Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server

 

適用対象: Forefront Protection for Exchange

トピックの最終更新日: 2011-01-17

Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE) には、業界最高レベルのセキュリティ パートナーが提供する複数のスキャン エンジンが 1 つのソリューションに組み込まれているため、マルウェアやスパムに対する保護機能が高速かつ効果的に機能します。FPE では、使いやすい管理コンソールが用意されており、カスタマイズ可能な構成設定、フィルタリング オプション、監視機能とレポート、スパム対策保護、および Forefront Online Protection for Exchange (FOPE) 製品との統合を利用できます。また、FPE では、システムの管理タスクを自動化できる、コマンド ライン シェルおよびタスク ベースのスクリプト テクノロジである Windows PowerShell をサポートしています。

FPE のテクニカル ドキュメントは、次のカテゴリに分類されます。

  • リリース ノート

    このドキュメントを使用して、FPE および FOPE ゲートウェイの最新バージョンに関する重要な情報を学習できます。

  • 展開

    このドキュメントを使用して、FPE のインストールおよび展開を行うことができます。

  • 操作

    このドキュメントを使用して、FPE の構成および操作方法を学習できます。

  • トラブルシューティング

    このドキュメントを使用して、FPE に関する問題のトラブルシューティングを行う方法を学習できます。

 
表示: