外部ポストマスタのアドレスの管理

 

適用先: Exchange Server 2007 SP3, Exchange Server 2007 SP2, Exchange Server 2007 SP1, Exchange Server 2007

トピックの最終更新日: 2007-08-20

ここでは、外部ポストマスタのアドレスの構成および管理について説明します。外部ポストマスタのアドレスは、Microsoft Exchange Server 2007 組織外に存在するメッセージ送信者に送信され、システムによって生成されるメッセージおよび通知の送信者として使用されます。外部送信者とは、Exchange 2007 組織の承認済みドメイン一覧に定義されていないドメインを含む電子メール アドレスを持つ送信者のことです。

外部ポストマスタのアドレスの構成は、ハブ トランスポート サーバーの役割またはエッジ トランスポート サーバーの役割を持ち Exchange 2007 を実行しているすべてのコンピュータ上にある Set-TransportServer コマンドレットの ExternalPostmasterAddress パラメータで制御されます。既定では、すべてのハブ トランスポート サーバーおよびエッジ トランスポート サーバーの ExternalPostmasterAddress パラメータは $null 値に設定されます。この $null 値により、Exchange 組織内のハブ トランスポート サーバーおよびエッジ トランスポート サーバーで以下の動作が発生します。

  • Exchange 組織のすべてのハブ トランスポート サーバーまたは Exchange 組織で購読済みのエッジ トランスポート サーバーの場合、外部ポストマスタのアドレスは "postmaster@<既定の承認済みドメイン>" です。
  • Exchange 組織で購読されていないエッジ トランスポート サーバーの場合、外部ポストマスタのアドレスは "postmaster@<エッジ トランスポート サーバー FQDN>" です。
    エッジ トランスポート サーバーが Exchange 組織で購読されるようになると、外部ポストマスタのアドレスは "postmaster@<既定の承認済みドメイン>" になります。Exchange 組織でエッジ トランスポート サーバーを購読する方法の詳細については、「Exchange 組織でのエッジ トランスポート サーバーの購読」を参照してください。

次の手順を実行するには、使用するアカウントに以下の権限が委任されている必要があります。

  • Exchange 組織管理者の役割

エッジ トランスポート サーバーの役割がインストールされているコンピュータで以下の手順を実行するには、そのコンピュータのローカルの Administrators グループのメンバであるアカウントを使用してログオンする必要があります。

Exchange 2007 を管理するために必要なアクセス許可、役割の委任、および権限の詳細については、「アクセス許可に関する考慮事項」を参照してください。

多くの Exchange 組織の場合、外部ポストマスタのアドレスの既定値は正しい値になっています。ただし、トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを変更する必要がある場合があります。

note注 :
外部ポストマスタのアドレスにカスタム値を指定した場合、その値は Exchange 組織で購読の対象となっているどのエッジ トランスポート サーバーにもレプリケートされません。外部ポストマスタのアドレスにカスタム値を指定する場合は、エッジ トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを手動で構成する必要があります。

Set-TransportServer コマンドレットを使用して構成されたパラメータは、そのコマンドレットを実行したハブ トランスポート サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーにのみ適用されます。

Exchange 管理シェルを使用して、1 つのハブ トランスポート サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを変更するには、次の操作を行います。
  • 次のコマンドを実行します。

    Set-TransportServer <TransportServerName> -ExternalPostmasterAddress <ExternalPostmasterSMTPAddress>
    

    たとえば、Hub01 という名前のトランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを "postmaster@contoso.com" に設定するには、次のコマンドを実行します。

    Set-TransportServer Hub01 -ExternalPostmasterAddress postmaster@contoso.com
    

Exchange 管理シェルでパイプライン処理を使用して、Exchange 組織内のすべてのハブ トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを同時に変更できます。

Exchange 管理シェルを使用して、Exchange 組織内のすべてのハブ トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを変更するには、次の操作を行います。
  • 次のコマンドを実行します。

    Get-TransportServer | Set-TransportServer -ExternalPostmasterAddress <ExternalPostmasterSMTPAddress>
    

    たとえば、Exchange 組織内のすべてのハブ トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを "postmaster@contoso.com" に設定するには、次のコマンドを実行します。

    Get-TransportServer | Set-TransportServer -ExternalPostmasterAddress postmaster@contoso.com
    
note注 :
パイプライン処理を使用して、複数のエッジ トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスを同時に変更することはできません。各エッジ トランスポート サーバーで外部ポストマスタのアドレスをそれぞれ変更する必要があります。

既定では、メールボックスまたはその他の受信者オブジェクトは、Exchange 組織内に定義された承認済みドメインのポストマスタの電子メール アドレスに送信されるメッセージを受信するように構成されません。RFC 2822 に従い、各メール ドメインは定義済みポストマスタのアドレスを保持する必要があります。この要件に準拠するために、以下のいずれかの操作を実行します。

  • "Postmaster" という新規メールボックスを作成します。Exchange 組織の既定の電子メール アドレス ポリシーでは、SMTP アドレス "postmaster@<権限のあるドメイン>" が自動的にメールボックスに追加されます。
  • ポストマスタの電子メール アドレスを既存のメールボックスに追加します。

詳細については、以下のトピックを参照してください。

参照している情報が最新であることを確認したり、他の Exchange Server 2007 ドキュメントを見つけたりするには、Exchange Server TechCenter を参照してください。
表示: