Skip to main content
評価してください: 

SQL Server 2000 (含む MSDE) の SQL Server 2005 へのアップグレードについて

最終更新日: 2006 年 12 月 13 日

このページの内容は公開・更新された当時のものです。

パートナー様へ

SQL Server 2000 のすべてのエディション (MSDE を含む) は、Windows Vista および Windows Server "Longhorn" ではサポートされません。SQL Server 2000 または MSDE を使用して開発された、Windows Vista または Windows Server "Longhorn" で操作するアプリケーションについては、SQL Server 2005 への移行計画を開始することを強くお勧めします。

移行をお勧めする主な要因は、SQL Server 2000 は、本来 Windows Vista および Windows Server "Longhorn" で提供されるレベルの強化されたセキュリティおよびパフォーマンスを利用するようには設計されておらず、SQL Server 2000 は、技術的に、Windows Vista および Windows Server "Longhorn" では機能することができません。

一方、Windows Vista と Windows Server "Longhorn" のどちらでも、SQL Server 2005 を使用することで、Microsoft の全体的なセキュリティ目標に沿った、より安全なプラットフォームが提供されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 以降において Windows Vista と Windows Server "Longhorn" の両方で完全にサポートされます。

パートナー様へのご依頼事項

Windows XP 上で SQL Server 2000 または MSDE 2000 をローカル データベースとして使用するすべてのアプリケーションは、SQL Server 2005 をサポートするように更新する必要があります。MSDE 2000 を使用するパートナー アプリケーションは、SQL Server 2005 Express Edition でテストする必要があります。

SQL Server 2000 サーバーにリモートでアクセスするアプリケーションも、Windows Vista との互換性をテストする必要があります。

パートナー様へのガイダンス

SQL Server 2000 または MSDE 2000 をローカル データベースとして使用するアプリケーションを配信する場合は、展開シナリオを確認して、SQL Server 2005 にアップグレードするための次の適切なステップを決定してください。

Windows XP 以前のバージョン上の MSDE 2000

  1. ご利用のアプリケーションを SQL Server 2005 Express Edition SP2 および Windows Vista RC1 以降上で評価/テストします。
  2. 必要に応じて SQL Server 2005 Express Edition SP2 および Windows Vista をサポートするよう アプリケーション を更新します。
  3. 更新した アプリケーション を SQL Server 2005 Express Edition と共にお客様に提供します。

Windows XP 以前のバージョン上の SQL Server 2000

  1. ご利用のアプリケーションを SQL Server 2005 Service Pack 2 以降 および Windows Vista RC1 以降上で評価/テストします。
  2. 必要に応じて SQL Server 2005 をサポートするよう アプリケーション を更新します。
  3. SQL Server 2005 へのアップグレードをお客様に提案します。
  4. 必要に応じて SQL Server 2005 で使用できるよう アプリケーション の更新プログラムを提供します。

ページのトップへ