この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Set-Mailbox

 

適用先:Exchange Online, Exchange Server 2016

トピックの最終更新日:2017-12-11

このコマンドレットは、社内の Exchange Server 2016 とクラウド ベースのサービスとで使用可能です。一部のパラメーターや設定は、いずれかの環境に専用であることがあります。

Set-Mailbox コマンドレットは、既存のメールボックスの設定を変更するために使用します。

以下の構文セクションのパラメーターの詳細については、「Exchange のコマンドレット構文」を参照してください。

Set-Mailbox -Identity <MailboxIdParameter> <COMMON PARAMETERS>

Set-Mailbox -Identity <MailboxIdParameter> <COMMON PARAMETERS>

Set-Mailbox -Identity <MailboxIdParameter> <COMMON PARAMETERS>

Set-Mailbox -Identity <MailboxIdParameter> -RecalculateInactiveMailbox <SwitchParameter> <COMMON PARAMETERS>

Set-Mailbox -Identity <MailboxIdParameter> -RemoveDelayHoldApplied <SwitchParameter> <COMMON PARAMETERS>

Set-Mailbox -Identity <MailboxIdParameter> -RemoveDisabledArchive <SwitchParameter> <COMMON PARAMETERS>

COMMON PARAMETERS: [-AcceptMessagesOnlyFrom <MultiValuedProperty>] [-AcceptMessagesOnlyFromDLMembers <MultiValuedProperty>] [-AcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers <MultiValuedProperty>] [-AccountDisabled <$true | $false>] [-AddressBookPolicy <AddressBookMailboxPolicyIdParameter>] [-Alias <String>] [-AntispamBypassEnabled <$true | $false>] [-ApplyMandatoryProperties <SwitchParameter>] [-Arbitration <SwitchParameter>] [-ArbitrationMailbox <MailboxIdParameter>] [-ArchiveDatabase <DatabaseIdParameter>] [-ArchiveDomain <SmtpDomain>] [-ArchiveName <MultiValuedProperty>] [-ArchiveQuota <Unlimited>] [-ArchiveStatus <None | Active>] [-ArchiveWarningQuota <Unlimited>] [-AttributesToClear <SetMailbox+ClearableADAttributes[]>] [-AuditAdmin <MultiValuedProperty>] [-AuditDelegate <MultiValuedProperty>] [-AuditEnabled <$true | $false>] [-AuditLog <SwitchParameter>] [-AuditLogAgeLimit <EnhancedTimeSpan>] [-AuditOwner <MultiValuedProperty>] [-AuditStorageEndTimeUTC <DateTime>] [-AuditStorageStartTimeUTC <DateTime>] [-AuditStorageState <None | Online | Offline>] [-AuxAuditLog <SwitchParameter>] [-BypassModerationFromSendersOrMembers <MultiValuedProperty>] [-CalendarLoggingQuota <Unlimited>] [-CalendarRepairDisabled <$true | $false>] [-CalendarVersionStoreDisabled <$true | $false>] [-ClientExtensions <$true | $false>] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-CreateDTMFMap <$true | $false>] [-CustomAttribute1 <String>] [-CustomAttribute10 <String>] [-CustomAttribute11 <String>] [-CustomAttribute12 <String>] [-CustomAttribute13 <String>] [-CustomAttribute14 <String>] [-CustomAttribute15 <String>] [-CustomAttribute2 <String>] [-CustomAttribute3 <String>] [-CustomAttribute4 <String>] [-CustomAttribute5 <String>] [-CustomAttribute6 <String>] [-CustomAttribute7 <String>] [-CustomAttribute8 <String>] [-CustomAttribute9 <String>] [-Database <DatabaseIdParameter>] [-DataEncryptionPolicy <DataEncryptionPolicyIdParameter>] [-DefaultPublicFolderMailbox <RecipientIdParameter>] [-DeliverToMailboxAndForward <$true | $false>] [-DisplayName <String>] [-DomainController <Fqdn>] [-DowngradeHighPriorityMessagesEnabled <$true | $false>] [-DumpsterMessagesPerFolderCountReceiveQuota <Int32>] [-DumpsterMessagesPerFolderCountWarningQuota <Int32>] [-ElcProcessingDisabled <$true | $false>] [-EmailAddresses <ProxyAddressCollection>] [-EmailAddressPolicyEnabled <$true | $false>] [-EnableRoomMailboxAccount <$true | $false>] [-EndDateForRetentionHold <DateTime>] [-ExtendedPropertiesCountQuota <Int32>] [-ExtensionCustomAttribute1 <MultiValuedProperty>] [-ExtensionCustomAttribute2 <MultiValuedProperty>] [-ExtensionCustomAttribute3 <MultiValuedProperty>] [-ExtensionCustomAttribute4 <MultiValuedProperty>] [-ExtensionCustomAttribute5 <MultiValuedProperty>] [-ExternalOofOptions <InternalOnly | External>] [-FederatedIdentity <String>] [-FolderHierarchyChildrenCountReceiveQuota <Int32>] [-FolderHierarchyChildrenCountWarningQuota <Int32>] [-FolderHierarchyDepthReceiveQuota <Int32>] [-FolderHierarchyDepthWarningQuota <Int32>] [-FoldersCountReceiveQuota <Int32>] [-FoldersCountWarningQuota <Int32>] [-Force <SwitchParameter>] [-ForwardingAddress <RecipientIdParameter>] [-ForwardingSmtpAddress <ProxyAddress>] [-GMGen <$true | $false>] [-GrantSendOnBehalfTo <MultiValuedProperty>] [-HiddenFromAddressListsEnabled <$true | $false>] [-IgnoreDefaultScope <SwitchParameter>] [-ImListMigrationCompleted <$true | $false>] [-ImmutableId <String>] [-InactiveMailbox <SwitchParameter>] [-IsExcludedFromServingHierarchy <$true | $false>] [-IsHierarchyReady <$true | $false>] [-IsHierarchySyncEnabled <$true | $false>] [-IssueWarningQuota <Unlimited>] [-JournalArchiveAddress <SmtpAddress>] [-Languages <MultiValuedProperty>] [-LinkedCredential <PSCredential>] [-LinkedDomainController <String>] [-LinkedMasterAccount <UserIdParameter>] [-LitigationHoldDate <DateTime>] [-LitigationHoldDuration <Unlimited>] [-LitigationHoldEnabled <$true | $false>] [-LitigationHoldOwner <String>] [-MailboxMessagesPerFolderCountReceiveQuota <Int32>] [-MailboxMessagesPerFolderCountWarningQuota <Int32>] [-MailboxPlan <MailboxPlanIdParameter>] [-MailboxProvisioningConstraint <MailboxProvisioningConstraint>] [-MailboxProvisioningPreferences <MultiValuedProperty>] [-MailboxRegion <String>] [-MailTip <String>] [-MailTipTranslations <MultiValuedProperty>] [-Management <$true | $false>] [-MaxBlockedSenders <Int32>] [-MaxReceiveSize <Unlimited>] [-MaxSafeSenders <Int32>] [-MaxSendSize <Unlimited>] [-MessageCopyForSendOnBehalfEnabled <$true | $false>] [-MessageCopyForSentAsEnabled <$true | $false>] [-MessageTracking <$true | $false>] [-MessageTrackingReadStatusEnabled <$true | $false>] [-MicrosoftOnlineServicesID <SmtpAddress>] [-Migration <$true | $false>] [-ModeratedBy <MultiValuedProperty>] [-ModerationEnabled <$true | $false>] [-Name <String>] [-NewPassword <SecureString>] [-OABGen <$true | $false>] [-OABReplica <$true | $false>] [-Office <String>] [-OfflineAddressBook <OfflineAddressBookIdParameter>] [-OldPassword <SecureString>] [-OMEncryption <$true | $false>] [-OMEncryptionStore <$true | $false>] [-Password <SecureString>] [-PrimarySmtpAddress <SmtpAddress>] [-ProhibitSendQuota <Unlimited>] [-ProhibitSendReceiveQuota <Unlimited>] [-ProvisionedForOfficeGraph <SwitchParameter>] [-PstProvider <$true | $false>] [-PublicFolder <SwitchParameter>] [-QueryBaseDN <OrganizationalUnitIdParameter>] [-RecipientLimits <Unlimited>] [-RecoverableItemsQuota <Unlimited>] [-RecoverableItemsWarningQuota <Unlimited>] [-RejectMessagesFrom <MultiValuedProperty>] [-RejectMessagesFromDLMembers <MultiValuedProperty>] [-RejectMessagesFromSendersOrMembers <MultiValuedProperty>] [-RemoteRecipientType <None | ProvisionMailbox | ProvisionArchive | Migrated | DeprovisionMailbox | DeprovisionArchive | RoomMailbox | EquipmentMailbox | SharedMailbox | TeamMailbox>] [-RemoveManagedFolderAndPolicy <SwitchParameter>] [-RemovePicture <SwitchParameter>] [-RemoveSpokenName <SwitchParameter>] [-RequireSenderAuthenticationEnabled <$true | $false>] [-ResetPasswordOnNextLogon <$true | $false>] [-ResourceCapacity <Int32>] [-ResourceCustom <MultiValuedProperty>] [-RetainDeletedItemsFor <EnhancedTimeSpan>] [-RetainDeletedItemsUntilBackup <$true | $false>] [-RetentionComment <String>] [-RetentionHoldEnabled <$true | $false>] [-RetentionPolicy <MailboxPolicyIdParameter>] [-RetentionUrl <String>] [-RoleAssignmentPolicy <MailboxPolicyIdParameter>] [-RoomMailboxPassword <SecureString>] [-RulesQuota <ByteQuantifiedSize>] [-SamAccountName <String>] [-SCLDeleteEnabled <$true | $false>] [-SCLDeleteThreshold <Int32>] [-SCLJunkEnabled <$true | $false>] [-SCLJunkThreshold <Int32>] [-SCLQuarantineEnabled <$true | $false>] [-SCLQuarantineThreshold <Int32>] [-SCLRejectEnabled <$true | $false>] [-SCLRejectThreshold <Int32>] [-SecondaryAddress <String>] [-SecondaryDialPlan <UMDialPlanIdParameter>] [-SendModerationNotifications <Never | Internal | Always>] [-SharingPolicy <SharingPolicyIdParameter>] [-SiloName <String>] [-SimpleDisplayName <String>] [-SingleItemRecoveryEnabled <$true | $false>] [-SkipDualWrite <SwitchParameter>] [-SkipMailboxProvisioningConstraintValidation <SwitchParameter>] [-StartDateForRetentionHold <DateTime>] [-StsRefreshTokensValidFrom <DateTime>] [-SystemMessageSizeShutoffQuota <Int64>] [-SystemMessageSizeWarningQuota <Int64>] [-ThrottlingPolicy <ThrottlingPolicyIdParameter>] [-Type <Regular | Room | Equipment | Shared>] [-UMDataStorage <$true | $false>] [-UMDtmfMap <MultiValuedProperty>] [-UMGrammar <$true | $false>] [-UseDatabaseQuotaDefaults <$true | $false>] [-UseDatabaseRetentionDefaults <$true | $false>] [-UserCertificate <MultiValuedProperty>] [-UserPrincipalName <String>] [-UserSMimeCertificate <MultiValuedProperty>] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [-WindowsEmailAddress <SmtpAddress>] [-WindowsLiveID <SmtpAddress>]

この例では、John Woods の電子メール メッセージを John のメールボックスに配信し、Manuel Oliveira (manuel@contoso.com) のメールボックスにも転送しています。

Set-Mailbox -Identity "John Woods" -DeliverToMailboxAndForward $true -ForwardingSMTPAddress manuel@contoso.com

この例では、Get-Mailbox コマンドレットを使用してマーケティング組織単位内のすべてのメールボックスを検索し、Set-Mailbox コマンドレットを使用してこれらのメールボックスを構成しています。カスタム警告、送信禁止、および送受信禁止の各制限は、それぞれ 200 MB (メガバイト)、250 MB、280 MB に設定され、メールボックス データベースの既定の制限は無視されます。

Get-Mailbox -OrganizationalUnit "Marketing" | Set-Mailbox -UseDatabaseQuotaDefaults $false -IssueWarningQuota 200MB -ProhibitSendQuota 250MB -ProhibitSendReceiveQuota 280MB

この例では、Get-User コマンドを使用して顧客サービス部門のすべてのユーザーを検索した後、Set-Mailbox コマンドを使用して、メッセージを送信できる最大メッセージ サイズを 2 MB に変更しています。

Get-User -Filter "Department -eq 'Customer Service'" | Set-Mailbox -MaxSendSize 2MB

この例では、メールヒント翻訳をフランス語と中国語で設定しています。

Set-Mailbox John@contoso.com -MailTipTranslations ("FR: C'est la langue française", "CHT: 這是漢語語言")

この例では、オンプレミスの Exchange において Florence Flipo のメールボックスのパスワードをリセットします。次回彼女がメールボックスにサインインするときに、パスワードを変更するように要求されます。

$password = Read-Host "Enter password" -AsSecureString
Set-Mailbox florencef -Password $password -ResetPasswordOnNextLogon $true

この例では、SystemMailbox{bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c} という名前の調停メールボックスから削除したメッセージ追跡の組織機能を、SystemMailbox{1f05a927-b864-48a7-984d-95b1adfbfe2d} という名前の調停メールボックスに割り当てます。

Set-Mailbox -Arbitration -Identity "SystemMailbox{bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c}" -MessageTracking $false
Set-Mailbox -Arbitration -Identity "SystemMailbox{1f05a927-b864-48a7-984d-95b1adfbfe2d}" -MessageTracking $true

このコマンドレットは、一度に 1 つのメールボックスに対してのみ使用できます。一括管理を実行するには、さまざまな Get- コマンドレット (たとえば、Get-Mailbox コマンドレットや Get-User コマンドレット) の出力をパイプライン処理し、複数のメールボックスを 1 行のコマンドで構成できます。また、スクリプトで Set-Mailbox コマンドレットを使用することもできます。

このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが示されていますが、割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「受信者のアクセス許可」の「受信者プロビジョニングのアクセス許可」。

 

パラメーター 必須 種類 説明

Identity

必須

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.MailboxIdParameter

Identity パラメーターは、変更するメールボックスを指定します。メールボックスを一意に識別する任意の値を使用できます。

以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • <domain name>\<account name>

  • 電子メール アドレス

  • GUID

  • LegacyExchangeDN

  • SamAccountName

  • ユーザー ID またはユーザー プリンシパル名 (UPN)

RecalculateInactiveMailbox

必須

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

RecalculateInactiveMailboxスイッチでは、非アクティブなメールボックスの保留状態を再計算するかどうかを指定します。このスイッチを使用して値を指定する必要はありません。

非アクティブなメールボックスとは、回復可能な方法で削除される前の訴訟ホールドまたはインプレース ホールド状態にあるメールボックスのことです。

InactiveMailboxスイッチおよびパラメーターを使って、 Identity ( DistinguishedNameまたはExchangeGuidプロパティの値) でのソフトの削除につながる可能性があります、非アクティブなメールボックスの保留状態の再計算を強制的にこのスイッチを使用する、メールボックス、メールボックスのすべてを保持する場合は、期限が切れています。

RemoveDelayHoldApplied

必須

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

RemoveDelayHoldApplied スイッチは、メールボックスからの遅延を保持を削除するかどうかを指定します。このスイッチを使用して値を指定する必要はありません。

メールボックスからの保留中の削除は、保留中の不要になった影響を受けるコンテンツの偶発的な削除を防ぐために一時的に遅延します。この一時的な遅延を保留中の削除では、遅延の保持と呼ばれます。メールボックスでは、保留中の履歴を参照してください、名前、電子メール アドレス、または、メールボックスのエイリアスを持つ<MailboxIdentity>を交換し、このコマンドを実行: Export-MailboxDiagnosticLogs -Identity <MailboxIdentity> -ComponentName HoldTracking

RemoveDisabledArchive

必須

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

RemoveDisabledArchive スイッチは、メールボックスに関連付けられている無効なアーカイブを削除するかどうかを指定します。このスイッチを使用して値を指定する必要はありません。

AcceptMessagesOnlyFrom

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

AcceptMessagesOnlyFrom パラメーターは、この受信者に対するメッセージの送信が許可されるユーザーを指定します。他の送信者からのメッセージは拒否されます。

このパラメーターの有効な値は、組織内の個々の送信者 (メールボックス、メール ユーザー、およびメール連絡先) です。送信者を一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数の送信者をコンマで区切って入力できます。既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します: <sender1>,<senter2>...。値にスペースを含める、または引用符を必要とする場合は、次の構文を使用します: "<sender1>","<sender2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに送信者を追加または削除するには、次の構文を使用します: @{Add="<sender1>","<sender2>"...; Remove="<sender1>","<sender2>"...}

このパラメーターに指定する送信者は、AcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers プロパティに自動的にコピーされます。したがって、同じコマンドで AcceptMessagesOnlyFromAcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers の両方のパラメーターを使用することはできません。

既定では、このパラメーターは空白 ($null) です。これは、この受信者がすべての送信者からメッセージを受信できるようにします。

AcceptMessagesOnlyFromDLMembers

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

AcceptMessagesOnlyFromDLMembers パラメーターは、この受信者に対するメッセージの送信が許可されるユーザーを指定します。他の送信者からのメッセージは拒否されます。

このパラメーターの有効な値は、組織内のグループ (配布グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、および動的配布グループ) です。グループを指定することは、この受信者に対するメッセージの送信が、そのグループのメンバー全員に許可されることを意味します。グループを一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数のグループをコンマで区切って入力できます。既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します: <group1>,<group2>...。値にスペースを含める、または引用符を必要とする場合は、次の構文を使用します: "<group1>","<group2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずにグループを追加または削除するには、次の構文を使用します: @{Add="<group1>","<group2>"...; Remove="<group1>","<group2>"...}

このパラメーターに指定するグループは、AcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers プロパティに自動的にコピーされます。したがって、同じコマンドで AcceptMessagesOnlyFromDLMembersAcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers の両方のパラメーターを使用することはできません。

既定では、このパラメーターは空白 ($null) です。これは、この受信者がすべてのグループからメッセージを受信できるようにします。

AcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

AcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers パラメーターは、この受信者に対するメッセージの送信が許可されるユーザーを指定します。他の送信者からのメッセージは拒否されます。

このパラメーターの有効な値は、個々の送信者および組織内のグループです。個々の送信者は、メールボックス、メール ユーザー、およびメール連絡先です。グループは、配布グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、および動的配布グループです。グループを指定することは、この受信者に対するメッセージの送信が、そのグループのメンバー全員に許可されることを意味します。

このパラメーターに送信者を指定するために、その送信者を一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数の送信者をコンマで区切って入力できます。既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します: <sender1>,<senter2>...。値にスペースを含める、または引用符を必要とする場合は、次の構文を使用します: "<sender1>","<sender2>"...

他の既存のエントリに影響を及ぼさずに個々の送信者またはグループを追加または削除するには、AcceptMessagesOnlyFrom パラメーターと AcceptMessageOnlyFromDLMembers パラメーターを使用します。

このパラメーターに指定した個々の送信者とグループは、AcceptMessagesOnlyFrom プロパティと AcceptMessagesOnlyFromDLMembers プロパティにそれぞれ自動的にコピーされます。このため、同じコマンドで AcceptMessagesOnlyFromSendersOrMembers パラメーターと、AcceptMessagesOnlyFrom パラメーターまたは AcceptMessagesOnlyFromDLMembers パラメーターを使用することはできません。

既定では、このパラメーターは空白 ($null) です。これは、この受信者がすべての送信者からメッセージを受信できるようにします。

AccountDisabled

省略可能

System.Boolean

AccountDisabledスイッチは、メールボックスに関連付けられているアカウントを無効にするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true  関連付けられているアカウントが無効になります。ユーザーは、メールボックスにログインできません。

  • $false  関連付けられているアカウントが有効になります。ユーザーは、メールボックスにログインできます。

AddressBookPolicy

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.AddressBookMailboxPolicyIdParameter

AddressBookPolicy パラメーターは、メールボックスに適用されるアドレス帳ポリシーを指定します。アドレス帳ポリシーを一意に識別する任意の値を使用できます。たとえば、次のように入力します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

アドレス帳ポリシーの詳細については、「Exchange 2016 のアドレス帳ポリシー」を参照してください。

Alias

省略可能

System.String

Alias パラメーターは、受信者の Exchange エイリアス (メール ニックネームとも呼ばれる) を指定します。この値は、受信者を、メールが有効なオブジェクトとして識別します。同じ受信者の複数の電子メール アドレス (プロキシ アドレスとも呼ばれる) と混同しないようにしてください。受信者は Alias 値を 1 つだけ持つことができます。

Alias の値には、文字、数字、!、#、$、%、&、'、*、+、-、/、=、?、^、_、`、{、|、}、~ 記号を含めることができます。ピリオド (.) を使えますが、各ピリオドをその他の正しい文字で囲む必要があります (たとえば、help.desk)。U+00A1 から U+00FF までの Unicode 文字も使えます。Alias 値の最大長は 64 文字です。

電子メール アドレスを指定せずに受信者を作成した場合、指定した Alias の値がプライマリ電子メール アドレス (<alias>@<domain>) の生成に使用されます。サポートされている Unicode 文字は、最も適した US-ASCII テキスト文字にマッピングされます。たとえば、U+00F6 (ö) はプライマリ電子メール アドレスで oe に変更されます。

受信者の作成時に Alias パラメーターを使用しない場合、次のように別の必須パラメーターの値が Alias プロパティの値として使用されます。

  • ユーザー アカウントのある受信者 (たとえば、ユーザー メールボックスやメール ユーザー) MicrosoftOnlineServicesID パラメーターまたは UserPrincipalName パラメーターの左側が使用されます。たとえば、helpdesk@contoso.comAlias プロパティの値 helpdesk になります。

  • ユーザー アカウントのない受信者 (たとえば、会議室メールボックス、メール連絡先、配布グループ) Name パラメーターの値が使用されます。スペースは削除されます。サポートされていない文字は疑問符 (?) に変換されます。

既存の受信者の Alias の値を変更した場合、プライマリ電子メール アドレスは、受信者が電子メール アドレス ポリシーに従う必要がある (受信者に対して EmailAddressPolicyEnabled プロパティが True になっている) オンプレミス環境でのみ自動的に更新されます。

noteメモ:
Alias パラメーターは、メール連絡先またはメール ユーザーのプライマリ電子メール アドレスを生成したり更新したりすることはありません。

AntispamBypassEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

AntispamBypassEnabled パラメーターは、メールボックスのスパム対策処理をスキップするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   メールボックスのスパム対策処理がスキップされます。

  • $false   メールボックスのスパム対策処理が実行されます。これが既定値です。

ApplyMandatoryProperties

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

ApplyMandatoryProperties スイッチは、メールボックスの msExchVersion 属性を更新するかどうかを指定します。このスイッチは、アクセスできないメールボックスや以前のバージョンの Exchange で作成されたメールボックスを修復する必要がある場合に使用します。このスイッチで値を指定する必要はありません。

Arbitration

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

Arbitration パラメーターは、コマンド実行対象のメールボックスを調停メールボックスとして指定します。調停メールボックスは、承認ワークフローの管理に使用されます。調停メールボックスの使用例は、たとえばモデレートされた受信者および配布グループのメンバーシップ承認の処理などです。

ArbitrationMailbox

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.MailboxIdParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ArbitrationMailbox パラメーターは、この受信者のモデレート処理を管理するために使用される調停メールボックスを指定します。調停メールボックスを一意に識別する任意の値を使用できます。

以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • <domain name>\<account name>

  • 電子メール アドレス

  • GUID

  • LegacyExchangeDN

  • SamAccountName

  • ユーザー ID またはユーザー プリンシパル名 (UPN)

ArchiveDatabase

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.DatabaseIdParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ArchiveDatabase パラメーターは、このメールボックスに関連付けられたアーカイブを含む Exchange データベースを指定します。データベースを一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

ArchiveDomain

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.SmtpDomain

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ArchiveDomain パラメーターは、このメールボックスに関連付けられたアーカイブが存在するクラウドベースのサービス内のドメインを指定します。たとえば、ユーザーの SMTP 電子メール アドレスが tony@contoso.com の場合、SMTP ドメインは archive.contoso.com の可能性があります。

noteメモ:
このパラメーターは、アーカイブがそのクラウドベースのサービスでホストされている場合にのみ使用します。

ArchiveName

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ArchiveName パラメーターは、アーカイブ メールボックスの名前を指定します。この名前は、Outlook と Outlook Web App でユーザーに表示される名前です。

このパラメーターを使用しない場合、既定値は In-Place Archive - <Mailbox User's Display Name> です。

ArchiveQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ArchiveQuota パラメーターは、ユーザーのアーカイブ メールボックスの最大サイズを指定します。アーカイブ メールボックスがこのサイズに達するか、またはこのサイズを超えた場合、このメールボックスではメッセージを受け付けなくなります。

有効値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値、または値 unlimited です。数値を入力するときは、次の単位のいずれかを数値に付加できます。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

ArchiveQuota 値は ArchiveWarningQuota の値以上でなければなりません。

ArchiveStatus

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.Recipient.ArchiveStatusFlags

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

ArchiveWarningQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ArchiveWarningQuota パラメーターは、ユーザーのアーカイブ メールボックスのサイズに対する警告しきい値を指定します。アーカイブ メールボックスがこのサイズに達するか、またはこのサイズを超えた場合、ユーザーは詳細を説明する警告メッセージを受け取ります。

有効値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値、または値 unlimited です。数値を入力するときは、次の単位のいずれかを数値に付加できます。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

ArchiveWarningQuota 値は ArchiveQuota 以下の値を指定する必要があります。

AttributesToClear

省略可能

Microsoft.Exchange.Management.RecipientTasks.SetMailbox+ClearableADAttributes[]

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

AuditAdmin

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

AuditAdmin パラメーターは、メールボックス監査ログの一部として記録する管理者のメールボックス操作を指定します。有効な値は次のとおりです。

  • None

  • Copy

  • Create

  • FolderBind

  • HardDelete

  • MessageBind

  • Move

  • MoveToDeletedItems

  • SendAs

  • SendOnBehalf

  • SoftDelete

  • Update

  • UpdateFolderPermissions(クラウド ベースのサービスのみ)

既定値、 UpdateMoveMoveToDeletedItemsSoftDeleteHardDeleteFolderBindSendAsSendOnBehalfCreate、およびUpdateFolderPermissionsでは、管理者によって実行されるアクションが記録されます。

複数の値を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します。<value1>,<value2>...。値にスペースが含まれるか引用符が必要である場合は、次の構文を使用する必要があります。"<value1>","<value2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の値を追加または削除するには、次の構文を使用します。@{Add="<value1>","<value2>"...; Remove="<value1>","<value2>"...}.

noteメモ:
メールボックス監査ログを有効にするには、AuditEnabled パラメーターを $true に設定する必要があります。

AuditDelegate

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

AuditDelegate パラメーターは、メールボックス監査ログの一部として記録する代理ユーザーのメールボックス操作を指定します。有効な値は次のとおりです。

  • None

  • Create

  • FolderBind

  • HardDelete

  • Move

  • MoveToDeletedItems

  • SendAs

  • SendOnBehalf

  • SoftDelete

  • Update

  • UpdateFolderPermissions(クラウド ベースのサービスのみ)

既定値、 UpdateSoftDelete、代理人によって実行されるHardDeleteSendAsCreate、およびUpdateFolderPermissionsのアクションが記録されます。

複数の値を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します。<value1>,<value2>...。値にスペースが含まれるか引用符が必要である場合は、次の構文を使用する必要があります。"<value1>","<value2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の値を追加または削除するには、次の構文を使用します。@{Add="<value1>","<value2>"...; Remove="<value1>","<value2>"...}.

noteメモ:
メールボックス監査ログを有効にするには、AuditEnabled パラメーターを $true に設定する必要があります。

AuditEnabled

省略可能

System.Boolean

AuditEnabled パラメーターは、メールボックスのメールボックス監査ログを有効にするか無効にするかを指定します。監査が有効な場合、AuditAdminAuditDelegate、および AuditOwner パラメーターで指定した操作はログに記録されます。有効な値は次のとおりです。

  • $true   メールボックス監査ログを有効にします。

  • $false   メールボックス監査ログを無効にします。これは既定の値です。

AuditLog

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

AuditLogAgeLimit

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.EnhancedTimeSpan

AuditLogAgeLimit パラメーターは、メールボックスの監査ログ エントリの最大保存期間を指定します。指定の値より古いログ エントリは削除されます。既定値は 90 日です。

値を指定するには、dd.hh:mm:ss の形式で期間として入力します。ここで、dd = 日、hh = 時間、mm = 分、ss = 秒です。

たとえば、このパラメーターに 60 日間を指定するには、「60.00:00:00」と入力します。このパラメーターの値を 00:00:00 に設定すると、メールボックスのすべての監査ログ エントリが削除されます。管理フォルダー アシスタントが次回メールボックスを処理するときにエントリが削除されます (Start-ManagedFolderAssistant コマンドレットを自動実行することも、手動で実行することもできます)。

AuditOwner

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

AuditOwner パラメーターは、メールボックス監査ログの一部として記録するメールボックス所有者のメールボックス操作を指定します。有効な値は次のとおりです。

  • None

  • Create

  • HardDelete

  • MailboxLogin

  • Move

  • MoveToDeletedItems

  • SoftDelete

  • Update

  • UpdateFolderPermissions(クラウド ベースのサービスのみ)

設置型のExchange、所有者のメールボックスへのアクセスされていない既定で記録されます。クラウド ベースのサービスでは、既定で所有者によって実行されるUpdateFolderPermissionsの操作だけが記録されます。

複数の値を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します。<value1>,<value2>...。値にスペースが含まれるか引用符が必要である場合は、次の構文を使用する必要があります。"<value1>","<value2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の値を追加または削除するには、次の構文を使用します。@{Add="<value1>","<value2>"...; Remove="<value1>","<value2>"...}.

noteメモ:
メールボックス監査ログを有効にするには、AuditEnabled パラメーターを $true に設定する必要があります。

AuditStorageEndTimeUTC

省略可能

System.DateTime

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

AuditStorageStartTimeUTC

省略可能

System.DateTime

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

AuditStorageState

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.Recipient.AuditStorageState

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

AuxAuditLog

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

BypassModerationFromSendersOrMembers

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

BypassModerationFromSendersOrMembers パラメーターは、モデレーターの承認なしでこのモデレート受信者に対するメッセージの送信が許可されるユーザーを指定します。このパラメーターの有効な値は、個々の送信者および組織内のグループです。グループを指定することは、そのグループのメンバー全員に、モデレーターの承認なしでこの受信者にメッセージを送信することが許可されることを意味します。

このパラメーターに送信者を指定するために、その送信者を一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数の送信者を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します: <sender1>,<sender2>...。値にスペースを含める、または引用符を必要とする場合は、次の構文を使用します: "<sender1>","<sender2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の送信者を追加または削除するには、次の構文を使用します: @{Add="<sender1>","<sender2>"...; Remove="<sender3>","<sender4>"...}

このパラメーターは、受信者に対してモデレートが有効になっている場合にのみ意味があります。このパラメーターは、既定では空白 ($null) です。つまり、指定されたモデレーター以外の送信者すべてのメッセージがモデレートされます。モデレーターがこの受信者にメッセージを送信しても、そのメッセージはモデレートされません。つまり、そのモデレーターを含めるためにこのパラメーターを使用する必要はありません。

CalendarLoggingQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

CalendarLoggingQuota パラメーターは、予定表アイテムの変更を保存するメールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーにあるログの最大サイズを指定します。ログがこのサイズを超えると、メッセージ レコード管理 (MRM) が前の予定表ログを削除して空きスペースを増やすまで、予定表のログは無効になります。

有効な値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値か、値 unlimited です。既定値は 6 ギガバイト (6442450944 バイト) です。

値を入力するときは、値に以下の単位のいずれかを付加した形式で記述します。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

このパラメーターの値は、RecoverableItemsQuota パラメーターの値以下である必要があります。

UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターが値 $true に設定されている場合は、このパラメーターの値が無視され、メールボックスでメールボックス データベース上の CalendarLoggingQuota 値が使用されます。このパラメーターを使用してメールボックスに特定のクォータ値を強制するには、UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターを値 $false に設定する必要があります。

CalendarRepairDisabled

省略可能

System.Boolean

CalendarRepairDisabled パラメーターは、メールボックス内の予定表アイテムを予定表修復アシスタントで修復できないようにするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   予定表修復アシスタントはメールボックス内の予定表アイテムを修復しません。

  • $false   予定表修復アシスタントはメールボックス内の予定表アイテムを修復します。これは既定の値です。

CalendarVersionStoreDisabled

省略可能

System.Boolean

CalendarVersionStoreDisabled パラメーターは、メールボックス内の予定表変更を記録しないようにするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   予定表アイテムに対する変更が記録されません。

  • $false   予定表アイテムに対する変更が記録されます。この場合は、古いバージョンの会議と予定が保持されます。これは既定の値です。

ClientExtensions

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ClientExtensions パラメーターは、組織全体のクライアント拡張機能 (Outlook 用アプリとも呼ばれる) が調停メールボックス (組織メールボックスとも呼ばれる) にインストールされるかどうかを指定します。クライアント拡張機能を保存するように構成できるのは組織内の 1 つの調停メールボックスだけです。このパラメーターは調停メールボックスに対してしか使用できません。

有効な値は $true または $false です。

Confirm

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

Confirm スイッチは、確認プロンプトを表示するか非表示にするかを指定します。このスイッチがコマンドレットにどのような影響を与えるかは、先に進む前にコマンドレットで確認が必要となるかどうかで決まります。

  • データを破壊するコマンドレット (たとえば、Remove-* コマンドレット) には、先に進む前にユーザーにそのコマンドの確認を強制する組み込みの一時停止があります。これらのコマンドレットでは、この構文 (-Confirm:$false) 正しくを使用すると確認のメッセージを省略できます。

  • 他のほとんどのコマンドレット (たとえば、New-*Set-* コマンドレット) には、組み込みの一時停止はありません。これらのコマンドレットの場合、値なしで Confirm スイッチを指定すると、先に進む前に、一時停止してコマンドを確認する必要があります。

CreateDTMFMap

省略可能

System.Boolean

CreateDTMFMap パラメーターは、受信者に対してデュアルトーン多重周波数 (DTMF) マップを作成するかどうかを指定します。この指定により、ユニファイド メッセージング (UM) 環境で電話のキーパッドを使用して受信者を識別できます。有効な値は次のとおりです。

  • $true 受信者に対して DTMF マップが作成されます。これが既定値です。

  • $false 受信者に対して DTMF マップは作成されません。

CustomAttribute1

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute10

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute11

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute12

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute13

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute14

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute15

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute2

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute3

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute4

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute5

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute6

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute7

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute8

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

CustomAttribute9

省略可能

System.String

CustomAttribute1CustomAttribute15 のパラメーターは、カスタム属性を指定します。これらの属性を使用して、追加情報を格納できます。

Database

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.DatabaseIdParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

Database パラメーターは、メールボックスを格納するメールボックス データベースを指定します。データベースを一意に識別する任意の値を使用できます。たとえば、次のように入力します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

使用可能なメールボックス データベースを確認するには、Get-MailboxDatabase コマンドレットを使用します。

DataEncryptionPolicy

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.DataEncryptionPolicyIdParameter

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

DataEncryptionPolicy パラメーターは、メールボックスに適用されているデータの暗号化ポリシーを指定します。ポリシーを一意に識別する任意の値を使用することができます。例えば:

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

使用可能なポリシーを表示するのには、 Get-DataEncryptionPolicyコマンドレットを使用することができます。

DefaultPublicFolderMailbox

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.RecipientIdParameter

DefaultPublicFolderMailbox パラメーターは、特定のパブリック フォルダー メールボックスをユーザーに割り当てます。既定では、ユーザーが使用するパブリック フォルダー メールボックスは、すべてのパブリック フォルダー メールボックス間でユーザーを負荷分散するアルゴリズムによって自動的に選択されます。

DeliverToMailboxAndForward

省略可能

System.Boolean

DeliverToMailboxAndForward パラメーターは、転送先アドレスが ForwardingAddress または ForwardingSmtpAddress パラメーターで指定されている場合のメッセージ配信動作を指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   メッセージは、このメールボックスに配信されてから、指定された受信者または電子メール アドレスに転送されます。

  • $false   転送先の受信者または電子メール アドレスが構成されている場合は、メッセージが、指定された受信者または電子メール アドレスにのみ配信され、このメールボックスには配信されません。転送先の受信者または電子メール アドレスが構成されていない場合は、メッセージがこのメールボックスにのみ配信されます。

既定値は $false です。転送先の受信者または電子メール アドレスが構成されている場合にのみ、このパラメーターの値が意味を持ちます。

DisplayName

省略可能

System.String

DisplayName パラメーターは、メールボックスの表示名を指定します。この表示名が Exchange 管理センター、アドレス一覧、および Outlook に表示されます。最大の長さは 256 文字です。値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

DomainController

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Fqdn

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

DomainController パラメーターでは、このコマンドレットが Active Directory との間でデータの読み書きをするために使用するドメイン コントローラーを指定します。ドメイン コントローラーは、完全修飾ドメイン名 (FQDN) で識別します。たとえば、dc01.contoso.com などです。

DowngradeHighPriorityMessagesEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

DowngradeHighPriorityMessagesEnabled パラメーターは、メールボックスが優先度の高いメッセージを X.400 メール システムに送信しないようにするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   X.400 受信者に送信された優先度の高いメッセージが通常の優先度に変更されます。

  • $false   X.400 受信者に設定された優先度の高いメッセージが高い優先度のままになります。これは既定の値です。

DumpsterMessagesPerFolderCountReceiveQuota

省略可能

System.Int32

DumpsterMessagesPerFolderCountReceiveQuota パラメーターは、回復可能なアイテム フォルダー (Exchange の以前のバージョンでは 削除済みアイテム収集機能 と呼ばれていた) の各フォルダー内に保存可能なメッセージの最大数を指定します。フォルダーがこの制限を超えると、新しいメッセージを保存できなくなります。たとえば、回復可能なアイテム フォルダーの削除フォルダーがメッセージの最大数を超えた場合、メールボックスの所有者がメールボックスからアイテムを完全に削除しようとしても、削除は失敗します。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List DumpsterMessagesPerFolderCountReceiveQuota を実行します。

DumpsterMessagesPerFolderCountWarningQuota

省略可能

System.Int32

DumpsterMessagesPerFolderCountWarningQuota パラメーターは、Exchange が警告メッセージをメールボックスの所有者へ送信してアプリケーション イベント ログにイベントを記録する前に、回復可能なアイテム フォルダー (Exchange の以前のバージョンでは 削除済みアイテム収集機能 と呼ばれていた) の各フォルダーが保持できるメッセージ数を指定します。このクォータの制限に達すると、警告メッセージとイベントのログ出力が毎日 1 回発生します。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List DumpsterMessagesPerFolderCountWarningQuota を実行します。

ElcProcessingDisabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

ElcProcessingDisabled パラメーターは、管理フォルダー アシスタントを防ぐため、メールボックスを処理するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true  管理フォルダー アシスタントが許可されていないメールボックスを処理します。メールボックスを有効になっているロックを保持する保持ポリシーが適用されている場合この設定は無視されることに注意してください。

  • $false  管理フォルダー アシスタントはメールボックスの処理を許可します。これは、既定値です。

EmailAddresses

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.ProxyAddressCollection

EmailAddresses パラメーターは、受信者のプライマリ SMTP アドレスなどのすべての電子メール アドレス (プロキシ アドレス) を指定します。オンプレミスの Exchange 組織、プライマリ SMTP アドレス、およびその他のプロキシ アドレスは、通常電子メール アドレス ポリシーによって設定されます。ただし、このパラメーターを使用して、受信者の他のプロキシ アドレスを構成することができます。詳細については、「2016 の Exchange の電子メール アドレス ポリシー」を参照してください。

このパラメーターの有効な構文は <Type>:<emailaddress1>,<Type>:<emailaddress2>... です。省略可能な <Type> の値は、電子メール アドレスの種類を指定します。有効な値の例をいくつか次に示します。

  • SMTP プライマリ SMTP アドレス。この値はコマンドで 1 回だけ使用できます。

  • smtp その他の SMTP メール アドレス。

  • X400 オンプレミスの Exchange 内の X.400 アドレス。

  • X500 オンプレミスの Exchange 内の X.500 アドレス。

電子メール アドレスに <Type> 値を含めない場合は、値 smtp と見なされます。Exchange ではカスタム アドレスの種類 (X.400 アドレスなど) の構文は検証されないことに注意してください。このため、カスタム アドレスの形式が正しいことを確認する必要があります。

プライマリ SMTP 電子メール アドレスを指定するには、以下の方法のいずれかを使用できます。

  • <Type>SMTP をアドレスに対して使用します。

  • <Type> 値を使用しない場合、または smtp の複数の <Type> 値を使用する場合の最初の電子メール アドレス。

  • 使用可能な場合、PrimarySmtpAddress パラメーターを代わりに使用します。EmailAddresses パラメーターと PrimarySmtpAddress パラメーターを同じコマンド内で使用することはできません。

すべての既存のプロキシ電子メール アドレスを、指定する値に置き換えるには、次の構文を使用します: "<Type>:<emailaddress1>","<Type>:<emailaddress2>"...

その他の既存の値に影響を与えずに指定のプロキシ アドレスを追加または削除するには、次の構文を使用します: @{Add="<Type>:<emailaddress1>","<Type>:<emailaddress2>"...; Remove="<Type>:<emailaddress2>","<Type>:<emailaddress2>"...}

EmailAddressPolicyEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

EmailAddressPolicyEnabled パラメーターは、この受信者に対して電子メール アドレス ポリシーを適用するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   電子メール アドレス ポリシーがこの受信者に適用されます。これが既定値です。

  • $false   この受信者に対して電子メール アドレス ポリシーは適用されません。

EnableRoomMailboxAccount

省略可能

System.Boolean

EnableRoomMailboxAccount パラメーターは、この会議室メールボックスに関連付けられた無効になっているユーザー アカウントを有効にするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   会議室メールボックスに関連付けられている無効なアカウントが有効になります。この値と共に RoomMailboxPassword も使用する必要があります。これにより、このアカウントで会議室メールボックスにログオンできるようになります。

  • $false   会議室メールボックスに関連付けられているアカウントが無効になります。このアカウントを使用して会議室メールボックスにログオンできません。これは既定の値です。

このパラメーターは Room スイッチと一緒に使用する必要があります。

通常は、会議室メールボックスに関連付けられたアカウントが無効になっています。ただし、Lync Room System や Skype for Business Room System などの機能では、アカウントを有効にする必要があります。

Exchange Online では、関連付けられている有効なアカウントを持つ会議室メールボックスにライセンスは必要ありません。

important重要:
オンプレミスの Exchange 組織では、Windows PowerShell で Enable-ADAccount コマンドレットを実行することによって、Active Directory ユーザーおよびコンピューターの対応するユーザー アカウントも有効にする必要があります。

EndDateForRetentionHold

省略可能

System.DateTime

EndDateForRetentionHold パラメーターは、メッセージング レコード管理 (MRM) のアイテム保持ホールドの終了日を指定します。このパラメーターを使用するには、RetentionHoldEnabled パラメーターを値 $true に設定する必要があります。

コマンドを実行しているコンピューターの [地域のオプション] 設定で定義されている短い日付形式を使用します。たとえば、短い日付形式 mm/dd/yyyy を使用するようにコンピューターが構成されている場合は、「09/01/2015」と入力して 2015 年 9 月 1 日を指定します。日付のみを入力したり、日付と時刻を入力したりすることができます。日付と時刻を入力する場合は、値を引用符 (”) で囲む必要があります (例: "09/01/2015 5:00 PM")。

ExtendedPropertiesCountQuota

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ExtendedPropertiesCountQuota プロパティは、メールボックスの Named Properties クォータと NonMAPI Named Properties クォータを構成するために使用します。これは、QuotaExceededException または MapiExceptionNamedPropsQuotaExceeded エラーが発生した場合にのみ実行する必要があります。

ExtensionCustomAttribute1

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ExtensionCustomAttribute1-5 パラメーターは、追加情報を格納するカスタム属性を指定します。これらのパラメーターに複数の値を指定するには、値をカンマで区切ります。各 ExtensionCustomAttribute パラメーターは、最大 1,300 の値を保持できます。

カスタム属性について詳しくは、「カスタム属性」をご覧ください。

複数値プロパティの使用方法について詳しくは、「複数値プロパティの変更」をご覧ください。

ExtensionCustomAttribute2

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ExtensionCustomAttribute1-5 パラメーターは、追加情報を格納するカスタム属性を指定します。これらのパラメーターに複数の値を指定するには、値をカンマで区切ります。各 ExtensionCustomAttribute パラメーターは、最大 1,300 の値を保持できます。

カスタム属性について詳しくは、「カスタム属性」をご覧ください。

複数値プロパティの使用方法について詳しくは、「複数値プロパティの変更」をご覧ください。

ExtensionCustomAttribute3

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ExtensionCustomAttribute1-5 パラメーターは、追加情報を格納するカスタム属性を指定します。これらのパラメーターに複数の値を指定するには、値をカンマで区切ります。各 ExtensionCustomAttribute パラメーターは、最大 1,300 の値を保持できます。

カスタム属性について詳しくは、「カスタム属性」をご覧ください。

複数値プロパティの使用方法について詳しくは、「複数値プロパティの変更」をご覧ください。

ExtensionCustomAttribute4

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ExtensionCustomAttribute1-5 パラメーターは、追加情報を格納するカスタム属性を指定します。これらのパラメーターに複数の値を指定するには、値をカンマで区切ります。各 ExtensionCustomAttribute パラメーターは、最大 1,300 の値を保持できます。

カスタム属性について詳しくは、「カスタム属性」をご覧ください。

複数値プロパティの使用方法について詳しくは、「複数値プロパティの変更」をご覧ください。

ExtensionCustomAttribute5

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ExtensionCustomAttribute1-5 パラメーターは、追加情報を格納するカスタム属性を指定します。これらのパラメーターに複数の値を指定するには、値をカンマで区切ります。各 ExtensionCustomAttribute パラメーターは、最大 1,300 の値を保持できます。

カスタム属性について詳しくは、「カスタム属性」をご覧ください。

複数値プロパティの使用方法について詳しくは、「複数値プロパティの変更」をご覧ください。

ExternalOofOptions

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.Recipient.ExternalOofOptions

ExternalOofOptions パラメーターは、メールボックスに使用可能な不在時 (OOF とも呼ばれる) メッセージ オプションを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • External    OOF メッセージを外部の送信者用に構成できます。これは既定の値です。

  • InternalOnly    OFF メッセージは内部の送信者用にしか構成できません。

FederatedIdentity

省略可能

System.String

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

FolderHierarchyChildrenCountReceiveQuota

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

FolderHierarchyChildrenCountReceiveQuota パラメーターは、メールボックス フォルダー内に作成できるサブフォルダーの最大数を指定します。この制限に到達すると、メールボックスの所有者が新しいサブフォルターを作成できなくなります。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List FolderHierarchyChildrenCountReceiveQuota を実行します。

FolderHierarchyChildrenCountWarningQuota

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

FolderHierarchyChildrenCountWarningQuota パラメーターは、Exchange が警告メッセージをメールボックスの所有者へ送信してアプリケーション イベント ログにイベントを記録する前に、メールボックス フォルダー内に作成できるサブフォルダー数を指定します。このクォータの制限に達すると、警告メッセージとイベントのログ出力が毎日 1 回発生します。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List FolderHierarchyChildrenCountWarningQuota を実行します。

FolderHierarchyDepthReceiveQuota

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

FolderHierarchyDepthReceiveQuota パラメーターは、メールボックスのフォルダー階層内のレベルの最大数を指定します。この制限に到達すると、メールボックスの所有者がメールボックス フォルダーのフォルダー階層に別のレベルを作成できなくなります。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List FolderHierarchyDepthReceiveQuota を実行します。

FolderHierarchyDepthWarningQuota

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

FolderHierarchyDepthWarningQuota パラメーターは、Exchange が警告メッセージをメールボックスの所有者へ送信してアプリケーション イベント ログにイベントを記録する前に、メールボックス フォルダー階層内で作成できるレベルの数を指定します。このクォータの制限に達すると、警告メッセージとイベントのログ出力が毎日 1 回発生します。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List FolderHierarchyDepthWarningQuota を実行します。

FoldersCountReceiveQuota

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

FoldersCountReceiveQuota パラメーターは、メールボックス (通常はパブリック フォルダー メールボックス) 内のフォルダーの最大数を指定するために使用します。この値が構成されており、その上限に達した場合は、新しいフォルダーが作成できなくなります。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List FoldersCountReceiveQuota を実行します。

FoldersCountWarningQuota

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

FoldersCountWarningQuota パラメーターは、このパラメーターに指定された値に到達したときにフォルダー階層がいっぱいになるという警告メッセージを表示するために使用します。通常、このパラメーターは、パブリック フォルダー メールボックスに使用されます。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List FoldersCountReceiveQuota を実行します。

Force

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

Force スイッチは、警告や確認のメッセージを抑制するかどうかを指定します。管理者の入力を求めることが不適切な場合に、このスイッチを使用してタスクをプログラムによって実行することができます。このスイッチに値を指定する必要はありません。

ForwardingAddress

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.RecipientIdParameter

ForwardingAddress パラメーターは、このメールボックスに送信されるメッセージの転送先アドレスを指定します。このパラメーターの有効値は組織内の受信者です。受信者を一意に識別する任意の値を使用できます。

以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

メッセージの配信方法と転送方法は、DeliverToMailboxAndForward パラメーターで制御されます。

  • DeliverToMailboxAndForward$true   メッセージは、このメールボックスに配信されてから、指定された受信者に転送されます。

  • DeliverToMailboxAndForward$false   メッセージは、指定された受信者にのみ転送されます。メッセージはこのメールボックスには配信されません。

既定値は、転送先の受信者が構成されていないことを意味する空白 ($null) です。

ForwardingAddress パラメーターと ForwardingSmtpAddress パラメーターの両方の値を構成した場合は、ForwardingSmtpAddress の値が無視されます。メッセージは、ForwardingAddress パラメーターで指定された受信者に転送されます。

ForwardingSmtpAddress

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.ProxyAddress

ForwardingSmtpAddress パラメーターは、このメールボックスに送信されるメッセージの転送先 SMTP アドレスを指定します。通常は、このパラメーターを使用して、検証されない外部の電子メール アドレスを指定します。

メッセージの配信方法と転送方法は、DeliverToMailboxAndForward パラメーターで制御されます。

  • DeliverToMailboxAndForward$true   メッセージは、このメールボックスに配信されてから、指定された電子メール アドレスに転送されます。

  • DeliverToMailboxAndForward$false   メッセージは、指定された電子メール アドレスにのみ転送されます。メッセージはこのメールボックスには配信されません。

既定値は空白 ($null) です。これは、転送先の電子メール アドレスが構成されていないことを意味します。

ForwardingAddress パラメーターと ForwardingSmtpAddress パラメーターの両方の値を構成した場合は、ForwardingSmtpAddress の値が無視されます。メッセージは、ForwardingAddress パラメーターで指定された受信者に転送されます。

GMGen

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

GMGen パラメーターは、調停メールボックス (組織メールボックスとも呼ばれる) が組織のグループ メトリック生成に使用されるかどうかを指定します。MailTips では、メッセージ内の受信者数や、受信者が組織の外部にいるかどうかを示すために、グループ メトリック情報が使用されます。このパラメーターは調停メールボックスに対してしか使用できません。

有効な値は $true または $false です。

GrantSendOnBehalfTo

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

GrantSendOnBehalfTo パラメーターは、このメールボックスの代わりに送信可能な送信者を指定します。メールボックスの代わりに送信されるメッセージは差出人フィールド (<Sender> on behalf of <Mailbox>) で明示的に送信者を示しますが、これらのメッセージに対する応答は送信者ではなくメールボックスに配信されます。

このパラメーターで指定する送信者は、メールボックス、メール ユーザー、またはメールが有効なセキュリティ グループ (アクセス許可を割り当てることが可能な、メールが有効なセキュリティ プリンシパル) にする必要があります。送信者を一意に識別する任意の値を使用できます。

以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • <domain name>\<account name>

  • 電子メール アドレス

  • GUID

  • LegacyExchangeDN

  • SamAccountName

  • ユーザー ID またはユーザー プリンシパル名 (UPN)

複数の値を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します。<value1>,<value2>...。値にスペースが含まれるか引用符が必要である場合は、次の構文を使用する必要があります。"<value1>","<value2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の値を追加または削除するには、次の構文を使用します。@{Add="<value1>","<value2>"...; Remove="<value1>","<value2>"...}.

既定で、このパラメーターは空白です。これは、他の誰一人としてこのメールボックスの代わりに送信するアクセス許可を持っていないことを意味します。

HiddenFromAddressListsEnabled

省略可能

System.Boolean

HiddenFromAddressListsEnabled パラメーターは、この受信者がアドレス一覧に表示されるかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true 受信者はアドレス一覧に表示されません。

  • $false 受信者はアドレス一覧に表示されます。これが既定値です。

IgnoreDefaultScope

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

IgnoreDefaultScope スイッチは、Exchange 管理シェル セッションに対する受信者の範囲の既定の設定を無視し、フォレスト全体を範囲として使用するようにコマンドに指示します。このスイッチによって、コマンドは、既定の範囲では現在使用できない Active Directory オブジェクトにアクセスできます。

IgnoreDefaultScope スイッチを使用すると、次の制限が発生します。

  • DomainController パラメーターは使用できません。このコマンドは、適切なグローバル カタログ サーバーを自動的に使用します。

  • Identity パラメーターには DN のみを使用できます。エイリアスや GUID などの他の形式の ID は使用できません。

ImListMigrationCompleted

省略可能

System.Boolean

ImListMigrationCompleted パラメーターは、ユーザーの Lync または Skype for Business 連絡先一覧が彼らのメールボックスに保存されるかどうかを指定します。

有効な値は次のとおりです。

  • $true ユーザーの Lync または Skype for Business の連絡先リストが Exchange 2016 のメールボックスに格納されています。この場合、メールボックスを Exchange 2010 のサーバーに移行することはできません。

  • $false ユーザーの Lync または Skype for Business の連絡先リストが Lync または Skype for Business のサーバーに格納されています。この場合は、メールボックスを Exchange 2010 のサーバーに移行することが可能です。これは既定値です。

Lync Server 2013 および Skype for Business Server 2015 では、ユーザーの連絡先リストを Exchange 2016 のメールボックスに格納する機能がサポートされています。この機能は 統合連絡先ストア (UCS) と呼ばれ、アプリケーションが一貫性のある最新の連絡先リストを表示できるようにします。ただし、Exchange 2010 は統合連絡先ストアをサポートしていません。そのため、ユーザーの Exchange 2016 のメールボックスを Exchange 2010 に戻す移行を行う前に、ユーザーの Lync または Skype for Business の連絡先リストを統合連絡先リストから Lync 2013 または Skype for Business のサーバーに移動する必要があります。詳細については、「統合連絡先ストアを使用する Microsoft Lync Server 2013 の構成」を参照してください。

noteメモ:
ユーザーの Lync または Skype for Business の連絡先リストが統合連絡先ストアに格納されているときに、Exchange 2013 メールボックスを Exchange 2010 に移行すると、ユーザーがそれらの連絡先へのアクセスを完全に失うおそれがあります。ユーザーの Lync または Skype for Business の連絡先リストが Lync 2013 または Skype for Business のサーバーに移動されたことを確認した後、メールボックスの移行を完了することができます。データ損失の可能性があるとしてもメールボックスを移行する必要がある場合には、ImListMigrationCompleted パラメーターを $false に手動で設定できます。

ImmutableId

省略可能

System.String

ImmutableId パラメーターは GAL 同期 (GALSync) で使用され、SAML (Security Assertion Markup Language) トークンの要求時にフェデレーション委任に使用される Exchange メールボックスに対して SMTP アドレスの形式で一意の不変 ID を指定します。このメールボックスにフェデレーションが構成されており、メールボックスを作成するときにこのパラメーターを設定していない場合、Exchange は、たとえば 7a78e7c8-620e-4d85-99d3-c90d90f29699@mail.contoso.com など、メールボックスの ExchangeGUID およびフェデレーション アカウント名前空間に基づいて、不変 ID の値を作成します。

社外メールボックスへのシングル サインオンを許可するように Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を展開しており、サインオンのトークン要求に ExchangeGUID 以外の別の属性を使用するように AD FS を構成している場合、ImmutableId パラメーターを設定する必要があります。社内外にまたがる Exchange 展開シナリオで適切な機能を確保するには、Exchange と AD FS の両方で同じユーザーに対して同じトークンを要求する必要があります。

InactiveMailbox

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

InactiveMailboxスイッチは、メールボックスが、アクティブでないメールボックスを指定します。このスイッチを使用して値を指定する必要はありません。

非アクティブなメールボックスとは、回復可能な方法で削除される前の訴訟ホールドまたはインプレース ホールド状態にあるメールボックスのことです。

非アクティブなメールボックスを検索するには、コマンドGet-Mailbox -InactiveMailboxOnly | FL Name,PrimarySmtpAddress,DistinguishedName,ExchangeGuidを実行し、 Identityパラメーター (値が一意であることを保証)、 DistinguishedNameまたはExchangeGuidプロパティの値を使用します。

このスイッチは、非アクティブなメールボックスに、 LitigationHoldEnabledおよびLitigationHoldDurationパラメーターを使用する必要があります。

このスイッチは、非アクティブなメールボックスのその他のプロパティの変更には使用できません。

IsExcludedFromServingHierarchy

省略可能

System.Boolean

IsExcludedFromServingHierarchy パラメーターは、ユーザーがこのパブリック フォルダー メールボックスのパブリック フォルダー階層にアクセスできないようにします。既定では、負荷分散のために、ユーザーは複数のパブリック フォルダー メールボックスにまたがって均等に配置されます。特定のパブリック フォルダー メールボックスにこのパラメーターを設定すると、そのメールボックスは、この自動負荷分散に含まれなくなり、ユーザーによるパブリック フォルダー階層取得のためのアクセスは行われなくなります。ただし、管理者がユーザー メールボックスの DefaultPublicFolderMailbox プロパティを特定のパブリック フォルダー メールボックスに設定していれば、そのパブリック フォルダー メールボックスに IsExcludedFromServingHierarchy パラメーターが設定されても、ユーザーは指定されたパブリック フォルダー メールボックスにアクセスします。

noteメモ:
このパラメーターは、パブリック フォルダーの移行中にのみ使用する必要があります。最初の移行の検証が完了した後は、このパラメーターを使用しないでください。

IsHierarchyReady

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

IsHierarchySyncEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

IssueWarningQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

IssueWarningQuota パラメーターは、メールボックスのサイズに対する警告しきい値を指定します。メールボックスがこのサイズに達するか、またはこのサイズを超えた場合、ユーザーは詳細を説明する警告メッセージを受け取ります。

有効値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値、または値 unlimited です。数値を入力するときは、次の単位のいずれかを数値に付加できます。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

IssueWarningQuota 値は ProhibitSendReceiveQuota 以下の値を指定する必要があります。

Office 365 では、クォータ値は、管理者が購入して Office 365 管理センター で割り当てたサブスクリプションとライセンスによって決まります。クォータ値を上げ下げすることはできますが、サブスクリプションまたはライセンスで許可された最大値を超えることはできません。Office 365 では、パブリック フォルダーにこのパラメーターは使用できません。

オンプレミスの Exchange では、このパラメーターの既定値が unlimited です。UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターが $true に設定されている場合は、このパラメーターの値が無視され、メールボックスでメールボックス データベース上の IssueWarningQuota 値が使用されます。このパラメーターを使用してメールボックスに特定のクォータ値を強制するには、UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターを値の $false に設定する必要があります。

JournalArchiveAddress

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.SmtpAddress

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

Languages

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

Languages パラメーターは、このメールボックスの言語の設定を優先する順序で指定します。Exchange コンポーネントの中には、優先言語がサポートされている場合に、メールボックス ユーザーに対しその言語で情報を表示するものがあります。たとえば、クォータ メッセージ、配信不能レポート (NDR)、Web 上の Outlook ユーザー インターフェイス、ユニファイド メッセージング (UM) 音声プロンプトなどのコンポーネントです。

このパラメーターの正しい入力は、Microsoft .NET Framework CultureInfo クラスでサポートされているカルチャ コード値です。たとえば、デンマーク語には da-DK、日本語には ja-JP を指定します。詳しくは、「CultureInfo クラス」をご覧ください。

複数の値を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します。<value1>,<value2>...。値にスペースが含まれるか引用符が必要である場合は、次の構文を使用する必要があります。"<value1>","<value2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の値を追加または削除するには、次の構文を使用します。@{Add="<value1>","<value2>"...; Remove="<value1>","<value2>"...}.

LinkedCredential

省略可能

System.Management.Automation.PSCredential

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

LinkedCredential パラメーターは、LinkedDomainController パラメーターで指定されたドメイン コントローラーにアクセスするために使用される資格情報を指定します。

このパラメーターでは、Get-Credential コマンドレットを使用して資格情報オブジェクトを作成する必要があります。詳細については、「Get-Credential」を参照してください。

LinkedDomainController

省略可能

System.String

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

LinkedDomainController パラメーターは、メールボックスがリンクされたメールボックスの場合に、ユーザー アカウントが存在するフォレスト内のドメイン コントローラーを指定します。ユーザー アカウントが存在するフォレスト内のドメイン コントローラーは、LinkedMasterAccount パラメーターで指定したアカウントのセキュリティ情報を取得するために使用されます。このパラメーターの値には、使用するドメイン コントローラーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用します。

LinkedMasterAccount

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.UserIdParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

LinkedMasterAccount パラメーターは、メールボックスがリンクされたメールボックスの場合に、ユーザー アカウントが存在するフォレスト内のマスター アカウントを指定します。マスター アカウントは、メールボックスがリンクされているアカウントです。マスター アカウントには、このメールボックスへのアクセス許可が与えられます。マスター アカウントを一意に識別する任意の値を使用できます。

以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • GUID

LitigationHoldDate

省略可能

System.DateTime

LitigationHoldDate パラメーターは、メールボックスが訴訟ホールドの対象になる日付を指定します。パラメーターは、メールボックスを訴訟ホールドの対象にすると、自動的に設定されます。指定する日付は、情報提供または報告に使用できます。

noteメモ:
LitigationHoldEnabled パラメーターを使用してメールボックスを訴訟ホールド状態にする場合、LitigationHoldDate パラメーターを使用して任意の日付を指定できます。ただし、メールボックスが実際に訴訟ホールドの状態になるのは、このコマンドを実行してこのメールボックスを訴訟ホールド状態にするときです。

LitigationHoldDuration

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

LitigationHoldDuration パラメーターは、メールボックスが訴訟ホールドである場合に、メールボックス アイテムを保存する期間を指定します。期間は、メールボックス アイテムが受信または作成された日から計算されます。

有効値は、日数を表す整数、または値の unlimited です。既定値は、アイテムが無期限に、または保留が解除されるまで保持されることを意味する unlimited です。

LitigationHoldEnabled

省略可能

System.Boolean

LitigationHoldEnabled パラメーターは、メールボックスを訴訟ホールド状態にするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true メールボックスは訴訟ホールド状態になります。

  • $false メールボックスは訴訟ホールド状態になりません。これが既定値です。

メールボックスが訴訟ホールド状態になると、そのメールボックスからはメッセージを削除できません。削除されたアイテムと、すべてのバージョンの変更されたアイテムは [回復可能なアイテム] フォルダーで保持されます。収集から削除されたアイテムも保存され、無期限に保持されます。訴訟ホールドを有効にすると、単一アイテムの回復クォータは適用されません。

noteメモ:
パブリック フォルダー メールボックスを訴訟ホールドの対象にすることはサポートされていません。パブリック フォルダーのメールボックスを保持リストに記載するには、New-MailboxSearch コマンドレットを InPlaceHoldEnabled パラメーターとともに使用してインプレース ホールド状態を作成します。

LitigationHoldOwner

省略可能

System.String

LitigationHoldOwner パラメーターは、メールボックスを訴訟ホールドの対象としたユーザーを指定します。メールボックスを訴訟ホールドにするときにこのパラメーターを使用しない場合、この値は自動的に設定されます。メールボックスを訴訟ホールドにするときにこのパラメーターを使用する場合は、テキスト値を指定できます。値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。この値は、情報提供および報告のために使用できます。

MailboxMessagesPerFolderCountReceiveQuota

省略可能

System.Int32

MailboxMessagesPerFolderCountReceiveQuota パラメーターは、メールボックス フォルダー内のメッセージの最大数を指定します。この制限に到達すると、フォルダーが新しいメッセージを受信できなくなります。

MailboxMessagesPerFolderCountReceiveQuota 値は、MailboxMessagesPerFolderCountWarningQuota 値以上にする必要があります。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List MailboxMessagesPerFolderCountReceiveQuota を実行します。

MailboxMessagesPerFolderCountWarningQuota

省略可能

System.Int32

MailboxMessagesPerFolderCountWarningQuota パラメーターは、Exchange が警告メッセージをメールボックスの所有者に送信して、イベントをアプリケーション イベント ログに記録する前に、メールボックス フォルダーで保持可能なメッセージの数を指定します。このクォータの制限に達すると、警告メッセージとイベントのログ出力が毎日 1 回発生します。

MailboxMessagesPerFolderCountReceiveQuota 値は、MailboxMessagesPerFolderCountWarningQuota 値以上にする必要があります。

このプロパティの現在値を確認するには、コマンドの Get-MailboxStatistics <MailboxIdentity> | Format-List MailboxMessagesPerFolderCountWarningQuota を実行します。

MailboxPlan

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.MailboxPlanIdParameter

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

MailboxProvisioningConstraint

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.MailboxProvisioningConstraint

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

MailboxProvisioningPreferences

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

MailboxRegion

省略可能

System.String

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

MailTip

省略可能

System.String

MailTip パラメーターは、この受信者に対するカスタム メール ヒント テキストを指定します。このメール ヒントは、この受信者宛ての電子メール メッセージの下書きの開始時に送信者に表示されます。値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

受信者にメール ヒントを追加すると、次の 2 つのことが行われます。

  • HTML タグがテキストに自動的に追加されます。たとえば、"This mailbox is not monitored" というテキストを入力すると、メール ヒントは自動的に次のようになります: <html><body>This mailbox is not monitored</body></html>。追加の HTML タグはサポートされません。またメール ヒントの長さは表示文字数で 175 文字を超えることはできません。

  • テキストが自動的に受信者の MailTipTranslations プロパティに既定値 default:<MailTip text> として追加されます。このメール ヒント テキストを変更すると、MailTipTranslations プロパティ内の既定値が自動的に更新されます。また、この逆の場合も同様です。

MailTipTranslations

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

MailTipTranslations パラメーターは、MailTip パラメーターで定義されているカスタム メール ヒント テキストに対する追加の言語を指定します。HTML タグがメール ヒント翻訳に自動的に追加され、追加の HTML タグはサポートされず、またメール ヒント翻訳の長さは表示文字数で 175 文字を超えることはできません。

既定のメール ヒントまたは他のメール ヒント翻訳に影響を与えずにメール ヒント翻訳を追加または削除するには、次の構文を使用します。

@{Add="<culture 1>:<localized text 1>","<culture 2>:<localized text 2>"...; Remove="<culture 3>:<localized text 3>","<culture 4>:<localized text 4>"...}

<culture> は、言語に関連付けられている有効な ISO 639 の 2 文字のカルチャ コードです。

たとえば、現在この受信者に "監視対象外のメールボックス" というメール ヒント テキストがあるとします。スペイン語の翻訳を追加するには、このパラメーターに次の値を使用します: @{Add="ES:Esta caja no se supervisa."}

Management

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

Management パラメーターは、調停メールボックス (組織メールボックスとも呼ばれる) がメールボックスの移動とメールボックスの移行を管理するために使用されるかどうかを指定します。このパラメーターは調停メールボックスに対してしか使用できません。

有効な値は $true または $false です。

MaxBlockedSenders

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

MaxBlockedSenders パラメーターには、受信拒否リストに含めることのできる送信者の最大数が含まれます。受信拒否送信者とは、メールボックスから迷惑な送信者と見なされ、迷惑メール ルールに使用される送信者のことです。このパラメーターは、迷惑メール ルールが Web 上の Outlook または Exchange Web サービス を使用して更新された場合にのみ検証されます。

MaxReceiveSize

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

MaxReceiveSize パラメーターは、メールボックスに送信可能なメッセージの最大サイズを指定します。この最大サイズより大きいメッセージは拒否されます。

値を入力するときは、値に以下の単位のいずれかを付加した形式で記述します。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

有効値は、1.999999 ギガバイト (2147483647 バイト) までの数値、または値の unlimited です。

Office 365 では、この値は、管理者が購入して Office 365 管理センター で割り当てたサブスクリプションとライセンスによって決まります。この値を上げ下げすることはできますが、サブスクリプションまたはライセンスで許可された最大値を超えることはできません。

Office 365 では、このパラメーターを使用して既存のメールボックスの MaxReceiveSize 値を構成します。今後作成するすべての新しいメールボックスの MaxReceiveSize 値を変更するには、Set-MailboxPlan コマンドレットを使用します。

オンプレミスの Exchange では、既定値の unlimited は、メールボックスの最大受信サイズが他の場所 (組織、サーバー、コネクタの制限など) で制御されることを意味します。

noteメモ:
すべてのメッセージ サイズ制限について、適用したい実際のサイズより大きい値を設定する必要があります。これは、添付ファイルやその他のバイナリ データの Base64 エンコードのためです。Base64 エンコードによりメッセージのサイズは約 33% 増加するため、指定する値は、適用する実際のメッセージ サイズより約 33% 大きくしなければなりません。たとえば、最大メッセージ サイズの値を 64 MB に指定すると、実際の最大メッセージ サイズは約 48 MB になると予測できます。

MaxSafeSenders

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

MaxSafeSenders パラメーターには、差出人セーフ リストに含めることのできる送信者の最大数が含まれます。安全な送信者とは、メールボックスから信頼され、迷惑メール ルールに使用される送信者のことです。このパラメーターは、クラウドベースの組織またはサービスを使用して迷惑メール ルールが更新されたときにのみ検証されます。

MaxSendSize

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

MaxSendSize パラメーターは、メールボックスから送信可能なメッセージの最大サイズを指定します。

値を入力するときは、値に以下の単位のいずれかを付加した形式で記述します。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

有効値は、1.999999 ギガバイト (2147483647 バイト) までの数値、または値の unlimited です。

Office 365 では、この値は、管理者が購入して Office 365 管理センター で割り当てたサブスクリプションとライセンスによって決まります。この値を上げ下げすることはできますが、サブスクリプションまたはライセンスで許可された最大値を超えることはできません。

Office 365 では、このパラメーターを使用して既存のメールボックスの MaxSendSize 値を構成します。今後作成するすべての新しいメールボックスの MaxSendSize 値を変更するには、Set-MailboxPlan コマンドレットを使用します。

オンプレミスの Exchangeでは、既定値の unlimited は、メールボックスの最大送信サイズが他の場所 (組織、サーバー、コネクタの制限など) で制御されることを意味します。

noteメモ:
すべてのメッセージ サイズ制限について、適用したい実際のサイズより大きい値を設定する必要があります。これは、添付ファイルやその他のバイナリ データの Base64 エンコードのためです。Base64 エンコードによりメッセージのサイズは約 33% 増加するため、指定する値は、適用する実際のメッセージ サイズより約 33% 大きくしなければなりません。たとえば、最大メッセージ サイズの値を 64 MB に指定すると、実際の最大メッセージ サイズは約 48 MB になると予測できます。

MessageCopyForSendOnBehalfEnabled

省略可能

System.Boolean

MessageCopyForSendOnBehalfEnabledパラメーターでは、「代理送信」アクセス許可を持つユーザーがメールボックスから送信されるメッセージの送信者をコピーするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true  ユーザーは、「代理送信」アクセス許可を使用して、メールボックスからメッセージを送信した場合は、送信者のメールボックスにメッセージのコピーが送信されます。

  • $false  ユーザーは、「代理送信」アクセス許可を使用して、メールボックスからメッセージを送信したとき、メッセージのコピーは、送信者のメールボックスに送信できません。これは、既定値です。

メールボックスに、 GrantSendOnBehalfToパラメーターを使用してメールボックスの代理で送信するユーザーのアクセス許可を指定するとします。

MessageCopyForSentAsEnabled

省略可能

System.Boolean

MessageCopyForSentAsEnabledパラメーターでは、「送信者」アクセス許可を持つユーザーがメールボックスから送信されるメッセージの送信者をコピーするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true  ユーザーは、「送信者」アクセス許可を使用して、メールボックスからメッセージを送信した場合は、送信者のメールボックスにメッセージのコピーが送信されます。

  • $false  ユーザーは、「送信者」アクセス許可を使用して、メールボックスからメッセージを送信したとき、メッセージのコピーは、送信者のメールボックスに送信できません。これは、既定値です。

Exchange Onlineでこのコマンドを実行してメールボックスに送信するユーザーのアクセス許可を指定する: Add-RecipientPermission <Mailbox> -AccessRights SendAs -Trustee <User>

設置型のExchangeでこのコマンドを実行してメールボックスに送信するユーザーのアクセス許可を指定する: Add-ADPermission <Mailbox> -ExtendedRights "Send As" -User <User>

MessageTracking

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

MessageTracking パラメーターは、調停メールボックス (組織メールボックスとも呼ばれる) が組織間メッセージ追跡シナリオに使用されるアンカー メールボックスであるかどうかを指定します。既定では、メッセージ追跡の組織機能は、SystemMailbox{bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c} という名前の調停メールボックスに割り当てられます。このパラメーターは調停メールボックスに対してしか使用できません。

有効な値は $true または $false です。

MessageTrackingReadStatusEnabled

省略可能

System.Boolean

MessageTrackingReadStatusEnabled パラメーターは、メールボックスに送信されるメッセージの配信レポートに詳細情報を含めるかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   メッセージの読み取りステータスとメッセージが配信された日時が、このメールボックスに送信されたメッセージの配信レポートに表示されます。これは既定の値です。

  • $false   メッセージの読み取りステータスは、このメールボックスに送信されたメッセージの配信レポートに表示されません。メッセージが配信された日時のみが配信レポートに表示されます。

MicrosoftOnlineServicesID

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.SmtpAddress

MicrosoftOnlineServicesID パラメーターは、オブジェクトに対してユーザー ID を指定します。このパラメーターは、クラウド ベースのサービス内のオブジェクトにのみ適用されます。オンプレミスの展開には使用できません。

Migration

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

ModeratedBy

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ModeratedBy パラメーターは、この受信者のモデレーターを 1 つ以上指定します。モデレーターは、このメッセージが配信される前に、受信者に送信されるメッセージを承認します。モデレーターは、メールボックス、メール ユーザー、組織内のメール連絡先である必要があります。モデレーターを一意に識別する任意の値を使用できます。

以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数の値を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します。<value1>,<value2>...。値にスペースが含まれるか引用符が必要である場合は、次の構文を使用する必要があります。"<value1>","<value2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の値を追加または削除するには、次の構文を使用します。@{Add="<value1>","<value2>"...; Remove="<value1>","<value2>"...}.

ModerationEnabled パラメーターを値の $true に設定した場合は、このパラメーターを使用して 1 つ以上のモデレーターを指定する必要があります。

ModerationEnabled

省略可能

System.Boolean

ModerationEnabled パラメーターは、この受信者に対してモデレートを有効にするかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true 受信者に対してモデレートを有効にします。この受信者に送信されるメッセージは、そのメッセージが配信される前に、モデレーターによって承認される必要があります。

  • $false 受信者に対してモデレートを無効にします。この受信者に送信されるメッセージは、モデレーターの承認なしで配信されます。これが既定値です。

モデレーターを指定するには、ModeratedBy パラメーターを使用します。

name

省略可能

System.String

Name パラメーターは、メールボックスの一意の名前を指定します。最大の長さは 64 文字です。値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

NewPassword

省略可能

System.Security.SecureString

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

NewPassword パラメーターは、ユーザーが Web 上の Outlook で独自のパスワードを変更するときに OldPassword パラメーターと一緒に使用されます。既定で、NewPassword パラメーターと OldPassword パラメーターは、User Options 役割経由で Help Desk 役割グループと Organization Management 役割グループのメンバーも使用できます。ただし、管理者は Password パラメーターを使用してユーザーのパスワードをリセットします。これは、このパラメーターがユーザーの現在のパスワードを必要としないためです。

このパラメーターには、(ConvertTo-SecureString -String '<password>' -AsPlainText -Force) という構文を使用します。または、パスワードを入力するよう求めるダイアログを表示し、それを変数として格納するには、コマンド $password = Read-Host "Enter password" -AsSecureString を実行してから、このパラメーターに値 $password を使用します。

OABGen

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

OABGen パラメーターは、調停メールボックス (組織メールボックスとも呼ばれる) が組織のオフライン アドレス帳 (OAB) ファイルの生成と保存に使用されるかどうかを指定します。OAB 要求は、この調停メールボックスが配置されたサーバーに送信されます。このパラメーターは調停メールボックスに対してしか使用できません。

有効な値は $true または $false です。

OABReplica

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

Office

省略可能

System.String

Office パラメーターは、ユーザーの事務所名または番号を指定します。

OfflineAddressBook

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.OfflineAddressBookIdParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

OfflineAddressBook パラメーターは、メールボックスに関連付けられたオフライン アドレス帳 (OAB) を指定します。OAB を一意に識別する任意の値を使用できます。たとえば、次のように入力します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

使用可能なオフライン アドレス帳を確認するには、Get-OfflineAddressBook コマンドレットを使用します。

OldPassword

省略可能

System.Security.SecureString

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

OldPassword パラメーターは、ユーザーが Web 上の Outlook で独自のパスワードを変更するときに NewPassword パラメーターと一緒に使用されます。既定で、NewPassword パラメーターと OldPassword パラメーターは、User Options 役割経由で Help Desk 役割グループと Organization Management 役割グループのメンバーも使用できます。ただし、通常、管理者は Password パラメーターを使用してユーザーのパスワードをリセットします。これは、このパラメーターがユーザーの現在のパスワードを必要としないためです。

このパラメーターには、(ConvertTo-SecureString -String '<password>' -AsPlainText -Force) という構文を使用します。または、パスワードを入力するよう求めるダイアログを表示し、それを変数として格納するには、コマンド $password = Read-Host "Enter password" -AsSecureString を実行してから、このパラメーターに値 $password を使用します。

OMEncryption

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

OMEncryptionStore

省略可能

System.Boolean

PARAMVALUE: $true | $false

Password

省略可能

System.Security.SecureString

Password パラメーターは、メールボックスに関連付けられたユーザー アカウントのパスワードを指定された値にリセットします。自分のメールボックス以外でこのパラメーターを使用するには、次の役割グループのいずれかのメンバーである必要があります。

  • Office 365   このパラメーターを使用して別のユーザーのパスワードを変更することはできません。別のユーザーのパスワードを変更するには、Office 365 (Azure AD) PowerShell で Set-MsolUserPassword コマンドレットを使用します。接続手順については、「Office 365 PowerShell に接続する」を参照してください。Office 365 管理センター で別のユーザーのパスワードを変更するには、「ユーザーのパスワードを再設定する」を参照してください。

  • オンプレミスの Exchange User Options 役割経由の Organization Management または Help Desk 役割グループ。パスワードのリセット役割でもこのパラメーターを使用することができますが、この役割は既定ではどの役割グループにも割り当てられていません。

このパラメーターには、(ConvertTo-SecureString -String '<password>' -AsPlainText -Force) という構文を使用します。または、パスワードを入力するよう求めるダイアログを表示し、それを変数として格納するには、コマンド $password = Read-Host "Enter password" -AsSecureString を実行してから、このパラメーターに値 $password を使用します。

PrimarySmtpAddress

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.SmtpAddress

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

PrimarySmtpAddress パラメーターは、受信者の返信用プライマリ メール アドレスを指定します。このコマンドレットでこれが使用可能な場合、同じコマンドで、EmailAddressesPrimarySmtpAddress の両方のパラメーターを使用することはできません。

EmailAddressPolicyEnabled パラメーターを $false に設定した場合は、PrimarySmtpAddress パラメーターを使用してプライマリ アドレスを指定できますが、これはメール ユーザーの電子メール アドレスが電子メール アドレス ポリシーによって自動的に更新されなくなることを意味します。

ProhibitSendQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

ProhibitSendQuota パラメーターには、メールボックスに対するサイズの制限値を指定します。メールボックスがこのサイズに達するか、またはこのサイズを超えた場合、そのメールボックスでは新しいメッセージを送信できず、ユーザーは詳細を説明する警告メッセージを受け取ります。

有効値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値、または値 unlimited です。数値を入力するときは、次の単位のいずれかを数値に付加できます。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

ProhibitSendQuota 値は ProhibitSendReceiveQuota 以下の値を指定する必要があります。

Office 365 では、クォータ値は、管理者が購入して Office 365 管理センター で割り当てたサブスクリプションとライセンスによって決まります。クォータ値を上げ下げすることはできますが、サブスクリプションまたはライセンスで許可された最大値を超えることはできません。Office 365 では、パブリック フォルダーにこのパラメーターは使用できません。

オンプレミスの Exchange では、このパラメーターの既定値が unlimited です。UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターが値の $true に設定されている場合は、このパラメーターの値が無視され、メールボックスでメールボックス データベース上の ProhibitSendQuota 値が使用されます。このパラメーターを使用してメールボックスに特定のクォータ値を強制するには、UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターを値の $false に設定する必要があります。

ProhibitSendReceiveQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

ProhibitSendReceiveQuota パラメーターには、メールボックスに対するサイズの制限値を指定します。メールボックスがこのサイズに達するか、またはこのサイズを超えた場合、そのメールボックスでは新しいメッセージを送受信できません。このメールボックスに送信されたメッセージは、詳細を説明するエラー メッセージと共に送信者に送り返されます。この値によって、メールボックスの最大サイズが効率良く決定されます。

有効値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値、または値 unlimited です。数値を入力するときは、次の単位のいずれかを数値に付加できます。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

値は ProhibitSendQuota または IssueWarningQuota の値以上でなければなりません。

Office 365 では、クォータ値は、管理者が購入して Office 365 管理センター で割り当てたサブスクリプションとライセンスによって決まります。クォータ値を下げることはできますが、サブスクリプションまたはライセンスで許可された最大値を超えることはできません。Office 365 では、パブリック フォルダーにこのパラメーターは使用できません。

オンプレミスの Exchange では、このパラメーターの既定値が unlimited です。UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターが値の $true に設定されている場合は、このパラメーターの値が無視され、メールボックスでメールボックス データベース上の ProhibitSendReceiveQuota 値が使用されます。このパラメーターを使用してメールボックスに特定のクォータ値を強制するには、UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターを値の $false に設定する必要があります。

ProvisionedForOfficeGraph

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

PstProvider

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

PublicFolder

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

PublicFolder スイッチは、メールボックスをパブリック フォルダー メールボックスに指定します。このスイッチは、パブリック フォルダー メールボックスを変更する場合にのみ必要です。このスイッチで値を指定する必要はありません。

パブリック フォルダー メールボックスは、パブリック フォルダーの階層と内容を保存する、特別に設計されたメールボックスです。

QueryBaseDN

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.OrganizationalUnitIdParameter

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

RecipientLimits

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

RecipientLimits パラメーターは、メールボックスから送信されるメッセージで許可される受信者の最大数を指定します。

有効値は、整数、または値の unlimited です。既定値は unlimited です。

値の unlimited は、メールボックスのメッセージあたりの最大受信者数が他の場所 (組織、サーバー、コネクタの制限など) で制御されることを意味します。

RecoverableItemsQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

RecoverableItemsQuota パラメーターは、メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーの最大サイズを指定します。[回復可能なアイテム] フォルダーがこのサイズに達するか、またはこのサイズを超えた場合、このメールボックスではメッセージを受け付けなくなります。

有効値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値、または値 unlimited です。既定値は 30 ギガバイト (32212254720 バイト) です。

数値を入力するときは、次の単位のいずれかを数値に付加できます。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

RecoverableItemsQuota 値は RecoverableItemsWarningQuota の値以上でなければなりません。

UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターが値 $true に設定されている場合は、このパラメーターの値が無視され、メールボックスでメールボックス データベース上の RecoverableItemsQuota 値が使用されます。このパラメーターを使用してメールボックスに特定のクォータ値を強制するには、UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターを値 $false に設定する必要があります。

RecoverableItemsWarningQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

RecoverableItemsWarningQuota パラメーターには、メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーのサイズに対する警告しきい値を指定します。[回復可能なアイテム] フォルダーこのサイズに達するか、またはこのサイズを超えた場合、Exchange ではアプリケーション イベント ログにイベントを記録します。

有効値は 1.999999999 テラバイト (2,199,023,254,528 バイト) までの数値、または値 unlimited です。既定値は 20 ギガバイト (21474836480 バイト) です。

数値を入力するときは、次の単位のいずれかを数値に付加できます。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

  • TB (テラバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

RecoverableItemsWarningQuota 値は RecoverableItemsQuota 以下の値を指定する必要があります。

UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターが値 $true に設定されている場合は、このパラメーターの値が無視され、メールボックスでメールボックス データベース上の RecoverableItemsWarningQuota 値が使用されます。このパラメーターを使用してメールボックスに特定のクォータ値を強制するには、UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターを値 $false に設定する必要があります。

RejectMessagesFrom

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

RejectMessagesFrom パラメーターは、この受信者に対するメッセージの送信が許可されていないユーザーを指定します。これらの送信者からのメッセージは拒否されます。

このパラメーターの有効な値は、組織内の個々の送信者 (メールボックス、メール ユーザー、およびメール連絡先) です。送信者を一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数の送信者をコンマで区切って入力できます。既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します: <sender1>,<senter2>...。値にスペースを含める、または引用符を必要とする場合は、次の構文を使用します: "<sender1>","<sender2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに送信者を追加または削除するには、次の構文を使用します: @{Add="<sender1>","<sender2>"...; Remove="<sender1>","<sender2>"...}

このパラメーターに指定する送信者は、RejectMessagesFromSendersOrMembers プロパティに自動的にコピーされます。したがって、同じコマンドで RejectMessagesFromRejectMessagesFromSendersOrMembers の両方のパラメーターを使用することはできません。

既定では、このパラメーターは空白 ($null) です。これは、この受信者がすべての送信者からメッセージを受信できるようにします。

RejectMessagesFromDLMembers

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

RejectMessagesFromDLMembers パラメーターは、この受信者に対するメッセージの送信が許可されていないユーザーを指定します。これらの送信者からのメッセージは拒否されます。

このパラメーターの有効な値は、組織内のグループ (配布グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、および動的配布グループ) です。グループを指定することは、この受信者に対するメッセージの送信が、そのグループのメンバー全員に許可されていないことを意味します。グループを一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数のグループをコンマで区切って入力できます。既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します: <group1>,<group2>...。値にスペースを含める、または引用符を必要とする場合は、次の構文を使用します: "<group1>","<group2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずにグループを追加または削除するには、次の構文を使用します: @{Add="<group1>","<group2>"...; Remove="<group1>","<group2>"...}

このパラメーターに指定するグループは、RejectMessagesFromSendersOrMembers プロパティに自動的にコピーされます。したがって、同じコマンドで RejectMessagesFromDLMembersRejectMessagesFromSendersOrMembers の両方のパラメーターを使用することはできません。

既定では、このパラメーターは空白 ($null) です。これは、この受信者がすべてのグループからメッセージを受信できるようにします。

RejectMessagesFromSendersOrMembers

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

RejectMessagesFromSendersOrMembers パラメーターは、この受信者に対するメッセージの送信が許可されていないユーザーを指定します。これらの送信者からのメッセージは拒否されます。

このパラメーターの有効な値は、個々の送信者および組織内のグループです。個々の送信者は、メールボックス、メール ユーザー、およびメール連絡先です。グループは、配布グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、および動的配布グループです。グループを指定することは、この受信者に対するメッセージの送信が、そのグループのメンバー全員に許可されていないことを意味します。

このパラメーターに送信者を指定するために、その送信者を一意に識別する、任意の値を使用できます。以下に例を示します。

  • 名前

  • 表示名

  • エイリアス

  • 識別名 (DN)

  • 正規 DN

  • 電子メール アドレス

  • GUID

複数の送信者をコンマで区切って入力できます。既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します: <sender1>,<senter2>...。値にスペースを含める、または引用符を必要とする場合は、次の構文を使用します: "<sender1>","<sender2>"...

他の既存のエントリに影響を及ぼさずに個々の送信者またはグループを追加または削除するには、RejectMessagesFrom パラメーターと RejectMessagesFromDLMembers パラメーターを使用します。

このパラメーターに指定した個々の送信者とグループは、RejectMessagesFrom プロパティと RejectMessagesFromDLMembers プロパティにそれぞれ自動的にコピーされます。このため、同じコマンドで RejectMessagesFromSendersOrMembers パラメーターと、RejectMessagesFrom パラメーターまたは RejectMessagesFromDLMembers パラメーターを使用することはできません。

既定では、このパラメーターは空白 ($null) です。これは、この受信者がすべての送信者からメッセージを受信できるようにします。

RemoteRecipientType

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.Recipient.RemoteRecipientType

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

RemoveManagedFolderAndPolicy

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

RemoveManagedFolderAndPolicy スイッチは、メールボックスからすべての MRM 1.0 ポリシーと属性を削除するかどうかを指定します。このスイッチを使用すると、MRM 1.0 ポリシーの一部として作成された管理フォルダーの MRM 1.0 ポリシーと MRM 1.0 プロパティは削除されます。空の管理フォルダーもメールボックスから削除され、アイテムを含む管理フォルダーは標準フォルダーに変換されます。

このスイッチで値を指定する必要はありません。

RemovePicture

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

RemovePicture スイッチは、メールボックスから画像を削除するかどうかを指定します。このスイッチで値を指定する必要はありません。

画像をメールボックスに追加するには、Import-RecipientDataProperty コマンドレットを使用します。

RemoveSpokenName

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

RemoveSpokenName パラメーターは、メールボックスから音声名を削除するかどうかを指定します。このスイッチで値を指定する必要はありません。

音声ファイルをメールボックスに追加するには、Import-RecipientDataProperty コマンドレットを使用します。

RequireSenderAuthenticationEnabled

省略可能

System.Boolean

RequireSenderAuthenticationEnabled パラメーターでは、認証された (内部の) 送信者からのメッセージのみを受け付けるかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true 認証された (内部の) 送信者のみからメッセージを受け付けます。認証されていない (外部の) 送信者からのメッセージは拒否されます。

  • $false 認証された (内部の) 送信者、および認証されていない (外部の) 送信者からのメッセージを受け付けます。

ResetPasswordOnNextLogon

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ResetPasswordOnNextLogon パラメーターは、次回ユーザーがメールボックスにログオンしたときにパスワードを変更するように要求されるかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true   ユーザーは、次回メールボックスにログオンしたときにパスワードを変更するように要求されます。

  • $false   ユーザーは、次回メールボックスにログオンしたときにパスワードを変更するように要求されません。これは既定の値です。

noteメモ:
Office 365 では、管理者が Set-User コマンドレットで ResetPasswordOnNextLogon パラメーターを指定することによって、次回ユーザーがログオンしたときにパスワードをリセットするように要求できます。

ResourceCapacity

省略可能

System.Int32

ResourceCapacity パラメーターは、リソース メールボックスの容量を指定します。たとえば、このパラメーターを使用して、会議室 (会議室メールボックス) または車両 (備品用メールボックス) の座席の数を指定できます。有効値は整数です。

ResourceCustom

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

ResourceCustom パラメーターは、リソース メールボックスに追加する 1 つ以上のカスタム リソース プロパティを指定します。このパラメーターはリソース メールボックスにしか使用できません。

コマンドレットを使用してSet-ResourceConfigおよびGet-ResourceConfigを作成し、カスタム リソース プロパティを表示します。

カスタム リソース プロパティを作成した後は、これらのプロパティのいずれかをリソース メールボックスに割り当てるにはこのパラメーターを使用します。Room/のプレフィックスで始まるプロパティは、ルームのメールボックスに対してのみ、 Equipment/のプレフィックスで始まるプロパティは、機器のメールボックスに対してのみです。このパラメーターのプロパティの値を指定すると場合、によっては、プレフィックスが含まれていません。

複数の値を入力して既存のエントリをすべて上書きするには、次の構文を使用します。<value1>,<value2>...。値にスペースが含まれるか引用符が必要である場合は、次の構文を使用する必要があります。"<value1>","<value2>"...

既存のエントリに影響を及ぼさずに、1 つまたは複数の値を追加または削除するには、次の構文を使用します。@{Add="<value1>","<value2>"...; Remove="<value1>","<value2>"...}.

RetainDeletedItemsFor

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.EnhancedTimeSpan

RetainDeletedItemsFor パラメーターは、メールボックスの回復可能な削除によって削除されたアイテムを保持する期間を指定します。回復可能な削除によって削除されたアイテムとは、次の方法のいずれかを使用して削除されたアイテムのことです。

  • [削除済みアイテム] フォルダーからアイテムを削除する。

  • 削除済みアイテム フォルダーを空にする操作を選択する。

  • Shift + Delete を使用してアイテムを削除する。

これらの操作により、アイテムは [回復可能なアイテム] フォルダーの [削除] という名前のサブフォルダーに移動されます。

削除済みアイテムの保存期間が過ぎる前であれば、ユーザーは [削除済みアイテムを復元] 機能を使用して、Outlook と Web 上の Outlook 内の回復可能な削除によって削除されたアイテムを回復できます。詳細については、「Exchange 2016 の回復可能なアイテム フォルダー」を参照してください。

値を指定するには、dd.hh:mm:ss の形式で期間として入力します。ここで、dd = 日、hh = 時間、mm = 分、ss = 秒です。

既定値は 14 日 (14.00:00:00) です。Office 365 では、この値を最大で 30 日に増やすことができます。

Office 365 では、このパラメーターを使用して既存のメールボックスの RetainDeletedItemsFor 値を構成します。今後作成するすべての新しいメールボックスの RetainDeletedItemsFor 値を変更するには、Set-MailboxPlan コマンドレットを使用します。

オンプレミスの Exchange では、メールボックス データベース上の DeletedItemRetention パラメーターの値によって既定値が構成されます。既定値を上書きするには、メールボックス上の RetainDeletedItemsFor パラメーターの値を入力します。

RetainDeletedItemsUntilBackup

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

RetainDeletedItemsUntilBackup パラメーターは、次のデータベースのバックアップを実行するまで、メールボックスの [回復可能なアイテム\削除] フォルダーにアイテムを保持するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true 削除済みアイテムは、メールボックス データベースの次回のバックアップまで保持されます。この値は、削除済みアイテムの保存期間値と回復可能アイテムのクォータ値を効果的に上書きします。

  • $false 削除済みアイテムの保存期間は、メールボックス データベースのバックアップに依存していません。これが既定値です。

詳細については、「Exchange 2016 の回復可能なアイテム フォルダー」を参照してください。

メールボックス データベース上の DeletedItemRetention パラメーターの値によって既定値が構成されます。既定値を上書きするには、メールボックス上の RetainDeletedItemsFor パラメーターの値を入力します。

RetentionComment

省略可能

System.String

RetentionComment パラメーターは、ユーザーの保存機能の状態に関して Outlook に表示されるコメントを指定します。

このコメントは、RetentionHoldEnabled パラメーターが $true に設定されている場合にのみ設定できます。このコメントは、ユーザーの優先言語にローカライズする必要があります。コメントにスペースが含まれている場合は、コメントを二重引用符 (") で囲みます。

RetentionHoldEnabled

省略可能

System.Boolean

RetentionHoldEnabled パラメーターは、メールボックスがアイテム保持ホールドの状態かどうかを指定します。メールボックスをアイテム保持ホールド状態にすると、そのメールボックスのアイテム保持ポリシーまたは管理フォルダーのメールボックス ポリシーの処理が一時的に中断されます (たとえば、ユーザーが休暇中の場合など)。有効な値は次のとおりです。

  • $true メールボックスはアイテム保持ホールド状態になります。そのメールボックスのアイテム保持ポリシーと管理フォルダー ポリシーが中断されます。

  • $false メールボックスはアイテム保持ホールドの状態ではなくなります。このメールボックスは、アイテム保持ポリシーと管理フォルダー ポリシーに従う必要があります。これが既定値です。

保存機能の開始日を設定するには、StartDateForRetentionHold パラメーターを使用します。

RetentionPolicy

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.MailboxPolicyIdParameter

RetentionPolicy パラメーターは、このメールボックスに適用するアイテム保持ポリシーを指定します。ポリシーを一意に識別する任意の値を使用できます。たとえば、次のように入力します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

アイテム保持ポリシーは、メールボックス フォルダーに適用されるタグと、アイテムを保持する期間を決定するためのメール アイテムから構成されます。

使用可能なアイテム保持ポリシーを確認するには、Get-RetentionPolicy コマンドレットを使用します。

RetentionUrl

省略可能

System.String

RetentionUrl パラメーターには、組織のメッセージ保持ポリシーに関する詳細を示す URL または外部 Web ページを示します。

この URL を使用して、通常は会社のカスタマイズされた法的情報サイトまたは IT Web サイトを通じて、アイテム保持ポリシーの詳細が公開されます。

RoleAssignmentPolicy

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.MailboxPolicyIdParameter

RoleAssignmentPolicy パラメーターは、メールボックスに割り当てる役割の割り当てポリシーを指定します。役割の割り当てポリシーを一意に識別する任意の値を使用できます。たとえば、次のように入力します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

Office 365 では、役割の割り当てポリシーをメールボックスに割り当てる必要があります。オンプレミスの Exchange では、割り当てられた役割の割り当てポリシーがないようにメールボックスを構成するには、値の $null を使用します。

使用可能な役割の割り当てポリシーを確認するには、Get-RoleAssignmentPolicy コマンドレットを使用します。詳細については、「管理役割の割り当てポリシーについて」を参照してください。

RoomMailboxPassword

省略可能

System.Security.SecureString

アカウントが有効になっている (EnableRoomMailboxAccount パラメーターの値が $true に設定されている) 会議室メールボックスのパスワードを変更するには、RoomMailboxPassword パラメーターを使用します。

このパラメーターには、(ConvertTo-SecureString -String '<password>' -AsPlainText -Force) という構文を使用します。または、パスワードを入力するよう求めるダイアログを表示し、それを変数として格納するには、コマンド $password = Read-Host "Enter password" -AsSecureString を実行してから、このパラメーターに値 $password を使用します。

RulesQuota

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.ByteQuantifiedSize

RulesQuota パラメーターは、メールボックスの受信トレイ ルールのサイズに対する制限を指定します。値を入力するときは、値に以下の単位のいずれかを付加した形式で記述します。

有効値は、32 ~ 256 キロバイト (32768 ~ 262144 バイト) の数値です。値を入力するときは、値に以下の単位のいずれかを付加した形式で記述します。

  • B (バイト)

  • KB (キロバイト)

通常、単位なしの値はバイトとして扱われますが、小さい値は最も近いキロバイトの値に切り上げられます。

既定値は、64 キロバイト (65536 バイト) です。

noteメモ:
受信トレイ ルールのクォータは、有効になっているルールにのみ適用されます。1 つのメールボックスに設定できる無効になったルールの数に制限はありません。ただし、有効なルールもしくはアクティブなルールの合計サイズは、このパラメーターで指定された値を超えることはできません。

SamAccountName

省略可能

System.String

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SamAccountName パラメーター (Windows 2000 より前のユーザー アカウントまたはグループ名とも呼ばれます) は、古いバージョンの Microsoft Windows クライアントおよびサーバー オペレーティング システムと互換性があるオブジェクト識別子を指定します。値には、文字、数字、スペース、ピリオド (.)、!、#、$、%、^、&、-、_、{、}、~ 記号を含めることができます。最後の文字をピリオドにすることはできません。Unicode 文字は使用できますが、アクセント付き文字では競合が発生する可能性があります (たとえば、o と ö の一致)。最大の長さは 20 文字です。

SCLDeleteEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLDeleteEnabled パラメーターは、SCLDeleteThreshold パラメーターで指定された Spam Confidence Level (SCL) 以上のメッセージを警告なしに削除するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true SCLDeleteThreshold 値以上のメッセージは、配信不能レポート (NDR) を送信せずに警告なしに削除されます。

  • $false SCLDeleteThreshold 値以上のメッセージは削除されません。

  • $null (空白)   値は構成されません。これは既定の値です。

SCLDeleteThreshold

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLDeleteThreshold パラメーターは、SCL による削除のしきい値を指定します。SCLDeleteEnabled パラメーターが $true に設定されている場合は、SCL が指定された値以上のメッセージは警告なしに削除されます。

有効値は 0 ~ 9 の整数です。この値は他の SCL*Threshold 値を上回っている必要があります。

SCLJunkEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLJunkEnabled パラメーターは、SCLJunkThreshold パラメーターで指定された SCL を超える (等しい場合を含まない) メッセージを迷惑メール フォルダーに移動するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true SCLJunkThreshold 値を超えるメッセージは、迷惑メール フォルダーに移動されます。SCLJunkThreshold 値と一致するメッセージは、迷惑メール フォルダーに移動されません。

  • $false SCLJunkThreshold 値以上のメッセージは、迷惑メール フォルダーに移動されません。

  • $null (空白)   値は構成されません。これは既定の値です。

SCLJunkThreshold

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLJunkThreshold パラメーターは、SCL 迷惑メール フォルダーのしきい値を指定します。SCLJunkEnabled パラメーターが $true に設定されている場合は、SCL が指定された値を上回っている (等しい場合を含まない) メッセージが迷惑メール フォルダーに移動されます。

有効値は 0 ~ 9 の整数です。この値は他の SCL*Threshold 値を下回っている必要があります。

SCLQuarantineEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLQuarantineEnabled パラメーターは、SCLQuarantineThreshold パラメーターで指定された SCL 以上のメッセージを検疫するかどうかを指定します。メッセージが検疫された場合は、管理者が確認可能な検疫メールボックスに送信されます。有効な値は次のとおりです。

  • $true SCLQuarantineThreshold 値以上のメッセージは、検疫メールボックスに送信されます。

  • $false SCLQuarantineThreshold 値以上のメッセージは、検疫メールボックスに送信されません。

  • $null (空白)   値は構成されません。これは既定の値です。

検疫メールボックスを構成するには、「スパム検疫メールボックスの構成」を参照してください。

SCLQuarantineThreshold

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLQuarantineThreshold パラメーターは、SCL による検疫のしきい値を指定します。SCLQuarantineEnabled パラメーターが $true に設定されている場合は、SCL が指定された値以上のメッセージが検疫されます。

有効値は 0 ~ 9 の整数です。この値は SCLRejectThreshold 値を下回る必要がありますが、SCLJunkThreshold 値を上回る必要もあります。

SCLRejectEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLRejectEnabled パラメーターは、SCLRejectThreshold パラメーターで指定された SCL 以上のメッセージを拒否するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true SCLRejectThreshold 値以上のメッセージは拒否され、NDR が送信者に送信されます。

  • $false SCLRejectThreshold 値以上のメッセージは拒否されません。

  • $null (空白)   値は構成されません。これは既定の値です。

SCLRejectThreshold

省略可能

System.Int32

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

SCLRejectThreshold パラメーターは、SCL による拒否のしきい値を指定します。SCLRejectEnabled パラメーターが $true に設定されている場合は、SCL が指定された値以上のメッセージは拒否され、NDR が送信者に送信されます。

有効値は 0 ~ 9 の整数です。この値は SCLDeleteThreshold 値を下回る必要がありますが、SCLQuarantineThreshold 値を上回る必要もあります。

SecondaryAddress

省略可能

System.String

SecondaryAddress パラメーターは、UM が有効なユーザーが使用するセカンダリ アドレスを指定します。

SecondaryDialPlan

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.UMDialPlanIdParameter

SecondaryDialPlan パラメーターは、使用するセカンダリ UM ダイヤル プランを指定します。このパラメーターは、セカンダリ プロキシ アドレスを作成するために指定します。

SendModerationNotifications

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.Recipient.TransportModerationNotificationFlags

SendModerationNotifications パラメーターは、モデレート通知メッセージを送信するタイミングを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • Always   メッセージが承認されない場合、すべての送信者に通知する。これは既定値です。

  • Internal   メッセージが承認されない場合、組織内の送信者に通知する。

  • Never   メッセージが承認されない場合、だれにも通知しない。

このパラメーターは、モデレートが有効な場合にのみ、意味があります (ModerationEnabled パラメーターに値 $true が指定されている)。

SharingPolicy

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.SharingPolicyIdParameter

SharingPolicy パラメーターは、メールボックスに割り当てる共有ポリシーを指定します。共有ポリシーを一意に識別する任意の値を使用できます。たとえば、次のように入力します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

使用可能な共有ポリシーを確認するには、Get-SharingPolicy コマンドレットを使用します。

SiloName

省略可能

System.String

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

SimpleDisplayName

省略可能

System.String

SimpleDisplayName パラメーターは、使用できる文字が限定されている場合にオブジェクトの代替説明を表示するために使用されます。使用できる文字は次のとおりです。

  • a ~ z

  • A ~ Z

  • 0 - 9

  • "<space>"、"""、"'"、"("、")"、"+"、","、"-"、"."、"/"、":"、"?"。

SingleItemRecoveryEnabled

省略可能

System.Boolean

SingleItemRecoveryEnabled パラメーターは、回復項目フォルダーの削除を禁止するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true 単一アイテムの回復を有効にします。[回復項目] フォルダーは削除できません。削除されたアイテムや編集されたアイテムも削除できません。

  • $false 単一アイテムの回復を有効にしません。[回復項目] フォルダーを削除できます。削除されたアイテムや編集されたアイテムも削除できます。これが既定値です。

SkipDualWrite

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

SkipMailboxProvisioningConstraintValidation

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

StartDateForRetentionHold

省略可能

System.DateTime

StartDateForRetentionHold パラメーターは、メールボックスに配置されるアイテム保持ホールドの開始日を指定します。

コマンドを実行しているコンピューターの [地域のオプション] 設定で定義されている短い日付形式を使用します。たとえば、短い日付形式 mm/dd/yyyy を使用するようにコンピューターが構成されている場合は、「09/01/2015」と入力して 2015 年 9 月 1 日を指定します。日付のみを入力したり、日付と時刻を入力したりすることができます。日付と時刻を入力する場合は、値を引用符 (”) で囲む必要があります (例: "09/01/2015 5:00 PM")。

このパラメーターを使用するには、RetentionHoldEnabled パラメーターの値を $true に設定する必要があります。

StsRefreshTokensValidFrom

省略可能

System.DateTime

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

SystemMessageSizeShutoffQuota

省略可能

System.Int64

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

SystemMessageSizeWarningQuota

省略可能

System.Int64

このパラメーターは、Microsoft の内部使用目的に予約されています。

ThrottlingPolicy

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.ThrottlingPolicyIdParameter

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

ThrottlingPolicy パラメーターは、メールボックスに割り当てる調整ポリシーを指定します。調整ポリシーを一意に識別する任意の値を使用できます。たとえば、次のように入力します。

  • 名前

  • 識別名 (DN)

  • GUID

使用可能な調整ポリシーを確認するには、Get-ThrottlingPolicy コマンドレットを使用します。

Type

省略可能

Microsoft.Exchange.Management.RecipientTasks.ConvertibleMailboxSubType

Type パラメーターは、メールボックスの種類を指定します。有効な値は次のとおりです。

  • Regular

  • Room

  • Equipment

  • Shared

UMDataStorage

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

UMDataStorage パラメーターは、調停メールボックス (組織メールボックスとも呼ばれる) が UM 呼び出しデータ レコードと UM カスタム プロンプトの保存に使用されるかどうかを指定します。この機能は、組織の 1 つの調停メールボックスにのみ割り当てることができます。このパラメーターは調停メールボックスに対してしか使用できません。

有効な値は $true または $false です。

UMDtmfMap

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

UMDtmfMap パラメーターは、受信者のデュアルトーン多重周波数 (DTMF) マップの値を指定します。この指定により、ユニファイド メッセージング (UM) 環境で電話のキーパッドを使用して受信者を識別できます。DTMF 値は通常自動的に作成されて更新されますが、このパラメーターを使用することにより手動で変更できます。このパラメーターには、次の構文を使用します。

  • emailAddress:<integers>

  • lastNameFirstName:<integers>

  • firstNameLastName:<integers>

既存のすべてのエントリを上書きする値を入力するには、次の構文を使用します: emailAddress:<integers>lastNameFirstName:<integers>firstNameLastName:<integers>

この構文を使用して DTMF マップ値のいずれかを省略すると、それらの値が受信者から削除されます。たとえば、emailAddress:<integers> のみを指定した場合、既存のすべての lastNameFirstName の値と firstNameLastName の値が削除されます。

既存のエントリに影響を及ぼさずに値を追加または削除するには、次の構文を使用します: @{Add="emailAddress:<integers>","lastNameFirstName:<integers>","firstNameLastName:<integers>"; Remove="emailAddress:<integers>","lastNameFirstName:<integers>","firstNameLastName:<integers>"}

この構文を使用する際は、DTMF マップ値をすべて指定する必要はなく、また複数の DTMF マップ値を指定することもできます。たとえば、@{Add="emailAddress:<integers1>","emailAddress:<intgers2>} を使用して、既存の lastNameFirstName の値と firstNameLastName の値に影響を与えずに emailAddress に 2 つの新しい値を追加できます。

UMGrammar

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

UMGrammar パラメーターは、調停メールボックス (組織メールボックスとも呼ばれる) が組織の UM ディレクトリ音声認識文章校正の生成に使用されるかどうかを指定します。UM ディレクトリ音声認識文章校正は、この調停メールボックスのメールボックス サーバー上で生成され使用されます。UM ディレクトリ音声認識文章校正は、UM 自動応答などの音声認識対応のディレクトリ検索機能で使用されます。このパラメーターは調停メールボックスに対してしか使用できません。

有効な値は $true または $false です。

UseDatabaseQuotaDefaults

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

UseDatabaseQuotaDefaults パラメーターは、メールボックスがメールボックス データベースで構成されている該当するクォータ値を使用するのか、メールボックスで構成されている該当するクォータ値を使用するのかを指定します。有効な値は次のとおりです。

  • $true メールボックスは、メールボックス データベースで構成されている、該当するクォータ値を使用します。メールボックスで直接構成されたクォータ値は無視されます。

  • $false  メールボックスは、該当するクォータ値に対して独自の値を使用します。メールボックス データベース上のクォータ値は無視されます。

Office 365 では、既定値は $false です。オンプレミスの Exchange では、既定値は $true です。

該当するクォータ値は次のとおりです。

  • CalendarLoggingQuota

  • IssueWarningQuota

  • ProhibitSendQuota

  • ProhibitSendReceiveQuota

  • RecoverableItemsQuota

  • RecoverableItemsWarningQuota

UseDatabaseRetentionDefaults

省略可能

System.Boolean

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

UseDatabaseRetentionDefaults パラメーターは、メールボックスがメールボックス データベースで構成された MailboxRetention 属性値を使用するかどうかを指定します。この値は、削除されたメールボックスが永久に削除 (パージ) される前にデータベースに保持される期間を制御します。既定値は 30 日です。有効な値は次のとおりです。

  • $true   メールボックスは、メールボックス データベースで構成された MailboxRetention 値を使用します。これは既定の値です。

  • $false  メールボックスは削除されると、無期限に保持されます。

UserCertificate

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

UserCertificate パラメーターには、ユーザーの電子メール メッセージの署名に使用するデジタル証明書を指定します。

UserPrincipalName

省略可能

System.String

UserPrincipalName パラメーターは、ユーザー アカウントのログオン名を指定します。UPN では、メール アドレスの形式 <username>@<domain> を使用します。通常、<domain> の値は、ユーザー アカウントが存在するドメインです。

UserSMimeCertificate

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange 2016 でのみ使用可能です。

UserSMimeCertificate パラメーターは、ユーザーの電子メール メッセージの署名に使用される S/MIME 証明書を指定します。

WhatIf

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

WhatIf スイッチは、コマンドの操作をシミュレートします。このスイッチを使用すると、実際にその変更内容を適用せずに、発生する変更を確認できます。このスイッチに値を指定する必要はありません。

WindowsEmailAddress

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.SmtpAddress

WindowsEmailAddress パラメーターは、この受信者の Windows のメール アドレスを指定します。これは、すべての環境 (Exchange のない環境を含む) に存在する共通の Active Directory 属性です。WindowsEmailAddress パラメーターを受信者に対して使用すると、次のいずれかの結果になります。

  • 受信者がメール アドレス ポリシーの対象になる (その受信者に対して EmailAddressPolicyEnabled プロパティが値 True に設定されている) オンプレミス環境では、WindowsEmailAddress パラメーターは WindowsEmailAddress プロパティまたはプライマリ メール アドレスの値に影響を与えません。

  • 受信者がメール アドレス ポリシーの対象ではない (その受信者に対して EmailAddressPolicyEnabled プロパティが値 False に設定されている) クラウド環境またはオンプレミス環境では、WindowsEmailAddress パラメーターによって WindowsEmailAddress プロパティおよびプライマリ メール アドレスが同じ値に更新されます。

WindowsEmailAddress プロパティは、[Active Directory ユーザーとコンピューター] の受信者に対して [電子メール] 属性で表示されます。属性の共通名は E-mail-Addresses であり、Ldap-Display-Namemail です。この属性を Active Directory で変更した場合、受信者のプライマリ メール アドレスは同じ値に更新されません。

WindowsLiveID

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.SmtpAddress

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

WindowsLiveID パラメーターは、メールボックスに関連付けられた Microsoft アカウント (以前は Windows Live ID と呼ばれていた) の名前を変更します。

このコマンドレットに使用できる入力の種類を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。コマンドレットで入力の種類のフィールドが空白の場合、そのコマンドレットには入力データを指定できません。

このコマンドレットに使用できる戻り値の型 (出力の種類) を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。出力の種類のフィールドが空白の場合、コマンドレットはデータを返しません。

 
表示: