Skip to main content
評価してください: 

Microsoft® Systems Management Server でサポートされる復旧シナリオと構成

最終更新日: 2002 年 4 月 10 日

トピック

このドキュメントの意図と使用方法
サポートしている復旧シナリオ
復旧を行うためのサポート構成

このドキュメントの意図と使用方法

Microsoft® Systems Management Server (SMS) の復旧サポートは、構成された範囲内で起こりえる問題を処理します。下記のシナリオでは、サイトが障害発生以前同様に機能する状態にまで、サイトを復旧することを目指しているということです。サイト障害に対処し、サイト障害が起きる直前までサイトにあったデータをすべて完全に復旧できなくても、サイトが障害発生以前同様に機能する状態にはできます。サイト障害の復旧操作の目標は、データ損失をできるだけ少なく抑えて、機能性を障害発生前と同じに復旧することです。 バックアップが抜けていたり、非常に古いものしかない場合には、サイト障害の復旧操作が完了した後のデータ損失はかなりのものになることが多いです。バックアップがほんの数時間前のものであったとしても、復旧操作が完了した後には、何らかのデータ損失がありえます。障害復旧操作が完了して、サイトが機能するようになった時、サイト構成をアップグレードし、インベントリを再作成し、パッケージを再配布することで、データ損失を緩和できます。サイト障害後のデータ損失は緩和できますが、最近の有効なバックアップを読み込ませるほうが賢明な方法です。

ページのトップへ

サポートしている復旧シナリオ

次の問題のいずれかが発生すれば、サイト全体の復旧を行う必要があります。下記の様々なシナリオに障害発生の際の対策を簡潔にまとめてあります。

  • サイト サーバーまたは SMS サイトのデータベースがインストールされているコンピュータに障害が発生した場合。
  • Microsoft Windows® NT 4.0 オペレーティング システム、Microsoft SQL Server、または SMS を含んでいるドライブに障害が発生した場合。
  • Windows NT に障害が起きて、復旧する必要がある場合。
  • ファイル システムが破損した場合。
  • SQL Server が障害を起こし、復旧する必要がある場合。
  • SQL Server のデータベース (群) が破損した場合。

このような場合で完全なサイト復旧が必要な理由:

オペレーティング システムを復元すると、レジストリの古いコピーも復元します。SMS のレジストリ キーが、ファイル内のサイト データ、および SMS サイトのデータベースと同期を取れないため、完全な復旧が必要になります。また、機能やタスクによっては、期待通りに機能しなかったり、全く機能しないこともあります。サイト ファイルだけ復元するか、または SMS サイトのデータベースだけ復元した場合にも、同じことが言えます。

SMS サイトでは、バックアップからデータを復元するなら、全てのデータをバックアップから復元する必要があります。このバックアップは、サイト サービスを停止して、サイト内の全データの同期が取れるようにした、単独のスナップショットとして作成したものになります。

クライアント アクセス ポイント、ログオン ポイント、または配布ポイントのようなリモート サイトの役割を持つシステムが障害を起こすか、またはサイト アカウントをサポートするドメイン コントローラが障害を起こした場合なら、SMS サイトのデータベースは存在していて、正常に動作している限りは、サイト全体の復旧は不要です。障害を起こしたリモート サイト システムの役割が SMS サイトのデータベース、またはソフトウェア メーターリング データベースならば、サイト全体の復旧が必要となります。

バックアップは同じサイトへの復元を行う必要があります。

次の条件を満たす場合、SMS はバックアップから SMS サイトの復元をサポートします。

  • バックアップ元と復元先サイトとで、SMS のバージョンとサービス パックが同じ場合。
  • バックアップ元と復元先サイトとで、SQL Server のバージョンとサービス パックが同じ場合 (ドキュメント化されていない場合で、サービス パックのバージョンに差があっても良い場合があります)。
  • バックアップ元と復元先サイトとで、オペレーティング システムのバージョンとサービス パックが同じ場合 (ドキュメント化されていない場合で、サービス パックのバージョンに差があっても良い場合があります)。
  • バックアップと復元で、サイトのアカウントに変更がない場合 (例外はありますが、まだドキュメント化されていません)。

バックアップから復元しないで、復旧を実行している場合には、SMS は次のことをサポートします。

  • 障害を起こしたサイトと同じ SMS のサービス パック、または SMS の新しいサービス パックでサイトを復旧します。
  • 障害を起こしたサイトと同じ SQL Server のバージョンまたはサービス パック、または SMS の新しいバージョンまたはサービス パックでサイトを復旧します。
  • 障害を起こしたサイトと同じ Windows NT のサービス パック、または Windows NT の新しいサービス パックでサイトを復旧します。
  • 障害を起こしたサイトと復旧したサイト間で多少のアカウント変更をします。
  • SMS は、(バックアップの有無に関わらず) 次のことはサポートしません。

  • SMS をインストールする先のドライブ名の変更
  • サイト コードの変更
  • サイト名の変更
  • サイト サーバーのコンピュータ名の変更
  • セカンダリ サイトの親サイトの変更
  • SMS のプロバイダをサイト サーバーからリモート サーバーへ移動 (サイトを最初にセットアップした際に SMS サイトのデータベースを含んでいた同じリモート サーバーに SMS プロバイダをインストールして、以後 SMS サイトのデータベースを異なるリモート サーバーに移動した場合、SMS プロバイダは、その同じリモート サーバーに移す必要があります)。
  • SMS サイトのデータベースをリモート サーバーからサイト サーバーへ移動 (SMS サイトのデータベースは、サイト サーバーから SQL Server を動作させているリモート サーバーへ移動できます。または SMS サイトのデータベースを、任意のリモート サーバーから別のリモート サーバーへ移動できます。しかし、SMS サイトのデータベースをサイト サーバーから動かした場合、元には戻せません)。

ページのトップへ

復旧を行うためのサポート構成

SMS ドキュメントとサポート (英語版のドキュメントとツールを使用):

  • ローカルまたはリモートのサーバーと、 SQL Server 6.5 または SQL Server 7.0 の任意の組合わせ。
  • ローカルまたはリモート サーバー上の SMS プロバイダ。
  • Windows NT 4.0 または Microsoft Windows® 2000。
  • メンバー サーバーまたはドメイン コントローラ上で動作するサイト サーバー。
  • バックアップなし、古いバックアップ、または新しいバックアップでの復旧。
  • セカンダリ サイトの復旧。
  • 親サイトあり、またはなしでのプライマリ サイトの復旧。
  • プライマリ サイトの復旧条件:
    • 子サイトなし。
    • セカンダリ サイト。
    • 子のプライマリ サイト。
    • 子のプライマリ サイトとセカンダリ サイトの混在。

現状では、次の構成は復旧可能ですが、プロシージャについては、これからのバージョンで提供していきます。

  • 具体的にはアカウントのロックアウトを有効にした復旧操作を含むような複雑なセキュリティ モデル
  • 複数のサイト サーバーを持つドメイン
  • 複数のサイトからログオンするクライアント、およびログオンの探索またはインストールを有効にした (共有ログオン ポイント) 1 つ以上のサイトからのクライアントを持つドメイン
  • 複数の SMS サイトから共有される SQL Server
  • 共有 SMS プロバイダ サーバー
  • サイト サーバーに障害がない時のサイト システム、SMS サイトのデータベース、または SQL Server の復旧
  • SMS 管理コンソール

SMS 製品チームは次の構成からの復旧についてはまだ調査していません:

  • Microsoft SQL Server 2000 を使用するサイト
  • Novell NetWare を使用するサイト
  • Alpha ベースのコンピュータから Intel ベースのコンピュータへの復旧/移行
  • SMS のアカウント変更が行われる前に作成されたバックアップの復旧
  • Windows NT Server 4.0 の Terminal Server 版 (Terminal Server) を動作させる SMS サイト の役割を持つシステム
  • Windows NT Server 4.0 の Terminal Server 版 (Terminal Server Client) を動作させる SMS サイト の役割を持つシステム
  • Windows 2000 (Terminal Services) を動作させる SMS サイト の役割を持つシステム
  • Windows 2000 (Terminal Services Client) を動作させる SMS サイト の役割を持つシステム
  • SMS 用の Crystal Info

次のようなことは試さないでください。

  • データを破損する危険性がないにもかかわれず、SMS クライアントを信頼して停止および再開することができない場合、またはデータを破損する危険性がないにもかかわらず、実行中のクライアントのデータをバックアップできない場合には SMS クライアントを復旧させないで下さい。
  • SMS のアップグレード前に作成したバックアップの復元

本ドキュメントの情報は、URL やインターネット Web サイトの参照を含めて、予告なしに変更されることがあります。特に断らない限り、例に挙げた企業、組織、製品、人物、およびイベントは、すべて架空のものです。実在の企業、組織、製品、人物、およびイベントとの関連は一切ありません。お客様は、すべての適用可能な著作権法に従う義務を負います。著作権で保証される権利を制限しない限り、Microsoft 社からの書面による明確な許可なしに、このドキュメントのいかなる部分についても、複製、検索システムへの格納または導入、およびいかなる形式、いかなる手段 (電気的または機械的送信、複写、録音など)、いかなる目的による送信もできません。

このドキュメントの内容にかかわる特許、特許出願、商標、著作権、またはその他の知的所有権については、Microsoft 社が保有する可能性があります。マイクロソフト社からの書面による使用許諾に明確に記述されている場合を除き、このドキュメントはお客様に対してこれらの特許、商標、著作権、またはその他の知的所有権についてのいかなる使用許諾も与えません。

© 2000 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Microsoft、MS-DOS、Windows、Windows NT は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページのトップへ