Backup : Stsadm 操作 (Office SharePoint Server)

SharePoint 2007

更新 : 2009-04-28

操作名 : Backup

説明

url パラメータを使用すると、サイト コレクションのバックアップが作成されます。ただし、backupmethod パラメータを使用すると、個々のデータベース、Web アプリケーション、またはファーム全体のバックアップを作成できます。サイト コレクションのみの既存のバックアップ ファイルを上書きする場合は、overwrite パラメータを使用します。

Note メモ

force および nositelock パラメータは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (SP2) で初めて導入されました。

Important 重要

バックアップ処理中にサイト コレクションが変更されると、バックアップが破損することがあります。大規模なサイト コレクションのバックアップには長い時間がかかることがあります。ユーザー操作によりサイト コレクションのバックアップが妨げられる可能性や、大規模なサイト コレクションのバックアップに要する時間が使用可能なメンテナンス時間を超える可能性を減らすために、以下の推奨事項に従ってください。

  • 15 ギガバイト (GB) を超えるサイト コレクションに対しては、Stsadm の backup 操作を使用しないでください。より大きなサイト コレクションについては、「組み込みのツールを使用してサイト コレクションのバックアップと復元を行う (Office SharePoint Server 2007)」の推奨事項を参照してください。

  • バックアップの期間については、「Setsitelock : Stsadm 操作 (Office SharePoint Server)」の操作を使用して、サイト コレクションの URL を読み取り専用に設定します。これにより、ユーザーはサイトのコンテンツを表示できますが、バックアップ処理の妨げとなるコンテンツの追加、変更などの作業を行うことはできません。バックアップが完了したら、サイト コレクション の URL のアクセス設定を既定の状態に戻します。

    SharePoint 製品とテクノロジの Service Pack 2 では、バックアップ処理が開始される前に、サイト コレクションが自動的に読み取り専用としてロックされます。つまり、「Setsitelock : Stsadm 操作 (Office SharePoint Server)」の操作を使用する必要はありません。サイト コレクションが読み取り専用としてロックされないようにするには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (SP2) に含まれている nositelock パラメータを指定する必要があります。

構文

サイト コレクション バックアップの場合

stsadm -o backup

   -url <URL 名>

   -filename <ファイル名>

   [-nositelock]

   [-overwrite]

致命的な障害のためのバックアップの場合

stsadm -o backup

   -directory <UNC パスまたはローカル ドライブ>

   -backupmethod <full または differential>

   [-force]

   [-item] <ツリーから作成されたパス>

   [-percentage] <1 から 100 までの整数>

   [-backupthreads] <1 から 10 までの整数>

   [-showtree]

   [-quiet]

パラメータ

パラメータ必須/省略可能説明

url

有効な URL ("http://server_name" など)

必須

バックアップするサイト コレクションの URL

filename

サイト コレクション バックアップ ファイルの有効なファイル名 ("Siteb.bak" など)

必須

バックアップ ファイルの名前

nositelock

<なし>

省略可能

サイト コレクション バックアップの実行中にサイト コレクションに対する読み取り専用のロックが設定されないように指定します。

Note メモ
このパラメータは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (SP2) で初めて導入されました。

overwrite

<なし>

省略可能

既存のバックアップ ファイルを上書きします。

directory

次のどちらかの有効なパス :

  • C:\folder_name

  • \\server_name\folder_name

Note メモ
spbr* フォルダは自動的に作成されます。

必須

Microsoft Office SharePoint Server 2007 が生成するバックアップ パッケージの保存先のパスを指定します。Microsoft SQL Server 2005、および Office SharePoint Server 2007 のインスタンスがインストールされているコンピュータがある場合は、ローカル ドライブのパスを使用できます。これには基本インストールが含まれます。ただし、SQL Server 2005 および Office SharePoint Server 2007 が複数のコンピュータにインストールされている場合は、汎用名前付け規則 (UNC) の共有パスを使用して、SQL データベースと検索コンポーネントが同じ場所に書き込まれるようにする必要があります (\\computer_name\volume\Backup など)。

複数のバックアップ パッケージを同じ場所に保存することができます。これは stsadm -o restore 操作の -directory パラメータに指定するのと同じパスです。

backupmethod

次のどちらかの値 :

  • Full

  • Differential

必須

作成されるバックアップ ファイルの種類を指定します。値は full または differential です。

完全 (full) バックアップは、選択したすべてのデータのバックアップです。差分 (differential) バックアップは、前回の完全バックアップ以降に変更された、選択したすべてのデータのバックアップです。

force

<なし>

省略可能

ディスク領域チェックを無視し、バックアップを続行します。

Note メモ
このパラメータは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 (SP2) で初めて導入されました。

item

次のような有効なアイテム :

Web Application\SharePoint-80

省略可能

ファームのどの部分をバックアップするかを指定します。-showtree パラメータによって表示されるとおりの完全なファーム パスの表記を使用するか、または一意の名前が付いている場合はターゲット コンポーネントの名前を使用できます。同じ一致対象内に複数のアイテムがある場合は、完全パスを指定する必要があります。既定では、先頭ノードが選択されます。アイテムまたはパスにスペースが含まれる場合は、二重引用符で囲みます。このパラメータを省略すると、ファーム全体がバックアップされます。

percentage

1 から 100 までの整数値 (既定値は 5)

省略可能

backup 操作の進行状態の更新が、指定したパーセント値の間隔で表示されるように要求します (たとえば、"5" という値を指定した場合はバックアップの進行状態の更新が 5% 刻みで表示され、"10" という値を指定した場合は 10% 刻みで表示されます)。

Note メモ
このパーセント値は厳密ではないため、実際の進行状況の更新は要求した値よりも前後することがあります。

非常に大規模なデータベースでは、更新を表示するのに最適な値は 1 になります。

既定値は 5 です。

backupthreads

1 から 10 までの整数値

省略可能

バックアップ中に使用するスレッドの数を指定します。Windows SharePoint Services では、推奨値は 3 スレッドです。

既定値は 1 です。スレッドの数が少ないほど、バックアップ ログ ファイルが読みやすく理解しやすくなります。

showtree

<なし>

省略可能

backup 操作に指定された他のパラメータ、具体的には -item パラメータに基づいて、ファーム内のどのオブジェクトがバックアップされるかを表示します。backup 操作に指定された他のパラメータに基づいてバックアップから除外されるアイテムは、先頭にアスタリスク文字 (*) が付いて表示されます。バックアップできないアイテムは、角かっこ ([ ]) で囲んで表示されます。showtree パラメータを指定した場合、バックアップは実行されません。

quiet

<なし>

省略可能

バックアップの進行状態の情報が表示ウィンドウに表示されないようにします。ただし、最終的なバックアップの状態 ("操作は正常に完了しました。") は表示されます。-quiet パラメータを省略すると、backup 操作によって、パッケージのバックアップの進行状態の情報が表示ウィンドウに表示されます。

表示: