サーバーの役割と機能を追加する

適用対象: Windows Server 2008 R2

Windows Server® 2008 R2 では、サーバー マネージャー コンソールを使用することによって、エンタープライズで複数のサーバーの役割を管理しセキュリティ保護する作業が簡単になります。Windows Server 2008 R2 のサーバー マネージャーでは、サーバーの ID 情報とシステム情報の管理、サーバーの状態の表示、サーバーの役割の構成に関する問題の特定、および、サーバーにインストールされているすべての役割の管理を、1 か所から行うことができます。

サーバー マネージャーによるサーバー管理の効率化

サーバー マネージャーによって、管理者は次の作業を 1 つのツールで実行できるようになり、サーバーの管理効率が向上します。

  • サーバーにインストールされているサーバーの役割と機能を表示し、変更することができます。

  • サービスの起動や停止、ローカル ユーザー アカウントの管理など、サーバーの運用ライフ サイクルに伴う管理作業を実行できます。

  • サーバーにインストールされている役割の運用ライフ サイクルに伴う管理作業を実行できます。たとえば、役割がベスト プラクティスに準拠しているかどうかを調べることができます。

  • サーバーの状態を調べ、重要なイベントを識別し、構成に関する問題や失敗の分析とトラブルシューティングを実行できます。

役割の追加ウィザード

役割の追加ウィザードを使用すると、役割をサーバーにインストールすることが簡単になり、複数の役割を一度にインストールできるようになります。以前のバージョンの Windows オペレーティング システムでは、管理者が Windows コンポーネントの追加と削除を何度も使用して、サーバーに必要なすべての役割、役割サービス、および機能をインストールする必要がありました。サーバー マネージャーは Windows コンポーネントの追加と削除に代わるもので、役割の追加ウィザードの 1 回のセッションでサーバーの構成を完了できます。

役割の追加ウィザードでは、ウィザードで選択したすべての役割と共に、役割が必要とするすべてのソフトウェア コンポーネントがインストールされることが確認されます。また、ウィザードでは、選択した役割が必要とする他の役割、役割サービス、ソフトウェア コンポーネントのインストールの許可を求めるメッセージが、必要に応じて表示されます。

インストールに使用できるほとんどの役割および役割サービスでは、インストール プロセスの際、自社における役割の動作方法を決めるための判断を行う必要があります。たとえば、Active Directory® フェデレーション サービス (ADFS) では証明書のインストールが必要になり、ドメイン ネーム サービス (DNS) では完全修飾ドメイン名 (FQDN) の入力が必要になります。

役割をサーバーにインストールする前に、Windows Server 2008 R2 TechCenter のページ (英語の可能性あり) (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=122006) にある、役割の計画、展開、運用に関するドキュメントを参照することをお勧めします。

役割や機能をサーバーに追加する方法

Windows Server 2008 R2 では、次の 3 つの方法で役割や機能をサーバーに追加できます。

Windows のインターフェイスを使用して役割や機能を追加するには
  • サーバー マネージャーのメイン ウィンドウの [役割の概要] または [機能の概要] 領域で、インストールするソフトウェアに応じて [役割の追加] または [機能の追加] をクリックします。

    または

    [初期構成タスク] ウィンドウの [このサーバーのカスタマイズ] 領域で、[役割の追加] または [機能の追加] をクリックします。

    note
    Administrators グループのメンバーがコンピューターにログオンしているときは、[初期構成タスク] ウィンドウが既定で開きます。

    [初期構成タスク] ウィンドウが閉じているときは、サーバー マネージャーが開きます。サーバー マネージャーは、スタート メニュー、Windows タスク バー、または [管理ツール] にあるショートカットを使用して開くこともできます。

Windows PowerShell を使用して役割や機能を追加するには
  1. 管理者特権で Windows PowerShell セッションを開きます。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[Windows PowerShell] の順にポイントして [Windows PowerShell] ショートカットを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

  2. サーバー マネージャー コマンドレットで作業する前に、サーバー マネージャー モジュールを Windows PowerShell セッションに読み込みます。次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Import-Module Servermanager

    note
    Windows PowerShell のコマンドレットでは、大文字と小文字は区別されません。

  3. インストールする役割、役割サービス、または機能のコマンド名がわからない場合は、次のように入力して Enter キーを押すと、すべてのコマンド名の一覧が [Name] 列に表示されます。コマンド名は次の手順で必要になります。

    Get-WindowsFeature

  4. 次のように入力します。名前は、前の手順で調べた役割、役割サービス、または機能のコマンド名を表します。Enter キーを押すと役割または機能がインストールされます。-restart パラメーターによって、役割または機能で再起動が必要な場合に、インストール完了後にコンピューターが自動的に再起動されます。

    Add-WindowsFeature 名前 -restart

    複数の役割、役割サービス、機能をインストールするには、次の例のようにコマンド名をコンマで区切ります。

    Add-WindowsFeature Application-Server,Hyper-V,WAS

note
Add-WindowsFeature コマンドレットで使用できるその他のパラメーターの詳細については、「Get-Help Add-WindowsFeature -full」と入力するか、「サーバー マネージャーのコマンドの概要」を参照してください。

コマンド ラインを使用して役割や機能を追加するには
  1. 管理者特権で [コマンド プロンプト] ウィンドウを開きます。高度なコマンド プロンプト ウィンドウを開くには、[スタート]、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にクリックし、[コマンド プロンプト] を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。

  2. インストールする役割、役割サービス、または機能のコマンド名がわからない場合は、次のように入力して Enter キーを押すと、コンピューターへのインストールに使用できるすべての役割、役割サービス、機能の一覧が表示されます。

    ServerManagerCmd.exe -query

    note
    Windows コマンド プロンプトのコマンドでは、大文字と小文字は区別されません。

  3. 次のように入力して Enter キーを押します。名前は、インストールする役割、役割サービス、または機能のコマンド名を表します。

    ServerManagerCmd.exe -install 名前 -restart

    複数の役割、役割サービス、機能をインストールするには、次の例のようにコマンド名をスペースで区切ります。

    ServerManagerCmd.exe -install Application-Server Hyper-V WAS -restart

  4. インストールが完了したら、役割、役割サービス、機能がインストールされたことを確認します。これには、次のように入力して Enter キーを押します。インストールされた役割、役割サービス、機能はクエリの結果の中で強調表示されます。

    ServerManagerCmd.exe -query

インストールに使用できる役割と機能

Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターへのインストールに使用できる役割と機能を次に示します。

note
このトピックで説明されている役割と機能は、このコンテンツの公開後に更新されている可能性があります。更新されているかどうかを確認するには、また、このトピックで説明されている役割と機能の管理の詳細については、Windows Server 2008 R2 TechCenter のページ (英語の可能性あり) (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=122006) を参照してください。これらの役割と機能の中には、Windows Server 2008 R2 の特定のエディションでは使用できないものもあります。

役割

 

役割名 説明

Active Directory 証明書サービス

Active Directory 証明書サービス (AD CS) は、公開キー テクノロジを使用するソフトウェア セキュリティ システムで証明書を発行し管理するためのカスタマイズ可能なサービスを提供します。AD CS では、証明書要求の受領、要求内の情報と要求者の身元の確認、証明書の発行、証明書の取り消し、および証明書失効データの公開を行う 1 つ以上の証明機関 (CA) を作成できます。

Active Directory 証明書サービスによってサポートされるアプリケーションには、S/MIME (Secure/Multipurpose Internet Mail Extensions)、セキュリティで保護されたワイヤレス ネットワーク、仮想プライベート ネットワーク (VPN)、IP セキュリティ (IPSec)、暗号化ファイル システム (EFS)、スマート カード ログオン、SSL/TLS (Secure Sockets Layer/Transport Layer Security)、デジタル署名などがあります。

Active Directory ドメイン サービス

Active Directory ドメイン サービス (AD DS) は、ネットワーク上のユーザー、コンピューター、その他のデバイスに関する情報を格納します。AD DS を使用すると、管理者はこれらの情報を安全に管理できます。また、ユーザー間でのリソース共有や共同作業が容易になります。AD DS はネットワーク上にインストールしてください。これは、Microsoft Exchange Server などのディレクトリ対応のアプリケーションをインストールしたり、グループ ポリシーなどの他の Windows Server テクノロジを適用する場合があるためです。

Active Directory フェデレーション サービス

Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) は、1 つのユーザー アカウントを使用する複数の Web アプリケーションに対してユーザーを認証する、Web シングル サインオン (SSO) テクノロジを提供します。これを実現するため、AD FS はセキュリティで保護されたフェデレーションを行います。つまり、ユーザーの ID とアクセス許可をデジタル要求の形式でパートナー組織間で共有します。

Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス

組織において、アプリケーション データを格納するためにディレクトリを必要とするアプリケーションがある場合は、Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) をデータ ストアとして使用できます。AD LDS は非オペレーティング システム サービスとして実行されます。したがって、AD LDS は、ドメイン コントローラーへの展開は必要ありません。非オペレーティング システム サービスとして実行されることで、AD LDS の複数のインスタンスを単一のサーバーで同時に実行でき、複数のアプリケーションにサービスを提供するように各インスタンスを独立して構成できます。

Active Directory Rights Management サービス (AD RMS)

Active Directory Rights Management サービスは、AD RMS 対応アプリケーションで動作する情報保護テクノロジで、デジタル情報保護の無断使用を防ぎます。コンテンツの所有者は受信者が情報をどのように利用できるかを正確に定義できます。たとえば、情報を開くユーザー、変更、印刷、転送するユーザー、その他何らかの方法で情報を利用するユーザーを決めることができます。組織は、"機密事項 - 読み取り専用" などのカスタムの使用権限テンプレートを作成でき、作成したテンプレートを財務報告、製品仕様、顧客データ、電子メール メッセージなどの情報に直接適用できます。

アプリケーション サーバー

アプリケーション サーバーは、高性能の分散型ビジネス アプリケーションのホスティングと管理を行うための完璧なソリューションを提供します。.NET Framework、Web サーバー サポート、メッセージ キュー、COM+、Windows Communication Foundation、フェールオーバー クラスタリングなどの統合されたサービスを利用すると、設計/開発から展開/運用まで、アプリケーションのライフサイクルを通じて生産性が高まります。

動的ホスト構成プロトコル サーバー

動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を使用すると、DHCP クライアント機能に対応したコンピューターやその他のデバイスに対してサーバーが IP アドレスを割り当てる (リースする) ことができます。DHCP サーバーをネットワーク上に展開すると、コンピューターやその他の TCP/IP に基づくネットワーク デバイスに対し、有効な IP アドレスおよびそれらのデバイスが必要とする追加の構成パラメーターが提供されます。この構成パラメーターは DHCP オプションと呼ばれ、これによってデバイスは DNS サーバー、WINS サーバー、およびルーターなど、他のネットワーク リソースに接続できます。

DNS サーバー

ドメイン ネーム システム (DNS) は、名前を数値のインターネット アドレスに関連付けるための標準的な手段を提供します。DNS を使用することで、ユーザーは長い数字列の代わりに覚えやすい名前を使用してネットワーク コンピューターを参照できます。Windows の DNS サービスは DHCP サービスと統合できるため、ネットワークにコンピューターを追加する際に DNS レコードを追加する必要がありません。

FAX サーバー

FAX サーバーは FAX を送受信し、ユーザーがこのコンピューター上またはネットワーク上のジョブ、設定、レポート、および FAX デバイスなどの FAX リソースを管理できるようにします。

ファイル サービス

ファイル サービスによって、記憶域管理、ファイル レプリケーション、分散名前空間の管理、ファイルの高速検索、およびクライアント (UNIX ベースのクライアント コンピューターなど) によるファイルへのスムーズなアクセスを行うためのテクノロジが提供されます。

Hyper-V™

Hyper-V では、仮想コンピューティング環境とそのリソースの作成と管理のために使用できるサービスが用意されています。仮想コンピューターは、分離されたオペレーティング環境で動作します。これによって、複数のオペレーティング システムを同時に実行できます。仮想化されたコンピューティング環境を使用して、より多くのハードウェア リソースを使用することにより、コンピューティング リソースの効率を向上させることができます。

ネットワーク ポリシーとアクセス サービス

ネットワーク ポリシーとアクセス サービスが提供する各種の手段により、ローカルおよびリモート ネットワークへの接続がユーザーに提供され、ネットワーク セグメントに接続できるようになり、ネットワーク管理者がネットワーク アクセスとクライアントの正常性ポリシーを一元的に管理できるようになります。ネットワーク アクセス サービスを利用すると、VPN サーバー、ダイヤルアップ サーバー、ルーター、および 802.11 で保護されたワイヤレス アクセスを展開できます。また、RADIUS サーバーやプロキシを展開したり、接続マネージャー管理キットを使用してリモート アクセス プロファイルを作成し、そのプロファイルでクライアント コンピューターからネットワークに接続できるようにすることもできます。

印刷およびドキュメント サービス

印刷およびドキュメント サービスでは、プリント サーバーとネットワーク プリンターの管理タスクを一元化できます。この役割を使用して、ネットワーク スキャナーからスキャンされたドキュメントを受信し、そのドキュメントを共有ネットワーク リソース、Windows SharePoint Services サイト、または電子メール アドレスにルーティングできます。

リモート デスクトップ サービス

リモート デスクトップ サービスによって、リモート デスクトップ セッション ホスト上にインストールされた Windows ベースのプログラムへのアクセスや、Windows デスクトップ全体へのアクセスを可能にするテクノロジが提供されます。このサービスを利用すると、ほとんどのコンピューティング デバイスからアクセスすることが可能になります。ユーザーは、リモート デスクトップ セッション ホストに接続して、プログラムを実行したり、そのサーバー上のネットワーク リソースを利用することができます。

Web サーバー (IIS)

Windows Server 2008 R2 の Web サーバー (IIS) の役割を使用すると、インターネット、イントラネット、またはエクストラネット上で情報を共有できます。Windows Server 2008 R2 は、IIS、ASP.NET、および Windows Communication Foundation が統合された Web プラットフォームである IIS 7.5 を提供します。

Windows 展開サービス

Windows 展開サービスを使用すると、PXE (Preboot Execution Environment) ブート ROM が搭載されたコンピューターに、Windows オペレーティング システムをリモートでインストールしたり構成することができます。Windows 展開サービスの WdsMgmt Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインでは Windows 展開サービスのあらゆる面を管理でき、このスナップインの実装により管理のオーバーヘッドが軽減されます。Windows 展開サービスはまた、Windows セットアップと一貫性のある操作感をエンド ユーザーに提供します。

Windows Server Update Services

Windows Server Update Services を使用すると、ネットワーク管理者は、インストールする必要がある Microsoft 更新プログラムを指定したり、異なる更新プログラム セットに対して個別にコンピューター グループを作成したり、コンピューターの準拠レベルやインストールする必要がある更新プログラムに関するレポートを取得することができます。

機能

 

機能 説明

.NET Framework 3.5.1

.NET Framework 3.5.1 は、Windows WF (Workflow Foundation)、WCF (Windows Communication Foundation)、WPF (Windows Presentation Foundation)、および Windows CardSpace に対する拡張機能など、.NET Framework 3.0 で追加された機能を基に構築して増強したものです。

バックグラウンド インテリジェント転送サービス

バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) は、フォアグラウンドやバックグラウンドでファイルを非同期的に転送したり、他のネットワーク アプリケーションの応答性を維持するために転送を抑制したり、ネットワーク接続エラーやコンピューターの再起動の後でファイル転送を自動的に再開します。

BitLocker ドライブ暗号化

BitLocker ドライブ暗号化を利用すると、ボリュームが暗号化され、初期ブート コンポーネントの整合性が確認されることによって、コンピューターを紛失したり、盗まれたり、あるいは不適切に解体されたりしても、データが保護されます。データの暗号化が解除されるのは、これらのコンポーネントが正常に確認され、暗号化されたドライブが元のコンピューターに設置されている場合に限られます。整合性チェックには、互換性のあるトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) が必要になります。

BranchCache

BranchCache を使用すると、ブランチ オフィスのクライアント コンピューターからコンテンツを取得する際に、セントラル オフィス サーバーから取得するのではなく、ローカルで安全に取得できます。BranchCache は Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の両方で使用できます。ブランチ オフィスは通常、セントラル オフィスより低速の WAN リンクで接続されていますが、BranchCache により WAN トラフィックが軽減され、クライアント コンピューターでのアプリケーションの応答性が向上します。

接続マネージャー管理キット

接続マネージャー管理キット (CMAK) は、接続マネージャー プロファイルを生成します。

デスクトップ エクスペリエンス

デスクトップ エクスペリエンスには、Windows® 7 の機能である Windows Media Player、デスクトップ テーマ、写真管理などが組み込まれています。デスクトップ エクスペリエンスの既定では、これらの Windows 7 の機能はいずれも使用できません。手動で有効にする必要があります。

ダイレクト アクセス管理コンソール

ダイレクト アクセス管理コンソールでは、ダイレクト アクセスを設定および監視できます。

フェールオーバー クラスタリング

フェールオーバー クラスタリングを使用すると、複数のサーバーが連携してサービスやアプリケーションの高可用性を提供できるようになります。フェールオーバー クラスタリングは、ファイル サービス、印刷サービス、データベース、およびメール アプリケーションでよく使用されます。

グループ ポリシーの管理

グループ ポリシーの管理により、グループ ポリシーの実装の展開、管理、およびトラブルシューティングが容易になります。標準的なツールであるグループ ポリシー管理コンソール (GPMC) は、スクリプト可能な Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで、単一の管理ツールによってエンタープライズ全体のグループ ポリシーを管理できます。

インクおよび手書きサービス

Windows Server 2008 R2 の新機能であるインクおよび手書きサービスは、複数言語での手書き認識、およびタブレット コンピューターなどの筆圧対応コンピューティング インターフェイスでのペンまたはスタイラスの使用をサポートしています。

インターネット印刷クライアント

インターネット印刷クライアントにより、ユーザーはインターネット印刷プロトコル (IPP) を使用して、ローカル ネットワークまたはインターネット経由でプリンターに接続し、印刷することができます。インターネット印刷クライアントと IPP を使用して共有プリンターに接続できます。接続には、Web ブラウザー (プリント サーバーにインターネット印刷の役割サービスがインストールされている場合)、またはネットワーク プリンターのインストール ウィザードを使用します。

インターネット記憶域ネーム サーバー

インターネット記憶域ネーム サーバー (iSNS) では、iSCSI 記憶域ネットワークの検出サービスが提供されます。iSNS では、iSNS クライアントからの登録要求、登録解除要求、および問い合わせが処理されます。

LPR ポート モニター

ライン プリンター リモート (LPR) ポート モニターを使用すると、UNIX ベースのコンピューターにアクセスできるユーザーが、それらのコンピューターに接続されているデバイスに印刷することができます。

メッセージ キュー

メッセージ キューは、メッセージの配信の保証、ルーティングの効率化、セキュリティ、および、優先順位に基づくアプリケーション間でのメッセージングを提供します。また、メッセージ キューによって、異なるオペレーティング システムで実行されているアプリケーション間、異種のネットワーク インフラストラクチャを使用しているアプリケーション間、一時的にオフラインにされているアプリケーション間、または異なる時間帯に実行されているアプリケーション間で、メッセージの配信が調整されます。

マルチパス I/O

マルチパス I/O (MPIO) を Microsoft Device Specific Module (DSM) またはサード パーティの DSM と連携して利用すると、Windows 上で、記憶装置に対して複数のデータ パスを使用することができます。

ネットワーク負荷分散

ネットワーク負荷分散 (NLB) では、TCP/IP ネットワーク プロトコルによって、複数のサーバーにトラフィックが分散されます。NLB を使用すると、負荷が増えた場合にサーバーを追加できるため、IIS が動作する Web サーバーなど、ステートレス アプリケーションのスケーラビリティを確保する場合に特に有効です。

ピア名解決プロトコル

アプリケーションでピア名解決プロトコル (PNRP) を使用すると、コンピューターに名前を登録して解決することができるようになり、他のコンピューターがそれらのアプリケーションと通信できるようになります。

高品質な Windows オーディオ ビデオ エクスペリエンス (qWave)

高品質な Windows オーディオ ビデオ エクスペリエンス (qWave) は、IP ベースのホーム ネットワーク上の AV (オーディオ ビデオ) ストリーミング アプリケーション向けのネットワーク プラットフォームです。qWave を使用すると、AV アプリケーションに対するネットワークのサービス品質が保証され、AV ストリーミングのパフォーマンスと信頼性が向上します。また、受付制御、実行時の監視と実施、アプリケーションのフィードバック、およびトラフィックの優先順位付けが提供されます。Windows Server のプラットフォームでは、qWave はフロー速度と優先順位付けのサービスだけを提供します。

リモート アシスタンス

リモート アシスタンスを使用すると、ユーザーやサポート担当者が他のユーザーのコンピューターの問題や質問について支援できるようになります。リモート アシスタンスにより、ユーザーのデスクトップを表示したり、制御を共有したりでき、問題のトラブルシューティングや解決を行うことができます。また、ユーザーから友人や同僚に支援を求めることもできます。

RDC (Remote Differential Compression)

RDC (Remote Differential Compression) 機能は、一連の API で構成されます。アプリケーションはこれらの API により、ファイル セットに変更があったかどうかを判断でき、変更があった場合はファイルのどの部分が変更されたかを検出できます。

リモート サーバー管理ツール

リモート サーバー管理ツールを使用すると、リモート コンピューター上で役割、役割サービス、機能用の管理ツールとスナップインを実行できるため、Windows Server 2008 R2 が実行されているコンピューターから、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 をリモートで管理することができます。

HTTP プロキシを経由した RPC

RPC over HTTP プロキシは、HTTP を経由してリモート プロシージャ コール (RPC) を受信するオブジェクトが使用するプロキシです。このプロキシによって、それらのオブジェクトがサーバー間で移動された場合や、通常セキュリティ上の理由によってオブジェクトがネットワークの別々の領域に存在する場合でも、クライアントがオブジェクトを探索できるようになります。

NFS 用サービス

Network File System (NFS) 用サービスは、分散ファイル システムとして機能するプロトコルで、コンピューターからネットワーク上のファイルにあたかもローカル ディスク上のファイルのように簡単にアクセスできるようにします。この機能は、Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems でのみ利用できます。それ以外のバージョンの Windows Server 2008 R2 では、NFS 用サービスは、ファイル サービス役割の役割サービスとして利用できます。

簡易 TCP/IP サービス

簡易 TCP/IP サービスでサポートされる TCP/IP サービスは、Character Generator、Daytime、Discard、Echo、および Quote of the Day です。簡易 TCP/IP サービスは下位互換性を保つために提供されているものであり、必要な場合以外はインストールしないでください。

SMTP サーバー

簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーは、電子メール システム間の電子メール メッセージの転送をサポートしています。

SNMP サービス

簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) は、HP Openview、Novell NMS、IBM NetView、Net Manager などの管理コンソール アプリケーションと、管理対象エンティティとの間で、管理情報を交換するためのインターネット標準プロトコルです。管理対象エンティティには、ホスト、ルーター、ブリッジ、ハブなどがあります。

SAN 用記憶域マネージャー

記憶域ネットワーク (SAN) 用記憶域マネージャーは、SAN 内の仮想ディスク サービス (VDS) をサポートするファイバー チャネルおよび iSCSI ディスク ドライブ サブシステムで、論理ユニット番号 (LUN) を作成し管理するのに役立ちます。

UNIX ベース アプリケーション用サブシステム

UNIX ベース アプリケーション用サブシステム (SUA) は、Microsoft の Web サイト (英語の可能性あり) (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=139521) からダウンロードできるサポート ユーティリティ パッケージと共に、UNIX ベース プログラムの実行、およびカスタムの UNIX ベース アプリケーションのコンパイルと実行を、Windows 環境で可能にします。

Telnet クライアント

Telnet クライアントは、Telnet プロトコルを使用してリモートの Telnet サーバーに接続し、そのサーバーでアプリケーションを実行します。

Telnet サーバー

Telnet サーバーにより、UNIX ベースのオペレーティング システムを実行しているユーザーなどのリモート ユーザーが、コマンド ラインによる管理タスクを実行でき、Telnet クライアントを使用してプログラムを実行できます。

簡易ファイル転送プロトコル クライアント

簡易ファイル転送プロトコル (TFTP) クライアントは、リモート TFTP サーバーに対するファイルの読み取りまたは書き込みに使用されます。TFTP は主に、TFTP サーバーからのブート プロセス中にファームウェア、構成情報、またはシステム イメージを取得する内蔵のデバイスやシステムによって使用されます。

Windows 生体認証フレームワーク

Windows 生体認証フレームワーク (WBF) により、指紋認証機器を使用して、身元を識別および確認して Windows にログオンすることができます。WBF には、指紋認証機器を使用するために必要なサブ機能が含まれています。

Windows Internal Database

Windows Internal Database は、AD RMS、Windows Server Update Services、Windows システム リソース マネージャーなどの Windows の役割と機能だけが使用できるリレーショナル データ ストアです。

Windows プロセス アクティブ化サービス

Windows プロセス アクティブ化サービス (WAS) は、IIS のプロセス モデルを汎用化したもので、HTTP への依存性を解消します。WAS を使用すると、これまでは HTTP アプリケーションでしか利用できなかった IIS のすべての機能が、Windows Communication Foundation (WCF) サービスをホストするアプリケーションで HTTP 以外のプロトコルから利用できるようになります。IIS 7.5 では、HTTP を介したメッセージ ベースのアクティブ化にも WAS が使用されます。

Windows Server バックアップ機能

Windows Server バックアップ機能を使用すると、オペレーティング システム、アプリケーション、およびデータのバックアップと回復を行うことができます。1 日に 1 回またはそれ以上の頻度でバックアップが実行されるようにスケジュールを設定でき、サーバー全体または特定のボリュームを保護できます。

Windows Server 移行ツール

Windows Server 移行ツールでは、管理者がサーバーの役割、機能、オペレーティング システムの設定、割り当て、およびその他のデータを、特定のエディションの Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターから Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターへ移行できます。Windows Server 移行ツール、および役割や機能などのデータを Windows Server 2008 R2 に移行する方法の詳細については、「Windows Server 2008 R2 (Beta) に移行する」(http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=128554) を参照してください。

Windows システム リソース マネージャー

Windows システム リソース マネージャー (WSRM) は、CPU およびメモリ リソースの割り当てを制御できる Windows Server オペレーティング システムの管理ツールです。リソースの割り当てを管理することで、システムのパフォーマンスが改善されます。また、アプリケーション、サービス、またはプロセスが互いの動作を妨げることによってサーバーの効率やシステムの応答が低下するおそれが少なくなります。

WinRM IIS 拡張機能

Windows リモート管理 (WinRM) IIS 拡張機能により、WS-Management プロトコルを使用してサーバーがクライアント コンピューターから管理要求を受け取ることができます。WinRM は、Microsoft による WS-Management プロトコルの実装です。これは、Web ベースのサービスを使用したローカル コンピューターとリモート コンピューターの間の安全な通信に役立ちます。

Windows インターネット ネーム サービス サーバー

Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サーバーでは、NetBIOS 名からネットワーク上のコンピューターまたはグループへの動的なマッピングを登録および照会するための分散データベースを利用できます。WINS によって NetBIOS 名が IP アドレスにマッピングされ、ルーティング環境での NetBIOS 名の解決に起因する問題が解決されます。

Windows Internal Database

Windows Internal Database は、Active Directory Rights Management サービス (AD RMS)、Windows Server Update Services、Windows システム リソース マネージャーなどの Windows の役割と機能だけが使用できるリレーショナル データ ストアです。

Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE)

Windows PowerShell ISE は、Windows PowerShell 用のグラフィカル ホスト アプリケーションです。Windows PowerShell ISE を使用すると、Unicode がサポートされ構文がカラーで表示される環境で、コマンドの実行、スクリプトの記述、編集、実行、テスト、およびデバッグを行うことができます。

Windows TIFF iFilter

Windows TIFF (Tagged Image File Format) iFilter は、光学式文字認識 (OCR) ソフトウェアを使用して、ユーザーが画像の文字データに基づいて TIFF ドキュメントを検索できるようにします。

ワイヤレス LAN サービス

ワイヤレス LAN (WLAN) サービスは、コンピューターにワイヤレス アダプターが搭載されているかどうかに関係なく、WLAN 自動構成サービスの構成と起動を行います。WLAN 自動構成は、ワイヤレス アダプターを列挙し、ワイヤレス接続とワイヤレス プロファイルの両方を管理します。ワイヤレス プロファイルには、ワイヤレス ネットワークに接続するようにワイヤレス クライアントを構成する際に必要となる設定が格納されます。

XPS ビューアー

XPS (XML Paper Specification) ドキュメントは、ドキュメントのコンテンツを表示、保存、共有、デジタル署名、および保護することができるドキュメント形式です。XPS ビューアーを使用して、XPS ドキュメントの表示、検索、アクセス許可の設定、およびデジタル署名を行うことができます。

関連項目

コミュニティの追加

追加
表示: