グローバル アドレス一覧の作成

 

適用先:Exchange Online, Exchange Server 2013

トピックの最終更新日:2014-12-16

グローバル アドレス一覧 (GAL) は、MicrosoftExchange が実装されている組織内のすべてのグループ、ユーザー、連絡先のエントリが含まれているディレクトリです。組織でアドレス帳ポリシーを使用する場合、追加の GAL を作成できます。詳しくは、「アドレス帳ポリシー」をご覧ください。

アドレス一覧に関連する追加の管理タスクについては、「アドレス一覧の手順」を参照してください。

  • 各手順の推定完了時間:5 分。

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「電子メール アドレスおよびアドレス帳のアクセス許可」の「アドレス一覧」。

  • Exchange Online の既定では、アドレス一覧の役割はどの役割グループにも割り当てられません。アドレス一覧の役割を必要とするコマンドレットを使用するには、その役割を役割グループに追加してください。詳細については、トピック「役割グループの管理」の「役割グループに役割を追加する」を参照してください。

  • Exchange 管理センター (EAC) を使用してこの手順を実行することはできません。シェルを使用する必要があります。

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。

ヒントヒント:
問題がある場合は、Exchange のフォーラムで質問してください。 次のフォーラムにアクセスしてください。Exchange ServerExchange Online、 または Exchange Online Protection

この例では、メールボックス ユーザーかつ彼らの会社が Contoso と一覧表示されている受信者に対して、GAL_Contoso という名前の GAL を作成します。

New-GlobalAddressList -Name "GAL_Contoso" -IncludedRecipients MailboxUsers -ConditionalCompany Contoso
メモメモ:
既定の条件付きフィルター プロパティを使用している場合、IncludedRecipients パラメーターを空白にすることはできません。

構文およびパラメーターの詳細については、「New-GlobalAddressList」を参照してください。

この例では、CustomAttribute15 パラメーターの値が AgencyA である受信者に対して、GAL_AgencyA という名前の GAL を作成します。

New-GlobalAddressList -Name "GAL_AgencyA" -RecipientFilter {CustomAttribute15 -like "AgencyA"}

構文およびパラメーターの詳細については、「New-GlobalAddressList」を参照してください。

 
表示: