Office 2013 の言語識別子と OptionState ID 値

 

適用先:Office 2013, Office 365 ProPlus

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 2013 の言語と校正ツールのインストールの識別とカスタマイズに使用する言語識別子および OptionState ID 値を示します。

対象ユーザー: IT 担当者

Office 2013 用または Office 2013 Proofing Tools Kit 用のセットアップを構成する場合や、現在インストールされている言語を識別する場合には、言語識別子および OptionState ID の表の値を使用します。

この記事はリファレンス記事です。表で示す値は、次の記事で説明している手順を実行するときに必要になります。

重要重要:
この記事では、Office 2013 の Windows インストーラーをベースにした (MSI) 配信形式に対応するように言語パックを展開および管理する方法について説明します。この配信形式は、ボリューム ライセンスを通じてエンタープライズ組織で使用できます。Office のサブスクリプションを所有し、クイック実行 配信形式を使用する Office 365 ProPlus を展開している場合は、それを言語用にカスタマイズする方法に関する次の記事「クイック実行ベースの Office インストールの複数言語の展開を計画する」を参照してください。

この記事の内容

Office 2013 は、さまざまな言語に対応しています。インターナショナル設定では、1 回のインストール プロセスで複数の言語バージョンの Office 2013 を展開できます。セットアップによって、言語に依存しないコア製品パッケージと 1 つ以上の言語固有パッケージを組み合わせることで、完全な製品が構築されます。

ソース メディア上には、言語固有パッケージが個別のフォルダーにまとめられています。各フォルダーの名前には、ll-cc という形式の言語タグが追加されています。このタグは言語とカルチャを識別します。たとえば、米国英語の言語フォルダーは、en-us というフォルダー名拡張子で識別されます。言語タグは、ネットワーク インストール ポイントにコピーするフォルダーを判別するのに役立ちます。

完全ローカライズ バージョンの Office 2013 製品に含まれる言語フォルダーは、特定言語の Microsoft Office 2013 Language Pack に含まれる言語フォルダーと同じです。たとえば、アラビア語バージョンの Office 2013、アラビア語バージョンの Outlook 2013、および Office 2013 Language Pack - Arabic では、同じ Outlook.ar-sa フォルダーが使用されます。

メモメモ:
一部の手順説明では、言語タグを 「言語 ID」 と呼んで使用する場合もあります。

Office 2013 には、以下の表に示す言語のローカライズ バージョンがあります。言語固有のコンポーネントのフォルダーは、以下の表の言語タグで識別できます。Windows オペレーティング システムでは、ロケール識別子 (LCID) を使用して、Windows レジストリ内の言語が識別されます。

以下に示した言語の完全ローカライズ バージョン以外にも、Office 2013 には LIP (Language Interface Pack) が用意されています。LIP には、言語固有のコンポーネント サブセットが含まれ、論理親言語と一緒にインストールされるように設計されています。LIP 言語でローカライズされていない要素は、親言語で表示されます。LIP の詳細については、「Office 2013 の言語バージョンと言語インターフェイス パック」の「Language Interface Packs」を参照してください。

Office 2013 で使用できる言語タグ (言語 ID) および LCID

言語 地理的な地域 言語タグ (ll-cc) (言語 ID と呼ぶ場合もあります) LCID

アラビア語

サウジアラビア

ar-sa

1025

ブルガリア語

ブルガリア

bg-bg

1026

簡体字中国語

中華人民共和国

zh-cn

2052

中国語

台湾

zh-tw

1028

クロアチア語

クロアチア

hr-hr

1050

チェコ語

チェコ共和国

cs-cz

1029

デンマーク語

デンマーク

da-dk

1030

オランダ語

オランダ

nl-nl

1043

英語

米国

en-us

1033

エストニア語

エストニア

et-ee

1061

フィンランド語

フィンランド

fi-fi

1035

フランス語

フランス

fr-fr

1036

ドイツ語

ドイツ

de-de

1031

ギリシャ語

ギリシャ

el-gr

1032

ヘブライ語

イスラエル

he-il

1037

ヒンディー語

インド

hi-in

1081

ハンガリー語

ハンガリー

hu-hu

1038

インドネシア語

インドネシア

id-id

1057

イタリア語

イタリア

it-it

1040

日本語

日本

ja-jp

1041

カザフ語

カザフスタン

kk-kz

1087

韓国語

韓国

ko-kr

1042

ラトビア語

ラトビア

lv-lv

1062

リトアニア語

リトアニア

lt-lt

1063

マレー語

マレーシア

ms-my

1086

ノルウェー語 (ブークモール)

ノルウェー

nb-no

1044

ポーランド語

ポーランド

pl-pl

1045

ポルトガル語

ブラジル

pt-br

1046

ポルトガル語

ポルトガル

pt-pt

2070

ルーマニア語

ルーマニア

ro-ro

1048

ロシア語

ロシア

ru-ru

1049

セルビア語 (ラテン)

セルビア

sr-latn-cs

2074

スロバキア語

スロバキア

sk-sk

1051

スロベニア語

スロベニア

sl-si

1060

スペイン語

スペイン

es-es

3082

スウェーデン語

スウェーデン

sv-se

1053

タイ語

タイ

th-th

1054

トルコ語

トルコ

tr-tr

1055

ウクライナ語

ウクライナ語

uk-ua

1058

ベトナム語

ベトナム

vi-vn

1066

次の表に Office 2013 Proofing Tools Kit の OptionState ID 値を示します。順序は言語のアルファベット順になっています。Office 2013 Proofing Tools Kit のセットアップをカスタマイズするときは、これらの値を使用して、ProofKit.WW フォルダー内の Config.xml ファイルを修正してください。校正ツールの詳細については、「Office 2013 の複数言語の展開を計画する」の「校正ツールを計画する」を参照してください。

Office 2013 の各校正ツール言語の OptionState ID

OptionState ID 校正ツールの言語

ProofingTools_1025

アラビア語

ProofingTools_1069

バスク語 (バスク)

ProofingTools_1026

ブルガリア語

ProofingTools_1027

カタルニア語

ProofingTools_2052

中国語 (中華人民共和国)

ProofingTools_3076

中国語 (香港)

ProofingTools_1028

中国語 (台湾)

IMEMain_1028

繁体字中国語入力システム (IME)

ProofingTools_1050

クロアチア語

ProofingTools_1029

チェコ語

ProofingTools_1030

デンマーク語

ProofingTools_1043

オランダ語

ProofingTools_1033

英語

ProofingTools_1061

エストニア語

ProofingTools_1035

フィンランド語

ProofingTools_1036

フランス語

ProofingTools_1110

ガリシア語

ProofingTools_1031

ドイツ語

ProofingTools_1032

ギリシャ語

ProofingTools_1095

グジャラート語

ProofingTools_1037

ヘブライ語

ProofingTools_1081

ヒンディー語

ProofingTools_1038

ハンガリー語

ProofingTools_1040

イタリア語

ProofingTools_1041

日本語

IMEMain_1041

日本語 IME

ProofingTools_1099

カンナダ語

ProofingTools_1087

カザフ語

ProofingTools_1042

韓国語

IMEMain_1042

韓国語 IME

ProofingTools_1062

ラトビア語

ProofingTools_1063

リトアニア語

ProofingTools_1102

マラーティー語

ProofingTools_1044

ノルウェー語 (ブークモール)

ProofingTools_2068

ノルウェー語 (ニーノシュク)

IMEMain_2052

Pinyin IME

ProofingTools_1045

ポーランド語

ProofingTools_1046

ポルトガル語 (ブラジル)

ProofingTools_2070

ポルトガル語 (ポルトガル)

ProofingTools_1094

パンジャブ語

ProofingTools_1048

ルーマニア語

ProofingTools_1049

ロシア語

ProofingTools_2074

セルビア語 (ラテン)

ProofingTools_1051

スロバキア語

ProofingTools_1060

スロベニア語

ProofingTools_3082

スペイン語

ProofingTools_1053

スウェーデン語

ProofingTools_1097

タミール語

ProofingTools_1098

テルグ語

ProofingTools_1054

タイ語

ProofingTools_1055

トルコ語

ProofingTools_1058

ウクライナ語

ProofingTools_1056

ウルドゥー語

メモメモ:
Office 2013 以降では、オンプレミス (MSI インストール) バージョンの Office 2013 を購入したお客様は、ボリューム ライセンスであるかどうかを問わず、52 の言語に対応した校正ツール パッケージを無料でダウンロードできるようになりました。これらの校正ツール パッケージには 32 ビット版と 64 ビット版があり、どちらも「Office 2013 の言語オプション」からダウンロードできます。詳細については、Office 2013 の副校正言語 の「ダウンロード可能な校正ツール パッケージ」を参照してください。

表示: