この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Net user

追加または、ユーザー アカウントを変更するユーザー アカウントの情報が表示されます。

Net user は、Windows Vista に組み込まれているコマンド ライン ツールです。 Net user Net user を実行するには、コマンド プロンプトを開き、 net ユーザーに適切なパラメーターを入力し、ENTER キーを押します。

このコマンドの使用方法の例については、を参照してください。

構文



net user [<UserName>{<Password>|* [<Options>] [/domain] net user [<UserName>{<Password>|*}] および [<Options>] [/domain] を追加する] [<UserName> の net user[/delete][/domain]

パラメーター

パラメーター 説明

<UserName>

追加、削除、変更、または表示する、ユーザー アカウントの名前を指定します。 ユーザー アカウントの名前は半角 20 文字ことができます。

<Password>

割り当てまたはユーザーのアカウントのパスワードを変更します。 パスワードのプロンプトを生成する (アスタリスク) を入力します。 ユーザーが、パスワード プロンプトで入力するときに表示されません。

/domain

コンピューターのプライマリ ドメインのドメイン コント ローラーの操作を実行します。

<Options>

コマンド ライン オプションを指定します。 次の表のコマンド ライン オプションの構文の説明を参照してください。

net help <コマンド>

指定したnetコマンドのヘルプを表示します。

コマンド ライン オプションの構文 説明

/active:{no | yes}

有効または、ユーザー アカウントを無効にします。 ユーザーのアカウントがアクティブでない場合は、ユーザー コンピューター上のリソースにアクセスできません。 既定値はyesです (つまり、アクティブ)。

/comment:"<Text>"

ユーザーのアカウントに関する説明のコメントを提供します。 このコメントには 48 文字ことができます。 文字列は二重引用符 () で囲みます。

/countrycode: <NNN>

オペレーティング システムの国/地域コードを使用して、ユーザーのヘルプおよびエラー メッセージは、指定した言語ファイルを実装します。 値が 0 の既定の国/地域コードを示します。

/expires:{{<MM/DD/YYYY> | < DD/MM/YYYY> | <mmm,dd,YYYY>} | never}

日付を指定した場合に期限切れにするには、ユーザー アカウントが発生します。 有効期限の日付は、[年/月/日に]、[DD または MM または YYYY]、または [mmm、dd, YYYY] 形式のため、国/地域コードに応じて。 アカウントに、指定した日付の先頭に有効期限が切れることに注意してください。 月の値は、番号を使用して、スペルか、3 文字の省略形 (Jan、Feb、Mar、Apr、月、6 月、7 月、8 月、9 月、10 月、11 月、12 月) を使用できます。 年の値は、2 つまたは 4 つの数字を使用できます。 日付は、コンマまたはスラッシュで区切ります。 スペースは使用できません。 <YYYY> を省略した場合、(つまり、コンピューターの日付と時刻に基づく、)、日付の次の一致と見なされます。 たとえば、次のエントリは、1 月の間に入力した場合と同じです。 10、1994 年、1 月。 8, 1995年:

jan,9

1/9/95

january,9,1995

1/9

/fullname:"<Name>"

ユーザー名ではなく、ユーザーの完全な名前を指定します。 名前は二重引用符 () で囲みます。

/homedir: <Path>

ユーザーのホーム ディレクトリのパスを設定します。 パスが存在する必要があります。

/passwordchg:{yes | no}

ユーザーが自分のパスワードを変更できるかどうかを指定します。 既定値は Yes です。

/passwordreq: {yes | no}

ユーザー アカウントはパスワードが必要かどうかを指定します。 既定値は Yes です。

/profilepath: [<Path>]

ユーザーのログオン プロファイルのパスを設定します。 このパスは、レジストリ プロファイルを指します。

/scriptpath: <Path>

ユーザーのログオン スクリプトのパスを設定します。 <Path>絶対パスにすることはできません。 <Path>%systemroot%\system32\repl\import\scripts に対して相対的になります。

/times:{<Day>[<-Day>][,<Day>[-<Day>]],<Time>[-<Time>][,<Time>[-<Time>]][;] | all}

ユーザーは、コンピューターの使用を許可する時間を指定します。 <Time>1 時間刻みに制限されます。 <Day>値、日または使用の省略形 (つまり、M、T、W、Th、F、Sa、Su) の名前をスペルすることができます。 時間を 12 時間制または 24 時間表記を使用できます。 12 時間制を使用する場合は、AM や PM、午前を使用します。 午後 ユーザーは常にログオンできます、値すべてを意味します。 ユーザーがまったくログオンできないこと null 値 (空白) を意味します。 別の日と時刻はコンマ (,) 別の日と時刻はセミコロン (の例では、 M、4 午前 ~ 午後 5 時。T、午後 1 時-午後 3 時)。 時間を指定すると、スペースを使用しないでください。

/usercomment:"<Text>"

管理者できます追加またはアカウントの「ユーザーのコメント」を変更することを指定します。 文字列は二重引用符 () で囲みます。

/workstations: {<ComputerName> [,...] | *}

最大 8 台のワークステーションのユーザーがネットワークにログオンできますを一覧表示します。 リスト内の複数のエントリは、コンマで区切ります。 /Workstations /Workstations にリストがあるない場合、またはリスト (アスタリスク) の場合、ユーザーはどのコンピューターからでもログオンできます。

解説

  • パラメーターを付けずにnet userを使用すると、コンピューター上のユーザー アカウントの一覧が表示されます。 Net ユーザー Net ユーザー を入力することもできます。

  • パスワードは、 net accounts/minpwlenコマンドで設定されている最小パスワードの長さの値を満たす必要があります。 パスワードは最大 127 文字です。

次の使用例は、ローカル コンピューターのすべてのユーザー アカウントの一覧を表示します。



net user

次の使用例は、ユーザー アカウント tommyh についての情報を表示します。



net user tommyh

次の例では、坂本フルネームをあり、jayj、午前 8 時からのログオン権限を持つユーザー アカウントの名前をあるユーザー用のユーザー アカウントを追加します。 午後 5 時まで、月曜日から金曜日まで (時間の指定スペース)、必須のパスワード (Cyk4 ^ g3B)、およびユーザーの完全な名前。



ユーザー jayj Cyk4 net ^ g3B//passwordreq:yes/times:monday 追加-金曜日、午前 8 時 ~ 午後 5 時の/fullname:"Jay Jamison"

次の例では、ログオン時間 (午前 8 に設定します。 午後 5 時まで)24 時間表記を使用して miked 用。



net user miked/time:M-F を 08時 00分-17時 00分

次の例では、ログオン時間 (午前 8 に設定します。 午後 5 時まで)12 時間表記を使用して miked 用。



net user miked/time:M-F、午前 8 時 ~ 午後 5 時

次の使用例午前 4 時の時間帯を指定します。 午後 5 時まで 月曜日、午後 1 時 午後は 3 時まで 火曜日、午前 8 時 午後 5 時まで 水曜日から金曜日までの anibals。



net user anibals/time:M、4 時-午後 5 時。T、午後 1 時-午後 3 時。W F の 8時 00分-17時 00分

コミュニティの追加

追加
表示: