ストレージ グループの循環ログを有効または無効にする方法

Exchange 2007
 

適用先: Exchange Server 2007 SP3, Exchange Server 2007 SP2, Exchange Server 2007 SP1, Exchange Server 2007

トピックの最終更新日: 2007-08-02

ここでは、Exchange 管理コンソールまたは Exchange 管理シェルを使用して、ストレージ グループの循環ログを有効または無効にする方法について説明します。循環ログでは、トランザクション ログ ファイルに含まれているデータがデータベースにコミットされた後に、Microsoft Exchange がトランザクション ログ ファイルを上書きできます。循環ログを運用環境で使用することはお勧めできません。

この手順を実行するには、使用するアカウントに次の役割が委任されている必要があります。

  • Exchange サーバー管理者の役割および対象サーバーのローカルの Administrators グループ

アクセス許可、役割の委任、および Exchange Server 2007 を管理するために必要な権限の詳細については、「アクセス許可に関する考慮事項」を参照してください。

important重要 :
Exchange 2007 では、循環は既定で無効になっています。循環ログを有効にすると、必要なドライブ容量を減らすことができます。ただし、最後の完全バックアップより新しいデータは、トランザクション ログ ファイル一式がなければ回復できません。このため、通常の運用環境で循環ログを使用することはお勧めできません。

  1. Exchange 管理コンソールを起動します。

  2. コンソール ツリーで [サーバーの構成] を展開し、[メールボックス] をクリックします。

  3. 作業ウィンドウで、有効または無効にするストレージ グループを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。[<ストレージ グループ名> のプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [循環ログを有効にする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  5. [OK] をクリックします。

  6. 循環ログ設定への変更を有効にするには、Microsoft Exchange Information Store サービスを再起動するか、ストレージ グループ内のすべてのデータベースをマウント解除してからマウントします。

    Caution注意 :
    Microsoft Exchange Information Store サービスの再起動中は、ユーザーはサーバー上のメールボックスおよびパブリック フォルダを使用できず、データベースのマウント解除およびマウント中は、データベース内のメールボックスおよびパブリック フォルダを使用できません。

  • 循環ログを有効にするには、次のコマンドを実行します。

    Set-StorageGroup -Identity "First Storage Group" -CircularLoggingEnabled $true
    
  • 循環ログを無効にするには、次のコマンドを実行します。

    Set-StorageGroup -Identity "First Storage Group" -CircularLoggingEnabled $false
    
  • 循環ログ設定への変更を有効にするには、Microsoft Exchange Information Store サービスを再起動するか、ストレージ グループ内のすべてのデータベースをマウント解除してからマウントします。

    Caution注意 :
    Microsoft Exchange Information Store サービスの再起動中は、ユーザーはサーバー上のメールボックスおよびパブリック フォルダを使用できず、データベースのマウント解除およびマウント中は、データベース内のメールボックスおよびパブリック フォルダを使用できません。

構文およびパラメータの詳細については、関連トピック「Set-StorageGroup」を参照してください。

Exchange 2007 の循環ログおよびトランザクション ログの詳細については、「トランザクション ログについて」を参照してください。

参照している情報が最新であることを確認したり、他の Exchange Server 2007 ドキュメントを見つけたりするには、Exchange Server TechCenter を参照してください。
表示: