この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Nslookup

ドメイン ネーム システム (DNS) インフラストラクチャの診断に使用できる情報を表示します。 このツールを使用する前に、DNS の動作方法を理解する必要があります。 Nslookup コマンド ライン ツールは、TCP/IP プロトコルがインストールされている場合は、利用可能です。

構文



Nslookup [<-→... >] [{<ComputerToFind>|-<Server>}] Nslookup/exitNslookup/finger [<UserName>] [{[>] <FileName> | [>>] <FileName>}] Nslookup/{ヘルプ |?}Nslookup/ls [<Option>] <DNSDomain>[{[>] <FileName> |[>>] <FileName>}] Nslookup/lserver <DNSDomain>[<Value> =] Nslookup/root, Nslookup/server <DNSDomain> Nslookup/set <KeyWord> Nslookup/すべての Nslookup を設定/設定クラス <Class> Nslookup/set [いいえ] d2Nslookup/set [いいえ] debugNslookup/set [いいえ] defnameNslookup/set ドメイン = = <DomainName> Nslookup/set [いいえ] ignoreNslookup/set ポート <Port> Nslookup/set querytype = <ResourceRecordType> Nslookup/set [いいえ] recurseNslookup/set 再試行 = <Number> Nslookup/set = <RootServer> Nslookup/set [いいえ] searchNslookup/set srchlist = <DomainName> = [または...]Nslookup のタイムアウトの設定 = <Number> Nslookup/set 型 <ResourceRecordType> Nslookup/set は [no] vcNslookup =/<FileName> を表示します。

パラメーター

パラメーター 説明

Nslookup /exit

Nslookup を終了します。

Nslookup /finger

指は、現在のコンピューター上で次のように接続します。

Nslookup /help

Nslookup のサブコマンドの概要が表示されます。

Nslookup /ls

DNS ドメインの情報の一覧が表示されます。

Nslookup /lserver

既定のサーバーを指定した DNS ドメインに変更します。

Nslookup /root

サーバーは、DNS ドメイン名前空間のルートには、既定のサーバーを変更します。

Nslookup /server

既定のサーバーを指定した DNS ドメインに変更します。

Nslookup /set

影響する構成設定の変更方法の検索機能。

Nslookup /set all

構成の設定の現在の値を出力します。

Nslookup /set class

クエリのクラスを変更します。 クラスには、情報のプロトコル グループを指定します。

Nslookup /set d2

詳細デバッグ モードをオンまたはオフにします。 すべてのパケットのすべてのフィールドが印刷されます。

Nslookup /set debug

デバッグ モードをオンまたはオフにします。

Nslookup /set defname

単一要素の参照要求に既定の DNS ドメイン名を追加します。 1 つのコンポーネントは、ピリオドが含まれていないコンポーネントです。

Nslookup /set domain

指定した名前には既定の DNS ドメイン名を変更します。

Nslookup /set ignore

パケット切り捨てエラーを無視します。

Nslookup /set port

指定された値に、既定の TCP または UDP の DNS 名サーバー ポートを変更します。

Nslookup /set querytype

リソース レコードの種類のクエリを変更します。

Nslookup /set recurse

情報があるない場合は、他のサーバーを照会する DNS ネーム サーバーに指示します。

Nslookup /set retry

再試行の回数を設定します。

Nslookup /set root

クエリに使用するルート サーバーの名前を変更します。

Nslookup /set search

応答が受信されるまで要求する DNS ドメインの検索一覧内の DNS ドメイン名を追加します。 少なくとも 1 つのピリオドが含まれているセットと照合を要求したときに適用されますが、末尾のピリオドで終わらない。

Nslookup /set srchlist

既定の DNS ドメイン名と検索一覧を変更します。

Nslookup /set timeout

初期要求への応答を待機する秒数を変更します。

Nslookup /set type

リソース レコードの種類のクエリを変更します。

Nslookup /set vc

サーバーに送信するとき、仮想回線の要求を使用するかを指定します。

Nslookup /view

並べ替え、コマンド、以前実行したlsサブコマンドの出力が表示されます。

解説

  • ComputerToFind ComputerToFind が IP アドレスです、A または PTR リソース レコードの種類のクエリをされる場合は、コンピューターの名前が返されます。 ComputerToFind ComputerToFind 名前で、末尾のピリオドがない場合は、既定の DNS ドメイン名に名前が追加されます。 この現象はsetサブコマンドの状態によって異なります。ドメインsrchlistによって、および検索します。

  • ComputerToFind ComputerToFind の代わりにハイフン (-) を入力すると、 nslookup対話型モードに、コマンド プロンプトを変更します。

  • コマンドラインの長さが 256 文字未満でなければなりません。

  • Nslookupを持つ 2 つのモード: 対話型および非対話型。

    データの 1 つだけを確認する必要がある場合は、非対話型モードを使用します。 最初のパラメーターには、名または検索するコンピューターの IP アドレスを入力します。 2 番目のパラメーターは、名前または DNS ネーム サーバーの IP アドレスを入力します。 2 番目の引数を省略すると、 nslookupは、既定の DNS ネーム サーバーを使用します。

    1 つ以上のデータを確認する必要がある場合は、対話型モードを使用できます。 最初のパラメーターと名前または IP アドレスの DNS ネーム サーバーを 2 番目のパラメーターは、ハイフン (-) を入力します。 または、両方のパラメーターを省略して、 nslookup既定の DNS ネーム サーバーを使用しています。 インタラクティブ ・ モードでの作業に関するいくつかのヒントを次に示します。

    • インタラクティブ コマンドを中断するには、ctrl キーを押しながら B キーを押します。

    • 終了するには、 exitと入力します。

    • 組み込みコマンドをコンピューター名として扱うには、エスケープ文字 (\) の前を付けます。

    • 認識できないコマンドは、コンピューター名として解釈されます。

  • 参照要求に失敗した場合は、 nslookupはエラー メッセージを出力します。 可能性のあるエラー メッセージの例を次に示します。

    エラー メッセージ description

    Timed out

    サーバーが要求を再試行回数とは、一定の時間応答しませんでした。 タイムアウトを設定する タイムアウトを設定する サブコマンドのタイムアウト時間を設定することができます。 再試行の set 再試行の set サブコマンドを実行する回数を設定できます。

    No response from server

    サーバー コンピューター上で DNS ネーム サーバーが実行されていません。

    No records

    DNS ネーム サーバーのコンピューター名を指定できますが、コンピューターの現在のクエリの種類のリソース レコードはありません。 Querytype の set Querytype の set コマンドで、クエリの種類を指定します。

    Nonexistent domain

    コンピューター名または DNS ドメイン名は存在しません。

    Connection refused

    - または -

    Network is unreachable

    DNS ネーム サーバーまたは finger サーバーに接続が行われたいない可能性があります。 このエラーは、 lsの要求でよく発生します。

    Server failure

    DNS ネーム サーバーは、内部の矛盾がデータベースに見つかりません、有効な応答を返さない可能性があります。

    Refused

    DNS ネーム サーバーは、要求を拒否しました。

    Format error

    DNS ネーム サーバーは、要求パケットの形式が正しくなかったことが見つかりました。 Nslookup Nslookup にエラーを可能性があります。

  • Nslookup Nslookup コマンドおよび DNS の詳細については、次のリソースを参照してください。

    • Lee、T.、Davies、J. 2000。 Microsoft Windows 2000 の TCP/IP プロトコルおよびサービスのテクニカル リファレンス ワシントン州レッドモンド: マイクロソフト プレス。

    • Albitz、P.、Loukides、M を使用します。 c Liu。 2001。 DNS と BIND、4 番目のエディション ◆ セグ: しアソシエイツ, inc.

    • Larson は M を指定します。 c Liu。 2001。 Windows 2000 の DNS ◆ セグ: しアソシエイツ, inc.

各のコマンド ライン オプションは、ハイフン (-)、コマンド名とによって、等号 (=)、および値で構成されます。 たとえば、既定のクエリの種類をホスト (コンピューター) の情報や、初期タイムアウトを 10 秒に変更するには、次のように入力します。

nslookup querytype hinfo タイムアウト = = 10

参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示: