Windows の /3GB 起動スイッチを設定する方法

 

トピックの最終更新日: 2006-04-19

Windows Server 2003 では、メモリとメモリ アドレス スペースの使用割り当てを調整するための、起動スイッチがサポートされます。システムに搭載されている物理メモリの量にかかわらず、Windows は 4 GB の仮想アドレス スペースを使用します。このうちの 2 GB をユーザー モード プロセス (アプリケーションなど) に割り当て、残りの 2 GB をカーネル モード プロセス (オペレーティング システムやカーネル モード ドライバなど) に割り当てます。1 GB 以上の物理メモリを搭載するシステムでは、これらの 2 つの起動スイッチを使用して、アプリケーションに割り当てるメモリを (3 GB に) 増やし、オペーレーティング システムに割り当てるメモリを (1 GB に) 制限することができます。この追加の仮想アドレス スペースは、Exchange インフォメーション ストア プロセスの仮想アドレス スペースでメモリの断片化を削減するために役立ちます。

/3GB スイッチは、この割り当ての変更に使用します。スイッチはシステムの boot.ini ファイルに記述し、再起動後に有効になります。

このトピックの手順を実行する前に、以下の点に注意してください。

/3GB スイッチは、次のオペレーティング システムのみでサポートされます。

  • Windows 2000 Advanced Server
  • Windows 2000 Datacenter Server
  • Windows Server 2003 Standard Edition
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition
  • Windows Server 2003 Datacenter Edition
important重要 :
/3GB スイッチは、Windows 2000 Server では使用しないでください。これらのオペレーティング システムでは、/3GB スイッチはサポートされません。アプリケーションまたはオペレーティング システムがクラッシュする可能性があります。

  1. [マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [詳細設定] タブをクリックします。

  3. [起動と回復] の [設定] をクリックします。[起動と回復] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [起動システム] の [編集] をクリックします。Windows の boot.ini ファイルが、メモ帳で表示されます。

  5. [Operating Systems] セクションで、/fastdetect スイッチを含む起動行の終わりに、/3GB のスイッチを追加します。

  6. 変更を保存して、メモ帳を閉じます。

  7. [OK] を 2 回クリックして、ダイアログ ボックスを閉じます。次に、コンピュータを再起動して、変更内容を有効にします。

  1. Windows エクスプローラで、システム パーティションに移動します。このパーティションには、Boot.ini や NTLDR などの、ハードウェア特有の Windows ファイルが保持されています。

  2. Boot.ini ファイルが表示されない場合は、[フォルダ オプション] が [保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] に設定されていることが考えられます。この場合、エクスプローラのウィンドウで、[ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックし、[表示] タブをクリックします。[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない (推奨)] チェック ボックスをオフにします。メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

  3. エクスプローラに Boot.ini ファイルが表示されたら、そのファイルを右クリックして [プログラムから開く] をクリックします。次に、[Notepad] をクリックしてファイルを開きます。

  4. [Operating Systems] セクションで、"multi" で始まる行の最後に /3GB スイッチを追加します。

  5. 変更を保存して、メモ帳を閉じます。

  6. コンピュータを再起動して、変更内容を有効にします。

 
表示: