Skip to main content
評価してください: 

Microsoft Systems Management Server - 用語集

は行

最終更新日: 2004 年 2 月 18 日

パーサー

プロトコル情報をより細かく分割し、ネットワーク モニタで操作できるようにするプログラム。各パーサーは、ネットワーク モニタでの分析用に、単一のプロトコルまたはプロトコル ファミリを解析できます。「ネットワーク モニタ」も参照してください。

パーセル

媒体使用センダにより、一方のサイトから別のサイトへ転送されるファイルのセット。パーセルは媒体使用センダ マネージャで作成されます。「センダ」も参照してください。

ハードウェアインベントリ

SMS が組織内のクライアント コンピュータ上で使用されているハードウェアの詳細情報を自動的に収集する処理。「ハードウェア履歴」も参照してください。

ハードウェア履歴

これまでに収集したハードウェア インベントリ。「ハードウェア インベントリ」も参照してください。

媒体アクセス制御 (MAC: Media Access Control) アドレス

ネットワークの各ノードを一意に識別するハードウェア アドレス。「アドレス」も参照してください。

媒体使用センダ

「センダ」の定義を参照してください。

バイナリ MIF

「管理情報フォーマット (MIF: Management Information Format) ファイル」の定義を参照してください。

配布ポイント

配布ポイントの役割を果たし、パッケージ ソース ファイルを格納するサイト システム。クライアントは、クライアント アクセス ポイントや管理ポイントを経由して提供されたプログラムを実行するとき、配布ポイントに接続してソース ファイルを取得します。「クライアント アクセス ポイント (CAP: Client Access Point)」、「管理ポイント」、「サイト システム」も参照してください。

配布ポイントグループ

単一のエンティティとして管理できる複数の配布ポイント。サイト内の配布ポイント数が多すぎて個別に管理するのが難しい場合、配布ポイント グループを使用して管理タスクを単純化できます。「配布ポイント」も参照してください。

パスワード

ユーザー アカウントに対するログオン名とコンピュータ システムおよびリソースに対するアクセスを制限するためのセキュリティ基準。ログオン名またはアクセスが承認されるために必ず入力しなければならない一意の文字列です。パスワードは、英字、数字、および記号で構成され、大文字と小文字は区別されます。「パスワードの制限」、「パスワードの強度」、「パスワードの一意性」も参照してください。

パスワードの一意性

新しいパスワードへの変更回数が一定の回数に達するまで、以前に使用していたパスワードを再度使用することはできません。「パスワード」、「パスワードの制限」、「パスワードの強度」も参照してください。

パスワードの強度

パスワードの制限の程度。「パスワード」、「パスワードの制限」、「パスワードの一意性」も参照してください。

パスワードの制限

第三者に推測されにくいパスワードにするための制限。通常、文字数、履歴、有効期限、辞書に記載されている一般的な語句などが制限の対象になります。「パスワード」、「パスワードの強度」、「パスワードの一意性」も参照してください。

パスワードの日数

この日数に達したら、パスワードを変更する必要があります。「パスワード」、「パスワードの有効期限」も参照してください。

パスワードの有効期限

パスワードがパスワードの日数に達したときに発生するイベント。アカウントを使用可能にするには、この時点でパスワードをリセットする必要があります。「パスワード」、「パスワードの日数」も参照してください。

パスワードのリセット

パスワードの値を新しく設定すること。「パスワード」、「パスワードの制限」、「パスワードの強度」、「パスワードの一意性」も参照してください。

パスワードフィルタ

パスワードが定められた最小要件を満たし、第三者に簡単に推測されない程度に複雑であることを確認する処理。「パスワード」も参照してください。

バックアップスナップショット

SMS サイト サーバーのバックアップの作成タスクまたはその他のバックアップ ユーティリティで作成された、サイトのデータのスナップショット。サイトの回復中、サイト データの復元に使用されます。

バックアップドメインコントローラ (BDC: Backup Domain Controller)

Windows NT Server 4.0 以前のバージョンを実行し、ドメインのディレクトリ データベースの読み取り専用コピーを受け取るドメイン コントローラ。ディレクトリ データベースには、そのドメインのアカウントおよびセキュリティ ポリシー情報がすべて含まれています。「Active Directory」、「プライマリ ドメイン コントローラ (PDC: Primary Domain Controller)」も参照してください。

パッケージ

ファイルのほか、ソフトウェアを配布ポイントに配布する指示や、提供情報の送信先 SMS クライアント上でパッケージを実行する指示を含むオブジェクト。「提供情報」、「クライアント」、「配布ポイント」、「パッケージ配布」も参照してください。

パッケージアクセス一覧

配布ポイント上の SMS パッケージにアクセスできるユーザーまたはグループの一覧。「配布ポイント」、「パッケージ」も参照してください。

パッケージソースディレクトリ

パッケージ配布に使用するパッケージ ソース ファイルが格納されたディレクトリ。「パッケージ」、「パッケージ配布」も参照してください。

パッケージソースファイル

SMS パッケージに格納されたファイル。提供プログラムの実行に必要です。ターゲット クライアント上にパッケージ ソース ファイルがない場合、パッケージ内の各プログラムは、1 つ以上のパッケージ ソース ファイルを使用します。たとえば、セットアップ プログラムを正常に実行するには、インストール ファイルとライブラリが必要になることがあります。「提供プログラム」、「パッケージ」、「ソフトウェア配布」も参照してください。

パッケージ定義ファイル

パッケージの事前定義済みプログラムとプロパティ設定を含む ASCII テキスト ファイル。パッケージ定義ファイルをインポートすることにより、新しいパッケージを作成できます。SMS には、多数のソフトウェア アプリケーションおよびオペレーティング システムのパッケージ定義ファイルが含まれています。「パッケージ」も参照してください。

パッケージ配布

圧縮解除したパッケージ イメージを配布ポイントに配置し、共有化し、クライアントにアクセスできるようにする処理。この処理は、パッケージの配布ポイントを指定すると自動的に実行されます。「配布ポイント」、「パッケージ」も参照してください。

パッケージルーティング

直接アドレスが存在しない場合でも、サイトがパッケージを送信先に送信できるような配布処理。ルーティング (送信元) サイトは、ほとんどの場合、パッケージが送信先に到達するまでの適切なパスを特定できます。「パッケージ」も参照してください。

バッファ

2 つの場所 (アプリケーションのデータ領域と入出力デバイスなど) の間でデータが転送されるまでの間、そのデータを一時的に保持するために予約されている RAM (ランダム アクセス メモリ) 上の領域。

非同期 RAS センダ

「センダ」の定義を参照してください。

表示名

ソフトウェア インベントリで、クライアント上のファイルのヘッダー情報から読み取った実際の名前の代わりに使用できる会社名や製品名。「インベントリ名」、「リソース エクスプローラ」、「SMS サイト データベース」、「ソフトウェア インベントリ」も参照してください。

標準センダ

「センダ」の定義を参照してください。

ファイルシステムセキュリティ

ファイル属性によるセキュリティ管理を可能にするファイル、ディレクトリ、または監査のセキュリティ。

ファイルのコレクション

ソフトウェア インベントリの際、SMS クライアントから特定のファイルをコピーする処理。SMS は、収集したファイルをサイト サーバーに保存します。「収集されたファイル」、「サイト サーバー」、「SMS 管理コンソール」、「ソフトウェア インベントリ」も参照してください。

フィルタ

ネットワーク モニタで、キャプチャ データまたは表示データに対してユーザーが指定する制限。「キャプチャ フィルタ」、「キャプチャ データ」、「ディスプレイ フィルタ」、「ネットワーク モニタ」も参照してください。

部分的なドメイン同期

前回の同期化以降に変更された SAM データベースの全ドメイン バックアップ ドメイン コントローラを対象とするタイミング情報付き自動配信。ドメイン管理者が部分的なドメイン同期を行うこともあります。「ドメイン同期」、「完全ドメイン同期」も参照してください。

プライマリサイト

自身および子サイトの情報を格納する固有の SMS サイト データベースを持つサイト。プライマリ サイトは、その他のプライマリ サイトに情報を報告できます。プライマリとセカンダリの両方のサイトから情報の報告を得ることもできます。「子サイト」、「セカンダリ サイト」、「SMS サイト データベース」も参照してください。

プライマリドメインコントローラ (PDC: Primary Domain Controller)

Windows NT ドメインで、Windows NT Server 4.0 以前を実行するドメイン コントローラ。ドメイン ログオン試行を認証し、ドメインのユーザー、コンピュータ、およびグループのアカウントを更新します。PDC には、そのドメインのディレクトリ データベースのマスタ読み書き用コピーが含まれています。1 つのドメインには、1 つの PDC しかありません。

Windows 2000 ドメインや Windows Server 2003 ドメインでは、PDC エミュレータ マスタにより、Windows 2000 または Windows XP Professional を実行していないクライアント コンピュータとの相互運用性がサポートされます。

「Active Directory」、「バックアップ ドメイン コントローラ (BDC: Backup Domain Controller)」も参照してください。

フレームビューアウィンドウ

キャプチャ ファイルに格納されている個々のフレームの詳細情報を表示するネットワーク モニタ ウィンドウ。「キャプチャ ファイル」、「キャプチャ フィルタ」、「キャプチャ データ」、「ネットワーク モニタ」も参照してください。

ブロードキャスト

ネットワーク上のすべてのワークステーションを対象とした送信。

プロキシ管理ポイント

ローミング境界のアドバンスト クライアントにサービスを提供するセカンダリ サイト管理ポイント。「管理ポイント」、「ローミング境界」、「セカンダリ サイト」も参照してください。

プロセス

単一の実行可能プログラム、複数の仮想メモリ アドレス、1 つ以上のスレッドで構成されるオペレーティング システム オブジェクト。プログラムを実行すると、プロセスが作成されます。

プロパティ

ネットワーク モニタ内のプロトコル エレメントの 1 つ。そのプロトコルを使用して送信されたフレーム内の個々のフィールドについて説明します。「ネットワーク モニタ」も参照してください。

プロンプト

レポートを実行するときユーザーに値の入力を求めるために設定できるレポート プロパティ。返されるデータを制限または指定するため、レポートの SQL ステートメント内の変数値としてユーザー指定の値を渡します。

プロンプトされたクエリ

このクエリ内で、ユーザーに追加の情報の入力を求めるダイアログ ボックスが表示されます。プロンプトされたクエリは、特定の値ではなく一般的な式で構成されます。SMS 管理コンソールは、クエリの実行時にユーザーに実際の値の入力を求めます。「SMS 管理コンソール」も参照してください。

補足レポート

SMS の外部で作成され、レポート機能を拡張するためにレポート ポイント上の指定のフォルダに格納されるファイル。「レポート ポイント」も参照してください。

ページのトップへ