Skip to main content
評価してください: 

System Center Data Protection Manager 2007 の概要

System Cente Data Protection Manager 2007 評価版のダウンロードData Protection Manager (DPM) は、Windows のバックアップと回復を行うための新たなスタンダードとなる製品であり、シームレスに統合されたディスクやテープ メディアを使用して、Microsoft のアプリケーション サーバーおよびファイル サーバーの継続的なデータ保護を実現します。DPM を使用すると、あらゆる規模の企業に対応した高度なテクノロジにより、高速で信頼性の高い回復が可能になります。
Windows のアプリケーション サーバーやファイル サーバーの継続的なデータ保護Windows のアプリケーション サーバーやファイル サーバーの継続的なデータ保護
DPM では、アプリケーションに対応したブロック レベルのエージェントを利用してデータ変更を継続的にキャプチャすることにより、Windows の各種サーバーを保護します。また、DPM では、管理が容易で堅牢なデータ保護ソリューションを使用してディスクやテープのデータを保護したり、損失のないアプリケーションの回復を 1 回のクリックで実行したりできます。
高速で信頼性の高い回復高速で信頼性の高い回復
DPM を使用すると、IT 管理者やエンド ユーザーは、信頼性の点でも劣るテープをわざわざ探して使用しなくても、簡単にアクセスできるディスクからわずか数分でデータを回復できます。
あらゆる規模の企業に対応した高度なテクノロジあらゆる規模の企業に対応した高度なテクノロジ
DPM では、ディスクとテープの両方の長所を取り入れ、インフラストラクチャの要件を減らしています。Windows サーバーのテクノロジに関する Microsoft の経験を活かし、SMB からエンタープライズまで多様な Microsoft 環境に対応した、技術的に優れた総合的なデータ保護ソリューションを提供します。

今日のビジネス環境はこれまで以上に厳しくなり、ビジネスでは全体的な業務の効率を高めながらコストを削減することが常に要求されます。つまり、「費用対効果の向上」が求められています。コストを削減しながらビジネスのアジリティを高めるための、あらゆる規模の企業に効果がある 1 つの方法は、データ保護の管理方法を変えることです。

Data Protection Manager 2007 の新機能 :

Exchange、SQL、および SharePoint の高度な機能
DPM 2007 では、Exchange と SQL の高度なクラスター構成、SQL の圧縮が不要なバックアップ時間の短縮、および SharePoint の高度なデータ保護オプションがサポートされています。

データ損失を伴わないアプリケーションの復元
DPM 2007 では、特定の時点のデータベースへの復元と既存のアプリケーション ログをシームレスに統合することにより、定期的にレプリケーションや同期を行わなくても、Exchange、SQL、および SharePoint のサーバーを損失を伴わずに回復できます。

Virtual Server のホスト ベースのバックアップ
DPM 2007 では、Windows Virtual Server ゲストのホスト ベースのバックアップがサポートされています。単一ホスト ベースの DPM エージェントを使用することにより、ホスト上にあるすべてのゲストについて、一貫性のあるアプリケーション バックアップが実現します。DPM では、このメカニズムにより、Windows ホスト サーバーで実行されているものであればどのオペレーティング システムまたはアプリケーションでも保護することができます。

エンド ユーザーによる復元
Windows の復元機能と統合されているため、右クリックで簡単にファイル レベルの回復を実行できます。煩雑で信頼できないことも多い Web インターフェイスを使用する必要はありません。

バックアップ時間の短縮
特許取得済みのブロック レベルのフィルター技術により、変更されたデータのみを移動することで、完全バックアップにかかる時間が短縮されます。

シームレスなメディアの統合
DPM 2007 では、ディスク メディアとテープ メディアをシームレスに統合できます。こうした統合機能としては、オペレーターがディスクおよびテープ メディアを個別に管理する必要がないインテリジェントな UI や、ディスクとテープ両方に使用できる統合された復元機能などがあります。また、豊富なメディア管理機能も備えています。

メディアの信頼性の向上
エラーの発生しにくいテープ読み取り/書き込みプロセスによって、整合性と信頼性に優れたテープ アーカイブを実現しています。

データの重複を避けるための高度な技術
特許取得済みのフィルター技術によって、完全バックアップのサイズが、一般的な組織の場合で 90% にまで削減されます。これにより、ディスク容量を節約することができ、数時間かかっていた完全バックアップの時間が数分にまで短縮されます。さらに、VSS の特定時点におけるスナップショットによって必要なディスク容量が少なくなり、Express の完全バックアップ イメージによってキャプチャ可能な復元ポイントの数が増加します。

ネットワークの負荷の減少
Express の完全バックアップを使用することで、ネットワーク トラフィックを減らすことができます。また、ネットワーク調整メカニズムが強化され、より詳細なトラフィック管理を行うことができます。

統一されたポリシー エンジン
DPM では、1 つのポリシーで複数のプラットフォームやアプリケーションの保護を構成できるため、複数のアプリケーションの保護を 1 つの UI から管理できます。

SLA に基づく UI
保護ポリシーは、組織の目的および SLA によって作成される抽象化レイヤーに基づいています。このため、SLA 全体に対応するようにバックアップ ジョブを個別にスケジュールするという混乱しがちなプロセスから、ユーザーは解放されます。

継続的なデータ保護
DPM では、Windows データを保護しユーザーの生産性を維持するために、データ変更を発生と同時にリアルタイムでキャプチャし、15 分ごとに同期を行います (他の従来の方法では、1 日 1 回しかデータがバックアップされません)。これにより、業務上重要なデータを常に保護することができます。

高速な回復
データをディスクにバックアップすることは、ユーザーのエラー、またはソフトウェアやハードウェアの破損によって失われたデータを回復するための最も速い方法です。DPM では、DPM プラットフォームで共有を参照して実稼動サーバーに直接コピーするだけで、数秒で情報を回復できます。DPM ではデータをディスクから復元できるため、テープから回復すると数時間かかるデータを数分で回復することができます。

信頼性の高い回復
DPM では、ディスク ベースのバックアップを利用することで、従来の (不安定なことが多い) テープによるバックアップ方法では不可能だった最高レベルの信頼性を実現しています。テープを長期記録保存の手段として引き続き利用する場合でも、主要な復元手段としてディスク ストレージを使用することで、テープ バックアップのさまざまな障害ポイント (インデックスの破損、メディアの破損、カートリッジの間違い、人的ミスなど) をすべて回避することができます。

データの種類を問わない統一的な保護ポリシー
DPM では、1 つのポリシーで、さまざまなアプリケーションとファイル共有プラットフォームに対して保護を構成できます。これにより、複数の論理的なデータ グループを 1 つの UI から管理し、1 つのポリシー内に混在する Exchange、SQL、SharePoint、およびファイル サーバーのデータを、自由に組み合わせたディスクおよびテープにバックアップすることができます。

DPM 2007 のその他の機能 :

  • Microsoft SharePoint のサポート
  • DPM の障害回復と可用性のソリューション (DPM による DPM の保護など)
  • ネットワークに永続的に接続されたワークステーションの Vista および XP のデスクトップ保護
  • Power Shell に基づくコマンド ライン インターフェイス
  • System Center Operations Manager 2007 の管理パック
  • 管理性の向上 (ジョブのビューでのフィルター処理、認証された SMTP サーバーによる警告通知の送信のサポートなど)
  • Virtual Server 2005 R2 のゲスト OS の保護
  • Virtual Server のホスト ベースのバックアップのサポート
  • テープ データの暗号化
  • Longhorn のインストールと保護
  • システム状態のバックアップのサポート
  • ネットワーク帯域幅調整のその他のオプション
  • 事前スクリプト/事後スクリプトのサポート