Skip to main content
評価してください: 

Microsoft Systems Management Server - 用語集

英数字

最終更新日: 2004 年 2 月 18 日

英数字

16 進ペイン

ネットワーク モニタのフレーム ビューア ウィンドウに表示されるペイン。キャプチャ内のフレームとして送信されたバイト数を 16 進数で示します。「フレーム ビューア ウィンドウ」、「ネットワーク モニタ」も参照してください。

ACE

「アクセス制御エントリ (ACE: Access Control Entry)」の定義を参照してください。

ACL

「アクセス制御リスト (ACL: Access Control List)」の定義を参照してください。

Active Directory

Windows ベースのディレクトリ サービス。ネットワーク上のオブジェクトに関する情報を格納すると共に、ユーザーとネットワーク管理者がその情報を利用できるようにします。Active Directory によって、ネットワーク ユーザーは単一のログオン プロセスを使用し、ネットワークで許可されたリソースにアクセスできます。ネットワーク管理者には、ネットワーク全体を直観的に把握できる階層構造が表示されるので、すべてのネットワーク オブジェクトを集中管理できます。

APPC

「高度プログラム間通信 (APPC: Advanced Program-to-Program Communication)」の定義を参照してください。

BDC

「バックアップ ドメイン コントローラ (BDC: Backup Domain Controller)」の定義を参照してください。

CAP

「クライアント アクセス ポイント (CAP: Client Access Point)」の定義を参照してください。

CIMOM

「CIM オブジェクト マネージャ」の定義を参照してください。

CIM オブジェクトマネージャ

Web-based Enterprise Management (WBEM) テクノロジの管理インフラストラクチャにおけるプライマリ コンポーネント。「CIM リポジトリ」、「Web-based Enterprise Management (WBEM)」、「Windows Management Instrumentation (WMI)」も参照してください。

CIM リポジトリ

CIM オブジェクト マネージャによって管理される中央記憶域。「CIM オブジェクト マネージャ」も参照してください。

Common Information Model Object Manager

「CIM オブジェクト マネージャ」の定義を参照してください。

DDR

「探索データ レコード (DDR: Discovery Data Record)」の定義を参照してください。

DHCP

「動的ホスト構成プロトコル (DHCP: Dynamic Host Configuration Protocol)」の定義を参照してください。

IDMIF

SMS サイト データベース内に新しいアーキテクチャを作成したり、既存のアーキテクチャを更新したりするカスタム管理情報フォーマット (MIF) ファイル。「管理情報フォーマット (MIF: Management Information Format) ファイル」、「NOIDMIF」も参照してください。

IP アドレス

インターネット プロトコル バージョン 4 (IPv4) で、IPv4 インターネットワークのノード上のインターフェイスを識別するために使用する 32 ビット アドレス。IP インターネットワーク上の各インターフェイスに対して、ネットワーク ID と一意のホスト ID で構成された一意の IPv4 アドレスを割り当てる必要があります。このアドレスは、通常、10 進値を 8 ビットごとにピリオドで区切った形式をとります (192.168.7.27 など)。動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を使用すると、IP アドレスを静的に構成することも、動的に構成することもできます。

インターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) の場合は、IPv6 レイヤでインターフェイスまたはインターフェイス群に割り当てられ、IPv6 パケットの送信元または送信先として使用できる ID。

「動的ホスト構成プロトコル (DHCP: Dynamic Host Configuration Protocol)」も参照してください。

Microsoft 管理コンソール (MMC: Microsoft Management Console)

管理ツールを提供するためのフレームワーク。MMC が提供する管理ツールはスナップインとも呼ばれます。「詳細ペイン」、「SMS 管理コンソール」、「スナップイン」も参照してください。

MIF

「管理情報フォーマット (MIF: Management Information Format)」の定義を参照してください。

MIF ファイル

「管理情報フォーマット (MIF: Management Information Format) ファイル」の定義を参照してください。

MMC

「Microsoft 管理コンソール (MMC: Microsoft Management Console)」の定義を参照してください。

MOF

「管理オブジェクト フォーマット (MOF: Management Object Format)」の定義を参照してください。

MOF ファイル

「管理オブジェクト フォーマット (MOF: Management Object Format) ファイル」の定義を参照してください。

NOIDMIF

SMS 管理者が作成するカスタム管理情報フォーマット (MIF) ファイル。SMS 管理者は、このファイルを使用して、クライアント コンピュータから収集したハードウェア インベントリ データを拡張できます。「ハードウェア インベントリ」、「IDMIF」、「管理情報フォーマット (MIF: Management Information Format) ファイル」も参照してください。

PDC

「プライマリ ドメイン コントローラ (PDC: Primary Domain Controller)」の定義を参照してください。

pragma ステートメント

管理情報フォーマット (MIF) ファイル、管理オブジェクト フォーマット (MOF) ファイル、またはファイル内の情報と SMS サイト データベース内の情報の関連性を示すイベント構成ファイルに含まれる 1 行。「管理オブジェクト フォーマット (MOF: Managed Object Format) ファイル」、「管理情報フォーマット (MIF: Management Information Format) ファイル」、「SMS サイト データベース」も参照してください。

SAM

「セキュリティ アカウント マネージャ (SAM: Security Accounts Manager)」の定義を参照してください。

SMS インストーラ実行可能ファイル

SMS インストーラによって生成される圧縮された実行可能ファイル。同時に、インストール スクリプトとその他のファイルおよびディレクトリも生成されます。インストーラ実行可能ファイルは、クライアントに配布し、実行することができる自動解凍形式の実行可能ファイルです。

SMS 階層

単一の組織内のすべての SMS サイトの関係。最上位のメイン管理サイトはセントラル サイトと呼ばれます。「セントラル サイト」、「プライマリ サイト」、「セカンダリ サイト」、「SMS サイト」も参照してください。

SMS 管理コンソール

SMS 機能およびツールの構成、実行、アクセスに使用する主要インターフェイス。「コンソール ツリー」も参照してください。

SMS サイト

IP サブネットや Active Directory サイトなどのサブネットのグループによって区分された、サイト システムおよびリソース。「Active Directory」、「サブネット」も参照してください。

SMS サイトデータベース

探索データ、構成情報、ステータス インベントリ、ソフトウェア インベントリを格納する Microsoft SQL Server データベース。SMS サイト データベースは、プライマリ サイトごとに 1 つずつあります。SMS サイト データベースをサポートするサーバーには、サイト データベース サーバーの役割が自動的に割り当てられます。「探索データ」、「プライマリ サイト」、「サイト システムの役割」、「ソフトウェア インベントリ」も参照してください。

SMS プロバイダ

SMS サイト データベースへのデータ要求処理を行うサイト システムの役割。「CIM オブジェクト マネージャ」、「サイト システムの役割」、「SMS サイト データベース」も参照してください。

SNA RAS センダ

「センダ」の定義を参照してください。

WBEM

「Web-based Enterprise Management (WBEM)」の定義を参照してください。

WBEM アプリケーション

プロバイダからのデータを表示または管理するため、CIM オブジェクト マネージャに API コールを送る実行可能アプリケーション。以前は WBEM クライアントと呼ばれていました。「CIM オブジェクト マネージャ」、「Web-based Enterprise Management (WBEM)」、「Windows Management Instrumentation (WMI)」も参照してください。

Web-based Enterprise Management (WBEM)

組織管理を簡易化する目的で開発されたテクノロジの集合。Windows Management Instrumentation (WMI) は Microsoft の WBEM 実装です。「Windows Management Instrumentation (WMI)」も参照してください。

Windows Management Instrumentation (WMI)

Windows における管理基盤であり、共通のインターフェイス セットを使用して、システム リソースの監視および制御をサポートするほか、Windows の処理、構成、および状態に関して、論理的にまとめられた一貫性のあるモデルを提供します。「Web-based Enterprise Management (WBEM)」も参照してください。

Windows Management Instrumentation サービス

CIM オブジェクト マネージャを起動または停止するサービス。「CIM オブジェクト マネージャ」も参照してください。

Windows 管理サービス

CIM オブジェクト マネージャを起動または停止する Windows NT サービス。「CIM オブジェクト マネージャ」も参照してください。

WMI

「Windows Management Instrumentation (WMI)」の定義を参照してください。

X25 RAS センダ

「センダ」の定義を参照してください。

ページのトップへ