この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Exchange Online サービスの説明

 

適用先:Office 365

トピックの最終更新日:2017-08-28

Exchange Online を含む Office 365 サブスクリプションの機能の比較をお探しですか。その場合は、Exchange Online サービスの説明記事をご覧ください。システム要件およびストレージと受信者の要件についても説明しています。

メモメモ:
タスクのサポートが必要な場合、または問題のトラブルシューティングを行う場合、以下の記事が役立ちます。

Microsoft Exchange Online は、Microsoft Exchange Server の機能をクラウドベースのサービスとして提供するホスト型のメッセージング ソリューションです。ユーザーは PC、Web、およびモバイル デバイスから電子メール、カレンダー、連絡先、タスクにアクセスできます。Active Directory と完全に統合するので、管理者がグループ ポリシーを他の管理ツールと共に使用し、環境全体にわたって Exchange Online 機能を管理することができます。

Exchange Online をサブスクライブする組織は、ユーザーに提供するメッセージング サービスを管理できますが、社内サーバー ソフトウェアを運用するときのような負荷はありません。このドキュメントで説明する Exchange Online のホスト型のプランでは、電子メールは、複数のカスタマーを同時にサポートするサーバー上でホストされます。これらのサーバーは、Microsoft データ センターに収容され、企業ネットワーク内部から、またはインターネット経由でさまざまなデバイスのユーザーがアクセスできます。

各プランの機能を比較するには、「プランを選ぶ」をご覧ください。Office 365 Germany のプランを比較するには、Office 365 Germany のサブスクリプション プランをご覧ください。

ヒントヒント:
Office 365 サービスの説明のページは、エクスポート、保存、印刷が可能です。複数のページをエクスポートする方法について説明します。

Exchange Online の新機能の詳細については、「Exchange Online」を参照してください。

Office 365 では組織のニーズを満たすために最適な、さまざまなプランが利用可能です。スタンドアロン プラン オプションや、別のプランへの変更などの詳細については、Office 365 のプランのオプションOffice 365 プランのオプションを参照してください。

Exchange Online サービスにアクセスする各ユーザーは、サブスクリプション プランに割り当てられる必要があります。ユーザーのサブスクリプションごとにメールボックスがあります。これらのメールボックスのフォルダーおよびメッセージは、Microsoft データ センターの Exchange Server が実行されているコンピューター上に格納されます。

ユーザー サブスクリプションは、会議室および共有メールボックスには必要ありません。これらの特殊な種類のメールボックスには、ログイン資格情報がありません。これらの特殊な種類のメールボックスは、ライセンスを持ち、適切なアクセス許可があるユーザーが委任によって管理とアクセスを行います。

企業組織、教育組織、および行政機関で使用可能な月単位のサブスクリプションベースのサービスである、Office 365 のシステム要件については、「Office 365 のシステム要件」を参照してください。

Exchange Online サブスクリプション プランで使用できるストレージおよび受信者数の制限の詳細については、「Exchange Online の制限」を参照してください。

新しい Office 365 Business プランが与える影響の詳細については、組織が現在 Office 365 Small Business、Office 365 Small Business Premium、またはOffice 365 Midsize Business のサブスクリプションをお持ちの場合は、Office 365 管理センターのメッセージ センターにアクセスするか、Office 365 のプロバイダーに問い合わせてください。新しい Office 365 Business プラン ファミリの詳細については、「中小企業向けの新しい Office 365 のプラン」を参照してください。

 

機能

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

計画と展開

 

サポートされているハイブリッド展開

はい

はい

はい16

はい

はい16

はい

はい

はい

はい

はい

サポートされている IMAP 移行

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

カット オーバー移行のサポート

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

サポートされている段階的な移行

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

アクセス許可

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

役割に基づくアクセス許可

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

役割グループ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

役割の割り当てポリシー

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

メッセージ ポリシーと準拠

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

Exchange Online ベースのメールボックスのアーカイブ

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

オンプレミス メールボックスのクラウドベースのアーカイブ

はい 1

はい1

いいえ

なし

いいえ

はい

はい

はい

はい

いいえ

メッセージング レコード管理 (MRM) の保持タグとアイテム保持ポリシー

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

保存中のデータの暗号化 (BitLocker)

はい15

はい15

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Azure Information Protection を使用した IRM

いいえ

はい

いいえ2

いいえ2

いいえ2

いいえ2

いいえ2

はい

はい

いいえ2

Windows Server AD RMS を使用した IRM

はい3

はい3

はい3

はい3

はい3

はい3

はい3

はい3

はい3

はい3

Office 365 Message Encryption

はい13

はい13

いいえ2

いいえ2

いいえ2

いいえ2

いいえ2

はい

はい

いいえ2

S/MIME

はい15

はい15

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

インプレース保持と訴訟ホールド

はい

はい

いいえ

--

いいえ

はい

いいえ

はい

はい

いいえ

インプレース電子情報開示 (eDiscovery)

はい20

はい20

はい20

はい20

はい20

はい

はい20

はい20

はい20

あり

トランスポート ルール

はい 4

はい4

はい4

はい4

はい4

はい4

はい4

はい4

はい4

はい4

データ損失防止

はい5、14

はい5、14

いいえ

なし

いいえ

はい

いいえ

はい

はい

いいえ

ジャーナル

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

スパムおよびマルウェア対策

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

組み込みのスパム対策保護

はい 6

はい 6

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

スパム対策ポリシーのカスタマイズ

はい (ただし、PowerShell 経由のみ)

はい (ただし、PowerShell 経由のみ)

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい 7

組み込みのマルウェア対策保護

はい 8

はい 8

はい8

はい8

はい8

はい8

はい8

はい8

はい8

はい8

マルウェア対策ポリシーのカスタマイズ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい 7

検疫 - 管理者による管理

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい 7

検疫 - エンドユーザーによる自己管理

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Advanced Threat Protection

いいえ

はい

いいえ

--

いいえ

なし

なし

いいえ

はい

いいえ

メール フロー

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

送信電子メールのカスタム ルーティング

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

信頼できるパートナーとのセキュリティで保護されたメッセージング

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

条件付きメール ルーティング

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

受信セーフ リストへのパートナーの追加

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

ハイブリッド電子メール ルーティング

はい

はい

はい16

--

はい16

はい

はい

はい

はい

はい

受信者

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

容量アラート

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

クラッター機能

はい

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

MailTips

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

代理人アクセス

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

受信トレイのルール

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

接続されているアカウント

はい

はい

はい

はい

はい

はい17

はい17

はい17

はい17

はい17

非アクティブなメールボックス

いいえ

いいえ

いいえ9

--

いいえ9

はい

いいえ9

はい

はい

いいえ 9

オフライン アドレス帳

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

アドレス帳ポリシー

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

階層型アドレス帳

はい

はい

はい

--

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

アドレス一覧とグローバル アドレス一覧

はい

はい

はい

はい

あり

はい18

はい18

はい18

はい18

はい18

Office 365 グループ

いいえ

いいえ

はい

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

配布グループ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

外部連絡先 (グローバル)

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

ユニバーサル連絡先カード

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

連絡先とソーシャル ネットワークのリンク

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

リソース メールボックス

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

会議室の管理

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

不在時の返信

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

予定表の共有

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

レポート機能とトラブルシューティング ツール

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

Office 365 管理センターのレポート

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Excel レポート作成ワークブック

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Web サービス レポート

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

メッセージの追跡

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

監査レポート

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい 3

ユニファイド メッセージングのレポート

はい

はい

いいえ

なし

なし

なし

いいえ

はい

はい

いいえ

共有とコラボレーション

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

フェデレーションの共有 (予定表の公開を含む)

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

サイト メールボックス

はい10

はい10

はい11

はい11

はい11

はい11

はい11

はい11

はい11

はい11

パブリック フォルダー

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

クライアントとモバイル デバイス

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

Outlook for Windows21

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

Outlook on the web21

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Outlook for Mac21

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

Outlook for iOS and Android21

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Exchange ActiveSync

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Office 365 のモバイル デバイス管理

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

POP と IMAP

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい 12

SMTP

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

EWS アプリケーションのサポート

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

ボイス メッセージ サービス

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

ボイス メール

はい

はい

いいえ

なし

なし

なし

いいえ

はい

はい

いいえ

ボイス メールとサード パーティ FAX の統合

はい

はい

いいえ

なし

なし

なし

いいえ

はい

はい

いいえ

サードパーティ ボイス メールの相互運用性

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Skype for Business 統合

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

高可用性とビジネス継続性

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

データ センターでのメールボックス レプリケーション

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

削除済みメールボックスの回復

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

削除済みアイテムの回復

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

単一アイテムの回復

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

いいえ

相互運用性、接続、および互換性

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

OWA および Outlook のSkype for Business プレゼンス

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

あり

SharePoint の相互運用性

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

EWS の接続サポート

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

SMTP リレーのサポート

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Exchange Online のセットアップと管理

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

Microsoft Office 365 ポータルへのアクセス

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Microsoft Office 365 管理センターへのアクセス

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Exchange 管理センターへのアクセス

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

リモート Windows PowerShell へのアクセス

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

モバイル デバイスの ActiveSync ポリシー

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

使用状況レポート

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

Exchange Online 用のカスタマイズ、アドイン、およびリソース

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 E5 Education

Office 365 Enterprise F1

Outlook アドインと Outlook MAPI

はい19

はい

はい19

はい19

はい19

はい19

はい19

はい19

はい19

いいえ

メモメモ:
1   クラウドベースのアーカイブがあるオンプレミスのメールボックス ユーザーごとに Exchange Online Archiving (EOA) のサブスクリプションが必要です。
2 Azure Information Protection は含まれていませんが、アドオンとして別途購入し、サポートされている Information Rights Management (IRM) 機能を有効にすることができます。一部の Azure Information Protection 機能では、Office365ProPlus のサブスクリプションが必要です。そのサブスクリプションは、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premium、Office 365 Enterprise E1、Office 365 Education、Office 365 Enterprise K1 には含まれていません。
3Windows Server AD RMS は、サポートされている IRM 機能を有効にするために別途購入して管理する必要があるオンプレミスのサーバーです。
4   トランスポート ルールは条件および例外を定義できる柔軟性のある条件と、その条件に基づいて実行される処理で構成されます。使用可能な条件と処理は Exchange Online、および Microsoft Exchange Server 2013 で異なります。使用可能な条件と処理の一覧については、製品ごとに該当する条件と処理のトピックをご覧ください。
5   Exchange 2013 で DLP を使用するには、Exchange Enterprise クライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要です。CAL とサーバー ライセンスの詳細については、「Project のヘルプ」を参照してください。
6 Exchange Server 2013 には、Exchange Server 2010 と同じ組み込みのスパム対策機能がほとんど組み込まれています。Exchange によってホストされるスパム フィルターの機能をオンプレミスの製品と比較した場合のメリットについては、「Exchange Server 2013 と比較した Exchange Online Protection のスパム対策機能のメリット」を参照してください。
7 Exchange 管理センター (EAC) 管理インターフェイスに直接アクセスすることによってのみアクセス可能です。
8   Exchange Server 2013 では、Microsoft マルウェア対策エンジンのみを使用します。Exchange Online は複数のマルウェア対策エンジンを使用して、マルウェアがないかどうか受信メッセージ、送信メッセージ、内部メッセージをスキャンします。
9 EOA のサブスクリプションは、非アクティブなメールボックスの機能が必要なメールボックスごとに個別に購入できます。
10 SharePoint をオンプレミスの Exchange 組織で展開する必要があります。
11 SharePoint Online を Office 365 サブスクリプション プランに含める必要があります。
12 POP はサポートされますが、IMAP はサポートされません。
13 Azure Information Protectionを購入するExchange Server 2013の設置型の顧客のサポートがされています。O365 メッセージの暗号化には、ルートの電子メールか、またはハイブリッド メール フローを確立することによって電子メールのフィルタ リング、 Exchange Online Protectionを使用して Exchange Online を使用する設置型の顧客が必要です。
14 Exchange Server 2013 カスタマーが OWA およびデバイス用 OWA でドキュメントのフィンガープリント機能やポリシー ヒントを利用するには、SP1 をダウンロードしてインストールする必要があります。
15 BitLocker ドライブ暗号化は Exchange Server 2013 でサポートされていますが、管理者がこの機能を有効にする必要があります。
16 Office 365 Business Essentials と Business Premium はオンプレミスのサーバーでの使用に関するアクセス権を提供しません。準拠するには、お客様は該当する CAL を購入するか、既に購入しているか、この種のアクセス権を提供する Enterprise SKU にアップグレードする必要があります。
17 接続されているアカウントは、POP と IMAP のアカウントではサポートされていますが、Outlook.com (Hotmail) では使用不可です。
18 コマンドレットを使用したアドレス一覧およびグローバル アドレス一覧の操作はサポートされていません。
19 いくつかのサード パーティの Web パーツおよびアドインは使用できない場合があります。
20 電子情報開示には、オンプレミスとクラウドで別々のクエリが必要です。
21 テーブルは、クライアントが関連するプランを使用するかどうかを示します。クライアントがこれらのプランを購入する必要があることを示すものではありません。

 

機能

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

計画と展開

 

サポートされているハイブリッド展開

はい

はい

はい

はい

はい

サポートされている IMAP 移行

はい

はい

はい

はい

はい

カット オーバー移行のサポート

はい

はい

はい

はい

はい

サポートされている段階的な移行

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

アクセス許可

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

役割に基づくアクセス許可

はい

はい

はい

はい

いいえ

役割グループ

はい

はい

はい

はい

いいえ

役割の割り当てポリシー

はい

はい

はい

はい

いいえ

メッセージ ポリシーと準拠

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

Exchange Online ベースのメールボックスのアーカイブ

はい

いいえ

はい

はい

いいえ

オンプレミス メールボックスのクラウドベースのアーカイブ

はい 5

はい 5

いいえ

はい

いいえ

メッセージング レコード管理 (MRM) の保持タグとアイテム保持ポリシー

はい

はい

はい

はい

はい

保存中のデータの暗号化 (BitLocker)

はい16

はい16

はい

はい

はい

Azure Information Protection を使用した IRM

いいえ

はい

いいえ11

いいえ11

いいえ11

Windows Server AD RMS を使用した IRM

はい12

はい12

はい12

はい12

はい12

Office 365 Message Encryption

はい13

はい13

いいえ11

いいえ11

いいえ11

S/MIME

はい15

はい15

はい

はい

はい

インプレース保持と訴訟ホールド

はい

はい

いいえ17

はい

いいえ

インプレース電子情報開示 (eDiscovery)

はい22

はい22

はい22

はい22

はい22

トランスポート ルール

はい 1

はい 1

はい 1

はい 1

はい 1

データ損失防止

はい10、14

はい10、14

いいえ

はい

いいえ

ジャーナル

はい

はい

はい

はい

はい

スパムおよびマルウェア対策

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

組み込みのスパム対策保護

はい 2

はい 2

はい

はい

はい

スパム対策ポリシーのカスタマイズ

はい (PowerShell を使用する必要がある)

はい (PowerShell を使用する必要がある)

はい

はい

はい 8

組み込みのマルウェア対策保護

はい 7

はい 7

はい7

はい7

はい7

マルウェア対策ポリシーのカスタマイズ

はい

はい

はい

はい

はい 8

検疫 - 管理者による管理

はい

はい

はい

はい

はい 8

検疫 - エンドユーザーによる自己管理

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

メール フロー

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

送信電子メールのカスタム ルーティング

はい

はい

はい

はい

はい

信頼できるパートナーとのセキュリティで保護されたメッセージング

はい

はい

はい

はい

はい

条件付きメール ルーティング

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

受信セーフ リストへのパートナーの追加

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

ハイブリッド電子メール ルーティング

はい

はい

はい

はい

はい

受信者

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

容量アラート

はい

はい

はい

はい

はい

クラッター機能

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

MailTips

はい

はい

はい

はい

はい

代理人アクセス

はい

はい

はい\

あり

いいえ

受信トレイのルール

はい

はい

はい

はい

いいえ

接続されているアカウント

はい

はい

はい19

はい19

はい19

非アクティブなメールボックス

いいえ

いいえ

いいえ 6

はい

いいえ 6

オフライン アドレス帳

はい

はい

はい

はい

はい

アドレス帳ポリシー

はい

はい

はい

はい

はい

階層型アドレス帳

はい

はい

はい

はい

いいえ

アドレス一覧とグローバル アドレス一覧

はい

はい

はい20

はい20

はい20

Office 365 グループ

いいえ

なし

なし

なし

いいえ

配布グループ

はい

はい

はい

はい

はい

外部連絡先 (グローバル)

はい

はい

はい

はい

はい

ユニバーサル連絡先カード

はい

はい

はい

はい

はい

連絡先とソーシャル ネットワークのリンク

はい

はい

はい

はい

はい

リソース メールボックス

はい

はい

はい

はい

はい

会議室の管理

はい

はい

はい

はい

はい

不在時の返信

はい

はい

はい

はい

はい

予定表の共有

はい

はい

はい

はい

あり 18

レポート機能とトラブルシューティング ツール

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

Office 365 管理センターのレポート

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

Excel レポート作成ワークブック

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

Web サービス レポート

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

メッセージの追跡

いいえ

はい

はい

はい

あり 8

監査レポート

はい

はい

はい

はい

はい 8

ユニファイド メッセージングのレポート

はい

はい

いいえ

はい

いいえ

共有とコラボレーション

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

フェデレーションの共有

はい

はい

はい

はい

はい

サイト メールボックス

はい 3

はい 3

はい 4

はい 4

はい 4

パブリック フォルダー

はい

はい

はい

はい

いいえ

クライアントとモバイル デバイス

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

Microsoft Outlook

はい

はい

はい

はい

いいえ

Outlook Web App

はい

はい

はい

はい

はい

Exchange ActiveSync

はい

はい

はい

はい

はい

POP と IMAP

はい

はい

はい

はい

はい 9

SMTP

はい

はい

はい

はい

はい

EWS アプリケーションのサポート

はい

はい

はい

はい

いいえ

Outlook for Mac

はい

はい

はい

はい

いいえ

ボイス メッセージ サービス

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

ボイス メール

はい

はい

いいえ

はい

いいえ

サードパーティ ボイス メールの相互運用性

はい

はい

はい

はい

はい

Skype for Business 統合

はい

はい

はい

はい

はい

高可用性とビジネス継続性

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

データ センターでのメールボックス レプリケーション

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

削除済みメールボックスの回復

はい

はい

はい

はい

はい

削除済みアイテムの回復

はい

はい

はい

はい

はい

単一アイテムの回復

はい

はい

はい

はい

いいえ

相互運用性、接続、および互換性

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

OWA および Outlook のSkype for Business プレゼンス

はい

はい

はい

はい

あり

SharePoint の相互運用性

はい

はい

はい

はい

はい

EWS の接続サポート

はい

はい

はい

はい

はい

SMTP リレーのサポート

はい

はい

はい

はい

はい

Exchange Online のセットアップと管理

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

Microsoft Office 365 ポータルへのアクセス

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

Microsoft Office 365 管理センターへのアクセス

いいえ

いいえ

はい

はい

はい

Exchange 管理センターへのアクセス

はい

はい

はい

はい

はい 8

リモート Windows PowerShell へのアクセス

はい

はい

はい

はい

はい

モバイル デバイスの ActiveSync ポリシー

はい

はい

はい

はい

はい

使用状況レポート

はい

はい

はい

はい

はい

Exchange Online 用のカスタマイズ、アドイン、およびリソース

Exchange Server 2013

Exchange Server 2016

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

Outlook Web App の Web パーツ

はい

はい

はい

はい

はい

Outlook アドインと Outlook MAPI

はい

はい

はい21

はい21

いいえ

メモメモ:
1   トランスポート ルールは条件および例外を定義できる柔軟性のある条件と、その条件に基づいて実行される処理で構成されます。使用可能な条件と処理は Exchange Online、および Microsoft Exchange Server 2013 で異なります。使用可能な条件と処理の一覧については、製品ごとに該当する条件と処理のトピックをご覧ください。
2 Exchange によってホストされるスパム フィルターの機能をオンプレミスの製品と比較する場合のメリットについては、「Exchange Server 2013 と比較した Exchange Online Protection のスパム対策機能のメリット」を参照してください。
3 SharePoint をオンプレミスの Exchange 組織で展開する必要があります。
4   SharePoint Online を Office 365 サブスクリプション プランに入れる必要があります。
5 クラウドベースのアーカイブがあるオンプレミスのメールボックス ユーザーごとに Exchange Online Archiving (EOA) のサブスクリプションが必要です。
6 EOA のサブスクリプションは、非アクティブなメールボックスの機能が必要なメールボックスごとに個別に購入できます
7   Exchange Server 2013 では、Microsoft マルウェア対策エンジンのみを使用します。Exchange Online は複数のマルウェア対策エンジンを使用して、マルウェアがないかどうか受信メッセージ、送信メッセージ、内部メッセージをスキャンします。
8 Exchange 管理センター (EAC) 管理インターフェイスに直接アクセスすることによってのみアクセス可能です。
9 IMAP はサポートされません。
10 Exchange 2013 以降で DLP を使用するには、Exchange Enterprise クライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要です。CAL とサーバー ライセンスの詳細については、「Project のヘルプ」を参照してください。
11 Azure Information Protectionが含まれていないが、別のアドオンとして購入することができます、サポートされている情報権利管理 (IRM) 機能を有効にするにはAzure Information Protectionの一部の機能には、Office 365 用リソース、Office 365 の業務に関する重要事項、Office 365 のビジネス プレミアム、Office 365 のエンタープライズの E1、Office 365 の教育、または Office 365 エンタープライズ K1 に含まれているではないサブスクリプションが必要です。Office 365 のメッセージの暗号化は、 Azure Information Protectionに依存します。
12 Windows Server AD RMS は、サポートされている IRM 機能を有効にするために別途購入して管理する必要があるオンプレミスのサーバーです。
13 Exchange Server 2013またはAzure Information Protectionを購入した後で実行しているお客様のサポートがされています。O365 メッセージの暗号化には、ルートの電子メールか、またはハイブリッド メール フローを確立することによって電子メールのフィルタ リング、 Exchange Online Protectionを使用して Exchange Online を使用する設置型の顧客が必要です。
14 Exchange Server 2013 以降を実行しているお客様は、最新または 1 つ前の累積的な更新プログラム (CU) をダウンロードしてインストールし、ドキュメント フィンガープリンティングと、OWA およびデバイス用 OWA のポリシー ヒントにアクセスする必要があります。
15 Exchange Server 2013 以降を実行しているお客様が利用できます。
16 BitLocker ドライブ暗号化は Exchange Server 2013 でサポートされていますが、管理者がこの機能を有効にする必要があります。
17 Exchange Online プラン 1 には、メールボックスとアーカイブのサイズ制限があります。Exchange Online Archiving for Exchange Online アドオンは、クラウドベースの無制限のアーカイブとインプレース ホールドを追加します。
18 Exchange Online Kiosk の予定表は OWA を介してのみアクセスまたは共有できます。
19 接続されているアカウントは、POP と IMAP のアカウントではサポートされていますが、Outlook.com (Hotmail) では使用不可です。
20 コマンドレットを使用したアドレス一覧およびグローバル アドレス一覧の操作はサポートされていません。
21 いくつかのサード パーティの Web パーツおよびアドインは使用できない場合があります。
22 電子情報開示には、オンプレミスとクラウドで別々のクエリが必要です。

このトピックに関するコメントや質問がある場合は、Office 365 サービスの説明のフィードバック宛てにフィードバックをお送りください。Office 365 についてサポートが必要な場合は、Microsoft サポート センターにアクセスしてください。顧客サービス担当者とチャットをご希望の場合は、「プランを選ぶ」ページにアクセスして、上部の赤いバナー内の [チャット開始] をクリックしてください。

 
表示: