Job-database-statistics : Stsadm プロパティ (Office SharePoint Server)

SharePoint 2007

説明

データベースの統計を収集するタイム スケジュールを指定します。

Microsoft SQL Server のサーバーは、インデックスで使用される配布キーの値に関する統計を保持します。この情報は、処理時のクエリを最適化するために使用されます。このジョブは、各コンテンツ データベースのテーブル内の統計を更新するように SQL Server に通知します。

このプロパティは、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトの [タイマ ジョブの編集] ページにある [データベースの統計] エントリと同等です。

構文

stsadm -o setproperty

   -propertyname job-database-statistics

   -propertyvalue <有効な日付および時間間隔>

   [-url <http://server_name>]

getproperty 操作の構文は以下のとおりです。

stsadm -o getproperty

   propertyname job-database-statistics

   [-url <http://server_name>]

Noteメモ

-propertyname の代わりに -pn を、-propertyvalue の代わりに -pv を使用できます。

プロパティ値

次の表に使用できる値を示します。

説明

propertyname

プロパティの名前を取得または設定します。

propertyvalue

以下のいずれかのスケジュール形式で指定された有効な Windows SharePoint Services Timer サービス (SPTimer) :

  • "Every 5 minutes between 0 and 59 (毎 5 分 0 ~ 59 秒の間)"

  • "Hourly between 0 and 59 (毎時 0 ~ 59 分の間)"

  • "Daily at 15:00:00 (毎日 15 時)"

  • "Weekly between Fri 22:00:00 and Sun 06:00:00 (毎週金曜日 22 時 ~ 日曜日 6 時までの間)"

  • "Monthly at 15 15:00:00 (毎月 15 日の 15 時)"

  • "Yearly at Jan 1 15:00:00 (毎年 1 月 1 日の 15 時)"

既定値は "weekly between X and Y (毎週 X ~ Y までの間)" です。ここで、"X" は最初の日時の範囲、"Y" は 2 番目の日時の範囲です。

url

通常は、http://server_nameという形式の、Web アプリケーションの URL へのパスです。

データベース統計を Web アプリケーション http://test に収集するスケジュールを設定するには、以下の構文を使用します。

stsadm -o setproperty -pn job-database-statistics -pv "daily at 15:00:00 (毎日 15 時)" -url http://test

job-database-statistics プロパティの現在の設定を表示するには、以下の構文を使用します。

stsadm -o getproperty -pn job-database-statistics -url http://test

表示: