Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Internet Explorer 11 (IE11) - IT 担当者向け展開ガイド

LizRoss|最終更新日: 2016/10/21
|
2 投稿者

適用対象:

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

このガイドでは、従業員のコンピューターに対して Internet Explorer 11 の導入計画、展開、カスタマイズを行うときに考慮する必要のあるオプションやプロセスについて説明します。

重要
ここでは個々の手順を詳細に示すことを目的としていないため、IE11 を展開するためのすべての手順が含まれているわけではありません。

このガイドについて

トピック説明
Internet Explorer 11 の変更履歴Windows 10 および Windows 10 Mobile 用の Internet Explorer 11 のドキュメントに含まれる新しいトピックおよび更新されたトピックの一覧を示します。
Internet Explorer 11 (IE11) のシステム要件と言語サポートIE11 はさまざまなシステムと言語で利用できます。 このトピックでは、最小システム要件と言語サポートについて説明します。
更新された機能とツールの一覧 - Internet Explorer 11 (IE11)IE11 には、いくつかの新しい機能とツールが含まれています。 このトピックでは、それらの概要について説明します。
Internet Explorer 11 (IE11) のインストールと展開このセクションのトピックでは、Internet Explorer インストール パッケージをカスタマイズする方法、適切なインストール方法の選び方、IE を環境に展開する方法について説明します。 また、レガシ アプリの仮想化オプションに関する詳しい情報も記載されています。
Enterprise Site Discovery を使用してデータを収集するIE を使うと、Windows 10、Windows 8.1、または Windows 7 で Windows Internet Explorer 8 から IE11 までを実行しているコンピューターでデータを収集できます。 このインベントリ情報は、危険な状態にあるサイトや将来的なアップグレード時にオーバーホールが必要になるサイトの把握も含め、十分な情報に基づいて IE 展開に関する決定を行うために会社で使用される Web サイトの一覧作成に役立ちます。
Internet Explorer 11 (IE11) のエンタープライズ モードこのセクションのトピックでは、社内でエンタープライズ モードと Enterprise Mode Site List Manager をセットアップして使用する方法について説明します。
グループ ポリシーと Internet Explorer 11 (IE11)このセクションのトピックでは、グループ ポリシーについて説明します。また、グループ ポリシーを使って IE を管理する方法についても説明します。
Internet Explorer 11 の管理このセクションのトピックでは、IE で設定の自動検出、構成設定の自動構成、プロキシ構成設定の自動構成を行う方法について説明します。
Internet Explorer 11 (IE11) のトラブルシューティングこのセクションのトピックでは、IE で発生する一般的な問題のいくつかをトラブルシューティングする方法について説明します。
古い ActiveX コントロールのブロックActiveX コントロールとは、Web サイトで動画やゲームなどのコンテンツを提供したり、ユーザーがツール バーなどのコンテンツを操作できるようにするための小さなアプリです。 残念ながら多くの ActiveX コントロールは自動的に更新されないため、新しいバージョンがリリースされると元のコントロールは古くなります。 ActiveX コントロールを最新の状態に保つことは非常に重要です。悪意のあるソフトウェア (マルウェア) は、古いコントロールのセキュリティ上の欠陥にねらいをつけて、コンピューターからの情報収集、不要なソフトウェアのインストール、第三者によるコンピューターのリモート制御によってコンピューターに損害を与える可能性があります。 このような状況を回避するために、IE には "古い ActiveX コントロールのブロック" という新しいセキュリティ機能が含まれています。
推奨されていないドキュメント モードと Internet Explorer 11Internet Explorer 8 には、Web 機能専用のコーディングから複数のブラウザーやデバイスで動作するより標準的な種類のコーディングに移行する方法としてドキュメント モードが導入されました。 ただし Windows 10 以降では、ドキュメント モードは推奨されていません。

これは、IE11 は引き続きドキュメント モードをサポートしますが、Microsoft Edge はドキュメント モードをサポートしないことを意味します。 そのため、Microsoft Edge を使用する場合は、最新の機能、ブラウザー、デバイスをサポートするように従来の Web ページやアプリを更新する必要があります。


Microsoft Edge でサポートされなくなったテクノロジや API について詳しくは、これまでとは異なるブラウザーに関するブログ記事のパート 2 (使われなくなった ActiveX、VBScript、attachEvent) をご覧ください。

Internet Explorer 11 の自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit) とはIE11 の無効化ツールキット (Blocker Toolkit) を使うと、Windows Update の自動更新機能による IE11 の自動配布を無効にすることができます。
Internet Explorer 11 の Internet Explorer のメンテナンス (IEM) 設定が見当たらないInternet Explorer のメンテナンス (IEM) 設定は推奨されず、グループ ポリシーの基本設定、管理用テンプレート (.admx)、Internet Explorer 管理者キット 11 (IEAK 11) が推奨されるようになりました。

この変更により、IEM で構成された設定は、Internet Explorer 10 以降が実行されているコンピューターでは機能しません。 この問題を解決するには、グループ ポリシーの基本設定、管理用テンプレート (admx)、または IEAK 11 を使って、影響を受ける設定を更新する必要があります。

グループ ポリシーの基本設定と IEAK 11 は非同期プロセスを利用して実行されるため、設定の各グループではこれらのツールのいずれか 1 つだけを使用する必要があります。 たとえば、 [セキュリティ] 設定では IEAK 11 を使用し、 [インターネット ゾーン] 設定ではグループ ポリシーの基本設定を使用します。 また、ポリシーが適用されると、ユーザーはポリシーを変更できないということに注意してください。ただし基本設定を構成するときは、ユーザーはポリシーを変更できます。

[互換表示] ボタンが見当たらない互換表示は、最新の相互運用可能な Web 標準をサポートするように開発者がコンテンツを更新する一方で、既にあるコンテンツが Windows Internet Explorer 7 でも動作するように、Internet Explorer 8 で導入されました。 それ以降、IE Web プラットフォームだけでなく Web 自体も変化し、ほとんどのパブリック Web コンテンツでは IE 7 互換の動作ではなく、標準ベースの機能が求められています。

これらの変化を受けて、IE11 を最新の標準モードで使うと、これまでよりも Web との互換性が向上します。 その結果、IE11 では [互換表示] ボタンの使用を止め、開発者向けの F12 開発者ツールの互換性オプションの数を減らして、ユーザー向けの Web ページの互換性機能を簡略化しています。

ピン留めされた Web サイトを Microsoft Deployment Toolkit (MDT) 2013 で展開するWeb サイトは、すばやくアクセスできるように Windows 8.1 のタスク バーにピン留めできます。 ピン留めするには、Web サイトのタブをタスク バーにドラッグします。 一部の Web サイトでは、アイコンのジャンプ リストを拡張することもできます。

Windows 8.1 のタスク バーに Web サイトをピン留めする機能は、ビジネスにおいてエンド ユーザーの生産性向上に役立ちます。 たとえば、IT 担当者は、イントラネットと SharePoint の Web サイトをユーザーがすぐ使えるようタスク バーにピン留めできます。 この記事では、ピン留めされた Web サイトを Microsoft Deployment Toolkit (MDT) 2013のライト タッチ インストールで展開する方法について説明します。

IE11 の名称に関する規則

Windows 8.1 では、IE11 によってさまざまなエクスペリエンスが実現されます。

名前説明
Internet Explorer または IE没入型のブラウザーです。IE と表す場合もあります。特定のバージョン番号は付きません。
デスクトップ用 Internet Explorerデスクトップ ブラウザーです。 デスクトップ用 Internet Explorer では、Windows 7 SP1 で IE11 を実行している場合にのみ利用可能なエクスペリエンスが実現されます。
Internet Explorer 11 または IE11ブラウザー全体を表します。IE とデスクトップ用 Internet Explorer の両方が含まれます。

関連トピック

© 2017 Microsoft