リソース スケジューリングの管理

Exchange 2007
 

適用先: Exchange Server 2007 SP3, Exchange Server 2007 SP2, Exchange Server 2007 SP1, Exchange Server 2007

トピックの最終更新日: 2007-01-31

Microsoft Exchange Server 2007 でのリソース スケジューリングの管理には、会議室、機材、およびスケジューリング リソースの作成と管理が含まれます。

このようなリソース スケジューリングのタスクを Exchange 組織レベルで管理するには、Exchange 管理シェルを使用する必要があります。ユーザー レベルでこれらのタスクを管理するには、Microsoft Outlook Web Access を使用します。

ここでは、リソース スケジューリングにおいて実行される管理タスクについて説明します。また、タスクの実行に役立つトピックへのリンクも示します。これらのタスクは、Exchange 管理シェルを使用して実行することができます。

  • カスタム リソース プロパティを作成または削除する方法
    カスタム リソース プロパティとは、会議室メールボックスまたは備品用メールボックスの機能です。あるカスタム リソース プロパティをそのリソース メールボックスに割り当てることで、対応するリソースが特定の機能を持つことを示すことができます。
    Exchange 管理コンソールを使用してカスタム リソース プロパティを作成することはできません。Exchange 管理シェルで Set-ResourceConfig コマンドレットを使用する必要があります。
  • リソース スケジューリングの応答メッセージをカスタマイズする方法
    自動予約が構成されているリソース メールボックスからは、会議の開催者に対して [承諾][辞退]、または [確認済み] メッセージが返信されます。Exchange 2007 では、これらの応答に含まれるメッセージをカスタマイズすることができます。
    Exchange 管理コンソールを使用して応答メッセージをカスタマイズすることはできません。Exchange  管理シェルで Set-MailboxCalendarSettings コマンドレットを使用する必要があります。
  • リソース予約ポリシーを設定する方法
    リソース メールボックスには、組織でのルールを指定するためのリソース予約ポリシーを設定できます。これらのルールでは、リソースをスケジュールできるユーザー、リソースをスケジュールできる時間、リソースの予定表に表示される会議情報、許可される重複の割合などを指定できます。
    Exchange 管理コンソールを使用して、リソース予約ポリシーを設定することはできません。Exchange  管理シェルで Set-MailboxCalendarSettings コマンドレットを使用する必要があります。
  • スケジューリングの役割のメンバシップを設定する方法
    リソース メールボックスに構成されたリソース予約ポリシーによっては、会議開催者によるリソースのスケジュールが可能かどうかを判断するため、会議出席依頼に特別な処理が必要になる場合があります。たとえば、ポリシーから外れた会議出席依頼を確認し、承認のために代理人に転送される場合があります。リソース メールボックスでは、会議開催者のスケジューリングの役割のメンバシップに基づいて、応答方法が判断されます。
    Exchange 管理コンソールを使用してスケジューリングの役割のメンバシップを設定することはできません。Exchange  管理シェルで Set-MailboxCalendarSettings コマンドレットを使用する必要があります。

リソース メールボックスの管理の詳細については、「リソース メールボックスの管理」を参照してください。

Outlook Web Access を使用してリソース スケジューリングを管理する方法の詳細については、Outlook Web Access ヘルプの「リソースの設定」を参照してください。

Exchange 管理シェルの使用方法については、「Exchange 管理シェルの使用」を参照してください。

参照している情報が最新であることを確認したり、他の Exchange Server 2007 ドキュメントを見つけたりするには、Exchange Server TechCenter を参照してください。
表示: