Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

MDT での Web サービスの使用

Michael Niehaus|最終更新日: 2016/10/31
|
1 投稿者

このトピックでは、コンピューターの名前を生成する単純な Web サービスを作成し、Windows 10 の展開時にそのサービスを使うための MDT を構成する方法について説明します。 Web サービスは、展開時に設定を割り当てる強力な手段を提供します。 簡単に言えば、Web サービスはサーバー側でコードを実行する Web アプリであり、MDT にはこれらの Web サービスを呼び出すための組み込み機能があります。 MDT での Web サービスの使い方は単純ですが、サーバー上で Web サーバー (IIS) の役割を有効にすることが必要です。 Web サービスを開発するにはコーディングが少し必要になりますが、MDT で使うほとんどの Web サービスには、無料 Microsoft Visual Studio Express 2013 for Web を使うことができます。

サンプルの Web サービスの作成

ここでは、PC0001 (Windows 10 のクライアント) で Microsoft Visual Studio Express 2013 for Web をインストールし、サンプルの MDT Web サービスを Microsoft Download Center からダウンロードして、C:\Projects に抽出していることを前提としています。

  1. PC0001 で、Visual Studio Express 2013 for Web を使って、C:\Projects\MDTSample\MDTSample.sln ソリューション ファイルを開きます。
  2. リボン バーで、リリースが選択されていることを確認します。
  3. [デバッグ] メニューで、[Build MDTSample] (MDTSample のビルド) アクションを選択します。
  4. MDT01 で、E:\MDTSample\bin 用のフォルダー構造を作成します。
  5. PC0001 から、C:\Projects\MDTSample\obj\Release\MDTSample.dll ファイルを MDT01 の E:\MDTSample\bin フォルダーにコピーします。
  6. PC0001 から、次のファイルを C:\Projects\MDTSample ファイルから MDT01 の E:\MDTSample フォルダーにコピーします。
    1. Web.config
    2. mdtsample.asmx

図 15

図 15: Microsoft Visual Studio Express 2013 for Web のサンプル プロジェクト。

Web サービスのアプリケーション プールの作成

このセクションでは、MDT01 で Web サーバー (IIS) の役割が有効になっていることを前提としています。

  1. MDT01 で、サーバー マネージャーを使って、IIS 管理コンソールの役割 ([Web サーバー (IIS)] / [管理ツール] で利用可能) をインストールします。
  2. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを使って、MDT01 (CONTOSO\Administrator) ノードを展開します。 "Microsoft Web プラットフォームを開始しますか?" という質問が表示されたら、 [このメッセージを再度表示しない] チェック ボックスをオンにして [いいえ] をクリックします。
  3. [アプリケーション プール] を右クリックし、[アプリケーション プールの追加] を選択して、新しいアプリケーション プールを次の設定を行って構成します。
    1. 名前: MDTSample
    2. .NET Framework バージョン: .NET Framework 4.0.30319
    3. マネージ パイプライン モード: 統合
    4. [アプリケーション プールを直ちに開始する] チェック ボックスをオンにします。
    5. [OK] をクリックします。

図 16

図 16: 新しい MDTSample アプリケーション。

Web サービスのインストール

  1. MDT01 で、インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを使って、[サイト] を展開し、[既定の Web サイト] を右クリックして、[アプリケーションの追加] を選択します。 アプリケーションに次の設定を使います。

    1. エイリアス: MDTSample
    2. アプリケーション プール: MDTSample
    3. 物理パス: E:\MDTSample

    図 17

    図 17: MDTSample Web アプリケーションの追加。

  2. [既定の Web サイト] ノードで、右側のウィンドウの [MDTSample web application] (MDTSample Web アプリケーション) を選択して、[認証] をダブルクリックします。 [認証] ダイアログ ボックスには次の設定を使います。

    1. 匿名認証: 有効
    2. ASP.NET 偽装: 無効

図 18

図 18: MDTSample Web サービスの認証の構成。

Internet Explorer の Web サービスのテスト

  1. PC0001 で、Internet Explorer を使って、http://MDT01/MDTSample/mdtsample.asmx に移動します。
  2. GetComputerName リンクをクリックします。

    図 19

    図 19: MDT サンプル Web サービス。

  3. [GetComputerName] ページで、次の設定を入力し、[呼び出す] をクリックします。
    1. モデル: Hewlett-Packard
    2. SerialNumber: 123456789

図 20

図 20: MDT サンプル Web サービスの結果。

MDT シミュレーション環境での Web サービスのテスト

Internet Explorer を使って Web サービスを確認した後に、MDT シミュレーション環境で同じテストをすることができます。

  1. PC0001 で、C:\MDT フォルダーの CustomSettings.ini ファイルを編集すると、次のように表示されます。

    [Settings]
    Priority=Default, GetComputerName
    [Default]
    OSInstall=YES
    [GetComputerName]
    WebService=http://mdt01/MDTSample/mdtsample.asmx/GetComputerName
    Parameters=Model,SerialNumber
    OSDComputerName=string
    

    図 21

    図 21: 更新された CustomSettings.ini ファイル。

  2. CustomSettings.ini ファイルを保存します。

  3. 管理者特権の Windows PowerShell プロンプト (管理者として実行) を使い、次のコマンドを実行します。 1 行ごとに Enter キーを押します。 syntax Set-Location C:\MDT .\Gather.ps1
  4. C:\MININT\SMSOSD\OSDLOGS フォルダーの ZTIGather.log を確認します。

図 22

図 22: Web サービスから取得した OSDCOMPUTERNAME 値。

関連トピック

BitLocker 用 MDT のセットアップ

MDT 展開共有規則の構成

UserExit スクリプトのための MDT の構成

テスト環境での Windows 10 展開のシミュレート

Windows 10 展開情報のステージングのための MDT データベースの使用

MDT での役割を使ったアプリケーションの割り当て

MDT による Orchestrator の Runbook の使用

© 2017 Microsoft