Skip to main content
評価してください: 

Vol.8「SQL Server の管理パックを分析してみよう」

コンピュータ属性をレジストリから得る

公開日: 2004 年 11 月 29 日

河端 善博

次は、管理するコンピュータの属性と、コンピュータ グループとの関係を見てみましょう。

まず、SQL Server の管理パックで提供される [Microsoft SQL Server] グループはどのように、判別されているのでしょうか?

管理パックの [コンピュータ グループ]

図 12: [コンピュータ グループ] のそれぞれのグループは、[判別式] により自動的に対象コンピュータを選択します。
※画面を原寸で確認する場合は、こちらをクリックしてください。

[管理パック] - [コンピュータ グループ] を見ると、たくさんのグループが定義されています。この一覧をみると、[判別式] 列があることがわかります。

さらに、詳しく見てみましょう。

コンピュータ グループの判別式

図 13: [Microsoft SQL Server 2000] グループの判別式には、このグループに含まれるコンピュータを調べる属性の組み合わせが指定されています。
※画面を原寸で確認する場合は、こちらをクリックしてください。

[Microsoft SQL Server 2000] グループのプロパティを開いて、[判別式] をみます。ここには、このコンピュータ グループに属するコンピュータを識別するための属性 AttributeValue (属性) の組み合わせが定義されています。

属性の一覧は、[属性] ボタンをクリックして参照することができます。

[コンピュータ グループ] を指定すると、MemberOf (コンピュータ グループ名) として、他のコンピュータ グループに所属するコンピュータを条件に加えることができます。

では、この属性はどのように取得しているのでしょうか?

管理パックの [コンピュータ属性]

図 14: [コンピュータ属性] フォルダでは、レジストリを使った属性を定義しています。
※画面を原寸で確認する場合は、こちらをクリックしてください。

属性は、主に [管理パック] - [コンピュータ属性] で定義されています。

ここでは、それぞれの対象コンピュータのレジストリ設定による属性を定義します。

では、[Microsoft SQL Server 2000] の属性を見てみましょう。

コンピュータ属性の例

図 15: [Microsoft SQL Server 2000] のプロパティには、レジストリから SQL Server 2000 がインストールされているかどうかを定義しています。
※画面を原寸で確認する場合は、こちらをクリックしてください。

[Microsoft SQL Server 2000] のコンピュータ属性は、4 つのタブからなります。

[全般] タブは、名前と説明、有効/無効を設定します。

レジストリ ベースの属性のプロパティの [種類] タブ

図 16: [種類] タブは、[値] と [キー] のいずれかを選びます。
※画面を原寸で確認する場合は、こちらをクリックしてください。

[種類] タブでは、レジストリ値とレジストリ キーのどちらから、属性を判断するのかを決めます。 [Microsoft SQL Server 2000] は、レジストリ キーから判断します。

レジストリ ベースの属性のプロパティの [レジストリ パス] タブ

図 17: [レジストリ パス] には、[種類] で指定したレジストリへのパスを指定します。
※画面を原寸で確認する場合は、こちらをクリックしてください。

[レジストリ パス] には、対象となるレジストリへのパスを指定します。参照できるのは、「HKEY_LOCAL_MACHINE」ハイブのみになります。

レジストリ ベースの属性のプロパティの [値] タブ

図 18: [値] には、キーが存在するかどうか、または、キーの値そのものを取ることができます。
※画面を原寸で確認する場合は、こちらをクリックしてください。

[値] では、レジストリ キーが存在するかどうかを指定しています。

この値は、MOM Agent が随時、各サーバーから集めてきて、MOM サーバー上に蓄積されています。

次のクエリーを実行すると、値の一覧を得ることができます。

クエリー: コンピュータの [Microsoft SQL Serve 2000] 属性の一覧を得る

SELECT ComputerName, Value
FROM dbo.SDKComputerAttributesView
WHERE AttributeName = 'Microsoft SQL Server 2000'

MOM SDK では、コンピュータ属性の一覧を得る開発者向けのビューが定義されています。

このように簡単にコンピュータの属性を取得することができます。

ページのトップへ


目次

著者

河端 善博河端 善博

有限会社 COZAX 代表取締役社長
PASSJ 理事
セキュリティ分科会ボードリーダ
INETA Japan リード
MVP for SQL Server