Skip to main content
評価してください: 

vol.1「MOM ってなんだい?」

Microsoft Operations Manager Agent のインストール

公開日: 2004 年 8 月 31 日

小川 貢

MOM 2005 をインストールし、管理パックやレポートをインポートしても、MOM Agent がなければ、監視・管理が行えません。そこで、監視・管理対象のマシンに MOM Agent をインストールします。インストールは [MOM 管理コンソール] から対象サーバーにネットワーク経由でインストールすることができますので、大規模展開や Data Center などでは威力を発揮すると思います。

※ MOM 管理コンソールからのインストールは RPC でインストールしますので、必ず RPC が利用する Port 135 が使える必要があります。 MOM 管理コンソールからインストールできなくても MOM Agent の手動インストールを行うことで MOM 2005 で監視・管理ができるようにはなります。

1. MOM 管理コンソールを起動します。

MOM 2005 管理コンソールの初期画面

2. 左ツリーの [管理] を選択します。

MOM 2005 管理コンソールの管理画面

3. 右ペインの [エージェントのインストール/アンインストール ウィザード] をクリックし、 [エージェントのインストール/アンインストール ウィザードの開始] を起動し、 [次へ] をクリックします。

エージェントのインストール/アンインストール ウィザードの開始画面

4. [エージェントのインストール] を選択して [次へ] をクリックします。

エージェントのインストール/アンインストール ウィザードの選択画面

5. 監視・管理対象のコンピュータ名を指定する方法を利用する環境に合わせて選択します。今回は [特定のコンピュータ名を参照するか、または入力する] を選択して [次へ] をクリックします。

エージェントをインストールするコンピュータの検出方法の選択画面

6. 監視・管理対象のコンピュータ名を入力して [次へ] をクリックします。
※複数のコンピュータを指定することもできます。

MOM で管理するコンピュータ名の指定画面

7. 監視・管理対象のコンピュータに MOM Agent のインストールを実行するユーザを指定しますが、同一ドメインの場合は [管理サーバー アクション アカウント] (デフォルト) で出来ます。しかし、別ドメインやワークグループの場合は実行するユーザー名とパスワードを指定してインストールします。

MOM で管理するコンピュータ名の指定画面

8. 監視・管理対象コンピュータ上で MOM Agent を動作させるユーザーの指定をします。

エージェントを動作するアカウントの指定画面

9. 監視・管理対象コンピュータ上に MOM Agent をインストールするパスの設定をします。

エージェントのインストール ディレクトリの指定画面

10. [完了] ボタンをクリックすると MOM Agent のインストールがスタートします。

エージェントのインストール/アンインストール ウィザードの完了画面

ページのトップへ


目次

著者

小川 貢小川 貢

株式会社 CRC ソリューションズ 
ERP システム事業部所属
PASSJ Web テクノロジー分科会
ボードリーダー
MVP for SQL Server