Exchange Server の各バージョンでサポートされている Outlook 2013 の機能

 

適用先:Office 365 ProPlus, Outlook 2013

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要:   Exchange Server の各バージョンでサポートされている Outlook 2013 の機能について説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

Outlook 2013 は複数の電子メール サーバーとうまく連動しますが、Outlook を Microsoft Exchange Online または最新バージョンの Exchange Server と一緒に使用することによってより豊富な機能セットを利用できます。Exchange Server 2013 と Exchange Online で使用可能な Outlook 2013 の機能には、Outlook 用アプリ、データ損失防止、サイト メールボックスなどがあります。

メモメモ:
Outlook 2013 は、Microsoft Exchange Server 2003 またはそれより前のバージョンの Exchange を実行しているコンピューターに接続できません。

下の表は、Exchange Server の各バージョンでサポートされている Outlook 2013 の機能を示しています。

Exchange Server の各バージョンでサポートされている Outlook 2013 の機能

Outlook 2013 の機能 Exchange 2013 / Exchange Online Exchange 2010 Exchange Server 2007 SP2/SP3

Windows Rights Management サービス (RMS) が電子メールをサポートする。

X

X

X

ユーザーがオンラインで作業できるようにするユーザーのメールボックスのローカル コピー (Exchange キャッシュ モード)。

X

X

X

検索フォルダーに過去に定義した Outlook フォルダーの検索クエリが表示される。

X

X

X

Outlook Anywhere (RPC over HTTP) 接続が自動的に構成される。

X

X

X

Exchange Server 設定がインターネット上で自動的に検出される (自動検出)。

X

X

X

Exchange サーバーが複数フォレスト環境で自動的に発見される。

X

X

X

不在時の改善: 社内向けと社外向けで別々の不在時メッセージ、外部応答は連絡先フォルダーのエントリ、応答メッセージの HTML 形式、指定された期間にスケジュールされている不在時応答に制限できる。

X

X

X

ボイス メール メッセージを電子メールで配信できる。

X

X

X

管理フォルダーが組織による電子メールとその他の通信手段に関連付けられた法的リスクの軽減を支援できる。

X

X

X

スケジュール アシスタントがユーザーによる会議に最適な時間の決定を支援し、会議室の空き状況を簡単に確認できるようにする。

X

X

X

空き時間情報サービスを使用しているユーザーの空き時間情報が常に最新である。

X

X

X

仮の予定表の予約が Exchange Server 上で管理される。ユーザーは Outlook を実行しなくても、他のユーザーの新しい会議の招待に対する空き時間ステータスを確認できる。

X

X

X

より大きなメールボックスがサポートされる。最大データ ファイル サイズが Outlook 2007 の 2.5 倍に増加した。

X

X

X

Sender ID によるスパム対策が組織に送られてくる未承諾の電子メール メッセージの数を削減できる。

X

X

X

グローバル アドレス一覧 (GAL) 内に同僚の写真を表示できる。

X

X

X

会議のスケジューリングで、会議室の検索が出席者の空き時間に基づいて会議に最適な時間を提案する。

X

X

X

メール ヒントがユーザーによる機密情報の送信時の正しい選択を支援できる。

X

X

フェデレーションを使用することによって、予定表の詳細を外部のビジネス パートナーと共有できる。

X

X

Microsoft Speech Technology がボイス メール メッセージをユーザーが電子メールやテキスト メッセージで受信するテキストに変換する。

X

X

RMS で保護されたボイス メールを使用すれば、暗号化したボイル メールをユーザーのメールボックスに送信できる。

X

X

個人のオンライン アーカイブが個人用フォルダー ファイル (.pst) の必要性を排除する。

X

X

メッセージ追跡を使用すれば、電子メール メッセージが配信されたことを確認できる。

X

X

Exchange 管理者は特定の Outlook 用アプリ の使用をエンド ユーザーに許可できる。

X

データ損失防止機能が機密データの保護を支援し、ユーザーに内部コンプライアンス ポリシーを伝達する。

X

サイト メールボックスが同じクライアント インターフェイスから SharePoint 2013 ドキュメントと Exchange 電子メールの両方にアクセスできるようにすることによって、グループ作業とユーザー生産性を向上させる。

X

メモメモ:
  • 社内で Exchange Server を使用している環境に、Exchange Online を追加して共存させる計画がある場合は、次の 2 つのことを考慮する必要があります。

    • クロスプレミス管理者委任は存在しません。管理者のアカウントが Exchange Online 上に存在する場合は、代理人のアカウントも Exchange Online 上に存在する必要があります。

    • 社内のアカウントは、Exchange Online 上のアカウントに対する "差出人を指定して送信する" 権限を持つことはできません。

  • また、社内の Exchange Server と Exchange Online ではユーザー認証方法が異なることにも注意してください。Exchange Online ユーザーは、電子メール アドレス (ユーザー名として) とパスワードを入力します。ただし、ユーザーはパスワードを 1 回入力するだけで済むように、保存することができます。

Outlook と Exchange Server のバージョンがどのように連動するかに関する詳細情報を以下に列挙します。

表示: