ローカル グループ ポリシー エディターを開く

適用対象: Windows 7, Windows Server 2008 R2

ローカル グループ ポリシー エディターを開くには、コマンド ラインを使用するか、Microsoft 管理コンソール (MMC) を使用します。

コマンド ラインからローカル グループ ポリシー エディターを開くには
  • [スタート] ボタンをクリックします。[検索の開始] ボックスに「gpedit.msc」と入力し、Enter キーを押します。

MMC スナップインとしてローカル グループ ポリシー エディターを開くには
  1. MMC を開きます ([スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックス内をクリックして「mmc」と入力し、Enter キーを押します)。

  2. [ファイル] メニューの [スナップインの追加と削除] をクリックします。

  3. [スナップインの追加と削除] ダイアログ ボックスで、[グループ ポリシー オブジェクト エディター]、[追加] の順にクリックします。

  4. [グループ ポリシー オブジェクトの選択] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックします。

  5. [このコンピューター] をクリックしてローカル グループ ポリシー オブジェクトを編集するか、[ユーザー] をクリックして、Administrator、非 Administrator、またはユーザーごとのローカル グループ ポリシー オブジェクトを編集します。

  6. [完了] をクリックします。

note
ローカル グループ ポリシー エディター コンソールを保存し、コマンド ラインからコンソール内でどの GPO を開くかを選択するには、[グループ ポリシー オブジェクトの選択] ダイアログ ボックスで [コマンド ラインから起動したときに、グループ ポリシー スナップインのフォーカスを変更できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

その他の考慮事項
  • ローカル グループ ポリシー エディターおよびポリシーの結果セット スナップインは、Windows Server 2008 R2、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、および Windows 7 Enterprise で使用できます。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=139815を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示: