IT プロ エバンジェリストである Dennis Chung が、サム ドライブを準備し、それを使用して Windows 7 をインストールする簡単な方法を紹介するビデオを投稿しています。 ここでは、簡単にその手順を紹介します。

  • まず、サム ドライブの準備をするために使用するシステムに DiskPart ユーティリティが必要になります。これは、既に Windows システムにインストールされている可能性が高い、無料のディスク パーティション ユーティリティです。まだインストールしていない場合は、 ここで DiskPart をダウンロード (英語)できます。
  • [スタート] メニューで「diskpart」と入力して、DiskPart ユーティリティを起動します。
  • 次に、list disk コマンドを実行して、ドライブの状態を確認します。
  • clean コマンドを実行します。
  • サム ドライブの内容が消去されたら、create partition primary コマンドを実行します。
  • パーティションをアクティブにするために、active コマンドを実行します。
  • 次に、ファイル システムを FAT32 に設定する必要があります。それには、format fs=fat32 quick コマンドを実行します (quick で、処理を迅速化するためにクイック フォーマットを実行するように指定します)。
  • USB ドライブにドライブ文字を割り当てて、Windows エクスプローラーから簡単にアクセスできるように、assign コマンドを実行します。
  • 次に、Windows 7 インストール DVD の内容をすべて USB キーにコピーします (単純なドラッグ アンド ドロップでかまいません)。
  • コピーが終わったら、E:\Boot\Bootsect /nt60 E:\ コマンドを実行します。(USB メモリがE ドライブと仮定)
  • Windows 7 をインストールするシステムにサム ドライブを挿入し、システムを起動します。インストールが通常どおり (ただし、高速に) 実行されます。


このヒントは、TechNet Magazine のシニア エディターである Matthew Graven によるものです。

 


USB ドライブ関連リンク

Windows 7 ヒント集: 一覧


ページのトップへ