DNS サーバーをインストールする

適用対象: Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2

ドメイン ネーム システム (DNS) サーバーをインストールするには、既存の Windows Server 2008 サーバーに DNS サーバーの役割を追加します。Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の役割をインストールするときに、DNS サーバーの役割をインストールすることもできます。DNS ドメインの名前空間を AD DS ドメインの名前空間と統合する場合は、この方法で DNS サーバーの役割をインストールすることをお勧めします。

この手順を実行するためには、Administrators グループのメンバーシップ、またはそれと同等のメンバーシップが最低限必要です。 適切なアカウントおよびグループ メンバーシップの使用の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=83477 をご確認ください。

DNS サーバーをインストールするには
  1. サーバー マネージャーを開きます。サーバー マネージャーを開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[サーバー マネージャー] をクリックします。

  2. 結果ウィンドウの [役割の概要] で [役割の追加] をクリックします。

  3. 役割の追加ウィザードで、[開始する前に] ページが表示されたら [次へ] をクリックします。

  4. [役割] 一覧で、[DNS サーバー] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. [DNS サーバー] ページの情報を確認し、[次へ] をクリックします。

  6. [インストール オプションの確認] ページで、DNS サーバーの役割がインストールされることを確認し、[インストール] をクリックします。

その他の考慮事項

  • 静的 IP アドレスを使用するようにコンピューターを手動で構成することをお勧めします。DHCP によって割り当てられる動的アドレスを使用するように DNS サーバーを構成すると、DHCP サーバーが DNS サーバーに新しい IP アドレスを割り当てたとき、その DNS サーバーの古い IP アドレスを使用するように構成されている DNS クライアントはその古い IP アドレスを解決できず、目的の DNS サーバーを検索できません。

  • DNS サーバーをインストールした後に、その DNS サーバーとゾーンの管理方法を決定できます。テキスト エディターを使用してサーバーのブート ファイルおよびゾーン ファイルを変更できますが、この方法はお勧めしません。DNS マネージャーと DNS コマンド ライン ツール dnscmd を使用すると、これらのファイルの管理が容易になるため、可能な限りこの 2 つを使用するようにします。DNS マネージャーまたはコマンド ラインを使用してこれらのファイルの管理を開始した後は、手動による編集はお勧めしません。

  • AD DS に統合されている DNS ゾーンを管理するために使用できるのは、DNS マネージャーまたは dnscmd コマンド ライン ツールのみです。これらのゾーンは、テキスト エディターでは管理できません。

  • AD DS 統合ゾーンをホストしている DNS サーバーをアンインストールする場合は、その記憶域の種類によって、これらのゾーンが保存または削除されます。すべての種類の記憶域について、ゾーン データは他のドメイン コントローラーまたは DNS サーバーに保存されています。アンインストールする DNS サーバーがそのゾーンをホストしている最後の DNS サーバーである場合を除き、ゾーン データが削除されることはありません。

  • 標準の DNS ゾーンをホストしている DNS サーバーをアンインストールした場合、ゾーン ファイルは %systemroot%\system32\Dns ディレクトリに残りますが、DNS サーバーを再インストールしても、これらのゾーンは再読み込みされません。古いゾーンと同じ名前の新しいゾーンを作成した場合は、古いゾーン ファイルが新しいゾーン ファイルに置き換えられます。

  • DNS サーバーのブート データおよびゾーン データをテキスト ファイルに書き込む場合、DNS サーバーは、最新の Berkeley Internet Name Domain (BIND) 8 形式ではなく、レガシの BIND 4 サーバーが認識する BIND ファイル形式を使用します。

その他の参照情報

コミュニティの追加

追加
表示: