Skip to main content
評価してください: 

Windows Vista と Windows Server 2008 上での SQL Server 2005

最終更新日: 2007 年 12 月 21 日

このページの内容は公開・更新された当時のものです。

概要

このドキュメントでは、Microsoft Windows Vista と Microsoft Windows Server 2008 上での Microsoft SQL Server 2005 へのサポートについて説明します。たとえば、Windows Vista または Windows Server 2008 のベータ 2 リリース上での SQL Server 2005 のインストールと実行に関する既知の問題点の説明などです。

ページのトップへ

インストール要件

SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) のエディションはすべて、Windows Vista または Windows Server 2008 のベータ 2 リリース上で実行できます。ただし、Windows Server 2008 のベータ 2 に関しては、実際の運用環境ではサポートされません。マイクロソフトでは、まずは、テスト環境でのみ、Windows Server 2008 上で SQL Server 2005 SP2 を実行することをお勧めします。SP2 を適用するには、まず SQL Server 2005 のフル リリース バージョンをインストールする必要があります。
SQL Server Express SP2 のインストールの詳細については、 SQL Server 2005 Express Edition SP2 の Readme を参照してください。

注: SQL Server 2005 Express Edition の Service Pack 1 は Windows Vista 上で動作しますが ’ユーザーアクセス制御’ に関して障害が確認されています。Widows Vista のサポートに関しては、Service Pack 2 の適用を推奨します。SQL Server 2005 Express Edition (SQL Server Express) SP2 は、SQL Server Express SP2 の新しいインスタンスのインストールに使用できます。

ページのトップへ

既知の問題点

Windows Vista と Windows Server 2008 上での SQL Server 2005 のインストールと実行に関する既知の問題点は Readme ファイルをご確認ください。
Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 Readme (htm 8.97 KB)

ページのトップへ

その他の情報

このセクションでは、Windows Vista と Windows Server 2008 上で SQL Server 2005 を実行するための、その他の考慮事項を説明します。

SQL Server 2005 の参考資料を入手する

SQL Server 2005 に関する情報を、下記のリソースから入手できます。

詳細については、SQL Server 2005 Books Online の「 SQL Server 2005 の参考資料の入手」を参照してください。

SQL Server 2005 に関するフィードバックを提供する

ご提案の送付やバグの報告は、下記の方法で行うことができます。

  • Windows Vista と Windows Server 2008 上の SQL Server 2005 に関するご提案やバグ レポートの提出は、 MSDN Product Feedback Center で行ってください。
  • ドキュメントに関するご提案の送信や不正確な点の報告は、SQL Server 2005 Books Online のフィードバック機能を使用して行ってください。
  • 解析のため、エラー レポートと機能の使用状況のデータを Microsoft へ自動的に送信します。詳細については、SQL Server Books Online の「 エラー レポートと使用状況レポートの設定」を参照してください。

詳細については、SQL Server 2005 Books Online の「 SQL Server 2005 に関するフィードバックの送信」を参照してください。

ページのトップへ