[エラー ページ] ページ

適用対象: Windows Server 2008 R2

[エラー ページ] 機能ページは、カスタム HTTP エラー メッセージの一覧を管理するときに使用します。

機能ページで各列の見出しのいずれかをクリックすると一覧を並べ替えることができます。また、[グループ化] ボックスの一覧から値を選択すると、類似した項目がグループ化されます。

UI 要素の一覧

次の表で、機能ページと [操作] ウィンドウで使用できる UI 要素について説明します。

機能ページの要素

 

要素名 説明

[状態コード]

エラー ページを適用する HTTP 状態コードを表示します。

[パス]

パスの種類に [ファイル] を選択した場合にはエラー ページのパスが表示され、[URL の実行] または [リダイレクト] を使用した場合はカスタム エラー ページの URL が表示されます。

[種類]

エラー ページのパスの種類 (ファイル、実行 URL、またはリダイレクト先 URL) を表示します。

[エントリの種類]

ローカルの項目か継承された項目かが表示されます。ローカルの項目は現在の構成ファイルから読み取られ、継承された項目は上位の構成ファイルから読み取られます。

[操作] ウィンドウの要素

 

要素名 説明

[追加]

HTTP エラーのリストにカスタム エラーを追加できる [カスタム エラー ページの追加] ダイアログ ボックスを開きます。

[編集]

選択したカスタム エラーを編集できる [カスタム エラー ページの編集] ダイアログ ボックスを開きます。

[状態コードの変更]

エラー ページを適用する状態コードを変更できるように、一覧内で選択した項目の [状態コード] ボックスを有効にします。

[削除]

機能ページの一覧から選択された項目を削除します。

[機能設定の編集]

[エラー ページ] 機能全体に適用する設定を構成できる [エラー ページ設定の編集] ダイアログ ボックスを開きます。

関連項目

表示: