Skip to main content
評価してください: 

vol.3「管理パックと警告の嵐」

警告の嵐

公開日: 2004 年 9 月 13 日

小川 貢

MOM Agent を管理コンソールから対象のコンピュータにインストールして、オペレータ コンソールでどんな情報が集まるのか、ワクワクしながら待っていました。すると、MOM Agent から爆発的に警告だのエラーだのが報告されてくるじゃありませんか!

「聞いてないよぉ」って心の底で叫んでいましたが、とりあえずオペレータ コンソールの Alerts で内容確認したら、「Active Directory がレプリケーションされていません。」だとか「SQL Server 2000 の認証が Windows 認証以外も有効になっている」だとか、いろいろありました。

警告およびエラーの例

つまり、検証に使ったマシンが MOM 2005 から見ると、まともな状態ではないってことだったらしいのです。

ページのトップへ

どうしたものかと

取るべき道は 3 つ。

MOM 2005 の言うとおりの対処をするか、MOM 2005 が反応しないように管理パックの設定 (閾値) を変更するか、警告およびエラーが発生しているサーバを監視対象から除外するかです。

今回は、管理パックの設定を変更する方法をまとめてみます。

ページのトップへ


目次

著者

小川 貢小川 貢

株式会社 CRC ソリューションズ 
ERP システム事業部所属
PASSJ Web テクノロジー分科会
ボードリーダー
MVP for SQL Server