この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Dcpromo

Active Directory ドメイン サービス (AD DS) のインストールと削除を行います。

dcpromo を使用する方法の例については、を参照してください。

構文



dcpromo [/回答 [: <filename>] |/無人 [: <filename>] |/無人 |/adv]/uninstallBinaries [/CreateDCAccount |/UseExistingAccount: アタッチ]/しますか?

/?[: {プロモーション |CreateDCAccount |UseExistingAccount |降格しました]

Dcpromo.exe のパラメーター

パラメーター 説明

/answer[:<filename>]

インストール パラメーターおよび値を含む応答ファイルを指定します。

/unattend[:<filename>]

インストール パラメーターおよび値を含む応答ファイルを指定します。 このコマンドは /answer[:<filename>] と同じ機能を提供します。

/unattend

インストール パラメーター、コマンドラインで値を指定して、無人インストールを指定します。

/adv

メディアからのインストール (IFM) を実行します。

/UninstallBinaries

AD DS バイナリをアンインストールします。

/CreateDCAccount

読み取り専用のドメイン コント ローラー (RODC) のアカウントを作成します。 Domain Admins グループまたは Enterprise Admins グループのメンバーだけは、このコマンドを実行できます。

/UseExistingAccount:Attach

既存の RODC アカウントにサーバーを添付します。 Domain Admins グループまたは委任されたユーザーのメンバーは、このコマンドを実行できます。

/?

Dcpromo パラメーターのヘルプを表示します。

/?[:{Promotion | CreateDCAccount | UseExistingAccount | Demotion}]

Dcpromo 操作に適用されるパラメーターが表示されます。 たとえば、 dcpromo/?: プロモーションは昇格操作に使用できるパラメーターのすべてが表示されます。

dcpromo の昇格処理のパラメーター

次の表は、Windows Server 2008 を実行するドメイン コント ローラーの無人インストールの一部としてコマンド プロンプトを指定できるパラメーターを示しています。

新しいフォレストを作成する方法の詳細については、インストールに新しい Windows Server 2008 のフォレスト (を参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133255 )。

インストールは、新しい Windows Server 2008 のドメイン (新しいドメインの作成の詳細についてを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133256 )。

新しいドメイン ツリーの作成の詳細については、インストールに新しい Windows Server 2008 のドメイン ツリー (を参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133257 )。

インストール、その他 Windows Server 2008 ドメイン コント ローラー (、追加ドメイン コント ローラー、ドメインの作成の詳細についてを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133258 )。

パラメーターの値。 説明および既定値

AllowDomainControllerReinstall: {Yes | <No>|NoAndNoPromptEither}

このドメイン コント ローラーと同じ名前の別のドメイン コント ローラー アカウントが検出されているにもかかわらず、インストールを続行するかどうかを指定します。

アカウントが別のドメイン コント ローラーによって現在使用されていないことを確認している場合は、 [はい]を使用します。

既定値はNoです。

AllowDomainReinstall: {Yes | <No>|NoAndNoPromptEither}

既存のドメインを再作成するかどうかを指定します。

既定値はNoです。

ApplicationPartitionsToReplicate:""

アプリケーション ディレクトリ パーティションに指定するdcpromoの複製。 次の形式を使用します。

"partition1" "partition2" "partitionN"

すべてのアプリケーション ディレクトリ パーティションをレプリケートするために * を使用します。

AutoConfigDNS:{Yes | No}

このパラメーターは、InstallDNS に変更されています。

DNS サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します。 デフォルトは、自動的に環境に基づいて計算されます。

ChildName:"child_domain_name"

子ドメインの単一ラベル ドメイン ネーム システム (DNS) の名前を指定します。

ConfirmGc:{Yes | No}

ドメイン コント ローラーをグローバル カタログ サーバーにするかどうかを指定します。

CreateDNSDelegation: { Yes | No}

ドメイン コント ローラーをインストールする、新しい DNS サーバーを参照する DNS 委任を作成するかどうかを示します。 Active directory 統合 DNS にのみ有効です。

既定値は、環境に基づいて自動的に計算されます。

CriticalReplicationOnly:{Yes | <No>}

AD DS のインストール処理のみに重要なレプリケーションの再起動前に実行し、し続けます、レプリケーションの重要でない (と時間がかかる可能性がある) 部分をスキップするかどうかを指定します。 重要でないレプリケーションはインストールが完了して、コンピューターを再起動した後に発生します。

既定値はNoです。

DatabasePath:"path_to_database_files"

ディレクトリへの完全修飾の non–Universal 名前付け規則 (UNC) パスはC:\Windows\NTDSなど、ドメイン データベースを含むローカル コンピューターの固定ディスク上を指定します。

既定値は%SYSTEMROOT%\NTDSです。

DelegatedAdmin:"ユーザーまたはグループの名前"

インストールして、RODC の管理グループの名前を指定します。

DNSDelegationPassword: [パスワード]

DNS 委任を作成するため、ユーザー名 (アカウント資格情報) のパスワードを指定します。

DNSDelegationUserName: [user_name]

DNS 委任を作成するため、ユーザー名 (アカウント資格情報) を指定します。

DNSOnNetwork:{<Yes> | No}

DNS サービスが、ネットワーク上で利用可能なかどうかを指定します。 だけこのコンピューター用のネットワーク アダプターの IP 設定を DNS サーバーの名前の名前解決が構成されていない場合は、このパラメーターを使用します。 Noは、このコンピューターの名前解決に DNS サーバーがインストールされることを示します。 それ以外の場合は、ネットワーク アダプターの IP 設定を DNS サーバー名をまず構成しなければなりません。

既定値は Yes です。

DomainLevel: {0 | 2 | 3 | 4}

ドメインの機能レベルは、新しいドメインの作成時に指定します。 0は、Windows 2000 を指定します。 2 2 の値には、Windows Server 2003 を指定します。 3 3 の値には、Windows Server 2008 を指定します。 4 4 の値には、Windows Server 2008 R2 を指定します。

ドメインの機能レベルは、フォレストの機能レベルよりも低くすることはできませんが、高くなることができます。

デフォルト自動的に計算され、既存のフォレストの機能レベルまたは/ForestLevelに設定されている値に設定します。

DomainNetBiosName: [domain_NetBIOS_name]

NetBIOS 名を新しいドメインに割り当てます。

ForestLevel:{<0> | <2> | 3 | 4}

新しいフォレストを作成すると、フォレストの機能レベルを指定します。 0は、Windows 2000 を指定します。 2 2 の値には、Windows Server 2003 を指定します。 3 3 の値には、Windows Server 2008 を指定します。 4 4 の値には、Windows Server 2008 R2 を指定します。

既定のフォレストの機能レベルでは Windows Server の新しいフォレストを作成するときの 2008年は、Windows 2000 (0) です。

既定のフォレストの機能レベルを Windows Server 2008 の新しいフォレストを作成するときの R2 は、Windows Server 2003 (2) です。

既存のフォレスト内のドメイン コント ローラーをインストールすると、このパラメーターを使用しないでください。

InstallDNS:{Yes | No}

DNS サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します。 デフォルトは、自動的に環境に基づいて計算されます。 このパラメーターは、 AutoConfigDNSを置き換えます。

LogPath:"path_to_log_files"

ディレクトリへの完全修飾の UNC ではないパスには、ドメインのログ ファイルは、 C:\Windows\Logsなどを含む、ローカル コンピューターの固定ディスク上を指定します。

既定値は%SYSTEMROOT%\NTDSです。

NewDomain:{Tree | Child | <Forest>}

作成するドメインの種類を示しています。 フォレストの新しいドメイン ツリーを既存の、既存のドメイン、または新しいフォレストの子。

既定値は、新しいフォレストです。

NewDomainDNSName: [DNS_name_of_domain]

新しいドメインの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。

ParentDomainDNSName: [DNS_name_of_domain]

既存の親ドメインの FQDN を指定します。 子ドメインをインストールすると、このパラメーターを使用します。

Password:"password"

ドメイン コント ローラーをインストールするのに使用されるユーザー名 (アカウント資格情報) に対応するパスワードを指定します。 UserName UserName パラメーターと共にには、このパラメーターを使用します。

* * パスワードを入力するように促すメッセージを使用します。

PasswordReplicationAllowed:{"security_principal" | None}

ユーザー アカウント、グループ アカウント、およびパスワードがこの RODC にレプリケートできるコンピューター アカウントの名前を指定します。 値を空のままにする場合は[なし]を使用します。 既定では、許可 RODC パスワード レプリケーション グループのみが許可され、もともと空作成されます。

PasswordReplicationDenied:{"security_principal" | None}

ユーザー アカウント、グループ アカウント、およびパスワードがこの RODC にレプリケートしないがコンピューター アカウントの名前を指定します。 ユーザーまたはコンピューターの資格情報のレプリケーションを拒否したくない場合は、 [なし]を使用します。 既定では、管理者、Server Operators、Backup Operators、Account Operators、および拒否された RODC のパスワード レプリケーション グループに拒否されます。 既定では、RODC パスワード レプリケーションの拒否されましたグループには、証明書の発行元、Domain Admins、Enterprise Admins、エンタープライズ ドメイン コント ローラー、エンタープライズ読み取り専用ドメイン コント ローラー、Group Policy Creator Owners、krbtgt アカウントを Schema Admins が含まれます。

RebootOnCompletion:{<Yes> | No}

成功に関係なく、コマンドの完了時にコンピューターを再起動するかどうかを指定します。

既定値は Yes です。

RebootOnSuccess:{<Yes> | No | NoAndNoPromptEither}

コマンドの完了時にコンピューターを再起動するかどうかを指定します。

既定値は Yes です。

ReplicaDomainDNSName: [DNS_name_of_domain]

追加のドメイン コント ローラーをインストールするドメインの FQDN を指定します。

ReplicaOrNewDomain:{<Replica> | ReadOnlyReplica | Domain}

追加のドメイン コント ローラーは書き込み可能なドメイン コント ローラー (RODC) をインストールする、または新しいドメインを作成するかどうかを指定します。

既定値は、他の書き込み可能なドメイン コント ローラーをインストールします。

ReplicationSourceDC:"DNS_name_of_DC"

ドメイン情報の複製パートナーのドメイン コント ローラーの FQDN を指定します。

ReplicationSourcePath:"replication_source_path"

新しいドメイン コント ローラーをインストールするのに使用するインストール メディアの場所を示します。

SafeModeAdminPassword:"password"

セーフ モードまたはセーフ モードでは、ディレクトリ サービス復元モードなどのバリアントでは、コンピューターが起動したとき、管理者アカウントのパスワードを提供します。

既定値は空のパスワードです。 パスワードを入力する必要があります。

SiteName:"site_name"

新しいドメイン コント ローラーを配置する既存サイトの名前を指定します。

既定値は、インストールの種類によって異なります。 新しいフォレストでは、既定値は既定最初のサイト名です。 その他のすべてのインストールでは、既定値はこのサーバーの IP アドレスを含むサブネットに関連付けられたサイトです。 このようなサイトが存在しない場合は、既定値は、レプリケーション ソース ドメイン コント ローラーのサイトです。

SkipAutoConfigDns

DNS クライアント設定、フォワーダー、およびルート ヒントの自動構成を省略します。 このパラメーターは、DNS サーバー サービスが既にインストールされているかどうかのみ有効です。

Syskey:{<none> | system key}

データをレプリケートするメディアのシステム キーを指定します。

既定値はnoneです。

SysVolPath: [path_to_database_file]

ディレクトリへの完全修飾の UNC ではないパスはC:\Windows\SYSVOLなど、ローカル コンピューターの固定ディスク上を指定します。

既定値は %SYSTEMROOT%\SYSVOL です。

TransferIMRoleIfNecessary: {Yes | <No>}

インフラストラクチャ マスターの操作マスターの役割とも呼ばれるフレキシブル シングル マスター操作 (FSMO) を作成して、ドメイン コント ローラーに転送するかどうかを指定します-、現在グローバル カタログ サーバー上にホストされている場合- と、ドメイン コント ローラーにする予定がない、グローバル カタログ サーバーを作成すること。 はい はい 転送が必要な場合は、作成するドメイン コント ローラーにインフラストラクチャ マスターの役割を転送するのには、次のように使用します。この例では、 /ConfirmGC:Noを使用することを確認してください。 場所中のままに、インフラストラクチャ マスターの役割をする場合は、いいえを使用します。

既定値はNoです。

UserDomain:"domain_name"

ドメイン名は、ドメイン コント ローラーをインストールするユーザー名 (アカウント資格情報) を指定します。

UserName UserName パラメーターと共にには、このパラメーターを使用します。

UserName:"user_name"

操作用のユーザー名 (アカウント資格情報) を指定します。 値が指定されていない場合は、操作の現在のユーザーの資格情報が使用されます。

dcpromo の/CreateDCAccount 処理のパラメーター

次の表では、RODC アカウントを作成するときに使用できるパラメーターを示しています。

RODC アカウントの作成の詳細については、RODC の段階的なインストールであること (を実行するを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133259 )。

パラメーターの値。 説明および既定値

AutoConfigDNS:{Yes | No}

このパラメーターは、InstallDNS に変更されています。

DNS サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します。 既定値は、環境に基づいて自動的に計算されます。

ConfirmGc:{Yes | No}

ドメイン コント ローラーがグローバル カタログ サーバーにするかどうかを指定します。

DCAccountName:"作成するドメイン コントローラの名前"

作成する RODC アカウントの名前を指定します。

DelegatedAdmin:"ユーザーまたはグループの名前"

インストールして、RODC の管理グループの名前を指定します。

InstallDNS:{Yes | No}

DNS サーバー サービスをインストールするかどうかを指定します。 既定値は、環境に基づいて自動的に計算されます。 このパラメーターは、 /AutoConfigDNSを置き換えます。

Password:"password"

ドメイン コント ローラーをインストールするのに使用されるユーザー名 (アカウント資格情報) に対応するパスワードを指定します。 UserName UserName パラメーターと共にには、このパラメーターを使用します。

* * パスワードを入力するように促すメッセージを指定します。

PasswordReplicationAllowed:{"security_principal" | None}

ユーザー アカウント、グループ アカウント、およびパスワードがこの RODC にレプリケートできるコンピューター アカウントの名前を指定します。 この値を空のままにする場合は[なし]を使用します。 既定では、許可 RODC パスワード レプリケーション グループのみが許可され、もともと空作成されます。

PasswordReplicationDenied:{"security_principal" | None}

ユーザー アカウント、グループ アカウント、およびパスワードがこの RODC にレプリケートしないがコンピューター アカウントの名前を指定します。 ユーザーまたはコンピューターの資格情報のレプリケーションを拒否したくない場合は、 [なし]を使用します。 既定では、管理者、Server Operators、Backup Operators、Account Operators、および拒否された RODC のパスワード レプリケーション グループに拒否されます。 既定では、RODC パスワード レプリケーションの拒否されましたグループには、証明書の発行元、Domain Admins、Enterprise Admins、エンタープライズ ドメイン コント ローラー、エンタープライズ読み取り専用ドメイン コント ローラー、Group Policy Creator Owners、krbtgt アカウントを Schema Admins が含まれます。

ReplicaDomainDNSName: [DNS_name_of_domain]

追加のドメイン コント ローラーをインストールするドメインの FQDN を指定します。

ReplicationSourceDC:"DNS_name_of_DC"

ドメイン情報の複製パートナーのドメイン コント ローラーの FQDN を指定します。

SiteName:"site_name"

新しいドメイン コント ローラーを配置する既存サイトの名前を指定します。

既定値は、インストールの種類によって異なります。 新しいフォレストでは、既定値は既定最初のサイト名です。 その他のすべてのインストールでは、既定値はこのサーバーの IP アドレスを含むサブネットに関連付けられたサイトです。 このようなサイトが存在しない場合は、既定値は、レプリケーション ソース ドメイン コント ローラーのサイトです。

UserDomain:"domain_name"

操作用のユーザー名 (アカウント資格情報) のドメイン名を指定します。 このパラメーターは、ドメイン コント ローラーをインストールするか、RODC アカウントを作成するフォレストを指定するのにも役立ちます。 値が指定されていない場合は、コンピューターのドメインが使用されます。

UserName:"user_name"

操作用のユーザー名 (アカウント資格情報) を指定します。 値が指定されていない場合は、操作の現在のユーザーの資格情報が使用されます。

dcpromo の/UseExistingAccount 処理のパラメーター

RODC アカウントにサーバーを接続すると、次の一覧にパラメーターを使用できます。

実行して RODC の段階的なインストールであること (RODC アカウントにサーバーを接続する方法の詳細について参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133259 )。

パラメーターの値。 説明および既定値

ApplicationPartitionsToReplicate:""

アプリケーション ディレクトリ パーティションに指定するdcpromoの複製。 次の形式を使用します。

"partition1" "partition2" "partitionN"

すべてのアプリケーション ディレクトリ パーティションをレプリケートするために * を使用します。

CriticalReplicationOnly:{Yes | <No>}

インストールのみに重要なレプリケーションの再起動前に実行し、し続けます、レプリケーションの重要でない (と時間がかかる可能性がある) 部分をスキップするかどうかを指定します。 重要でないレプリケーションの役割のインストールが完了して、コンピューターを再起動した後に発生します。

既定値はNoです。

DatabasePath:"path_to_database_files"

ディレクトリへの完全修飾の UNC ではないパスはC:\Windows\NTDSなど、ドメイン データベースを含むローカル コンピューターの固定ディスク上を指定します。

既定値は%SYSTEMROOT%\NTDSです。

DNSOnNetwork:{<Yes> | No}

DNS サーバー サービスが、ネットワーク上で利用可能なかどうかを指定します。 だけこのコンピューター用のネットワーク アダプターの IP 設定を DNS サーバーの名前の名前解決が構成されていない場合は、このパラメーターを使用します。 Noは、このコンピューターの名前解決に DNS サーバーがインストールされることを示します。 それ以外の場合は、ネットワーク アダプターの IP 設定を DNS サーバー名をまず構成しなければなりません。

既定値は Yes です。

LogPath:"path_to_log_files"

ディレクトリへの完全修飾の UNC ではないパスには、ドメインのログ ファイルは、 C:\Windows\Logsなどを含む、ローカル コンピューターの固定ディスク上を指定します。

既定値は%SYSTEMROOT%\NTDSです。

Password:"password"

ドメイン コント ローラーをインストールするのに使用されるユーザー名 (アカウント資格情報) に対応するパスワードを指定します。 UserName UserName パラメーターと共にには、このパラメーターを使用します。

* * パスワードを入力するように促すメッセージを使用します。

RebootOnCompletion:{<Yes> | No}

完了すると、成功に関係なく、コンピューターを再起動するかどうかを指定します。

既定値は Yes です。

RebootOnSuccess:{<Yes> | No | NoAndNoPromptEither}

正常終了時にコンピューターを再起動するかどうかを指定します。

既定値は Yes です。

ReplicaDomainDNSName: [DNS_name_of_domain]

追加のドメイン コント ローラーをインストールするドメインの FQDN を指定します。

ReplicationSourceDC:"DNS_name_of_DC"

ドメイン情報の複製パートナーのドメイン コント ローラーの FQDN を指定します。

ReplicationSourcePath:"replication_source_path"

新しいドメイン コント ローラーをインストールするのに使用するインストール メディアの場所を示します。

SafeModeAdminPassword:"password"

セーフ モードまたはセーフ モードでは、ディレクトリ サービス復元モードなどのバリアントでは、コンピューターが起動したとき、管理者アカウントのパスワードを提供します。

既定値は空のパスワードです。 パスワードを入力する必要があります。

SkipAutoConfigDns

DNS クライアント設定、フォワーダー、およびルート ヒントの自動構成を省略します。 このパラメーターは、DNS サーバー サービスが既にインストールされているかどうかのみ有効です。

Syskey:{<none> | system key}

データをレプリケートするメディアのシステム キーを指定します。

既定値はnoneです。

SysVolPath: [path_to_database_file]

ディレクトリへの完全修飾の UNC ではないパスはC:\Windows\SYSVOLなど、ローカル コンピューターの固定ディスク上を指定します。

既定値は %SYSTEMROOT%\SYSVOL です。

UserDomain:"domain_name"

操作用のユーザー名 (アカウント資格情報) のドメイン名を指定します。 このパラメーターは、ドメイン コント ローラーをインストールするか、RODC アカウントを作成するフォレストを指定するのにも役立ちます。 値が指定されていない場合は、コンピューターのドメインが使用されます。

UserName:"user_name"

操作用のユーザー名 (アカウント資格情報) を指定します。 値が指定されていない場合は、操作の現在のユーザーの資格情報が使用されます。

dcpromo の降格処理のパラメーター

AD Ds を Windows Server 2008 を実行しているドメイン コント ローラーから削除すると、次の一覧にパラメーターを使用できます。

ドメイン コント ローラーからドメインを削除する方法の詳細については、Windows Server 2008 ドメイン コント ローラーであるドメイン (からを削除するを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=128114 )。

最終 Windows Server 2008 のドメイン コント ローラーは、ドメイン (削除、ドメイン内の最後のドメイン コント ローラーの削除の詳細についてを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133260 )。

前回 Windows Server 2008 のドメイン コント ローラーを削除する、フォレスト (フォレスト内の最後のドメイン コント ローラーの削除の詳細についてを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133261 )。

強制的に削除を Windows Server 2008 のドメイン コント ローラー (ドメイン コント ローラーの削除を強制する方法の詳細について参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=132627 )。

パラメーターの値。 説明および既定値

AdministratorPassword: [管理パスワード]

AD DS をドメイン コント ローラーから削除すると、ローカルの管理者アカウントのパスワードを指定します。 既定値は空のパスワードです。

DemoteFSMO: {Yes | <No>}

AD DS から削除するドメイン コント ローラーに操作マスターの役割が検出された場合でも (強制) 降格を続行する必要があることを示します。

既定値はNoです。

DNSDelegationPassword {パスワード| *}

ユーザー名 (アカウント資格情報) を使用するパスワードを指定します。 作成するか、DNS 委任を削除します。 指定 * 資格情報の入力をユーザーに確認します。

DNSDelegationUserName: [user_name]

作成するか、DNS 委任を削除するときに使用するユーザー名を指定します。 値を指定しない場合は、[AD DS のインストールまたは削除用に指定したアカウントの資格情報が DNS 委任にしました。

IgnoreIsLastDcInDomainMismatch: {Yes | <No>}

/IsLastDCInDomain /IsLastDCInDomain と組み合わせて使用します。 このパラメーターでは、Dcpromo.exe が、 /IsLastDCInDomain用に指定した値が検出された不整合を無視するかどうかを指定します。 たとえば、 /IsLastDCInDomain:Yesを指定し、 dcpromoは実際には別のアクティブなドメイン コント ローラーでドメインを検出した場合、 dcpromoの AD DS にもかかわらず、検出された不整合のドメイン コント ローラーからの削除を続行するには、 /IgnoreIsLastDcInDomainMismatch:Yesを指定できます。 同様に、 /IsLastDCInDomain:Noを指定し、 dcpromoが別のドメイン コント ローラーがドメインにあることを検出できない場合、 dcpromoの AD DS をドメイン コント ローラーからの削除を続行するには、 /IgnoreIsLastDcInDomainMismatch:Yesを指定できます。

既定値はNoです。 既定されますを続行するには、ユーザーに確認して、エラーで終了するのには、コマンド ライン ツール。

IgnoreIsLastDNSServerForZone: {Yes | <No>}

最後の DNS サーバーがホストする Active directory 統合 DNS ゾーンの 1 つ以上のドメイン コント ローラーであることにもかかわらず AD DS の削除を続行するかどうかを指定します。

既定値はNoです。

IsLastDCInDomain: {Yes | <No>}

AD DS から削除する、コンピューターがドメイン内の最後のドメイン コント ローラーかどうかを指定します。

既定値はNoです。

Password:"password"

ドメイン コント ローラーをインストールするのに使用されるユーザー名 (アカウント資格情報) に対応するパスワードを指定します。 UserName UserName パラメーターと共にには、このパラメーターを使用します。

* * パスワードを入力するように促すメッセージを指定します。

RebootOnCompletion:{<Yes> | No}

完了すると、成功に関係なく、コンピューターを再起動するかどうかを指定します。

既定値は Yes です。

RebootOnSuccess:{<Yes> | No | NoAndNoPromptEither}

正常終了時にコンピューターを再起動するかどうかを指定します。

既定値は Yes です。

RemoveApplicationPartitions: {Yes | <No>}

AD DS の削除時にドメイン コント ローラーからアプリケーション パーティションを削除するかどうかを指定します。

既定値はNoです。

RemoveDNSDelegation:{<Yes> | No}

DNS の委任が親 DNS ゾーンからこの DNS サーバーを指すを削除するかどうかを指定します。

既定値は Yes です。

RetainDCMetadata: {Yes | <No>}

AD DS から RODC を削除するには、委任された管理者できるように AD DS の削除後は、ドメイン内のドメイン コント ローラーのメタデータを保持します。

既定値はNoです。

UserDomain:"domain_name"

操作用のユーザー名 (アカウント資格情報) のドメイン名を指定します。 このパラメーターは、ドメイン コント ローラーをインストールするか、RODC アカウントを作成するフォレストを指定するのにも役立ちます。 値が指定されていない場合は、コンピューターのドメインが使用されます。

UserName:"user_name"

操作用のユーザー名 (アカウント資格情報) を指定します。 値が指定されていない場合は、操作の現在のユーザーの資格情報が使用されます。

次の使用例は、 NewForestInstallationという応答ファイルを提供します。



dcpromo の/answer:NewForestInstallation

次の使用例は、新しい子ドメインに、少なくとも一部の Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーをインストールするのには期待、最初のドメイン コント ローラーを作成します。



dcpromo//InstallDns:yes/ParentDomainDNSName:contoso.com/replicaOrNewDomain:domain/newDomain:child/newDomainDnsName:east.contoso.com/childName:east/DomainNetbiosName:east/databasePath 無人:"e:\ntds"/logPath:"e:\ntdslogs"/sysvolpath:"g:\sysvol"/safeModeAdminPassword:FH#3573.cK/forestLevel:2/domainLevel:2/rebootOnCompletion:yes

次の例では、グローバル カタログは、追加のドメイン コント ローラーを作成およびインストールし、DNS サーバー サービスを構成します。



dcpromo//InstallDns:yes/confirmGC:yes/replicaOrNewDomain:replica/databasePath 無人:"e:\ntds"/logPath:"e:\ntdslogs"/sysvolpath:"g:\sysvol"/safeModeAdminPassword:M6$、U8Gvx4 ・/rebootOnCompletion:yes

変更履歴

Date

リビジョン

10/4/2010

スキップされません、DNSDelegationUserName、DNSDelegationPassword、および TransferIMRoleIfNecessary のパラメーター、/UseExistingAccount 操作を削除します。

コミュニティの追加

追加
表示: