Skip to main content
評価してください: 

ヒント: 12 のステップで新しいフェールオーバー クラスターを作成する

フェールオーバー クラスターの実装について十分な調査と計画を行ったら、後は実際にクラスターを作成するだけです。フェールオーバー クラスターの作成と管理には、管理ツールのクラスター アドミニストレーターを使用します。

新しいフェールオーバー クラスターを作成するには、次の手順を実行します。
: 手順 1. ~ 3. は、フェールオーバー クラスターに含めるすべてのノードで実行する必要があります。

  1. 管理ツールの Windows Server 2008 サーバー マネージャーを起動します。
  2. 左ウィンドウで [機能] をクリックし、右ウィンドウで [機能の追加] をクリックします。
  3. 左ウィンドウで [フェールオーバー クラスタリング] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 管理ツールのフェールオーバー クラスター管理を起動します。中央ウィンドウの [管理] セクションで [構成の検証] をクリックします。
  5. 構成の検証ウィザードの最初のページで、各ノードのネットワーク名を入力します。利用可能なノードをすべて選択し、できる限り精度の高い検証を行うようにします。
  6. [次へ] をクリックして、[テスト オプション] ページに進みます。すべてのテストを実行して、構成をくまなくテストします。以前エラーが発生したノードを再検証している場合は、エラーになったテストのみを実行できます。
  7. [次へ] をクリックして、実行するテストを確認します。テストが完了すると、[概要] ページには、テストが正常に行われたかどうかと、構成がフェールオーバー クラスターとして使用するのに適しているかどうかが表示されます。
  8. [完了] をクリックして、構成の検証ウィザードを終了します。エラーが報告された場合は、問題を修正して、再度ウィザードを実行します。検証が正常に完了した場合は、[フェールオーバー クラスター管理] ウィンドウで [クラスターの作成] をクリックします。
  9. クラスタの作成ウィザードが起動したら、クラスターの形成に使用するノードの名前を入力します。ここでは、検証プロセスで入力したのと同じ名前を入力する必要があります。
  10. [次へ] をクリックして、[クラスター管理用のアクセス ポイント] ページに進みます。このページでは、クラスターを作成した後に、クラスターを識別および管理するのに使用するクラスター名と IP アドレスを入力します。クラスター名と IP アドレスは、DNS に登録される仮想名で、クラスター自体に接続して管理するのに使用します。通常、この情報は、クライアントがクラスター化されたアプリケーションに接続するときに使う名前と IP アドレスとは異なります。
  11. 設定を確認したら [次へ] をクリックして、[確認] ページに進みます。クラスターを作成するのに必要な情報が間違いなく表示されていることを確認します。情報に不備がある場合は、[前へ] をクリックして前のページに戻り、設定を変更します。問題がなければ、[次へ] をクリックして、クラスターを作成するページに進みます。
    クラスターの作成プロセスが完了すると、[概要] ページに結果が表示されます。エラーが発生しなかった場合、クラスターは正常に形成されています。エラーが報告された場合は、[レポートの表示] をクリックして、詳細を確認します。
  12. [完了] をクリックして、ウィザードを終了します。
出典: Charlie Russel、Sharon Crawford 共著『 Windows Server 2008 オフィシャル マニュアル (上)』 『 Windows Server 2008 オフィシャル マニュアル (下)』(日経 BP ソフトプレス、2009 年)