Skip to main content
このページを評価する 

Microsoft Office Communications Server 2007 R2 ステップ バイ ステップ ガイド

インストール編 ~ アーカイブ サーバー、監視サーバー ~


目次

第一部 インストール前の検討事項

1.1 Office Communications Server 2007 R2 のエディション

1.2 システム要件

1.2.1 インフラストラクチャ・ソフトウェアの要件
1.2.2 Office Communications Server 2007 R2 のハードウェア要件

1.3 今回構築するシステム構成

第二部 アーカイブサーバーの導入

2.1 インストール手順の概要

2.2 アーカイブ サーバーのインストール

2.2.1 アーカイブ サーバーのインストールの準備
2.2.2 アーカイブ サーバーの展開
2.2.3 管理ツールのインストール
2.2.4 フロント エンド サーバーへの機能追加
2.2.5 アーカイブ サーバー設定の実施

第三部 監視サーバーの導入

4.1 インストール手順の概要

4.2 監視サーバーのインストール

4.2.1 サーバー機能の追加
4.2.2 SQL Server Reporting Service の準備
4.2.3 監視サーバーのインストールとアクティブ化
4.2.4 監視サーバー設定の実施
2.4.6 サービスの開始

ダウンロード

バージョン番号 : 1.0

Word ファイル (自己解凍 EXE ファイル、3.48 MB)

概要

本ドキュメントでは、Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition アーカイブ サーバー、及び監視サーバーを展開するための要件と、手順について記載します。

Office Communications Server 2007 R2 の展開形態には、実際のユーザー アカウントが所属するフォレストに展開するシングル フォレスト構成、Office Communications Server 2007 R2 専用のフォレストを構築し、ユーザーが所属するフォレストと関連付けてリソースを提供するリソース フォレスト構成、複数のフォレストが構成されている環境で 1 つのフォレストにだけ Office Communications Server 2007 R2 を構築すると共に、他のフォレストにもリソースを提供するセントラルフォレスト構成があります。

本ドキュメントは、リソース フォレスト構成での Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition 展開手順を示した「Microsoft Office Communications Server 2007 R2 ステップ バイ ステップ ガイド インストール編~Standard Edition」に続く手順書として、同環境にアーカイブ サーバー、及び監視サーバーを展開する手順について記載したものです。

ただし、以下で示す手順はサーバーのエディション (Enterprise Edition もしくは Standards Edition) や、フォレスト構成 (シングル フォレスト構成、リソース フォレスト構成、もしくはセントラル フォレスト構成) によらず、アーカイブ サーバー、及び監視サーバーを展開する場合にご利用頂けます。

なお、アーカイブ サーバー、及び監視サーバーを冗長化する手順については、本ドキュメントに含まれません。

  • 第一部 インストール前の検討事項
  • Office Communications Server 2007 のインストール前に検討すべき項目について説明します。また、本ドキュメント内で導入手順を紹介するシステム構成について説明します。

  • 第二部 アーカイブ サーバーの導入
  • エンタープライズ プールに対して、アーカイブ サーバーをインストールする手順について説明しています。

  • 第三部 監視サーバーの導入
  • エンタープライズ プールに対して、監視サーバーをインストールする手順について説明しています。



ページのトップへ