Skip to main content
評価してください: 

vol.4「インターネット経由で監視してみよう」

対象サーバーにエージェントを手動インストール

公開日: 2004 年 9 月 21 日

河端 善博

つづいて、監視対象サーバーにエージェントをインストールします。ここでのポイントは、次のようになります。

  1. エージェントを手動インストール

  2. エージェントの制御レベルは、 [なし] を選択 (既定では、なし)

  3. [管理サーバーに接続できませんでした] がでても、続行

  4. イベント ログでエラーを確認

  5. 必要なら、ネットワーク パケットを解析すべし

1 点目の手動インストールについては、MOM サーバーからの自動インストールはできませんので、手動インストールします。インストール用のファイルをサーバーにコピーして、サーバー上でインストーラを起動することになります。

2 点目の [エージェントの制御レベル] は、 [なし] を選択します。MOM 2005 は、監視対象エージェントの管理を MOM サーバー側で一括管理する機能をもっています。たとえば、エージェントのアン インストールや、エージェントの最新版への更新もできます。しかし、今回はネットワークが制限されていますので、これらの機能は使えません。そこで、エージェントのインストール時に MOM サーバーからエージェントを制御するアクセス権を [なし] にしておきます。

3 点目の [管理サーバーに接続できませんでした] は、ICMP/ECHO、445/TCP、135/TCP でエージェントが MOM サーバーに接続できない場合に表示されます。このままでも、エージェントはインストールできますので、あせらずインストール作業を [続行] します。

4 点目のイベント ログでのエラー確認は、エージェント インストール後に行ってください。MOM エージェントは、インストール後、Windows サービスとしてバックグランドで動作します。エージェントからのエラーが画面に表示されることはありません。そこで、イベント ログで、エージェントのエラー状況を確認する必要があります。

5 点目のネットワーク パケットの解析は、MOM エージェントと MOM サーバーが正しく通信できているか確認するために、必要に応じて行ってください。ネットワーク パケットのフィルタ設定や、サーバー上のファイアウォール機能の設定による通信ミスも考えられます。

では、エージェントを監視対象サーバーにインストールしていく手順を具体的に見ていきましょう。

  1. MOMAgent.msi をコピーして、インストールする

    MOM 2005 のインストールディスクにある MOMAgent.msi を監視対象コンピュータにコピーして、インストールします。

    インストールを開始するとウィザードが起動します。

    MOM 2005 エージェントのセットアップ ウィザード

    図 6: MOMAgent.msi を起動して、ウィザード形式でセットアップします。

    下矢印

  2. インストール先のフォルダを指定して、 [次へ] をクリックします。

    インストール先フォルダの選択

    図 7: MOM エージェントのインストール先フォルダを選択します。

    下矢印

  3. エージェントの構成を指定します。

    管理グループ名は、MOM サーバーインストール時に設定した管理グループ名を入力します。管理サーバー名は、MOM サーバーのグローバル IP アドレスを指定します。今回は、オフィスのブロードバンド ルーターの IP アドレスまたはホスト名を指定します。

    [エージェントの制御レベル] は、[なし] を選択します。

    管理グループ名、サーバーの IP アドレス、ポートと制御レベルの指定

    図 8: 管理グループ名、サーバーの IP アドレス、ポートと制御レベルを指定します。

    下矢印

  4. [次へ] をクリックします。

    すると、しばらくして [管理サーバーに接続できませんでした] という警告が表示されます。これは、ICMP/ECHO、445/TCP、135/TCP、1270/TCP、1270/UDP のいずれかの通信ができなかった場合に、表示されます。今回は、445/TCP、135/TCP をルーターで遮断していますので、この警告が表示されます。[続行] をクリックします。

    445/TCP、135/TCP が通信できない場合の警告

    図 9: 445/TCP、135/TCP が通信できませんので、この警告が出ますが、続行します

    下矢印

  5. [MOM エージェント アクション アカウント] を選択します。既定では、[ローカル システム] アカウントが選択された状態になっています。[次へ] をクリックします。

    エージェントのアカウントを指定

    図 10: エージェントのアカウントを指定します。

    下矢印

  6. 以上でインストールの準備が整いました。[インストール] をクリックします。

    インストールの準備完了

    図 11: エージェントを実際にインストール作業を開始します。

    下矢印

  7. インストールが終了します。

    インストールの完了

    図 12: セットアップが完了しました。

以上で、MOM エージェントのインストールが終了しました。イベント ログを開いて、MOM エージェントがエラーを出力していないかどうか、数分間まって確認してみてください。

ページのトップへ


目次

著者

河端 善博河端 善博

有限会社 COZAX 代表取締役社長
PASSJ 理事
セキュリティ分科会ボードリーダ
INETA Japan リード
MVP for SQL Server