Office 2013 のプライバシー オプションの計画

 

適用先:Office 2013, Office 365 ProPlus

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 2013 のプライバシー設定で個人情報の開示を制御する方法について説明します。

[Office へようこそ] エクスペリエンスでは、Office 2013 アプリケーションの保護と改善に役立つインターネット ベースのいくつかのサービスを有効化または無効化することができます。[Office へようこそ] エクスペリエンスの詳細については、Office.com の記事の「Microsoft のプライバシーに関する声明」を参照してください。

 

Office セキュリティに導くロードマップの矢印。

この記事は、Office 2013 のセキュリティのガイドに含まれています。このロードマップは、Office 2013のセキュリティの評価に役立つ記事、ダウンロード、ポスター、ビデオなどを参照する際の出発点として使用します。

個々の Office 2013 アプリケーションのセキュリティ情報をお探しの場合は、Office.com で "2013 セキュリティ" を検索してください。

この記事の内容

Office 2013 を初めて開始するときは、[Office へようこそ] 最初の実行エクスペリエンスを実行します。


[Office などの製品の重要な更新プログラムと推奨される更新プログラムをインストールします] を選択した場合

  • Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 の各オペレーティング システムおよび Office 2013 アプリケーションに関する推奨される更新プログラムおよび重要な更新プログラムが自動的にインストールされます。ユーザーは新しいオプション ソフトウェアに関する通知を受け取ります。

  • アプリケーションは、Office.com に接続して更新されたヘルプ コンテンツを取得できます。また、インストールされている Office 2013 アプリケーションの対象を絞ったヘルプ コンテンツを受け取ることができます。

  • アプリケーションは、システム上の問題の特定に役立つ小さなファイルを定期的にダウンロードし、Microsoft へのエラー レポートの送信を求めるメッセージをユーザーに対して表示できます。

  • ユーザーは、インストールした SKU に応じてカスタマー エクスペリエンス向上プログラムまたは Office Personalized Experience Program (OPEP) に参加できます。OPEP の詳細については、Office.com の記事の「Microsoft Office Personalized Experience Program」を参照してください。CEIP の詳細については、「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」を参照してください。

[更新プログラムのみをインストールする] を選択した場合は、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows Vista、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 の各オペレーティング システムおよび Office 2013 アプリケーションに関する推奨される更新プログラムおよび重要な更新プログラムが自動的にインストールされます。ユーザーは新しいオプション ソフトウェアに関する通知を受け取ります。ただし、Office 2013 アプリケーションのプライバシー オプションは変更されません。したがって、既定のプライバシー オプションが有効になります。[変更しない] を選択した場合は、Windows セキュリティ センターの自動更新は変更されず、Office 2013 のプライバシー オプションも変更されません。既定のプライバシー オプションが有効になります。

Office 2013 アプリケーションの既定のプライバシー オプションは次のとおりです。

  • Office 2013 アプリケーションは、Office.com に接続して更新されたヘルプ コンテンツを取得しません。また、Office アプリケーションはユーザーのコンピューターで検出されません。ユーザーは、ヘルプを検索しても最適な結果を得られません。

  • Office 2013 アプリケーションは、問題の診断に役立つ小さなプログラムをダウンロードしません。また、エラー メッセージ情報は Microsoft に送信されません。

  • ユーザーはカスタマー エクスペリエンス向上プログラムに登録されません。

[Office へようこそ] エクスペリエンスでは、インターネット ベースのいくつかのサービスを有効化または無効化できるため、このダイアログ ボックスが表示されないようにして、代わりにサービスを個別に構成することもできます。このダイアログ ボックスを表示しない場合は、インターネット ベースのサービスをすべて有効化することをお勧めします。これは、プライバシー オプションを構成することで実現できます。

メモメモ:
Office カスタマイズ ツール (OCT) と Office 2013 管理用テンプレートにおけるセキュリティ設定の構成方法についての詳細は、「OCT またはグループ ポリシーを使用した Office 2013 のセキュリティの構成」を参照してください。

[Office へようこそ] エクスペリエンスを抑制するには、[推奨設定ダイアログを表示しない] 設定を有効にします。このグループ ポリシー設定は、グループ ポリシー オブジェクト エディターの "ユーザーの構成\管理用テンプレート\(ADM\ADMX)\Microsoft Office 2013\その他" にあります。この設定により、ユーザーが初めて Office 2013 を起動したときに [Office へようこそ] エクスペリエンスが表示されなくなります。この設定を有効にした場合、自動更新機能は変更されず、インターネット ベースのサービスを制御するプライバシー オプションは有効化されません。

特定のプライバシー オプションを有効化せずに [Office へようこそ ] エクスペリエンスを抑制すると、Office 2013 アプリケーションを改善するいくつかの機能が無効化されます。また、コンピューターがセキュリティ上の脅威にさらされる可能性があります。したがって、この設定を有効化する場合は、「Office 2013 のプライバシー オプションの構成」で説明するすべてのプライバシー オプションも有効化することをお勧めします。

高度に制限されたセキュリティ環境を有する組織やインターネット アクセスが制限されたセキュリティ環境を有する組織を含む多くの組織でこの設定は有効にされています。

Office 2013 には、個人情報の開示を制御できる設定があります。このような設定は、多くの場合プライバシー オプションと呼ばれます。組織のセキュリティ要件に合うように各設定を有効化または無効化することができます。ただし、[Office へようこそ] エクスペリエンスを抑制する場合は、次の設定もすべて有効化することをお勧めします。

グループ ポリシー設定名: [オンライン コンテンツのオプション]。このグループ ポリシー設定は、グループ ポリシー オブジェクト エディターの "ユーザーの構成\管理用テンプレート\(ADM\ADMX)\Microsoft Office 2013\ツール | オプション | 全般 | サービス オプション… \オンライン コンテンツ" にあります。

  • 説明: この設定は、Office 2013 ヘルプ システムが Office.com からヘルプ コンテンツをダウンロードできるかどうかを制御します。次の 3 つのオプションのうちのいずれかを選択できます。

    [オンライン コンテンツまたはエントリ ポイントを表示しない]。ヘルプ システムは、Office.com に接続してコンテンツをダウンロードしません。[Office へようこそ] エクスペリエンスを抑制した場合、あるいは [変更しない] または [更新プログラムのみをインストールする] を選択した場合、これが既定の設定になります。

    [使用可能な場合はオフライン コンテンツのみを検索する]。ヘルプ システムは、Office.com に接続してコンテンツをダウンロードしません。

    [使用可能な場合はオンライン コンテンツを検索する]。ヘルプ システムは、コンピューターがインターネットに接続されている場合に Office.com に接続してコンテンツを取得します。

  • 影響: この設定を有効にし、[オンライン コンテンツまたはエントリ ポイントを表示しない] または [使用可能な場合はオフライン コンテンツのみを検索する] を選択した場合、ユーザーはヘルプ システムから更新されたヘルプ トピックにアクセスできません。また、Office.com からテンプレートを取得することもできません。

  • ガイドライン: ほとんどの組織は、この設定を有効にして [使用可能な場合はオンライン コンテンツを検索する] を選択します。これは、この設定の推奨構成です。ただし、高度に制限されたセキュリティ環境を有する組織やインターネット アクセスが制限されたセキュリティ環境を有する組織は通常、この設定を有効にして [オンライン コンテンツまたはエントリ ポイントを表示しない] を選択します。

グループ ポリシー設定名: [信頼性向上のために小規模な更新プログラムを自動的に受信する]。このグループ ポリシー設定は、グループ ポリシー オブジェクト エディターの "ユーザーの構成\管理用テンプレート\(ADM\ADMX)\Microsoft Office 2013\プライバシー\セキュリティ センター" にあります。

説明: この設定は、Microsoft によるシステム上の問題の診断を可能にする小さなファイルをクライアント コンピューターが定期的にダウンロードするかどうかを制御します。

影響: この設定を有効にした場合は、Microsoft により特定のエラーに関する情報とコンピューターの IP アドレスが収集されます。更新を要求するコンピューターの IP アドレス以外に個人を識別できる情報は Microsoft に送信されません。

ガイドライン: ほとんどの組織はこの設定を有効にします。これは推奨構成です。高度に制限されたセキュリティ環境を有する組織やインターネット アクセスが制限されたセキュリティ環境を有する組織は通常、この設定を無効にします。

グループ ポリシー設定名: [カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) を有効にする]。このグループ ポリシー設定は、グループ ポリシー オブジェクト エディターの "ユーザーの構成\管理用テンプレート\(ADM\ADMX)\Microsoft Office 2013\プライバシー\セキュリティ センター" にあります。

説明: この設定は、ユーザーが Office 2013 を改善できるように CEIP に参加するかどうかを制御します。ユーザーが CEIP に参加すると、Office 2013 アプリケーションは自動的にアプリケーションの使用状況に関する情報を Microsoft に送信します。この情報は、他の CEIP データと共に、Microsoft が問題を解決し、使用頻度の高い製品および機能を改善するのに役立てられます。CEIP は、データの送信に使用されるコンピューターの IP アドレスを除き、ユーザーの名前や住所などの識別情報は収集しません。

影響: この設定を有効にすると、ユーザーは CEIP に参加します。

ガイドライン: この設定を有効にしている組織は多く、有効にすることをお勧めします。制限の多いセキュリティ環境や、インターネット アクセスを制限しているセキュリティ環境には、通常この設定を有効にしません。

グループ ポリシー設定名: [校正ツールを改善する]。このグループ ポリシー設定は、グループ ポリシー オブジェクト エディターの "ユーザーの構成\管理用テンプレート\(ADM\ADMX)\Microsoft Office 2013\ツール\オプション\スペル チェック" にあります。

説明: この設定は、[校正ツールの改善に協力] 機能が Microsoft に利用状況データを送信するかどうかを制御します。[校正ツールの改善に協力] 機能は、ユーザー辞書への追加などの校正ツールの使用状況に関するデータを収集して Microsoft に送信します。約 6 か月が経過すると、Microsoft へのデータの送信を停止し、ユーザーのコンピューターからデータ収集ファイルを削除します。この機能は、カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) への参加を選択すると既定で有効になります。

CEIP などの外部リソースの使用を管理するポリシーが組織にある場合、[校正ツールの改善に協力] 機能を使用するユーザーはこのポリシー違反となることがあります。このポリシー設定を無効にすると、[校正ツールの改善に協力] 機能は校正ツールの使用状況に関する情報を収集せず、Microsoft への送信も行いません。このポリシー設定を構成しない場合の動作は、ポリシーを [有効] に設定したときと同じになります。

影響: この設定を有効にすると、ユーザーは CEIP に参加します。この機能は、個人情報を意図的に収集することはありませんが、固有名詞や口座番号などがスペル ミスまたは文法上のエラーとしてマークされ、送信されるコンテンツの中に含まれる場合があります。ただし、口座番号、住所、電話番号などの数字は、データ収集時にゼロに変換されます。Microsoft は、この情報を Office 校正ツールの有効性の改善にのみ使用し、ユーザーの特定には使用しません。

ガイドライン: この設定を有効にしている組織は多く、有効にすることをお勧めします。制限の多いセキュリティ環境や、インターネット アクセスを制限しているセキュリティ環境には、通常この設定を有効にしません。

Office 2013 アプリケーションのプライバシー開示に関連する設定は他にもあります。特別なセキュリティ環境であるためにプライバシー オプションを変更する場合は、次の設定を評価することをお勧めします。

[パスワードで保護されたファイルのドキュメント メタデータを保護する]   [パスワードを使用して暗号化] 機能を使用する場合にメタデータを暗号化するかどうかを指定します。

[権限が管理されている Office Open XML ファイルのドキュメント メタデータを保護する]   [ユーザー アクセスの制限] 機能を使用する場合にメタデータを暗号化するかどうかを指定します。

[変更履歴またはコメントを含むファイルを印刷、保存、送信するときに警告を表示する]   ドキュメントを印刷、保存、送信する前にコメントまたは変更箇所についてユーザーに警告するかどうかを指定します。

[非表示になっている変更履歴/コメントを表示する]   ドキュメントを開いたときに変更箇所をすべて表示するかどうかを指定します。

[ドキュメント検査が実行されないようにする]   ドキュメント検査モジュールを無効にできます。ドキュメント検査モジュールは、Office 2007 以降のさまざまな Office アプリケーションで提供されており、Office ドキュメントから隠し情報や個人情報を削除することができます。

メモメモ:
ポリシー設定の最新情報については、TechNet 記事の「Office 2013 のグループ ポリシー管理用テンプレート ファイル (ADMX、ADML) および Office カスタマイズ ツール (OCT) ファイル」を参照してください。

表示: