Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Windows Update for Business を使った更新プログラムの管理

Dani Halfin|最終更新日: 2017/03/13
|
1 投稿者

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 10 Mobile

ユーザー向けの情報をお探しの場合は、Windows Update: FAQ」をご覧ください。

Windows Update for Business を使うと、IT 管理者は Windows Update サービスにシステムを直接接続することにより、最新のセキュリティ防御策と Windows の機能によって、組織内にある Windows 10 デバイスを常に最新状態に保つことができます。 グループ ポリシーや Intune などの MDM ソリューションを使って Windows Update for Business を構成することで、Windows 10 デバイスの更新方法や更新時期を制御できます。 また、Intune を使うと、オンプレミスのドメインに参加しているコンピューターと共に、ドメインにまったく参加していないデバイスや、Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) に参加しているデバイスを管理できます。

具体的には、Windows Update for Business で次のことができます。

  • 展開リングの作成。管理者は、更新が可能になったとき、どのデバイスを最初に更新し、どのデバイスを後で更新するかを指定できます (品質基準を満たすため)。
  • Microsoft によって提供される更新プログラムの一部としてドライバーを含めるか除外するかの選択。
  • Windows Server Update Services (WSUS)、System Center Configuration Manager、Microsoft Intune などの既存の管理ツールとの統合。
  • Microsoft 更新プログラムのピア ツー ピア配信。帯域幅の効率が最適化され、オンサイト サーバーのキャッシュ ソリューションの必要性が軽減されます。

Windows Update for Business は、Windows Pro、Enterprise、Pro Education、および Education で利用できる無料サービスです。

メモ

Windows 10 の展開リングについて詳しくは、「Windows 10 更新プログラムの展開リングの構築」をご覧ください。

更新プログラムの種類

Windows Update for Business は、Windows 10 デバイスに次の 3 種類の更新プログラムを提供します。

  • 機能更新プログラム: 以前はアップグレードと呼ばれていました。機能更新プログラムには、セキュリティおよび品質の改訂だけでなく、重要な機能の追加や変更が含まれます。これらは、4 ~ 8 か月ごとのゆっくりしたペースでリリースされます。
  • 品質更新プログラム: これらは、従来のオペレーティング システムの更新プログラムです。通常、毎月第 2 火曜日に公開されます (いつでもリリースされる可能性があります)。 たとえば、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、ドライバー更新プログラムがあります。 また、Windows Update for Business では、品質更新プログラムとして Windows 以外 (Microsoft Office や Visual Studio など) の更新プログラムも扱われます。 これらの Windows 以外の更新プログラムは Microsoft 更新プログラムと呼ばれす。Windows 更新プログラムと一緒に、これらの更新プログラムを受け取るようにデバイスを構成することもできます。
  • 保留できない更新プログラム: 現時点では、Windows Update からのマルウェア対策とスパイウェア対策の定義の更新は保留できません。

機能および品質の更新プログラムはどちらも、Windows Update サービスでそれらが最初に利用できるようになってから一定の期間内は、Windows Update for Business の管理者がクライアント デバイスへの展開を保留できます。 この保留機能によって、管理者は展開を検証してから、Windows Update for Business 向けに構成されたすべてのクライアント デバイスに展開することができます。

カテゴリ最大保留期間保留の延長単位分類 GUID
機能更新プログラム180 日Windows 10 Version 1511 から Version 16073689BDC8-B205-4AF4-8D4A-A63924C5E9D5
品質更新プログラム30 日セキュリティ更新プログラム0FA1201D-4330-4FA8-8AE9-B877473B6441
ドライバー (オプション)EBFC1FC5-71A4-4F7B-9ACA-3B9A503104A0
セキュリティ以外の更新プログラムCD5FFD1E-E932-4E3A-BF74-18BF0B1BBD83
Microsoft の更新プログラム (Office、Visual Studio など)状況により異なる
延期不可延期なし延期なし定義の更新E0789628-CE08-4437-BE74-2495B842F43B
メモ

分類 GUID について詳しくは、「WSUS 分類 GUID」をご覧ください。

Windows 10 バージョン 1511 とバージョン 1607 での Windows Update for Business の比較

Windows Update for Business は、最初に Windows 10 バージョン 1511 で利用可能になりました。 Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update とも呼ばれます) では、更新された動作と共に新機能または変更された機能がいくつか提供されています。

メモ

Current Branch と Current Branch for Business について詳しくは、「Windows 10 のサービス オプション」をご覧ください。


機能Windows 10 バージョン 1511Windows 10 バージョン 1607

サービス オプションの選択: CB または CBB

利用不可。 更新プログラムを保留するには、すべてのシステムが Current branch for Business (CBB) にある必要がある

システムを Current Branch (CB) または Current Branch for Business (CBB) に設定する機能。

品質更新プログラム

品質更新プログラムの受信を保留可能:

  • 最大 4 週間
  • 週単位で保留延長

品質更新プログラムの受信を保留可能:

  • 最大 30 日
  • 日単位で保留延長

機能更新プログラム

機能更新プログラムの受信を保留可能:

  • 最大 8 か月
  • 月単位で保留延長

機能更新プログラムの受信を保留可能:

  • 最大 180 日
  • 日単位で保留延長

更新プログラムの一時停止

  • 機能更新プログラムと品質更新プログラムを一緒に一時停止
  • 最大 35 日

機能更新プログラムと品質更新プログラムを別々に一時停止できます。

  • 機能更新プログラム: 最大 60 日
  • 品質更新プログラム: 最大 35 日

ドライバー

ドライバー固有でない制御

ドライバーは、Windows Update for Business から選択的に除外できます。

Windows 10 の更新プログラムを管理する手順

完了更新プログラムとサービス ブランチに関する学習
完了Windows 10 更新プログラムのサービス方法の準備
完了Windows 10 更新プログラムの展開リングの構築
完了Windows 10 更新プログラムのサービス ブランチへのデバイスの割り当て
完了Windows 10 更新プログラムの配信の最適化
完了Windows Update for Business を使った更新プログラムの管理 (このトピック)
または、Windows Server Update Services を使った Windows 10 更新プログラムの管理
または、System Center Configuration Manager を使った Windows 10 更新プログラムの管理

関連トピック

© 2017 Microsoft