Windows Vista Multilingual User Interface ガイド

更新日: 2007年3月

適用対象: Windows Vista

このガイドの内容

Multilingual User Interface について

完全にローカライズされたバージョンをリリースするには時間が必要になる場合が多いため、オペレーティング システムを展開するときに多言語を提供することが課題になっていました。使用できるローカライズ済み言語が限られていることは、グローバルに展開している組織にとっては、さらなる課題でした。Microsoft(R) Windows Vista® オペレーティング システムの Multilingual User Interface (MUI) によって、多言語への新しいアプローチが提供されます。

Windows(R) XP では、MUI パックは、英語バージョンに基づいて適用され、次にローカライズされたユーザー エクスペリエンスを提供するための言語パックがインストールされました。その結果、言語によっては他の言語よりも多くのサポートが必要になるものもありました。どの言語に関しても、英語バージョンの Windows XP 上に言語パックをインストールする必要がありました。

Windows Vista では、MUI アーキテクチャでは、ユーザー インターフェイスのための言語リソースと、オペレーティング システムのバイナリ コードが分離されています。このようにすることで、Windows Vista の基本バイナリを変更することなく、言語を完全に変更したり、同じコンピュータに複数の言語をインストールしたりすることができるようになります。言語は、Windows Vista のユーザー インターフェイスの一部または全体をローカライズするために必要なリソースを含む言語パックとして適用されます。

言語パックとは

言語パックには、Windows Vista のユーザー インターフェイスのローカライズされたリソースが含まれています。Windows Vista のすべてのインストールには、少なくとも 1 つの言語パックと、オペレーティング システムを構成する、特定の言語に依存しないバイナリが含まれています。以下に示す言語パックの種類は、Windows Vista に対応する領域と、完全なインターフェイスを提供するために別の言語パックが必要かどうかという点のみが異なっています。

Windows Vista MUI の実装は、主に 2 つの要素で構成されます。

  • 特定の言語に依存しないバイナリ  Windows Vista を構成するファイルには、特定の言語に固有のリソースは含まれていません。これらのファイルは、言語に依存しないバイナリと呼ばれています。言語に依存しないオペレーティング システムの利点は、更新するときに、世界中どこでも 1 つのソフトウェア更新プログラムを使用でき、言語固有のバージョンの更新プログラムを用意する必要がないという点です。

  • 言語パック  言語パックは、ユーザー インターフェイスのためのローカライズされた言語リソースを提供します。言語パックは、さまざまなレベルで提供されます。

    • 完全にローカライズされた言語パック  Windows Vista のローカライズされたインターフェイス リソース。言語パックには、ユーザー インターフェイスのテキスト リソースが 100% 含まれています。言語パックを使用している Windows Vista のユーザー インターフェイスは完全にローカライズされた状態で表示され、表示される要素はすべて指定された言語で示されます。英語 (米国) バージョンの Windows Vista は、en-US 言語パックが適用された言語に依存しないバージョンです。言語パックは、親言語と呼ばれることもあります。

    • 親言語パック  親言語パックは、完全にローカライズされた言語パックで、言語インターフェイス パック (LIP) をサポートします。たとえば、Windows Vista コンピュータで、親言語としてフランス語を使用し、言語リソースの最も共通する部分の提供には、ラオス語を使用することがあります。

    • ベース言語パック  ベース言語パックは、通常は完全にローカライズされた言語パックです。一部がローカライズされた言語パックに足りない言語リソースを提供するためにインストールされます。

    • 一部がローカライズされた言語パック  一部がローカライズされた言語パックには、Windows Vista ユーザー インターフェイスのほとんどの言語リソースが含まれていますが、すべて含まれているわけではありません。完全なユーザー インターフェイスを提供するうえで、一部がローカライズされた言語パックは基本言語パックに依存します。たとえば、アラビア語 (サウジアラビア) は一部がローカライズされた言語パックで、アラビア語にローカライズされた言語リソースが約 80% 含まれます。言語リソースの残り 20% は、英語またはフランス語のいずれかになっています。英語とフランス語はいずれも完全にローカライズされた言語です。

    • 言語インターフェイス パック  LIP は、ユーザー インターフェイスの変換を完全にするために親言語パックに依存します。2 か国語が使用されている国や地域では、言語パック上に LIP を適用することで、最適なユーザー エクスペリエンスを提供し、より高いレベルのローカリゼーションを提供できます。

次の図は、さまざまな MUI コンポーネントを組み合わせて、完全なユーザー インターフェイス エクスペリエンスを実現する方法を示しています。

Shows how various MUI components might be combined

Multilingual User Interface の対象ユーザー

Windows Vista への MUI の実装は、多言語環境での Windows Vista の展開を行う IT 担当者およびその他のユーザーによって実行される必要があります。MUI を使用すると、各ユーザーの言語設定がプロファイルの一部として読み込まれるため、異なる言語を使用するユーザーが同じコンピュータを共有できるようになります。

MUI の利点

  • オペレーティング システム用の言語に依存しないバイナリ。 Windows Vista は、特定の言語に依存しない単一のオペレーティング システムとして開発され、維持されます。

  • 言語サポートが既定でインストール済み。MUI はすべてのバージョンの Windows Vista に含まれているため、Windows XP の場合のように別のパッケージは必要ありません。

  • オペレーティング システムの特定の言語バージョンを作成するための所要時間の短縮。言語に依存しないバージョンを作成すれば、Windows Vista の新しい言語バージョンを作成するために開発する必要があるのは、ローカライズされたユーザー インターフェイス リソースのみです。

  • 複数の言語を含む単一イメージの簡単な展開。複数の言語パックと Windows Vista の言語に依存しないコア ファイルを組み合わせて、単一の展開イメージを作成できます。ユーザーは、セットアップ中に適切な言語を選択できます。

  • より多くの言語が MUI で利用可能。Windows Vista のローカライズ バージョンを作成するよりも少ない労力および所要時間で言語パックを作成できるため、マイクロソフトではより多くの言語を提供することができます。

  • ソフトウェア更新プログラムが間もなく利用可能に。Windows Vista のために作成する必要があるソフトウェア更新プログラムは、1 つだけです。これを世界中に配布できます。すべての言語バージョンの Windows Vista で同じ更新プログラムを使用できるため、ローカライズ バージョンのリリースを待つ必要がありません。

  • ISV でのグローバル ソフトウェアの生成がより効率的に。ソフトウェア開発者は、MUI アーキテクチャを活用して、開発製品用の言語に依存しないバイナリを作成できます。これらのバイナリには、Windows Vista と同様に製品のユーザー インターフェイス リソースを含む別の言語パックがあります。

言語パックの制限

  • ライセンス要件には、Windows Vista® Ultimate エディションおよび Windows Vista® Enterprise エディションを除き、Windows Vista オペレーティング システムのバージョンに含めることができる言語は 1 つだけであることが記載されています。Windows Vista Ultimate および Windows Vista Enterprise 以外のエディションでは、エンド ユーザーが [Windows へようこそ] を完了した後に、Windows によって自動的に既定以外のすべての言語がコンピュータから削除されます。

  • 言語パックのインストール後、Windows 配布元の Lang.ini ファイルを再作成する必要があります。Lang.ini は、Windows イメージで使用できる言語を指定します。Lang.ini ファイルは、Windows セットアップで使用する既定の言語を指定します。Lang.ini ファイルを更新するには、Intlcfg.exe ツールを使用します。

  • アップグレードの際には、現在の言語から別の言語にアップグレードすることはできません。アップグレードは、すべて同じ言語で実行する必要があります。

  • すべての Windows 配布元は、プレインストールされた既定の言語でリリースされます。この既定の言語は削除できません。既定の言語は、コンピュータのセキュリティ識別子 (SID) および言語固有のディレクトリの生成に使用されます。

Multilingual User Interface の計画

適切な言語構成の Windows Vista を展開し、組織の現在の地理的および IT 構造に基づいて国/地域のサポートを設定するには、言語および国/地域の要件と、ハードウェアの要件および制限事項を確認する必要があります。

また、以下の作業も必要になります。

  • 多言語サポートのためのハードウェア要件を評価します。

  • 組織内の移動ユーザーのニーズを確認します。

  • 組織内の異なるオフィスで、単一のグローバル イメージまたは特定の国/地域向けのビルドを展開する必要があるかどうかを確認します。

言語および国/地域の要件の確認

多言語でビジネスを行っている場合や、オフィスが多言語環境にある場合、組織でサポートする必要がある言語または方言と、これらの言語で入力方式エディタ (IME) またはその他のキーボード デバイスや入力デバイスが必要かどうかを把握しておく必要があります。

国際的にビジネスを展開している場合は、組織でサポートする必要がある国/地域と、使用されている言語または方言を把握する必要があります。異なる国/地域間で、通貨、タイム ゾーン、またはカレンダー形式が異なるかどうかを確認する必要があります。さらに、このような国/地域による違いに対応する必要がある基幹業務アプリケーションがどれであるかを調べる必要もあります。

4 列の計画表を作成すると、言語および国/地域のニーズを確認するのに役立ちます。表は次のように構成します。

  • 1 列目には、オフィスまたは部門を記入します。

  • 2 列目には、これらのオフィスまたは部門で使用される言語や方言を記入します。

  • 3 列目には、これらの言語または方言をサポートする、対応する Windows Vista 言語コレクションおよびロケールを記入します。Windows Vista の言語コレクションおよびロケールの一覧については、ロケールおよび言語の識別子定数と文字列に関するリンク (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=82393) (英語ページの可能性があります) を参照してください。

  • 4 列目には、オフィスまたは部門で必要な、特別な標準および形式の設定、入力言語のサポート、または Unicode 対応でないプログラムの既定の言語を記入します。

note
完成したワークシートを使用することで、物理展開を計画し、応答ファイルの国/地域のセクションを設定することができます。

多言語サポートのためのハードウェア要件の評価

多言語をサポートする場合、次の 2 つの領域でハードウェア要件に影響します。

  • ハード ディスクの容量。言語によっては、他の言語よりも多くのハード ディスク記憶域が必要となる場合があります。コンピュータにインストールする言語数が多いほど、多くのハードディスク領域が消費されます。さらに、Windows XP Professional MUI Pack では、インストールまたはサポートする各ユーザー インターフェイス言語ごとに、より多くのディスク領域が必要になります。

  • 特別なハードウェア デバイス。言語またはユーザーによっては、特別なキーボード、IME、またはその他の入力デバイスが必要になることがあります。

note
言語コレクションをインストールすると、文書や Web ページなどでこれらの言語で書かれたテキストを表示できるようになります。ただし、特定の言語でテキストを入力するには、入力言語としてもその言語を追加する必要があります。

移動ユーザーのニーズの確認

さまざまな場所からログオンし、複数の言語で文書を編集する必要がある移動ユーザーが多数いる場合は、適切な言語ファイルがインストールされているか、これらのユーザーのコンピュータに随時インストール可能であることを確認する必要があります。ユーザーが異なる言語で単一のターミナル サービス セッションにサインオンできるように、ターミナル サービスもインストールする必要があります。

移動ユーザーが、ネイティブ言語のユーザー インターフェイス バージョンのオペレーティング システムで異なる場所からログオンする必要がある場合は、適切な言語パックをインストールする必要があります。

単一のグローバル イメージの展開

Windows Vista オペレーティング システムを使用すると、国際的な組織の IT 部門では、単一のグローバル デスクトップ イメージを展開し維持できるようになります。このようにすることで、ビジネスで使用するすべての言語に対するユーザー インターフェイス言語サポートが含まれた単一のビルドを作成できます。このビルドには、Office 2007 のようなグローバル アプリケーションも含めることができます。

たとえば、企業で英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、日本語、簡体字中国語、および繁体字中国語のユーザー インターフェイスをサポートする場合、これらの言語をサポートするユーザー インターフェイスが含まれた単一のグローバル イメージを作成できます。Windows インストーラ パッケージを使用することで、展開後にその他の言語のオンデマンド インストールをサポートすることもできます。

note
単一のグローバル イメージを展開し維持するということは、IT 効率の大幅な向上につながると同時に、コストの削減にも役立ちます。単一コードベースのアプリケーション開発およびテストが可能になり、修正プログラムやサービス修正プログラムのリリースが簡素化され、エンドユーザーのサポート問い合わせを減らすことができます。

国/地域別イメージの展開

各オフィスの多言語およびグローバルなニーズに合わせた特定の国/地域向けのビルドを特別に作成することで、Windows Vista 展開をさらにカスタマイズできます。各オフィスまたはサイトのために、適切な言語バージョンのオペレーティング システム、既定の入力言語、およびその国/地域に適した標準と形式を指定した国/地域別のビルドを作成できます。

ウイルス チェック ユーティリティなどのサードパーティ アプリケーションの適切にローカライズされた言語のバージョンや、オフィスで必要なその他特別なドライバおよびアプリケーションを含めることもできます。

たとえば、北米向けに、次の 4 種類の国/地域のビルドを作成できます。

  • バンクーバー B.C. とモントリオールのオフィス向けの 2 つのカナダ向けビルド。インターナショナル英語バージョンの Windows Vista を展開し、既定の入力言語には英語とフランス語 (カナダ) が設定され、標準および形式にはカナダが指定されます (バンクーバーでは既定の入力言語は英語で、モントリオールでは既定の入力言語はフランス語です)。

  • 米国 (英語) 向けビルド。シアトルおよび米国の各地のユーザーは、インターナショナル英語バージョンの Windows Vista をインストールできます。既定の入力言語には英語 (米国) が設定され、東アジア言語コレクションがオプションでサポートされます。これには、簡体字中国語、繁体字中国語、日本語、および韓国語の言語サポートに必要なフォント ファイル、フォント リンク、レジストリ設定が含まれています。

  • ボストン向けビルド。英語 (米国) のビルドと共に、オプションの東アジア言語コレクションのサポートがインストールされます。

一方、東京オフィス向けのビルドであれば、日本語でローカライズされたバージョンの Windows Vista と日本語でローカライズされたバージョンのウイルス チェックおよび会計処理アプリケーションをインストールすることができます。

Windows Vista を使用することで、グローバルに展開する組織は、複合的な手法をとることができます。基本となるオペレーティング システムおよびアプリケーションが含まれた単一のグローバル コア イメージを、ローカライズされた言語アプリケーション、設定などを含む追加の国/地域別のイメージと組み合わせることができるのです。グローバルな IT 部門でグローバルなコア部分を開発および維持し、個々の国/地域は、それぞれの国/地域のコア部分の構築および維持を担当します。ローカル オフィスでは、独自のひな形やテンプレート、プリンタ ドライバなど、第 3 層のカスタマイズ コア イメージを追加することもできます。

Multilingual User Interface の使用

MUI は、Windows Vista 展開シナリオで使用することも、ユーザーが言語サポートを変更するときにローカル コンピュータで使用することもできます。MUI の利点は、特に、多言語を使用する組織では、Windows Vista の展開フェーズでさらに重要になります。

国/地域および言語のオプションの設定

コントロール パネルの [地域と言語のオプション] の設定を使用して、ユーザー アカウントの入力言語を設定できます。MUI Pack については、これらの設定を使用して、既定のユーザー インターフェイス言語を指定または変更したり、ユーザー インターフェイス言語パックのインストールまたは削除を行います。

Unicode 対応でないプログラムの言語を変更するには

  1. 管理者としてログオンします。

  2. [コントロール パネル] で [地域と言語のオプション] をクリックします。

  3. [詳細設定] タブをクリックし、[Unicode 対応でないプログラムの言語] でアプリケーションが開発された言語を選択します。

デスクトップでの多言語使用の簡素化

管理者は、多言語での作業を簡素化するようにデスクトップを構成できます。たとえば、デスクトップに言語ツール バーを追加したり、タスク バーに言語アイコンを表示することで、多言語で文書を作成する必要があるときに、異なる入力言語を簡単に切り替えられるようにします。インストールされている入力言語とその他のキーボード配列および IME をユーザーが簡単に変更できるようにする、特別なキー シーケンスを有効にすることもできます。

デスクトップまたはタスク バーに言語バーを追加するには

  1. [コントロール パネル] の [時計、言語、および地域] で [キーボードまたは入力方法の変更] をクリックします。

  2. [キーボードの変更] をクリックしてから、[言語バー] タブをクリックします。

  3. [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックスの [基本設定] で [言語バー] をクリックします。

  4. [言語バー] タブで、有効にする言語バーおよびタスク バー オプションに対応するチェック ボックスをオンにします。

入力言語またはキーボード配列および IME を切り替えるために、キー シーケンスを有効化または変更するには

  1. [コントロール パネル] の [時計、言語、および地域] で [キーボードまたは入力方法の変更] をクリックします。

  2. [キーボードの変更] をクリックしてから、[詳細なキー設定] タブをクリックします。

  3. [詳細なキー設定] タブで、変更するキー設定を強調表示にして、[キー シーケンスの変更] をクリックします。

  4. [キー シーケンスの変更] ダイアログ ボックスで、ユーザーがインストールされている入力言語またはキーボード配列と IME を切り替えられるようにするために使用するキー シーケンスおよび操作に対応するオプションを選択します。

スクリーン キーボードを使用して異なる言語のテキストを入力する場合は、スクリーン キーボードを有効にする前に、適切な入力言語に変更します。

スクリーン キーボードを表示するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[コンピュータの簡単操作] の順にクリックします。

  2. [スクリーン キーボード] をクリックします。

特殊文字またはコード ポイントの入力

ユーザーは Alt キーを押しながら、文字に対応する 10 進数のコード値をテンキーで入力することで、キーボードにない文字を入力することができます。

  • 最初に入力された数値が 0 である場合は、その値は現在の入力言語のコード ポイントとして認識されます。たとえば、Alt キーを押したまま「0163」と入力すると、既定の入力言語が英語 (米国) である場合、£ (ポンド記号、Unicode エンコード形式の U+00A3) が表示されます。

  • 最初に入力された数値が 1 ~ 9 の間である場合、その値はオペレーティング システムの OEM コード ページのコード ポイントとして表示されます。たとえば、Alt キーを押しながら「163」と入力すると、コード ページが 437 (MS-DOS Latin US) である場合、ú (U+00FA) が表示されます。

OEM コード ページの一覧および数値テンキー入力に関連付けられたコード ポイントについては、Microsoft.com の Web リソースに関するページ (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=82396) (英語ページの可能性があります) で Microsoft OEM コード リファレンスへのリンクを参照してください。

グループ ポリシー設定を使用したデスクトップの制御

Windows Vista では、グループ ポリシーのログオン スクリプトを使用することで、さまざまなユーザーの国/地域および言語のオプション (既定の入力言語や標準と形式など) を自動化することができます。特定のユーザーがコンピュータにログオンすると、グループ ポリシー ログオン スクリプトがコントロール パネルの [地域と言語のオプション] を自動的に呼び出し、そのユーザーに適切な設定を指定します。

サイレント構成の使用

コンピュータの国/地域および言語のオプションを、初期インストール後に変更する必要がある場合があります。たとえば、組織で、ユーザー グループがコントロール パネルにアクセスできないようにデスクトップをロックする場合、グループ ポリシーに対応したログオン スクリプトを使用して、グループの国/地域および言語のオプションを更新できます。

Important重要
次の手順は、管理者特権のコマンド プロンプトから実行する必要があります。

現在のユーザーの言語設定を自動で変更する
  1. 次の例に示すような xml 構成ファイルを作成します。

    <gs:GlobalizationServices xmlns:gs="urn:longhornGlobalizationUnattend">  <!-- User List-->  <gs:UserList>    <gs:User UserID="Current" />   </gs:UserList> <!-- MUI-->    <gs:MUILanguagePreferences>    <gs:MUILanguage Value="ar-DZ" />     <gs:MUIFallback Value="es-ES" />    </gs:MUILanguagePreferences></gs:GlobalizationServices>
    
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[コマンド プロンプト] の順にクリックします。

  3. 次のコマンドを使用して XML ファイルを適用します。

    control intl.cpl,, /f:"filename.xml"
    
note
この例では、"filename.xml" は構成設定が含まれている XML ファイルの完全パスおよびファイル名を表しています。

システムのユーザー UI 言語を自動で変更する
  1. 次の例に示すような xml 構成ファイルを作成します。

    <gs:GlobalizationServices xmlns:gs="urn:longhornGlobalizationUnattend">  <!-- User List -->   <gs:UserList>    <gs:User UserID="Current" CopySettingsToSystemAcct="true" />   </gs:UserList>  <!-- MUI-->   <gs:MUILanguagePreferences>    <gs:MUILanguage Value="ar-DZ" />     <gs:MUIFallback Value="es-ES" />   </gs:MUILanguagePreferences></gs:GlobalizationServices> 
    
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[コマンド プロンプト] の順にクリックします。

  3. 次のコマンドを使用して XML ファイルを適用します。

    control intl.cpl,, /f:"filename.xml"
    
note
この例では、"filename.xml" は構成設定が含まれている XML ファイルの完全パスおよびファイル名を表しています。

新しいアカウントの既定の UI 言語を自動で変更する
  1. 次の例に示すような xml 構成ファイルを作成します。

    <gs:GlobalizationServices xmlns:gs="urn:longhornGlobalizationUnattend">  <!-- User List -->   <gs:UserList>   <gs:User UserID="Current" CopySettingsToDefaultUserAcct="true" />   </gs:UserList>  <!-- MUI-->   <gs:MUILanguagePreferences>    <gs:MUILanguage Value="ar-DZ" />     <gs:MUIFallback Value="es-ES" />   </gs:MUILanguagePreferences></gs:GlobalizationServices> 
    
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[コマンド プロンプト] の順にクリックします。

  3. 次のコマンドを使用して XML ファイルを適用します。

    control intl.cpl,, /f:"filename.xml"
    
note
この例では、"filename.xml" は構成設定が含まれている XML ファイルの完全パスおよびファイル名を表しています。

XML エンティティの説明

<gs:UserList>

必須

自動設定ファイルの影響を受けるユーザーのリスト。地域と言語のオプションの自動設定で実行できるのは、現在のユーザーの設定の変更のみです。このバージョンでサポートされているのはユーザー名 "Current" のみです。

オプション

オプションとして、2 つの属性を使用できます。CopySettingsToDefaultUserAcctCopySettingsToSystemAcct です。これらの 2 つのオプションの属性を使用すると、地域と言語のオプションの自動設定ファイルで変更されたすべての設定を、既定のユーザー アカウントとシステム アカウント (Local Service、Network Service、および Local System) にも適用できます。これらの 2 つのコマンドを使用して設定を適用するには、管理者でなければなりません。

<gs:LocationPreferences>

オプション

現在のユーザーへの GeoID の設定をサポートします。GeoID を含む属性と共に、子要素である <gs:GeoID> を使用して設定します。

<gs:MUILanguagePreferences>

オプション

表示言語と、必要に応じて、システムに対する表示言語のフォールバックの設定をサポートします。言語文字列を含む属性と共に、子要素である <gs:MUILanguage> を使用して設定します。

<gs:MUILanguage> を使用して言語セットのフォールバック言語を設定するには、要素 <gs:MUIFallback> を使用します。この XML エンティティを使用しても、表示言語はインストールされません。言語をインストールした後の表示言語の指定にのみ使用してください。

<gs:SystemLocale>

オプション

システムの Unicode 対応でないプログラム (システム ロケール) の言語を変更します。この設定を変更するには、管理者でなければなりません。

<gs:InputPreferences>

オプション

ユーザーが、ユーザー ロケールを変更せずに、システムにキーボードを追加したり、システムからキーボードを削除できるようにします。既定のキーボードは、Default="true" 属性を使用して選択します。

<gs:UserLocale>

オプション

ユーザー ロケールの変更をサポートします。現在のユーザー ロケールの設定を変更し、すべての設定を既定値にリセットします。<gs:UserLocale> エンティティには、必須の子要素 <gs:Locale> があります。この子要素は、2 つのオプションの属性SetAsCurrent および ResetAllSettings をサポートしています。

指定された形式が現在の既定の形式 (ユーザー ロケール) ではない場合、SetAsCurrent を True に設定する必要があります。

<gs:Locale> エンティティには、オプションの子要素があります。この子要素は <gs:Win32> または <gs:Framework> のいずれかとして指定できます。これらの要素には、変更する設定のリストを表す子要素のリストが含まれています。1 つまたは複数を同時に変更できます。

カスタム プロパティを指定している場合は、ローカライズされた表記は使用できません。たとえば、ドイツ語の長い日付形式を Win32 でカスタマイズする場合、dddd MMMM yyyy を形式として使用する必要があります。

オプションのリストでは、Win32 と .NET Framework のどちらの名前を使用しても設定できますが、いずれか一方を選択する必要があります。次の表は、名前の一覧を示しています。スキーマでこれらの名前を混在させることはできません。

 

Win32 名 .NET Framework 名 NLS 識別子 (LCTYPE)

sSort

AlternateSort

LOCALE_SSORTNAME

ドイツ語 (ドイツ) など、代替並べ替え順序を使用した形式でのみサポートされます。

sList

ListSeparator

LOCALE_SLIST

sDecimal

NumberDecimalSeparator

LOCALE_SDECIMAL

sThousand

NumberGroupSeparator

LOCALE_STHOUSAND

sGrouping

NumberGroupSizes

LOCALE_SGROUPING

iDigits

NumberDecimalDigits

LOCALE_IDIGITS

iNegNumber

NegativeNumberPattern

LOCALE_INEGNUMBER

sNegativeSign

NegativeSign

LOCALE_SNEGATIVESIGN

sPositiveSign

PositiveSign

LOCALE_SPOSITIVESIGN

sCurrency

CurrencySymbol

LOCALE_SCURRENCY

sMonDecimalSep

CurrencyDecimalSeparator

LOCALE_SMONDECIMALSEP

sMonThousandSep

CurrencyGroupSeparator

LOCALE_SMONTHOUSANDSEP

sMonGrouping

CurrencyGroupSizes

LOCALE_SMONGROUPING

iCurrDigits

CurrencyDecimalDigits

LOCALE_ICURRDIGITS

iCurrency

CurrencyPositivePattern

LOCALE_ICURRENCY

iNegCurr

CurrencyNegativePattern

LOCALE_INEGCURR

iLZero

LeadingZero

LOCALE_ILZERO

sTimeFormat

TimePattern

LOCALE_STIMEFORMAT

s1159

AMDesignator

LOCALE_S1159

s2359

PMDesignator

LOCALE_S2359

sShortDate

ShortDatePattern

LOCALE_SSHORTDATE

sLongDate

LongDatePattern

LOCALE_SLONGDATE

iCalendarType

Calendar

LOCALE_ICALENDARTYPE

iFirstDayOfWeek

FirstDayOfWeek

LOCALE_IFIRSTDAYOFWEEK

iFirstWeekOfYear

CalendarWeekRule

LOCALE_IFIRSTWEEKOFYEAR

sNativeDigits

NativeDigits

LOCALE_SNATIVEDIGITS

iDigitSubstitution

DigitSubstitution

LOCALE_IDIGITSUBSTITUTION

iMeasure

IsMetric

LOCALE_IMEASURE

使用される用語の詳細な説明は、ロケール情報に関するページ (MSDN) (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=82398) (英語ページの可能性があります) を参照してください。

国/地域および言語のオプションの変更

サイレント構成で指定される応答ファイルの形式は、セットアップで使用される形式とまったく同じです。つまり、国/地域の設定オプションはすべて、初期インストールの後、自動で変更できるということです。次に、以下を行うサイレント構成の例を示します。

  • 現在のユーザーに "ドイツ - ドイツ語" の入力言語を追加します。

  • 既定のユーザーの入力言語のリストに "ドイツ - ドイツ語 (スイス)" の入力言語を追加します。

  • Unicode に対応していないプログラムの言語をドイツ語に設定します。

[RegionalSettings] InputLocale="0407:00000407" InputLocale_DefaultUser="0407:00000807" SystemLocale="0407"

InputLocale および InputLocale_DefaultUser キーに複数の入力言語を指定した場合、最初に指定した値が、その特定のユーザーに対する既定値として設定されます。次の例では、InputLocale を使用して、現在のユーザーに対する既定の入力言語を "ドイツ - ドイツ語" として設定し、入力言語として "ドイツ - ドイツ語 (スイス)" を使用できるようにします。

[RegionalSettings] InputLocale="0407:00000407", "0407:00000807"

オンデマンド インストールへの Windows インストーラ パッケージの使用

Windows Vista オペレーティング システムには、ユーザー インターフェイス言語を必要に応じてユーザーがインストールできるようにするための、Windows インストーラ パッケージが含まれています。単一のグローバル イメージをサポートする企業の場合、オンデマンド インストールを使用することで、セットアップおよびイメージがより小規模でより高速になります。国/地域別のビルドまたは CD ベースの展開を行う場合は、企業でサポートする必要がある特定のユーザー インターフェイス言語ごとに Windows インストーラ パッケージを (CD またはネットワーク共有上に) 含めます。

オンデマンド インストールを有効にするには、企業でサポートする各ユーザー インターフェイス言語の Windows インストーラ (.msi) パッケージを、適切な Active Directory ドメイン サービスで発行します。Windows インストーラ パッケージは、適切なユーザーのコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] に追加のユーザー インターフェイス言語として表示されます。

オプションを最大に設定して .msi パッケージを公開した場合、現在のユーザー、既定のユーザー、またはその両方に対して特定のユーザー インターフェイス言語をインストールして設定するかどうかを指定できます。また、ユーザー アカウントを自動的に設定するには、オプションを基本状態に設定して .msi パッケージを公開し、パッケージに変換を適用します。

たとえば、企業が世界全体で 12 か国語をサポートするとします。IT 部門では、これらの 12 の Windows インストーラ ユーザー インターフェイス言語パッケージをグローバルな Active Directory ドメイン サービスに公開します。ボストン支社の社員 (既定のユーザー インターフェイス言語として英語 (米国) が設定されている Windows Vista を使用) は、必要に応じて、イタリア語および日本語のユーザー インターフェイス言語サポートを後からインストールできます。ユーザーが行う必要があるのは、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を開いて、イタリア語と日本語のユーザー インターフェイス言語サポート パッケージを選択する操作だけです。

Windows インストーラ パッケージおよび msiexec.exe コマンドに使用するパラメータの詳細については、Web リソース ページ (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=82396) (英語ページの可能性があります) の MSDN Library のリンクで Software Development Kit (SDK) に関する情報を参照してください。

Windows Vista を展開する際の MUI の使用

Windows Vista の展開で MUI を利用すると、多言語環境における展開およびテストに要する時間を短縮できます。Windows Vista では言語に依存しない単一のコア イメージおよび言語パックを使用しているため、グローバルな組織全体に展開する単一のコア イメージを簡単に設定することができます。組織のユーザーは、セットアップで設定する言語を選択できます。MUI の設定を unattend.xml ファイルで構成して、特定の地域の特定の言語セットを展開することもできます。

MUI を Windows Vista 展開で使用する方法については、以下を参照してください。

Multilingual User Interface を使用するための前提条件

Windows Vista で MUI を使用するには、以下が必要です。

  • Windows Vista オペレーティング システム

  • インストールする予定の各言語の Windows Vista 言語パック。一部がローカライズされた言語パックまたは LIP の場合は、親言語パックも用意する必要があります。

note
ライセンス要件には、Windows Vista® Ultimate エディションおよび Windows Vista® Enterprise エディションを除き、Windows Vista オペレーティング システムのバージョンに含めることができる言語は 1 つだけであることが記載されています。Windows Vista Ultimate および Windows Vista Enterprise 以外のエディションでは、エンド ユーザーが [Windows へようこそ] を完了した後に、Windows によって自動的に既定以外のすべての言語がコンピュータから削除されます。

Multilingual User Interface に関するその他の参照情報

Windows Vista の展開で MUI を使用する方法の詳細については、Windows 自動インストール キットのヘルプ (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=70684) (英語ページの可能性があります) を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示: